季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

山形花笠まつり2019の日程とパレードゲスト!有料席や駐車場は?


Sponsored Link

形花笠まつりは山形県山形市で毎年8月に開催されるお祭りです。

 

スゲ笠に赤い花飾りをつけた花笠を手にして「花笠音頭」を踊りながら練り歩く山形花笠まつりは、山形県内で広く行われる花笠まつりの中でも代表的なお祭り。

 

花笠音頭の「はぁ、ヤッショ、マカショ(シャンシャンシャン)」の囃子言葉は有名なフレーズですから、誰でも1度は耳にしたことがあると思います。

 

今回は東北の短い夏を熱く盛り上げる、山形花笠まつり2019の日程や見どころ、ゲストや由来などのお祭り情報をいろいろとお届けしていきますね。

 

 

Sponsored Link

山形花笠まつり2019の日程!パレードのゲストは?

日程:2019年8月5日(月)~7日(水)

時間:18:00~21:45頃

場所:十日町~本町・七日町通り~文翔館前

踊り手:約14,000人・約160団体

雨天決行(ただし内容変更あり)

山形花笠まつりは毎年8月5日~7日の3日間固定で開催されます。

 

思い思いの趣向を凝らした衣装で踊る花笠音頭は、赤い花笠が一斉にひらりひらりと翻ってとても華やか。

 

山形花笠まつりは、優美でありながら熱気に満ちた楽しいお祭りなのです。

 

基本はパレード一色なので、時間ごとにいろいろなイベントが行われるわけではありませんが、それだけパレードに魅力がぎっしり凝縮されているんですよ。

 

大まかな流れは下記のようになります。

 

イベントスケジュール2019

【山形花笠まつりパレード:18:00~21:45頃】

 

〈輪踊りコーナー〉18:10~18:30頃:市役所前

〈飛び入りコーナー〉20:30~21:30頃:パレード最後尾

 

今年のパレードのゲストは?

山形花笠まつり

 

山形花笠まつりのパレードには、毎年日替わりで多彩なゲストが各集団の先頭山車に乗って参加します。

 

ちなみに2018年のゲストでは、大塚文雄さん、橋本マナミ、三浦昌朗さん、池田美保さん、服部幸應さん、小林綾子さん、最上川司さん、松倉とし子さん、テツandトモさん、華村あすかさんといった豪華な面々が揃いました。

【2019年のパレードゲスト】

8月5日(月):大塚文雄さん、阿部菜々実、池田美保さん、本間朋晃さん

8月6日(火):大塚文雄さん、橋本マナミさん、松倉とし子さん、ソラシドさん

8月7日(水):大塚文雄さん、テツandトモさん、朝倉さやさん

またゲストのほかに、山形市長、ミス花笠、キャンペーンガール、つや姫レディ、やまがた舞子、モンテディオ山形の監督と選手なども参加予定です。

 

各日にちのゲスト参加の順番と時間はこちら。

【5日(月)】①山形市長・ミス花笠:18:10~(先頭スタート地点)

②山形キャンペーンガール・つや姫レディ:18:30~

③ちびっこ山車:18:50~

④池田美保:19:10~

⑤阿部菜々実:19:40~

⑥大塚文雄:20:00~

⑦本間朋晃:20:20~

⑧やまがた舞子:20:40~

 

【6日(火)】

①ミス花笠:18:10~(先頭スタート地点)

②モンテディオ山形監督と選手:18:30~

③松倉とし子:18:50~

④ちびっこ山車:19:10~

⑤やまがた舞子:19:40~

⑥橋本マナミ:20:00~

⑦大塚文雄:20:20~

⑧ソラシド:20:40~

 

【7日(水)】

①ミス花笠:18:10~(先頭スタート地点)

②大塚文雄:18:30~

③やまがた舞子:18:50~

④ちびっこ山車:19:10~

⑤テツandトモ:19:40~

⑥花笠太鼓保存会:20:00~

⑦朝倉さや:20:20~

⑧前ミス花笠:20:40~

 


山形花笠まつりパレードの見どころは?参加方法は?

あでやかな衣装で躍動感あふれるダイナミックな踊り

山形花笠まつり

 

県花の紅花(べにばな)をあしらった山笠、グループごとに統一された衣装、華やかに彩られた山車。

 

山形花笠まつりのパレードでは、約1.2kmのメイン通りで1万人を超える踊り手たちの躍動感あふれる花笠音頭を見ることができます。

一見同じように見える花笠音頭ですが、たおやかで華麗な正調女踊り、勇壮な正調男踊りのほかに、趣向を凝らした創作踊り、笠回しにアレンジを加えた踊りなど、グループによって演出もさまざま。

赤い花の山笠が一斉にひるがえって波のようにうねり、鈴の音が響き渡ります。

 

思わず笑顔になる面白さ

山形花笠まつり

 

何十人もの団体やチームが、次々にさまざまな趣向を凝らした衣装や踊りを魅せてくれるで全く飽きません。

思わず笑顔になってしまう面白さです。

 

個性的な衣装は色合いやデザインがどれも美しく、衣装を見ているだけでも楽しいですよ。

 

そこに各々異なった踊りや掛け声なども加わりますから、楽しさ100倍元気がもらえること受け合いです。

 

先頭は踊り慣れている人だけあって身のこなしも抜群。

観客への笑顔のサービスも欠かしません!

祭りを盛り上げようというプロフェッショナルな姿勢に心打たれることでしょう。

 

元気さ満点の踊りもあればしっとりとした踊りもあり、自衛隊の力強い踊りなど、本当にみなさまざまで興味深いですよ。

 

お気に入りのグループが見つかるかもしれませんね。

子供の踊りもとても可愛らしくて応援したくなることでしょう。

 

1日2回の飛び入り参加チャンス!

山形花笠まつり 飛び入り参加

 

20人以下の団体や個人で参加したい方には、各日とも1日2回の飛び入り参加ができるんですよ。

「オープニング花笠輪踊り」はパレードに先立ち、18:10~18:30頃までゴール付近の市役所前にて開催。お祭り気分が盛り上がること、間違いなしのイベントです。

 

パレードに参加したい!という方には「最後尾飛び入りコーナー」

こちらは20:30頃~21:30頃、パレードの最後尾で自由に参加することができます

まずはとにかく踊りたい!体を動かしたい!という方は輪踊りへ。

 

踊りを見ていたらなんだかむずむずして踊りたくなってきた!という方は、パレード最後尾の『飛び入りコーナー』のプラカード目掛けて飛び込んでくださいね。

 

お祭りは参加してこそ楽しみが倍増するもの。

ぜひ山形花笠まつりで、花笠音頭に合わせて「ヤッショ、マカショ」と踊ってみてくださいね。

 

暑さ対策を忘れずに

山形花笠まつり

 

夏の炎天下の中の観覧なので、暑さ対策はしっかり行うようにしてくださいね。

 

帽子やタオル、飲み物は必須です。

特に水分補給は定期的に行いましょう。

 

またうちわがあると便利ですが、実は踊りのグループの方々が独自にデザインされた自前のうちわをただでくれたりしますので、うちわはいくらでも現地調達できます。

 

なので用意しなくてもいいかもしれませんが、不安な方は1つもしくは扇子を用意しておくとかさばらないで良いかもしれません。

 

もちろんメインストリートには屋台もしっかり並んでいるので、こちらも十分楽しむことができるでしょう。

歩道に屋台が並ぶため少し歩きにくいかもしれませんのでご注意ください。

 

Sponsored Link

山形花笠まつりおすすめの鑑賞場所は?

山形花笠まつり パレード

 

山形花笠まつりでは基本的には道路の両脇で無料で鑑賞できます。

 

パレードコースは約1.2kmもあるので観覧場所はたくさんありますが、そのなかでもおすすめの鑑賞場所を下記のマップをもとにご紹介しますね。

 

〈山形花笠まつりパレードマップ〉

山形花笠まつり パレード マップ

http://www.hanagasa.jp/

 

【スタート地点】

ここは踊り手さんたちの整列する場所。パレード前の独特の緊張感を見ることができます。

リラックスしている人や体をほぐしている人などさまざまな姿を見ることができますよ。

 

ただし、この地点は先頭集団が通らないため、先頭集団の洗練された踊りやミス花笠の姿を見ることができません。

 

【先頭スタート地点】

第2本部周辺は最もおすすめの鑑賞スポット。

ここは先頭集団のスタート地点でもあります。

 

先頭集団はより踊りに精通した踊り手さんたちの集団で、いわば花笠踊りのプロフェッショナル。そのスタートを見ることができます。

さらに先頭の山車ではミス花笠の4人も乗っています。

 

【中間地点】

踊りを楽しみたい方に最もおすすめなのがここ。

なぜなら、みな緊張がほぐれて油も乗ってきて、一番躍動感のある踊りになるところだからです。

表情にも余裕がでてきて、キレと艶のある踊りを大いに楽しめますよ。

 

【ラスト付近】

ゴール付近は暑さのためみな疲れが見えますが、マラソンのランナーズハイのように一種の恍惚感に包まれるため力を振り絞った力強い踊りが見れます。

声援が励みになるので、ぜひ拍手を送ってあげてくださいね。

 

山形花笠まつりの有料観覧席は?

山形花笠まつり

 

山形花笠まつりでは、基本的に自由席で、道路の両側にシートなどを敷いて観ることができます。

 

それとは別に本部である山形市役所前に有料観覧席が設けられています。

パイプ椅子でゆっくり座って観覧したい方におすすめです。

 

有料観覧席はゴール手前に設置されているので、パレードの最初の集団が到達するまで少し時間がかかります(約30分ほど)。

 

山形花笠まつり 有料観覧席 地図

http://www.hanagasa.jp/

 

ですのでいち早く見たい方は、スタート方面の自由席を早い時間から確保しておくと良いでしょう。

 

有料観覧席の内容はこちら。

【販売期間】

2019年7/1(月)10:00~8/6(火)

【料金】

A席:1,500円、B席:1,000円

【席数】

各日380席(全パイプ椅子席・指定席)

 

ローソンチケット、チケットぴあで取り扱っています。

 

ローソンチケットはこちら

(Lコード:23046、電話申込:0570-084-002(自動音声))

チケットぴあはこちら

(Pコード:643147)

雨天中止の場合でも払い戻しはありません。

 

山形花笠まつりの由来について。

山形花笠まつり

 

山形花笠まつりで歌われる花笠音頭は、明治・大正の頃に山形県村山地方で歌われていた「土突き(どんつき)唄」が元唄になったと言われています。

 

土突きとは文字通り土を突き固める作業のこと。

ため池などを作る灌漑(かんがい)作業の際に、土突きの調子を合わせるために歌われていたようです。

 

山笠音頭はこの唄を基に、昭和の初期ごろに民謡化されたと言われています。

 

「ヤッショ、マカショ」は土突きの掛け声から来ていると言われていますが諸説あります。

 

一方で、港町酒田市の民謡で船乗りが口ずさんでいたといわれる『酒田舟方節』にも「ヤッショ、マカショ」が使われており、それを取り入れたという説。

 

こちらはその『酒田舟方節』の動画です。

歌い出しに「ア~ヤッショ、マカショ」と入っているのが分かりますね。

 

この「ヤッショ、マカショ」の意味そのものにも諸説あり、一説には『やってみて』『まかせなさい』といった意味合いだったり、または、『よいしょ、よいしょ』だったり、いろいろありますがはっきりとした由来は分からないようです。

 

この花笠音頭ができた当初は、踊り方も地域によってさまざまでしたが、誰でも踊れるようにと昭和38年に踊り方が統一され、それとともに昭和40年より山形花笠まつりが開催されるようになりました。

 

まだお祭りの歴史は比較的新しいですが、さまざまな広報活動で広め、さらに振り付けを踊りやすく見栄えがするようにアレンジするなど工夫をしながら、より大きいお祭りに発展してきました。

 

山形の方々の地元愛の結晶ともいえる花笠祭り。

年々観客数も規模も拡大しており、東北五大祭りの1つとなった今なお成長中です。

 

山形花笠まつり周辺のおすすめの宿泊所は?

山形花笠まつり

 

山形花笠まつりは3日間行われます。

すべて参加したい方は会場周辺に宿泊施設を予約すると便利!

 

山形花笠まつりのパレードが行われる国道112号線は、JR山形駅より徒歩約10分程度のストリート。

 

したがって周辺にはホテル・旅館などの宿泊施設が数多くあります。

その中でも特に口コミ評価の高い、コスパの良いホテルをご紹介しますね。

 

リッチモンドホテル山形駅前

JR山形駅西口からは徒歩約5分と駅チカでビジネスにも便利です!

山形花笠まつりの会場からも近いので、お祭りに参加したい方にもピッタリですよ。

全室Wi-Fi、部屋には40インチのテレビも完備しています♪

 

アメニティも充実していて女性にも嬉しいです♪

朝食は和洋のバイキングスタイルで山形の郷土料理も頂けますよ。

住所:山形県山形市双葉町1-3-11

電話:023-647-6277

スーパーホテル山形駅西口天然温泉 花笠の湯

山形駅に西口から徒歩約5分と、山形花笠まつりの会場からも近いですよ。

宿泊すると天然温泉が利用できるので、お祭りの疲れを取ることができます♪

天然温泉は男女別で、時間を気にせず入浴可能です。

 

全室で健康イオン水を導入し、USBコンセントも完備されています。

朝食はご当地メニューも楽しめる健康朝食が人気ですよ。

住所:山形県山形市双葉町1-10-18
電話:023-647-9000

悠湯の郷 ゆさ

悠湯の郷 ゆさは蔵王連邦の四季折々の景色を楽しめる宿泊施設です。

柔らかい泉質の温泉はお肌にも優しく、体を心から温めますよ。

最上階展望大浴場には半露天風呂があります。

 

米沢牛などの素材にこだわった彩り料理が自慢!

駅からも近く山形花笠まつりの会場にも近いので、お祭りに行くには便利です。

住所:山形県山形市大字黒沢319-2
電話:023-688-4411

 

山形花笠まつりのアクセス方法と駐車場情報。

山形花笠まつり

場所:山形市十日町~本町~七日町通り~文翔館前

住所:山形県山形市十日町~本町~七日町
山形県花笠協議会事務局(023-642-8753)
地図:

【電車でのアクセス】

JR山形駅より徒歩約10分

【車でのアクセス】

山形道「山形蔵王IC」より国道286号・県道16号経由約15分、「山形北IC」より約20分

駐車場

山形花笠まつりのための臨時駐車場はありません。

周辺の有料駐車場(約2,000台)をご利用ください。

 

【山形花笠まつり周辺駐車場地図】

 

周辺の駐車場の中でも比較的駐車台数の多い駐車場をご紹介します。

【おすすめ駐車場】

〈七日町商店街駐車場〉

住所:山形県山形市七日町1-1-1

台数:202台

時間:24時間

料金:150円/30分

 

〈千足屋パーキングセンター〉

住所:山形県山形市七日町1-4-11

台数:100台

時間:9:00~20:00

料金:100円/30分(最大600円)

 

〈山形市中央駐車場〉

住所:山形県山形市旅篭町2-2-13

台数:425台

時間:7:30~22:00

料金:100円/30分(最初の1時間250円)

 

〈山形市立病院済生館前駐車場〉

住所:山形県山形市七日町1-3-1

台数:435台

時間:24時間

料金:100円/30分(最初の1時間300円)

 

〈山形県営駐車場〉

住所:山形県山形市旅篭町3-5-10

台数:300台

時間:7:00~22:30

料金:100円/30分(最初の1時間250円)

 

〈七日町パーキングプラザ2〉

住所:山形県山形市七日町2-1-17

台数:300台

時間:24時間

料金:160円/30分

 

〈タイムズ八文字屋〉

住所:山形県山形市本町2-4

台数:100台

時間:24時間

料金:100円/30分(最大700円)

 

〈エチゴヤパーキング〉

住所:山形県山形市七日町1-4-20

台数:310台

時間:6:00~24:00

料金:160円/30分(最初の30分200円)

 

交通規制

【山形花笠まつり交通規制&駐車場地図】

山形花笠まつり 交通規制 駐車場 地図

http://www.hanagasa.jp/

 

パレードの通りを中心に車両通行禁止や一方通行などの交通規制(17:50~22:00)があります。

特に文翔館前のゴール付近の道路は16:00頃から交通規制がかかり、車両通行禁止になります。

 

山形名物・富貴豆(ふうきまめ)の名店「山田家」

山田家 ふうき豆本舗

 

【関連記事】

北上みちのく芸能まつりの日程と見どころ。花火の時間は?

盛岡さんさ踊りの日程とイベント時間。おすすめ宿泊所は?

秋田竿燈まつりの日程と楽しみ方。夜竿燈見るならココ!

青森ねぶた祭りの日程と見どころ。ハネト参加の注意点は?

西馬音内盆踊りの日程と見どころ。桟敷席、宿泊所情報。

仙台七夕まつりの日程と楽しみ方。花火やイベント情報。

日本一の芋煮会フェスティバルの日程と楽しみ方。混雑は?

 

山形の名物に富貴豆という和菓子があります。

山形市内では、お客様をもてなしたり、手土産に用いられる富貴豆。

 

この富貴豆はうぐいす豆(グリンピース)を蒸して柔らかくしたもので、原材料は砂糖とうぐいす豆のみのシンプルさ。

 

ふんわりとした富貴豆は口の中でほろほろと崩れ、上品な甘さと豆の香りで、お茶請けにぴったりです。

 

山田家の富貴豆は緑茶だけでなくコーヒーにも、牛乳にも合う程よい甘さで、山形市民に昔から愛されている和菓子。

 

富貴豆を販売している店舗は他にもありますが、山田家さんは一味違う!と評判のお店なんですよ。

 

山形花笠まつりのパレードコースの中間あたりにあるので、ぜひお立ち寄りくださいね。

【山田家 ふうき豆本舗】

住所:山形県山形市本町1-7-30

電話:023-622-6998

時間:9:00~18:00

Sponsored Link