季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

京都醍醐寺の桜2019の花見頃と開花状況!拝観料や豊太閤花見行列は?


Sponsored Link

京都にある醍醐寺は標高450mの醍醐山に位置するお寺。

 

そして醍醐寺の桜は豊臣秀吉が愛したことでも有名です。

 

かなり広い敷地の醍醐寺境内には、“三宝院・霊宝館・伽藍”といったエリアがあり、たくさんの桜スポットや歴史的建造物などがあります。

 

仁王門(西大門)の左右には金剛力士像が仁王立ちしていて、とても威厳に満ちています。

歴史を感じさせる朱色の仁王門と、両側に咲くピンク色の桜のコラボも素敵ですよ。

お寺内に茶屋や食事処、お土産屋さんなどのお店もあるので、散策しながら休憩やお花見をすることもできます。

 

そして醍醐寺といえば五重塔

日本三名塔の一つであり、凛としてそびえ立つ巨大な塔は圧倒的な存在感です。

五重塔の近くには樹齢100年の大しだれ桜もあり、桜のピンクと五重塔の黒のコントラストが美しいですよ。

今回は醍醐寺の桜2019の見頃や見どころ、豊太閤花見行列などについてご紹介します。

・京都醍醐寺の桜2019の花見頃と開花状況!拝観料や混雑は?
・京都醍醐寺の桜の種類や見どころは?ライトアップはある?
・豊太閤花見行列の日程やイベント内容は?
・京都醍醐寺のアクセス方法は?駐車場の台数や料金は?

 

Sponsored Link

京都醍醐寺の桜2019の花見頃と開花状況!拝観料や混雑は?

見頃時期:3月中旬~4月中旬

ここ醍醐は平安時代から「花の醍醐」と呼ばれ多くの人に愛されてきた桜の名所です。

 

桜の種類が多く、枝垂れ桜、染井吉野、山桜、八重桜など約1,000本の桜があります。

 

品種によって咲く時期が違い、3月中旬~4月中旬にかけて順番に咲きます。

 

一番早く咲くのはカワヅザクラ。

その後シダレザクラ、ソメイヨシノ、彼岸桜が咲き、ヤマザクラ、ヤエザクラ、大紅しだれは少し遅れて咲きます。

 

咲きはじめや散り始めを含めると、桜のお花見の期間は約2~3週間にもなります。

【2019年醍醐寺の桜の開花予想】

開花予想日:3月24日(日)頃

五分咲き :3月29日(金)頃

満開日予想:3月31日(日)頃

花(桜)吹雪:4月8日(月)頃

※気候などの影響により変動の可能性があります。

桜の咲き具合は、こちらの京都のお花見情報で確認できます。

 

拝観料

醍醐寺 拝観料

 

拝観料ですが、醍醐寺境内には無料で入ることができます。
ただし、霊宝館、三宝院や伽藍に入るには3か所共通券が必要です。

 

春の桜と秋の紅葉の時期は、普段よりも拝観料が上がります。

【拝観料】※三宝院・霊宝館・伽藍の三か所共通券
〈通常〉大人 800円・中高生 600円・小学生以下無料〈春期(3/20~5/15)・秋期(10/15~12/10)〉大人 1,500円・中高生 1,000円・小学生以下無料
【時間】9:00~17:00

混雑について

醍醐寺 桜

 

醍醐寺はとにかく花の種類が多く見どころが多い桜スポット。

 

そのため桜の開花時期の人出は例年約22万人ほどの混雑になります。

景色の良いポジションでの撮影は順番待ちになることも。

 

桜が見頃の時期は平日でも混み合います。

平日の午前中(特に早朝)であれば比較的ゆっくり回れることができるでしょう。

また、“豊太閤花見行列”が行われる日曜日は特に混み合いますのでご注意ください。

 

豊太閤花見行列については後でご紹介しますね。

ちなみに2019年は4月14日(日)に行われます。

 


京都醍醐寺の桜の種類や見どころは?ライトアップは?

京都醍醐寺 桜

醍醐寺は大きく、『三宝院(さんぼういん)・霊宝館(れいほうかん)・伽羅(がらん)』のエリアに分かれています。

 

そのうち伽藍は、上醍醐(かみだいご)と下醍醐(しもだいご)に分かれていて、女人堂付近から上が上醍醐、下が下醍醐になっています。

境内全体はかなり広く全てを散策するとなるとかなり時間を要しますので、事前に見る箇所のプランを立てておくと安心ですよ。

山頂付近である上醍醐の開山堂まで歩く場合、片道1時間30分~2時間はかかるでしょう。

歩きやすい靴や服装(防寒対策含む)、水分補給の飲み物や軽食を用意してから向かいましょう。

総門

醍醐寺 総門 桜

 

【桜並木】
総門をくぐると、すぐに見事な桜の並木道が広がります。
仁王門方面まで続き、途中、右手に空を覆うような大きなしだれ桜(樹齢約180年)が見られます。
夜はライトアップもあります。【桜のトンネル】
霊宝館の入り口付近の、桜のトンネルも有名です。

地面の苔の緑と桜の薄ピンクの対比も美しく、見ごたえがあります。

 

落ちた花びらが参道の苔の上に広がり、ピンクの花のじゅうたんのようになってとてもきれいですよ。

 

三宝院

醍醐寺 三宝院 しだれ桜

 

三宝院に入ってすぐ左に位置する見事なしだれ桜。

 

豊臣秀吉が豪奢に『醍醐の花見(大茶会)』をされたといわれる醍醐寺の桜。

中でも三宝院の立派な大しだれ桜は“太閤しだれ桜”と呼ばれてて、樹齢約150年。

 

樹形良く広がった枝が風にそよぐ光景、そしてひらひらと舞う桜の花、は風情があってとても美しいですよ。

足場は整備されているので撮影しやすいです。

また、豊臣秀吉がお花見のために自ら設計した庭園は、手入れが行き届いていて息を飲むほど美しい景色が広がります。

三宝院の奥の広場では、赤い布が掛けられた長椅子や赤い日傘があり、座ってお花見できる場所があります。

お茶を飲みながら天下人秀吉気分でお花見してくださいね!

 

霊宝館

しだれ桜 霊宝館

 

霊宝館にあるしだれ桜は樹齢約180年とされ、枝ぶりも大きく、桜の花びらも大きめ。

 

霊宝館の外側からも良く見えるほどの大きな木で、かなりの存在感を放っています。

 

見頃を過ぎても桜吹雪がとてもきれいですよ。

夜間のライトアップも幽玄で趣があります。

 

下醍醐

醍醐寺 五重塔 桜

 

下醍醐には、醍醐天皇の菩提を弔うために建立さたれた国宝『五重塔』が建っています。

 

高さ約38mにもなる、京都でも最古といわれる巨大な木造建築物なんですよ。

 

とてもバランス良く重厚に作られた佇まいは風格抜群で、まさに醍醐寺のシンボルタワーといえるでしょう。

 

五重塔 桜 春

五重塔の近くには樹齢100年の大しだれ桜があり、また、朱色の金堂と薄ピンクのオオヤマザクラのコントラストも鮮やかで見ごたえがあります。

上醍醐

桜 花

 

上醍醐は登山道を登っていく形になります。

山の上に数本の桜が植わっていて、山上から見る醍醐寺の桜もいいですよ。

 

朱塗りの弁天堂では、お堂と太鼓橋、そして桜が弁天池に写り込んでいてとても情緒豊か。

 

山の上なので桜の満開時期が遅めで、人も少ないのでかなりの穴場スポットになっています。

 

お店

三色団子 お茶 桜

 

醍醐寺には雨月茶屋があって京料理をいただけます。

 

また境内にはほかにもいろいろな出店や四阿(あずまや)があるので、醍醐寺の外に出なくともお食事ができますよ。

 

シートやお弁当を持参すれば、芝生の上で座ってのんびりお花見することもできますね。

 

お店では、お団子、五平餅、うどん、湯葉コロッケなどさまざまなものを楽しめます。

 


Sponsored Link

豊太閤花見行列の日程やイベント内容は?

醍醐の花見とは?

慶長3年(1598)、豊臣秀吉は大きな花見会を行いました。

 

畿内から700本の桜を運んで醍醐寺に植え、自ら設計して三宝院の建物と庭園を造りました。

 

「醍醐の花見」と銘打って行われた盛大なお花見の宴には、秀頼や北政所、淀の方、三の丸など女房衆1,300人余りが参加したといわれています。

 

豊太閤花見行列(ほうたいこうはなみぎょうれつ)とは?

醍醐寺 豊太閤花見行列 秀吉

 

豊太閤花見行列とは豊臣秀吉が行った「醍醐の花見」を再現するイベントです。

 

三宝院を出発点として、太閤さん(秀吉)をはじめ醍醐の花見に参加した面々に扮した人たちが行列を行います。

楽器の演奏や踊りもあり、当時の雰囲気を表現していて楽しいですよ。

 

豊太閤花見行列は毎年4月の第2日曜日に行われます。

日程:2019年4月14日(日)

※13:00頃三宝院唐門出発→仁王門→金堂で舞楽や殺陣、花見踊の鑑賞→15:00頃三宝院唐門へ

行列が始まる1時間前くらいから、準備のため一時拝観ができなくなりますから気を付けましょう。

 

また良い位置で見る場合は、同じく開始1時間前ごろから三宝院付近で待機しているといいですよ。

 

京都醍醐寺のアクセス方法は?駐車場の台数や料金は?

京都醍醐寺 桜 アクセス

場所:醍醐寺(075-571-0002)

住所:京都府京都市伏見区醍醐東大路町22

公式HP:醍醐寺

【電車】京都市営地下鉄醍醐駅から徒歩約10分、JR山科駅から京阪バスに乗り醍醐寺前下車すぐ

【車】名神高速道路京都東IC→国道1号→府道35号宇治方面へ約5km約20分

 

駐車場:あり(100台)
普通車:5時間/1,000円 5時間以後は30分毎に100円が追加

 

徒歩10分の下記の駐車場もおすすめです。

【アルプラザ醍醐店】

住所:京都府京都市伏見区醍醐高畑町1-37

料金:最初の2時間無料、以降60分毎/100円(入庫後24時間、最大500円)

 

天下人となって醍醐の花見を堪能

醍醐寺 お花見スポット

 

【関連記事】
京都嵐山の桜のお花見!見頃やライトアップおすすめの場所は?

京都清水寺の桜の見頃と開花予想!ライトアップや屋台は?

京都桜の名所ランキング!お花見の見頃とアクセス方法。
大阪城公園の桜花見の開花状況と見頃。ライトアップ時間や期間は?
淀川河川公園背割堤地区の桜!開花状況とアクセス方法。
大阪造幣局の桜の通り抜け!見頃や種類は?アクセス方法は?
夙川公園の桜の花見頃と開花状況。アクセスや駐車場は?

姫路城の桜花見!見頃と開花状況。ライトアップやお花見場所は?

奈良公園の桜!見頃や開花状況は?混雑やお花見マップは?
一目千本!吉野山の桜の見頃と開花状況。駐車場は?

 

醍醐寺の桜は、平安時代からずっと変わらず愛されてきたお花見スポットです。

 

それだけに毎年多くの人が花見に訪れます。

 

緑に囲まれた広い敷地はとても落ち着いた雰囲気。

 

建物や庭園と桜が随所にあり、桜に心地よく酔えることでしょう。

 

太閤秀吉気分で、大いに“醍醐の花見”を堪能してくださいね。

Sponsored Link