季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

節分の日に鬼が来る意味と由来は?なぜ豆まきをするの?

節分と言えば豆まき!ですよね。

しかしなぜ豆まきをするのか、なぜ鬼がやってくるのでしょうか。

 

この記事では知っていそうで知らない、節分のことについて紹介していきます。

 

今年の節分は、節分の意味をしっかり理解して福を呼びこむ豆まきをしちゃいましょう。お送りするテーマはこちら!

 

・節分に鬼が来る意味とは?
・節分の日に豆をまく意味は?
・節分で、鬼は外?鬼は内?
・節分は手作りグッズで豆まきをしましょう!

 

Sponsored Link

節分に鬼が来る意味とは?

赤鬼 青鬼

 

節分に鬼に向かって豆を投げた経験はあると思います。私も子供の頃に良く大きな声を張り上げてやってました。

 

しかし、どうして鬼に豆をまくのか、はっきりいってなにも知らない状態です。そこで今回は好奇心も手伝って、節分についていろいろと調べてみました!

 

節分に行う豆まきには鬼(厄)を払う、という意味があります。

 

なぜなら節分の2月3日は旧暦で数えると元旦の前日、つまり立春の前日であり、この日には鬼門が発生するという言い伝えがあるからだそうです。

 

豆まき

 

そこで、新年を迎えるにあたり鬼がもたらす厄を払おう。と、豆をまくという習慣ができました。

 

また、昔の人は病気は鬼が持ってくるもの、と信じていました。

 

そのため、豆をまいて鬼を追い払うことで、新年は病気にかかることがないように、との願いを込めていたということです。

 

つまり、現代では鬼役の人が鬼のお面をかぶってやってきますが、その鬼に豆を投げて追い払うことで、「新年もみんなが健康で幸せに暮らせるように」との願いを込めているのですね。

 

豆まきで鬼を追い払っていても、実際にここまで願いを込めている人はなかなか少ないかもしれませんね。

 

今年からは、家族の健康など、しっかり願いを込めて豆をまきたいですね。

 

Sponsored Link

節分の日に豆をまく意味は?

節分

 

しかし、どうして豆で鬼が退治できるのか気になりませんか?これにはいくつかの説があります。

 

例えば、昔から穀物や果実には栄養分が詰まっているため、邪気を払う力があると信じられてきました。

 

そのため、豆の力によって鬼(つまり、厄)を追い払える、と信じられていたのです。

 

豆まき

 

また、豆の読みが魔目(つまり、鬼の目)と同音であることから、豆を炒ることで鬼の力を弱めて、鬼を退治できると信じられた、という説もあります。

 

ただ鬼を追い払うために何かを投げればいいというわけではなく、豆をまく、ということにもしっかり意味があるのですね。

 

Sponsored Link

節分で、鬼は外?鬼は内?

鬼は外 福は内

 

豆まきの時にどのような掛け声をかけていますか?「鬼は外!福は内!」でしょうか。しかし、地域によっては「鬼は内!」という掛け声をかけるところがあります。

 

一般的には鬼は厄を象徴しているため、外に出さなければいけません。

 

一方で、地域によっては鬼を悪とみなさない場合や神社のしきたりによって、鬼も内になることがあるようです。

 

 

でもこれって鬼だからと言って決して悪だと決めつけない、日本の八百万の神の信仰ならではの発想だと思いませんか。

 

いずれにしても、「鬼は内!」だからと言って、厄を呼び込んでいるわけではなく、「新年もみんなが健康で幸せに暮らせるように」と言う願いは全国共通なのですね。

 

節分は手作りグッズで豆まきをしましょう!

【関連記事】

節分の食べ物の由来と意味。恵方巻き、いわし、そばの理由は?

豆まきの豆の栄養とカロリー。残った豆の使い方。食べ過ぎは?

恵方巻きの方角は誰が決める?由来や意味。決め方は?

 

せっかくの節分と言うことで、手づくりのお面で豆まきに参加してみてはいかがでしょうか。

 

節分用の豆を買うと鬼のお面が付いてくることもありますが、自分で作ったお面だと、楽しさ倍増ですよね!

 

鬼のお面の作り方の動画を載せているので参考にしてみてください。

 

 

鬼のパンツは豹柄の生地を買ってきて作るのも良いですが、近年ではコスチュームとしてネット等でも販売されているので、そちらで手に入れると言うのも良いかもしれませんね。

 

ちょっとした工夫や手間をかけることで、思い出に残る節分になること間違いなしです。

 

 

 

豆をまいて鬼を追い払う意味を理解していただけたでしょうか。

 

みんなで豆まきをして楽しむ節分。

 

今年はただ豆をまくだけではなく、「健康で幸せに暮らせるように」という願いを込めて、楽しいひと時を過ごしていきましょう。

Sponsored Link