季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

節分の日に鬼が来る意味と由来は?なぜ鬼が来るの?

毎年2月になると節分があり、子供たちはお豆を片手に鬼役となったお父さんに「鬼は外、福は内」と大きな声で追いかけまわしている姿を見かけます。

 

一見子供たちの行事のようにも思えますが、お寺や神社でもよく芸能人や有名人の方を招いて豆まきをするニュースを見かけます。これらから節分は単なる子供たちの行事ではないことがわかります。

 

では節分とは何か、鬼とは何か、なぜ来るのかなど、意味や由来をまとめてみました

・節分とは
・節分の日に鬼が来る意味は?
・節分に鬼が来る由来は?
・節分の日に鬼に豆を投げる意味は?
・地方独自の豆まきの仕方
・鬼は外福は内の意味は?鬼は内というところもある由来は?

 

Sponsored Link

節分とは

イラスト 節分

 

各季節の移り変わりの前の日のことで「季節を分ける」という意味を持っています。

 

立春・立夏・立秋・立冬と1年に4回あったのです。

それが年を重ねていくうちに、だんだんと立春の前の日の節分が残っていったようです。

 

特にこの立春は旧正月にあたり、その前の日ということは新しい年の前の日すなわち大みそかと同じ意味合いを持っていて、重要な行事となっていました。

 

節分の日に鬼が来る意味は?

赤鬼 青鬼 イラスト

 

節分は季節の変わり目ということで、邪気(悪い気)が入り込みやすい日だとされています。

 

1つの季節の間に少しづつたまっていった邪気が払われないでいると、次の季節に悪いことが起きるといわれていたようです。

 


Sponsored Link

節分に鬼が来る由来は?

赤鬼 イラスト

 

節分に鬼が来るといわれているのは、陰陽道でいうと鬼門が関係しています。

 

鬼門とは北東、昔の言葉でいうと丑寅の方角になるわけで鬼の通り道といわれています。

 

京都の街並みも鬼門である北東から悪しきものが入らないようにと、「赤山禅院」というところが鎮守として祀られたといわれているのを聞いたことがありませんか?

 

もっと身近なところでは、、家を建てたりするときに鬼門に気を付けるように言われていると思います。

 

このように平安時代以前から邪気に対しての恐怖感が強かったのですね。それでこの節分の日には鬼が来ると言い伝えられてきたようです。

 

実際に鬼と呼ばれたものがいるといわれていたり、悪(あ)しきものすべてを鬼としていたのかもしれません。

 

節分の日に鬼に豆を投げる意味は?

節分豆

 

豆まきをするのは鬼を退治したり、追い返すといういわれがあるのはご存じでしょうか。

 

大豆を使う意味

豆まきには「大豆」が使われているのはご存知のことでしょう。ではなぜ大豆なのか。

 

それは古来より「五穀」と呼ばれる米・麦・粟(あわ)・稗(ひえ)・豆(大豆)の作物をとても大切にしていました。

 

収穫期の秋には、「五穀豊穣」を祈る行事にも必ず備えられているものです。

 

それだけのパワーを秘めたものなら、鬼を退治できるだろうというところからきているようです。

 

また「豆(まめ)」を「魔目(まめ)」もしくは「魔滅(まめ)」と呼ばれていることも説としてあります。

 

豆まきには炒り豆を用いる事の由来

「豆を炒る」を「魔目を射る」になぞらえているといわれています。

 

また豆を炒ることによって、新しく豆から芽が出るのを防ぐという言い伝えも残っています。

 

その他にも鬼退治の工夫がされています。

イワシ 柊 イラスト

 

玄関や家の中に鬼の嫌いな臭い(におい)のイワシの頭を置いたり、棘の痛いヒイラギの葉を置いたりしています。

 

いろいろな方法で、少しでも悪(あ)しきものから身を守ろうとしていたのですね。

 

ちなみに豆まきをした後の豆は、一年間悪いことが起きませんようにと願いながら、自分の歳プラス1個(数え歳の数ですね)を食べるようにします。

 

地方独自の豆まきの仕方

節分 豆まき 子供 父親

 

古来からの行事にはそれぞれ地方ならではのやり方などがあります。その中で何点か紹介いたします。

 

豆まきの豆を最初にお祓いしてから炒っておく場合と、炒った豆を神棚にあげ一晩おいてから豆まきをするというところがあります。

 

また近年では大豆の代わりに落花生で豆まきをするところがあります。これは落花生だと大豆より拾いやすく、皮をむくので衛生的、豆まきの後の掃除が楽と、とても合理的な考えの豆まきですよね。

 

ちなみに私の家では炒った大豆を神棚にお供えし、豆まきの際外にまく時は炒った大豆を、中にまくときは落花生をとなんともごちゃまぜの豆まきをしていました。

 

でも神棚にお供えしたときは家族全員で手を合わせていましたので、信心深いところもあったのでしょう。

 

鬼は外福は内の意味は?鬼は内というところもある由来は?

節分 鬼は外 福は内

 

豆まきの時は大きな声で「鬼は外福は内」といいますが、どういう意味なのでしょうか。

 

「鬼は外福は内」

「鬼」という目に見えない邪気を追い払う、すなわち災害や病気という悪いことすべては家の中から追い出し、福は家の中に招き入れるという意味で、この掛け声がかけられるようになったようです。

 

鬼は内というところもある由来は?

鬼を祭神または神の使いとしている神社や、「鬼」という字が付く姓、例えば「鬼塚」・「鬼頭」などの家庭、他に鬼が付く地名の地域では「鬼は内」というところがあります。

 

やはり「鬼は外」という掛け声では、自分が外に追い払われるようでよくないですよね。

 

厄払いの行事「節分」で家内に幸せを。

【関連記事】

節分そばの由来と理由。地域や地方の伝統?具材や意味は?

節分の食べ物の由来と意味。恵方巻き、いわし、そばの理由は?

豆まきの豆の栄養とカロリー。残った豆の使い方。食べ過ぎは?

豆まきの由来とやり方。鬼に豆を投げる理由。歳の数はいくつ?

北海道で節分の豆まきに落花生やチョコをまく理由は?

恵方巻きの方角は誰が決める?由来や意味。決め方は?

立春大吉の意味。お札の貼る場所や期間。古いお札の処分方法。

 

つい子供に合わせがちになってしまう行事ですが、本来は家族の幸せのため悪い気を呼び寄せないためと古来から粛々と続けられてきた行事です。

 

子供たちと楽しむのなら、豆まきの理由や鬼のことなどにも耳を傾けてくれやすいでしょう。

 

古来からあった理由をさらに未来につなげるためにも、きちんとお話をして家族の幸せを願い、行事を執り行ってみてはいかがでしょうか。