季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

みなとこうべ海上花火大会2016の穴場。場所取りは何時から?

庫県神戸市では、毎年8月にみなとこうべ海上花火大会が開催されます。

 

神戸1,000万ドルと称される夜景と花火。

 

夜景の主役であるモザイクと観覧車、ポートタワー、オリエンタルホテルを背景に、みなとこうべ海上花火大会のスターマインが色鮮やかに浮かび上がります。

 

それはまさに石箱をひっくり返したような光の競演です。

そんな魅力たっぷりのみなとこうべ海上花火大会。

 

今回はみなとこうべ海上花火大会2016の日程や、場所取り情報、見どころなどを交えて下記の流れでご紹介しますね。

 

・みなとこうべ海上花火大会2016の日程
・みなとこうべ海上花火大会の見どころ
・おすすめの場所や場所取りのコツは?穴場スポットはある?
・有料席の値段やおすすめの席
・アクセス情報、混雑状況

 

Sponsored Link

みなとこうべ海上花火大会2016の日程

 

日程:2016年8月6日(土) 19:30~20:30

 

・雨天の場合

小雨決行、荒天の場合は中止。順延はありません。

 


Sponsored Link

みなとこうべ海上花火大会の見どころ

 

なとこうべ海上花火大会の見どころは、神戸市の夜景とのラボレーションが美しい点でしょう。

 

会場となるメリケンパークの周辺は、神戸港の夜景の観覧スポットとして有名。ポートタワーなどの夜景とともに、異国情緒のあふれる景観を楽しむことができる花火大会です。

 

尺玉やスターマイン、水中花火や仕掛け花火など、豪華な花火、約10,000発を堪能することができます。

 

 

光まばゆいオープニングから、ポートタワーや、夏の風物詩をかたどった花火など、毎年ストーリー性を取り入れた手の混んだ演出も楽しみの1つ。

 

3台の船から怒涛のように打ち上げられるフィナーレまで、存分に楽しんで下さいね。

 

屋台を楽しむのであれば、ホルモンうどんなら しおさい公園、神戸牛なら新港第1突堤をおすすめしますよ!

 


Sponsored Link

おすすめの場所や場所取りのコツは?穴場スポットはある?

みなとこうべ海上花火大会

 

メイン会場はメリケンーパークです。

メリケンパークは、花火大会当日の14時までは一切の場所取りが禁止されています。

 

14時以降に場所取りをしていただくことになりますが、その場合、必ず誰かがシート上に居ないと、即、撤去されてしまいます

 

メリケンパークで観覧する場合は、2人以上で行かないと難しいようです。

また、17時頃になると混雑が酷すぎて入場制限がかかってしまいます。

 

入場制限がかかる前までに、必ず確保した場所に戻っておく必要がありますので、ご注意下さい

 

みなとこうべ海上花火大会の穴場スポット情報

 

そんなに前から場所取りなんて出来ない!という方のために、穴場スポットをご紹介しますね。

 

新港第1突堤

住所:兵庫県神戸市中央区新港町11−2

地図:


打ち上げ会場に最も近い場所で、南側は企業協賛席になっていますが、東側が無料エリアとして解放されています

 

屋台も出店していて人気があるため、ハンパなく混雑しますが、大変に迫力ある花火を観覧することができます。

 

新港第2突堤

住所:兵庫県神戸市中央区新港町2

地図:


打ち上げ会場まで約500~600m。狭いエリアですが、第2突堤特別指定席・自由席の後ろに無料エリアがあります

 

公式パンフレットには第1突堤までしか載っていないので、その分、比較的人は少なめ。無料エリアは少ししか無いので、場合によっては混雑するかも知れません。

 

仮設トイレはありますが、近場にコンビニや屋台が無いので注意して下さいね。

 

新港第3突堤

住所:兵庫県神戸市中央区中央区新港町3−7

電話:078-327-3322

地図:


第1・第2突堤と並んで打ち上げ会場まで数100mの優良スポット。突堤先端部に3,000人ほどのエリアがあります。

 

飲食には不便なので持ち込みが必要ですが、トイレはあります。フェリーが出航し終える18:30以降しか入場ができないため、逆に待ち時間が少なくて済むメリットがあります。

 

新港第4突堤(ポートターミナル)

住所: 兵庫県神戸市中央区新港町4−5

電話:078-391-7638

地図:


新港第4突堤では西側岸壁で観覧することができます。打ち上げ会場まで600~800mくらい。

 

有料観覧席もある場所なので、優良スポットには間違いありませんが、当然混雑もしています。

 

ポートアイランド北公園

住所:兵庫県神戸市中央区港島2丁目

電話:078-331-4331

地図:


打ち上げ会場まで600~800m。開放的な場所なので、大変に迫力のある花火を観覧することができます。

 

観覧エリアが狭いので、混雑は必須。早めの場所取りが必要です。

 

ハーバーランド

住所:兵庫県神戸市中央区東川崎町1丁目

電話:078-360-3639

地図:


打ち上げ会場より1Km弱。迫力のある花火を観覧できます。アクセス性、トイレや飲食の利便性からも大変に人気がある観覧スポットです。

 

場合によっては17時前より入場制限がかかりますので早めの現地入りをおすすめします。帰宅時は駅がとんでもなく大混雑するので、覚悟しておいて下さいね。

 

ポーアイしおさい公園(ポートアイランド西公園)

住所:兵庫県神戸市中央区港島1丁目

地図:


打ち上げ会場まで約1Km。ポートアイランド側から、ポートタワーなどの美しい神戸の夜景とともに花火を観覧できるスポットです。

 

観覧エリアが広いので、メリケンパークや突堤、ハーバーランドなどと比べると比較的混雑はゆるやか。臨時の駐車場があるのも高ポイントですが、帰宅時の大混雑がネックなので覚悟しておいて下さいね。

 

兵庫突堤(兵庫埠頭)

住所:兵庫県神戸市兵庫区築地町

地図:


打ち上げ会場より1.5~2Km弱、倉庫が立ち並ぶ場所なので、アクセス性が悪く、トイレや買い物には不便ですが、広い場所でゆっくり観覧することができます。

 

市営地下鉄中央市場前よりシャトルバスの利用をおすすめします。

 

神戸布引ハーブ園&ロープウェイ

住所:兵庫県神戸市中央区北野町中央区北野町1丁目4−3

電話:078-271-1160

地図:


打ち上げ会場より3Kmくらい離れていますが、程よく高台にあるため、芝生広場展望テラスより花火を観覧することができます。

 

ロープウェイ中間駅でも観覧できるほか、終点にも展望台があります。神戸1000万ドルの夜景とともに花火を楽しむことができます。

 

チケット購入は17時前よりできるので、遅くても17時頃には現地入りをおすすめします。

 

六甲山展望台

住所:兵庫県神戸市灘区六甲山町一ケ谷1-32

電話:078-861-5288

地図:


山頂の展望台から、みなとこうべ海上花火大会の花火を観覧することができます。

 

打ち上げ会場より約8Km離れているので、かなり小さいですが、代わりに神戸1000万ドルの夜景とともに、俯瞰的に観覧することができます。

 

みなとこうべ海上花火大会の有料席の値段やおすすめの席

 

確実に座って観覧したい!という方には有料観覧席がおすすめ。みなとこうべ海上花火大会では、一般協賛席(サポーター協賛席)として有料観覧チケットを販売しています。

 

場所は新港第2突堤第4突堤(ポートターミナル)で、どちらもイス席。

自由席なので、良い場所に座りたい場合は少し早めの来場が必要です。

 

15時より入場が始まりますので、ご参考下さいね。

 

 

前売り券は3,100円、当日券は3,600円。どちらもなくなり次第終了です。第2突堤席と第4突堤席のチケットは別なので、間違えずに指定して購入して下さい。

 

チケットは1ヶ月前より販売開始されます。詳しくは公式HPをご参照下さいね。

 

おすすめ有料席

みなとこうべ海上花火大会

 

一般協賛席も良いのですが、おすすめはやっぱりホテルの有料席

 

勿論、競争率もお値段も高いのですが、せっかくの花火ですから、大切な人と優雅に観覧したいですよね♪

 

神戸メリケンパークオリエンタルホテル、ホテルオークラ神戸、ホテル・ラ・スイート神戸ハーバーランドなどのホテルでは、お食事付きの日帰りプランを用意しています。

 

 

バイキング16,000円~、日本料理15,000円~、フレンチ23,000円~が相場。

完全予約制で6月1日より予約受付開始なので、ぜひHPをチェックしてみて下さいね。

 

みなとこうべ海上花火大会のアクセス情報、混雑状況

みなとこうべ海上花火大会 アクセス

 

会場:神戸港(新港突堤~メリケンパーク沖海上)

住所:兵庫県神戸市中央区波止場町

電話:078-333-3330(神戸市総合コールセンター)8~21時

地図:


公式HP:みなとこうべ海上花火大会

 

電車の場合:JR元町駅・神戸駅より徒歩15分、JR三ノ宮駅より徒歩約30分、阪神・阪急・神戸高速鉄道神戸三宮駅、地下鉄三宮駅、阪神・神戸高速鉄道元町駅、地下鉄みなと元町駅、地下鉄旧居留地・大丸前駅、神戸高速鉄道花隈駅より徒歩約15~30分

 

車の場合:車での来場不可

 

 

駐車場

会場周辺の駐車場は入庫時の混雑もありますが、花火大会が終了した後の帰宅時の混雑がとんでもなく激混みです。

 

周辺道路はどこも大渋滞で、全く動きません。動き出すのは23時以降、場所によっては日付を超えてからと、覚悟をして停めて下さい。

 

帰りの混雑を考えて「かなり」遠方の駅周辺に駐車した後、パーク&ライドすることをおすすめします。「当たって砕けろ」で行くと、95%以上の確率で砕け散りますのでご注意下さいね(笑)

 

 

交通規制

会場周辺で大規模な交通規制が敷かれます。

 

兵庫ふ頭基部は14:30~21:30、神戸商工貿易センタービル西側は20:10~21:30、ハーバーランド周辺は17:00~21:30、それ以外の区域では17:30~21:30まで車両通行止め、歩行者専用道路になります。

 

交通規制終了時間21:30は状況により延長されることもありますのでご注意下さい。

 

また、浜手バイパス・神戸大橋は1車線規制が実施されます。阪神高速3号神戸線の京橋ICは20:00~22:00まで閉鎖。再度山ドライブウェイは17:30~花火終了頃まで北行きが通行禁止となります。

 

みなとこうべ海上花火大会 交通規制

 

 

【関連記事】

PL花火大会の日程とアクセス。穴場は?打ち上げ数は?

天神祭花火の日程と打ち上げ場所。穴場スポットはココ!

琵琶湖花火大会の日程。おすすめ有料観覧席、穴場情報。

なにわ淀川花火大会日程と穴場。有料席以外の場所は?

猪名川花火大会の穴場スポット!屋台を楽しみながら鑑賞。

 

なとこうべ海上花火大会はその美しさから、特にカップルに人気がある花火大会で、関西圏内からも大勢の観覧客が訪れます。

 

水面に花咲く水中花火に、宝石のような夜景。

幻想的な光景をぜひお楽しみください

 

この夏は、みなとこうべ海上花火大会で、一人でも二人でも大勢でも、素晴らしい花火を心行くままたっぷり堪能してくださいね。


Sponsored Link