季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

割れない割れにくい!シャボン玉の作り方。自由研究にも最適!

Sponsored Link

子供の頃シャボン玉をワクワクしながら楽しみましたよね。

 

大きいものを頑張って作ったり、友達が吹いたものを追いかけたり色々と楽しみました。

 

昔は洗剤を水で溶いたものを使っていましたが、今では簡単に百均で買うことができます。

 

でも、実は洗剤にちょっとした工夫をするだけで割れにくい丈夫なシャボン玉が作れちゃうんです。

 

儚く割れるシャボン玉もいいですが、せっかくなら割れないシャボン玉で色々と楽しんでみませんか?

 

・割れない割れにくいシャボン玉を作る材料は?
・シャボン玉が割れない割れにくい理由は?
・割れない割れにくいシャボン玉の作り方。
・ジャンボシャボン玉の作り方は?

 

Sponsored Link

割れない割れにくいシャボン玉を作る材料は?

シャボン玉 イラスト

 

割れない、割れにくいシャボン玉を作るレシピをプロのシャボン玉師が公開していたりしますが、たくさんの材料が必要です。

 

今回は家庭にあるもの、手に入れやすいものをご紹介しますね。

 

基本の洗剤はどんなものでもいいの?

洗剤 スポンジ イラスト

 

シャボン液を作るのに欠かせない洗剤ですが、水と混ぜやすい液体タイプが良いですね。

手軽なのものは、台所洗剤です。

 

更に、割れない、割れにくいシャボン玉を作るためには界面活性剤が35%以上の洗剤を選ぶといいでしょう。

界面活性剤が多いほうが割れにくくなりますよ。

 

割れない、割れにくいシャボン液、ちょい足しする材料は?

シャボン玉

 

様々な材料で割れない、割れにくいシャボン玉が作れるのですが、今回は手に入れやすいものと割れにくさで定評のあるものをご紹介します。

 

洗濯糊(合成糊)

洗濯糊

https://item.rakuten.co.jp/

 

ドラッグストア、ホームセンターなどで購入できる洗濯のりを混ぜることで、シャボン玉はぐんと割れにくくなりますよ。

 

気をつけたいのは、弱酸性で糊の成分に「PVA」の記載があるものを選ぶことです。

 

この洗濯糊の粘りと「PVA」がシャボン玉を割れにくくしてくれるポイントなんです。

 

洗濯糊を入れたシャボン玉は、抜群の割れにくさですよ。

 

砂糖(ガムシロップ)

砂糖 イラスト

 

家にあるので、特に準備がなくても作れるのが砂糖の良いところですよね。

 

砂糖はしっかりと溶かさないとシャボン液ができないので、最初から水に溶けているガムシロップを使うこともできます。

 

割れにくさで言うと洗濯糊より劣りますが、手軽にできて効果もきちんとあるのが嬉しいところです。

 

手軽に割れにくいシャボン液を作るには、市販のシャボン液にガムシロップを混ぜるだけでも効果がありますよ。

 

ヒアルロン酸化粧水

ヒアルロン酸 極潤

https://item.rakuten.co.jp/

 

意外な物で言うと、ヒアルロン酸化粧水もシャボン玉を割れにくくしてくれます。

 

化粧水の成分比率などで丁度いい量を見極めるのが難しいのですが、シャボン液に小さじ1程度入れると良いかと思います。

 

また、化粧水はいろいろな成分が入っているので、入れる量が合わない場合もあります。

 

ドラッグストアにはグリセリン単体で売っているので、失敗してしまう場合はグリセリンを使うのもいいですね。

 


シャボン玉が割れない割れにくい理由は?

シャボン玉

 

色々なものを入れることで割れない、割れにくいシャボン玉ができることがわかりましたが、どうしてなのか?

シャボン玉が割れる理由から考えてみましょう。

 

洗濯糊や砂糖で割れにくいシャボン玉が作れるのはなぜ?

シャボン玉 屋外

 

シャボン玉は、上部の洗剤が下に流れ落ちてしまい膜が薄くなると割れてしまいます

 

割れにくくするには、シャボン液に粘りを持たせて洗剤が流れてしまうのを遅らせればいいですね。

洗濯糊には粘りを持たせるだけでなく、洗剤と同じ「界面活性剤(PVA)」が含まれているので、割れにくいシャボン液を作ることができるんですね。

また、砂糖やガムシロップもベタベタと粘りがあるので割れにくくする効果があるんです。

 

ヒアルロン酸化粧水やグリセリンはどうして割れにくいの?

シャボン玉

 

シャボン玉が割れる原因のもう一つは、シャボン液の蒸発があります。

 

シャボン玉は薄い膜でできているので、少しの蒸発で割れてしまうんですね。

ヒアルロン酸やグリセリンの保湿効果は、シャボン液の蒸発を遅らせることで割れにくいシャボン玉を作ることができるんです。

洗濯糊や砂糖と合わせて使うこともできそうですね。

 


Sponsored Link

割れない割れにくいシャボン玉の作り方。

割れない、割れにくいシャボン液を作る配合をご紹介します。

 

割れにくいシャボン玉を作るレシピ

キッチン 器具

 

【材料】

水  :400ml(洗濯糊なしの場合は200ml)

洗剤 :50ml

砂糖 :25ml

洗濯糊:100ml

 

ポイントは、水を鍋で温めながら砂糖をすべて溶かすところです。

溶かし残しがあると逆に割れやすくなるので、しっかり溶かしてくださいね。

 

砂糖水が冷めたら、あとは洗剤と洗濯糊を混ぜて出来上がりです。

混ぜる時に泡ができると割れやすくなってしまうので、静かに混ぜてくださいね

 

割れないシャボン玉の作り方

シャボン玉 実験

 

下敷きで仰いでも割れず、なんと穴がいてもふわふわ浮かぶ、不思議なシャボン玉が作れてしまいます。

 

・材料と配分は以下のとおりです。

シャボン玉 材料

 

少量作る場合は、大さじでそれぞれ入れていけばいいので楽ですね。

 

・材料をしっかりと混ぜます。

シャボン玉 作り方

 

砂糖は溶け残りのないようにしっかり混ぜましょう。

かなりとろっとしたシャボン液の完成です。

 

割れにくく、割れても形の残る不思議なシャボン玉ができちゃいますよ。

 

作り方やシャボン玉の様子は、こちらの動画で確認してみてくださいね。

 

ジャンボシャボン玉の作り方は?

割れない、割れにくいシャボン液ができたら作ってみたいのが、ジャンボシャボン玉ですよね。

ジャンボシャボン玉の作り方をご紹介します。

 

材料

鍋 混ぜる

 

園芸用の支柱2本

綿の紐 2メートルと60㎝を1本ずつ

ビニールテープ

割れない、割れにくいシャボン液

シャボン液は大きいシャボン玉を作るので、浸しやすいように鍋やボウル、バケツにたくさん作っておきましょう。

 

ジャンボシャボン玉を作ろう 1

短い方の紐を支柱に結びつけ、結び目はビニールテープでしっかりと留めます。

 

反対側も同じように固定しましょう。

 

ジャンボシャボン玉を作ろう 2

もう一つの紐を、支柱に固定した部分に結びつけます。

 

結んだ後のあまりの短い紐はビニールテープで先端に隠します。

割れやすくなる原因になってしまいますよ。

 

反対側も同様に結んでくださいね。

 

このような輪っかができたら完成です!

ジャンボシャボン玉 器具

 

鍋の中のシャボン液に紐を浸して、ゆっくりと開くとジャンボシャボン玉ができちゃいます。

ジャンボシャボン玉

 

大きなシャボン玉がたくさん作れそうですね。

練習次第でもっと多いきいシャボン玉も作れるようになりますよ!

 

詳しい作り方やジャンボシャボン玉を飛ばす様子などはこちらの動画でご確認下さい。

 

いつまでたってもシャボン玉は魅力的!大人も子供も楽しもう♪

シャボン玉 子供 母親

 

【関連記事】
簡単!貯金箱手作り方法。牛乳パック・ペットボトルの作り方。

夏休みの工作で貯金箱を作ろう!簡単な作り方をご紹介!

夏休み工作!小学生におすすめはこれ!【低学年高学年・男子女子別】

夏休み自由研究【小学生低学年】おすすめはこちら!工作・観察は?

夏休み自由研究【小学生高学年】おすすめはこれ!工作・実験は?

夏休み自由研究!小学生の工作におすすめのテーマはコレ!

夏休み自由研究!【小学生の理科実験】おすすめテーマはコレ!

冬休み自由研究!小学生低学年高学年の男子女子におすすめは?

冬休みの工作!【低学年高学年】男の子女の子におすすめは?

 

洗剤にちょっと足すだけで、割れない、割れにくいシャボン玉ができちゃいましたね。

 

色々なシャボン液で違いを試すこともできるので、自由研究などにも向いていますよ。

 

子供と一緒に楽しむのもいいですし、友人たちとワイワイ割れないシャボン玉を楽しむこともできそうです。

 

大人も子供も夢中になってしまう、とっても奥深いシャボン玉の魅力を目一杯楽しんでくださいね!

Sponsored Link