季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

姫路城の桜2022の見頃と開花!お花見スポットは?観桜会や夜桜会は?


Sponsored Link

路城(ひめじじょう)は兵庫県姫路市にあるお城。

 

別名を白鷺城(しらさぎじょう・はくろじょう)とも言い、日本100名城や世界遺産にも登録されている名城であり国宝です。

 

お城と桜ってとても良く似合いますよね!

優美な名城、姫路城ならなおさら相性抜群です。

日本さくらの名所100選にも選ばれている姫路城城内一帯にはソメイヨシノ、ヤマザクラ、シダレザクラなど約1,000本の桜があり、城郭にとてもよく映えるんですよ。

天守閣の修復も済んで、ますます美しく甦った姫路城でお花見も良いですよね。

 

三の丸広場や西の丸庭園から観る白漆喰の天守閣と桜のコラボは、まるで芸術、一枚の絵のようです。

 

今回は、姫路城の桜2022年の見頃時期や開花、ライトアップや桜まつりなどについてご紹介します。

 

 

Sponsored Link

姫路城の桜2022年の花見頃や開花状況は?

桜が満開の姫路城!真っ白の城壁と桜のコラボは日本ならではの美しい風景ですね♪

開花時期:3月19日頃~4月13日頃

見頃時期:3月27日頃~4月10日頃

姫路城の桜の例年の開花状況としては、3月中旬ころより開花が始まりますが、まだまだ蕾が多く、1~2分咲きといったところ。

 

3月下旬になると開花も進み、5~8分咲きと、やや早めの見頃を迎えます。

この頃には人手も増え、お城と桜のコラボを楽しむ人も多くなります。

 

そして桜が本格的な見頃となるのは、3月末頃から4月中旬にかけて

 

3月末から4月上旬になると8分咲きからほぼ満開状態となり、ヤマザクラが散り始める4月中旬ころまではお花見を楽しむことができると思いますよ。

 

例年の流れは上記に示したとおりですが、桜は天気によって開花や見頃の時期がかなり変わります。

 

そこで天候を考慮した、今年の開花・見頃時期の予想はこちらになります。

 

姫路城の桜の開花・お花見時期予想2021

開花予想日 :3月20日(土祝)頃

五分咲き  :3月27日(土)頃

満開日予想 :3月30日(火)頃

花(桜)吹雪:4月6日(火)頃

※気候などの影響により変動する可能性があります。

 

見頃過ぎ後は葉が目立ちますが、しばらくは桜の花を楽しめます(天候など状況にもよります)。

姫路城には多くの桜が広い範囲で植えられているので、たいていどこに行ってもお花見はできます。

 

遅咲きの桜も多いので、桜吹雪を含めると、かなり長い期間桜を楽しめるでしょう。

 

満開の見頃の時期に行きたい方は、現在の桜の開花状況を知っておくと安心ですね。

お出かけ前にチェックしておきましょう。

 

桜の詳しい開花状況はこちらの姫路市のページで確認できます。

 


姫路城の入城料や時間は?桜の種類は?

姫路城と桜

 

姫路城の入城料や時間はこちら。

[三の丸広場・芝生エリア]

期間:3/26(金)~4/11(日)

時間:21:00まで

料金:無料

 

[姫路城]

時間:09:00~17:00(最終入城16:00)※夜桜期間を除く

料金:18歳以上1,000円、小中高生300円

 

桜の種類は?

城内が桜色に染まる光景は圧巻。

 

樹齢が高く歴史を感じさせる古木が多いので、とても風格があります。

 

姫路城の桜のおもな種類はこちら。

シダレザクラ、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、ベニヤマザクラ、ヤエザクラ、ベニユタカ、イチヨウ、オオサカフユザクラ、フゲンゾウ、ウコン、ギョイコウ、フクロクジュなど。

 

1日中居られる見どころ満載のスポット

青空と桜、真っ白のお城や城壁が最高のコンビネーションを見せる姫路城。

 

満開の華やかな桜、濠に枝垂れる雅やかな桜、池に映り込む風情のある桜、そして水面に映る逆さ姫路城など見どころ満載!

さらに動物園や遊具施設、展望台、散歩道、美術館などもあって、人それぞれいろんな楽しみ方ができちゃいます。

 

まずは姫路城の桜の見どころからご紹介していきますね。

 

Sponsored Link

姫路城の桜の見どころは?

日本一美しいお城と桜のコラボレーション

姫路城と満開の桜

 

国宝であり、世界遺産にも登録されている名城『姫路城』

 

城内には、ソメイヨシノのほか、西の丸庭園にはシダレザクラ、ヤマザクラなど約1,000本が植えられています。

 

別名白鷺城とも呼ばれる優美なお城の城郭に桜が映えて、非常に美しく、日本さくらの名所100選にも選ばれているんですよ。

 

城郭一帯が満開の桜に包まれる様子はまるで絵のようで、群を抜いた美しさを醸し出します。

 

さまざまな場所で美しい桜風景が展開

青空と姫路城と満開の桜

 

三の丸広場の桜並木や高台の桜林、三国堀、姫路公園のお堀沿い、菱の門周辺、喜斉門(きさいもん)前広場など、桜の見どころがとにかくたくさんあるのも特徴です。

西部中濠と船場川の間に南北にのびた遊歩道『千姫の小径』や、好古園の南西にある散策路『さくらの小径』もあるので、ゆっくりと散策するのに最適。

いろいろと散歩しながらじっくりお花見を楽しみたいですね。

自分だけのベストスポットもきっと見つかるでしょう。

 

青空のもと、一層白く輝く白鷺城

周辺一帯に咲き誇る桜越しに、ひときわ高くそびえ建つ天守閣。

 

大天守閣の修復も終了し、ひときわ美しくなったお城の白壁と、薄紅の桜のコラボレーションは必見ですよ。

 

姫路城のお花見におすすめの場所は?

ゴージャスな桜を観るなら西の丸庭園

姫路城 桜の季節

 

よりお城に近く、絢爛豪華な桜を楽しみたいなら西の丸庭園がおすすめ。

 

西の丸庭園のソメイヨシノやシダレザクラは、ボリュームがあってとても華やか

 

桜を見ながら散策を楽しみつつ、そのまま天守閣を目指しましょう!

 

ところどころより覗けるお城の窓から桜を見下ろす景色を堪能してくださいね。

また、天守閣は見晴らし抜群の絶景が望めますが、階段がとても急なので、無理のないようにしましょう。

 

期間中はかなり混雑するので、15:00頃など少し遅めに入場するのもおすすめです。

そして、白漆喰の壁面や石垣などの造りも見もの。

それらモノトーンの色合いに、桜の白や濃淡ピンクの花々が絶妙の調和を醸し出していますよ。

 

こちらは飲食禁止、喫煙不可、レジャーシート禁止の区域のため、ゆっくりと座ってお花見をするにはやや不向きかもしれません。

 

広い場所でレジャーシートを敷いてお花見するなら三の丸広場

青空と姫路城と桜

 

三の丸広場は櫻門橋より入ってすぐにある広場です。

 

この三の丸広場の周囲を囲むようにぐるりと桜が植えられているので、レジャーシートを敷いてゆっくりと満開の桜のお花見を楽しみたい方におすすめ

 

入場無料で姫路城の定番のお花見スポットなので、シートを広げてお花見する人がたくさんいます。

 

三の丸広場の左側に、一段高くなった「千姫ぼたん園」があります。

そこからは桜の上に天守閣が望める、おすすめの撮影スポット。

 

お城の反対側は、姫路の街を一望できますよ。

 

三の丸広場は火気厳禁、ゴミは持ち帰りですが、飲食は可能です。

城内が飲食禁止ということもあって、ここはお花見スポットとして人気となっています。

 

お堀の水面すれすれまで花枝を伸ばす桜を楽しむなら姫路公園

お堀と桜

 

姫路公園は姫路城の内堀のすぐ外側、駐車場の向かい側にある公園です。

 

ここからは姫路城のお堀沿いに植えられた桜と、水面に映り込む桜の美しい姿を堪能できます。

 

芝生の場所もあるので、こちらもゆっくりと座ってお花見を楽しむことができると思います。

 

桜と姫路城のコラボレーションを写真に撮るなら、姫路公園がおすすめですよ。

 

姫路城の穴場のお花見スポットやマップは?

桜と姫路城

 

姫路城はいろいろなお花見ポイントがあります。

 

三の丸広場が最もメジャーですが、実は穴場的な場所もあるんですよ。

1つ目は姫路城の東側にある『東御屋敷跡公園』

 

端の方にあってあまり目立たないので、混み合うこともなくゆっくりできるお花見スポットです。

 

2つ目は城の北側にある『シロトピア記念公園』『姫山公園』

 

お城の向こう側にあるので、あまり混雑しません。

こちらもゆっくりお花見が楽しめる穴場スポットですよ。

 

桜だけでなく季節のお花もたくさん咲いていて散策にもおすすめです。

 

姫路城を見下ろすならイーグレひめじ

姫路城 イーグレひめじ

 

姫路城の南にある、大手前公園に隣接したイーグレひめじは、交流センターや文化施設、ギャラリー、レストランなどが入った複合施設。

 

5階が展望台(屋上庭園)になっていて、こちらから姫路城と満開の桜の全景を見下ろすことができます。

 

テーブルと椅子も備えてあるので、休憩にはもってこい。

展望レストランもあるのでお食事も可能ですよ。

 

動物園で遊びながら桜を堪能

ゾウと桜

 

三の丸広場の右側には動物園があります。

 

象やキリン、クマ、ペンギンなどたくさんの動物がいますよ。

 

園内はほのぼのとした雰囲気で、回転飛行機やモノレール、回転ティーカップや観覧車など懐かしい雰囲気の遊戯施設などもあります。

観覧車に乗って桜を見下ろすのもいいですね。

 

また、赤い城見橋越しに見る姫路城と桜のコラボも、おすすめの撮影スポットです。

はくせい展示室の裏から堀越しに姫路城が見えるポイントがあります。

 

ここでは水面に“逆さ姫路城”がきれいに映り込むので、ここも写真撮影におすすめですよ。

動物園の入園料は、高校生以上210円、5歳以上30円。

 

乗り物代も含めとてもリーズナブルに遊べるので、ぜひ行ってみてくださいね。

 

姫路城のお花見マップ

駐車場、イーグレひめじを含んだ、姫路城のお花見マップはこちら。どうぞ参考にしてくださいね。

黄:西の丸庭園

緑:三の丸広場

紫:姫路公園

黒:大手前駐車場・イーグレひめじ駐車場

赤:売店・お土産屋・飲食店・屋台

このほか、船に乗ってお堀から桜を眺めるのもおすすめですよ。

 

風情ある和船に揺られながら白鷺城と桜を眺めるのも一興ですね。

 

料金は、中学生以上1,000円、小学生500円、2歳以下 無料です。

 

ライトアップ『夜桜会』の期間や時間は?

ライトアップされた姫路城と桜

 

期間中、西の丸庭園・好古園にてライトアップ(夜桜会)が実施されます。

【姫路城】

期間(2021):4/3(土)~11(日) ※雨天決行

時間:18:00~20:00(最終入城19:30)

料金:大人600円、小人200円

場所:西の丸庭園など

 

【好古園】

期間(2021):4/3(土)~11(日) ※雨天決行

時間:18:00~20:00(最終入園19:30)

料金:18歳以上310円、小中高生150円

姫路城改札口から菱の門周辺と、ライトアップされて白く浮き立つ姫路城。

いつもと違った角度で桜とお城のコラボが見れます。

 

ライトアップされた桜が折り重なるように美しく、情緒ある夜桜が素敵です。

 

桜だけでなく通路もライトアップされるのでとても幻想的ですよ。

※2021年は要確認。

 

好古園内にあるレストラン活水軒』では、1日20食限定の夜桜御膳(2,570円)が楽しめますよ(3日前までに要予約:079-289-4131)。

 

また、花あかりコンサートと呼ばれるミニコンサートも開催。

 

美しい音楽を聞きながら夜桜を見ていると、まるで夢の中のような感覚になりますよ。

姫路城自体は通常の期間でもライトアップされています。

時期によって色の変化が楽しめますよ。

4/1~10/31 → 白色系

11/1~3/31 → 暖色系

時間は日没から24:00までとなっています。

 

桜まつり『姫路城観桜会』の日程やイベントは?屋台は?

姫路城 観桜会のお花見太鼓

 

※2021年の観桜会は中止となっております。

 

姫路城では、桜の時期に桜まつり“姫路城観桜会”も開催されます。

今年の日時はこちら。

日程(2021):4/3(土) ※雨天時は翌日に順延

時間:10:00~16:00

場所:三の丸広場

※桜の開花状況によっては変更になる可能性があります。

姫路城三の丸広場で、お琴の演奏会および和太鼓演奏会が開催されます。

 

箏(そう:琴のような楽器)曲や中学校や高校の合唱、姫路市のゆるキャラ“しろまるひめ”の撮影会などもありますよ。

 

また姫路市内の蔵元による日本酒の限定販売や、お花見菓子、姫路おでん、千姫弁当の販売、カフェのほか、野点なども行われる予定です。

 

屋台は?

姫路 お土産屋

 

観桜会開催の日を除いて、姫路城内にはいわゆるお祭り屋台の出店はありません。

 

しかし大手前駐車場と大手前公園の間のエリア(上記お花見マップの赤)に常設の飲食店、お土産屋さん、売店などがあります。

 

また隣接するイベント広場にて屋台の出店がありますので、こちらをご利用くださいね。

 

お弁当の販売もあるので、飲食には困らないと思います。

 

期間中は相当な人混み

姫路城 観桜会とたくさんの花見客

 

ただし観桜期の正午前後は非常に混雑します

 

なかでも三の丸広場は場所によってはぎゅうぎゅう状態。

 

初詣のような混雑になるので、あらかじめ購入しておくか、時間を少しずらすと良いと思いますよ。

 

姫路城周辺のおすすめランチは?

ランチセット

 

姫路城の周辺はランチスポットもたくさんあるのでグルメも楽しめます。

 

姫路城周辺のおすすめランチをご紹介します。

 

Grill TENPEI(グリル テンペイ)

姫路城から近い場所にあるグリル天平では洋食が頂けます。

 

本格的な洋食が味わえるので人気のランチスポットです。

 

日替わりの天平ランチと大人の天平ランチがありますよ。

二つのランチは平日限定で11:30からです。

 

土日祝日には特別な休日ランチがありますよ♪

住所:兵庫県姫路市本町68-170 大手前第1ビル 1F

電話:079-280-4697

時間:11:30~14:30、18:00~21:00(土日祝のみ・L.O.20:30)

駐車場:なし

定休日:火曜日、第3水曜日

 

一張羅(いっちょうら)

姫路の名物といえば穴子。

姫路穴子と創作和食が大人気のお店が一張羅です。

 

リーズナブルな価格で食べられる穴子の2色丼や焼き穴子がおすすめですよ。

 

少しリッチなランチを食べたい方には白鷺御膳がピッタリ♪

穴子寿司御前も美味しいですよ。

住所:兵庫県姫路市駅前町345 みき正ビルB1F

電話:079-288-7714

時間:11:30~14:00、17:30~22:00(日祝は21:30まで)

駐車場:なし

定休日:月曜日(ランチは月・火休み)

 

千姫(せんひ)茶屋

姫路城観光の際のランチにもおすすめのランチスポット。

団体の受付も可能で70名まで受け入れ可能です。

 

人気のランチは1,000円台で食べることができてリーズナブル!

姫路おでんの盛り合わせは格安の600円台で食べられますよ♪

 

名物をランチで食べたい方にはピッタリのランチスポットですね。

住所:兵庫県姫路市本町68-290 イーグレひめじ 1F

電話:079-288-4567

時間:11:00~23:00(21:00以降は要予約)

駐車場:[イーグレひめじの地下駐車場]約257台

 

姫路城周辺のおすすめ観光スポットは?

青空と姫路城と桜

 

姫路城の桜は9つの庭園群で構成され池泉回遊式の日本庭園。

好古園では池に景色が映りこむ情緒ある景観も楽しめます♪

 

桜の名所としても人気ですが、観光スポットとしても人気です。

 

姫路城周辺のおすすめ観光スポットをご紹介します。

 

姫路市立動物園

姫路城の内濠の内側にあるのが姫路市立動物園です。

昔ながらのレトロな動物園で、どこか懐かしい雰囲気が落ち着きます。

 

規模は小さいですが約110種の動物を見ることができますよ。

 

姫路市立動物園には、ケサランパサランが展示されています。

見るとラッキーが起きるといわれている縁起物ですよ♪

 

展示されているところは少なくとっても貴重です。

住所:姫路市本町68 姫路城東側

電話:079-284-3636

時間:09:00~17:00(最終入園16:30)

料金:高校生以上210円、5歳以上30円

駐車場:なし

地図:

 

書寫山圓教寺(しょしゃざんえんきょうじ)

映画の舞台にもなった西の比叡山と称される性空上人(しょうくうしょうにん)により開かれた天台密教のお寺です。

 

紅葉スポットとしても人気なので秋にもおすすめですよ。

 

ラストサムライや大河ドラマのロケ地としても使われていました。

ドラマが好きな方や映画好きの方は、シーンを思い浮かべながら散策すると素敵ですね!

 

歴史ファンにも必見の観光スポットです♪

住所:兵庫県姫路市書写2968

電話:079-266-3327

時間:[春~秋]08:30~18:00[冬季]08:30~17:00

料金:[志納金]高校生以上500円、中学生以下 無料

駐車場:[ロープウェイ山麓駐車場]約300台

地図:

 

姫路市立水族館

里地・里海でみられる身近な生き物と触れあいをテーマにした、標高約50mの山の上にある水族館です。

 

五感を使って体験できる仕掛けがたくさんあり面白いです。

タッチプールでは実際にサメやエイに触れ合えますよ♪

 

イベントも盛りだくさんで、子供も大人も楽しめる観光スポットですね。

住所:兵庫県姫路市西延末440(手柄山中央公園内)

電話:079-297-0321

時間:09:00~17:00(最終入館16:30)

料金:高校生以上520円、小中学生210円

駐車場:約500台(200円)

定休日:火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始

地図:

 

姫路城のアクセス方法と駐車場情報。

姫路城とお堀と桜

場所:姫路城

住所:兵庫県姫路市本町68

姫路城管理事務所(079-285-1146)

地図:

【電車でのアクセス】

① JR「姫路駅」北口より徒歩約20分

② 山陽電鉄「姫路駅」より徒歩約15分

 

【車でのアクセス】

① 山陽道「山陽姫路東IC」より国道372号経由で約6km約15分

② 姫路バイパス「中地IC」より約15分

③ 播但連絡道路「花田IC」より約15分

 

駐車場

姫路城に隣接する大手前公園横に大手門駐車場があります(07:00~23:00)。

 

収容台数約555台、料金は3時間600円、3時間を超えると1日900円です。

 

また、大手前公園の地下にも駐車場があり、地下連絡路で繋がるようにしてイーグレひめじの地下駐車場も利用できます。

 

このほか、城の北駐車場、姫山駐車場、繁忙期のみ開場される城見台臨時駐車場、本町臨時駐車場など。

【イーグレひめじ地下駐車場】

台数:約252台

時間:24時間

料金:最初の30分200円・30分~1時間400円、以降30分ごと150円、1日1,500円

 

【城の北駐車場】

台数:約148台

時間:24時間

料金:最初の30分無料・30分~1時間200円、1時間~3時間600円、3時間~1日900円

 

【姫山駐車場】

台数:約246台

時間:24時間

料金:3時間以内600円、3時間~1日900円

 

【城見台臨時駐車場】

台数:約248台

時間:18:00まで

料金:1日800円

 

【本町臨時駐車場】

台数:約300台

時間:18:00まで

料金:1日500円

さらに、姫路駅から姫路城までの沿道沿いには民間の有料駐車場も多くありますので、駐車場は多めに用意されています。

 

姫路城の桜は大切に

青空と姫路城と満開の桜

 

【関連記事】

夙川公園の桜の見頃と開花状況。アクセスや駐車場は?

京都嵐山の桜。見頃やライトアップは?おすすめの場所は?

京都醍醐寺の桜の花見頃と開花状況!拝観料や豊太閤花見行列は?

仁和寺の御室桜!見頃時期や開花は?混雑や拝観料は?

大阪城公園の桜の開花状況と見頃。ライトアップの時間や期間は?

大阪造幣局の桜の通り抜け。見頃や種類は?アクセス方法は?

淀川河川公園背割堤地区の桜。開花状況やアクセス方法は?

一目千本!吉野山の桜。見頃や開花状況は?駐車場は?

 

姫路城の桜の見どころや桜まつりなどをお送りしました。

 

姫路城内にある約1,000本の桜のほとんどがソメイヨシノ。

このソメイヨシノの寿命は平均60年と言われています。

 

今の姫路城内の桜の樹齢は約70年

 

ほとんどが寿命を超えて、必死に延命処置をとっている状態”なんだそうです。

姫路城は国宝・世界遺産のため、伐採や植樹が厳しく規制されていて、新たな植樹は事実上不可能なのだとか。

 

もしかしたら近い将来、姫路城の桜は見られなくなってしまうかもしれません。

 

見事な桜が見られる今のうちに、たっぷりお花見を楽しんでおきたいですね。

 

お花見の際には桜の木を傷つけないようにしてあげてください。

 

今年の春は、ぜひ姫路城のお花見へどうぞ!

良いお天気になることをお祈りしておりますね。

Sponsored Link