季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

紫外線対策の帽子の選び方。効果のある色や形は?

一年中降り注ぐ紫外線

私たちは強い紫外線から日々お肌を守らなければなりません。

 

晴れの日が増え暖かくなってくる春や暑い夏はもちろん、行楽シーズンや運動会シーズンで外出の増える秋にも紫外線対策は欠かせませんよね。

 

紫外線対策商品といえば、日焼け止めなど様々あると思いますが、手っ取り早く使えるものは帽子ではないでしょうか。

 

被るだけ、の楽ちん紫外線対策。

それをより効果的に実感する方法を下記のようにまとめてみました!

 

・紫外線対策の帽子の選び方、効果のある色や形
・自転車、外での仕事、農作業におすすめ!紫外線対策の帽子は?
・紫外線対策用の帽子、子供におすすめは?
・帽子の素材による紫外線対策の違いは?

 

Sponsored Link

紫外線対策の帽子の選び方、効果のある色や形

紫外線対策 帽子

 

帽子と一口にいっても、その種類は様々。

 

紫外線対策をするにはどのようなタイプの帽子を選べばいいのかわからない、という方も多いと思います。簡単に選び方をまとめてみました。

 

帽子の形

帽子の形はつばが広いタイプのものを選びましょう。つばが短いと、その分顔にあたる紫外線量も同時に増えてしまいます。

 

7センチ~10センチほどの長さのものが、紫外線を60%~70%カットしてくれ、ファッション性も高いです。

 

帽子の色

カラーは黒やネイビーなどのダークカラーを選びましょう。

 

最近はUVカット機能がついている帽子が少なくないため、そこまで色にこだわることもないとは思いますが、より効果を引き出したいのであればおすすめいたします。

 

白は紫外線を反射して防ぎ、黒などのダークカラーは紫外線を吸収して防いでくれます。

 

この白と黒、実は黒の方が紫外線カット率は高いのです。さらにつばの裏側も黒などのダークカラーにして、地面などによる紫外線の照り返しも防ぐようにしましょう

 


Sponsored Link

自転車、外での仕事、農作業におすすめ!紫外線対策の帽子は?

帽子 日よけ

 

紫外線対策のために帽子を被るとなったとき、その場所や服装等によっての使い分けも必要ですよね。服装とちぐはぐにならないために、以下の点に気を付けてみましょう。

 

自転車の場合

自転車に乗る場合、つばの広い帽子を被ってしまうと風で飛ばされてしまう危険性があります。キャップを被るようにし、飛ばされないようにヘアピンなどでキャップと髪を止めるようにしましょう。

 

外での仕事

スーツなどを着用している際、もし衣服に自由が利くようであれば、男性ならハンチング帽などもファッション性が高く紫外線対策もできます。

 

男性 スーツ ハンチング帽

 

農作業の場合

農作業の場合であれば、俗にいうほっかむりタイプの帽子がいいでしょう。長時間屋外にいる場合が多く、紫外線にあたっている時間も自然と長くなるためです。

 

最近は通気性がよく、キャップ・首の後ろや両脇をカバーできるタレ・口元を覆えるマスクが一緒になり、その都度状況に応じて使い分けできるタイプも販売されていますので、こちらもおすすめです。

 


Sponsored Link

紫外線対策用の帽子、子供におすすめは?

紫外線対策 帽子 子供

 

帽子による紫外線対策は、大人だけでなくもちろん子供にも大切です。

 

子供は体温の調節機能が未発達なところや、身長が低くアスファルトの照り返しの影響を非常に受けすいなどの理由から、紫外線のみならず熱中症予防のためにも帽子が必要になってきます。

 

首回りをカバーしてくれる帽子

キャップタイプもいいのですが、やはりお子さんは紫外線の影響を受けやすいため、首の後ろが守れるタイプの帽子をおすすめいたします。

 

先ほど触れた農作業タイプまではいかないものの、似たようなにタレがついているものがいいですね。

 

プール用のスイムキャップ

学校や自宅でのプールにお子さんを入れる際も、必ずスイムキャップを付けさせましょう。

 

その際、普通のタイプよりも、やはり首の後ろを守ってくれるタレがついているものを選べばなお紫外線対策になります。おしゃれなものも多く、楽天でも販売されています。

 

 

 

帽子の素材による紫外線対策の違いは?

紫外線対策 帽子 素材

 

帽子の素材にも気を配りたいところですよね。

 

夏場はよく麦わら帽子を被っているお子さんや農作業の方も多いですが、素材は目が粗いものより細かいものの方が紫外線対策になりやすいです

 

夏に厚手の帽子を被るのは少し躊躇しますが、徹底的に紫外線から肌を守りたい!という方にはぜひおすすめいたします。

 

いろいろな帽子でおしゃれに紫外線対策!

【関連記事】

紫外線から全身を守る対策グッズまとめ。帽子、服、食べ物など

紫外線の目への影響や病気。日焼けで目が痛い、充血への対策

紫外線アレルギーの症状と治療法。顔のかゆみや目の腫れ対策

紫外線吸収剤とは?成分や肌への影響について

 

帽子による紫外線対策についてご紹介しました。

 

外出する時間帯などにもよるとは思いますが、「ちょっとすぐそこのコンビニまで」といった日焼け止めを塗るまででもないという状況では、帽子が紫外線対策に一役買ってくれます。

 

最近は帽子の種類も豊富で、おしゃれなのに紫外線対策もばっちりできるというタイプも多いですよ。

 

紫外線対策としての効果をより一層引き出すために、色や形に注意して、自分にあった帽子を選んでみてくださいね。


Sponsored Link