季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

紫外線の頭皮への影響と対策!かゆみや乾燥のダメージケア方法。

Sponsored Link

紫外線が肌に与える影響、シミやシワが増えるなどの症状が出るのはご存知の方も多いと思います。

 

実は、頭皮にも同じことがいえるのです。

肌への影響は、見た目で確認できるのですぐに気付くことができます。

また、気付いたときすぐにケアもできます。

が、頭皮への影響はなかなか実感することはできません。

 

ちょっと頭が熱いかもと思ったときには、もうたっぷり紫外線を浴びています。

紫外線はどこへ行っても存在するものです。

そして100%悪いものでもありません。

 

そんな紫外線と頭皮が仲良くお付き合いできる方法を見てみましょう。

・紫外線は頭皮に影響がある?髪が薄くなることは?
・紫外線による頭皮のかゆみや乾燥をケアする方法は?おすすめのケアグッズは?
・頭皮を紫外線のダメージから予防する対策方法は?

 

Sponsored Link

紫外線は頭皮に影響がある?髪が薄くなることは?

紫外線 UVカット
には脳を守っている頭蓋骨を守る役割があります。

そしてもうひとつ、髪を生やし、支え、育む場所。

つまり土の役割もあるのです。

土がダメージを受けると、そこから生えてくる髪にも影響が出てしまいます。

 

頭皮が紫外線によって受けるダメージは、肌へのダメージの2倍とも3倍ともいわれています。

これは頭部が高い位置にあることと、衣類などで常にカバーされていないからです。

では、頭皮が紫外線を浴び続けるとどのような症状がでてくるのでしょうか?

 

光老化 活性酸素

 

光老化

肌の奥まで紫外線が入り込むと活性酸素が発生します。

活性酸素は身体を酸化させる物質としてよく聞きますね。

 

活性酸素が作られると頭皮や髪、毛根が老化してしまうという現象です。

 

栄養不足

酸化により代謝がスムーズに行われなくなると、不要な物質や古い角質が溜まり頭皮が厚く硬くなってしまいます。

 

これにより血液の流れが悪くなり髪に十分な栄養素が届かなくなります。

 

抜け毛、薄毛

頭皮にある皮脂の酸化により毛穴に炎症が起こります。

この炎症により皮脂の分泌が過剰になり毛穴が詰まります。

 

そうすると髪の毛を作るための毛母細胞がうまく機能しなくなり、これが抜け毛の原因となります。

 

また髪の毛を作ることができなくなった場合、薄毛として症状がでてきます。

 

白髪

頭皮の中にある毛根には髪を黒くする細胞があります。

メラニンを作る細胞です。

 

紫外線のダメージを受け、その細胞が破壊されると白髪が増えるのではともいわれています。

 


紫外線による頭皮のかゆみや乾燥をケアする方法は?おすすめのケアグッズは?

紫外線 影響
紫外線による頭皮のかゆみや乾燥は、頭皮の日焼けによるものです。

日焼けした部分に炎症が起こると、頭皮の水分を保つバリア機能が傷ついた状態になり乾燥しかゆみへとつながります。

頭皮がかゆいとついつい搔きたくなりますが、炎症を起こしている部分に刺激を与えると傷ついた部分が悪化することがあります。

 

『でもかゆみは我慢できない!』というときは、爪を立てたりしないで指の腹の使い優しく触れるぐらいにしておきましょう。

かゆみがひどくて治まらないときは、皮膚科を受診して医師の指示に従ってくださいね。

 

シャンプーでケア

頭皮 ケア
頭皮の毛穴は顔の毛穴と比べると大きいので不要なものが溜まりやすいのです。

ですから頭皮に負担をかけない低刺激のシャンプーを使い、紫外線のダメージを受けた頭皮をきれいに洗浄することが大切です。

不要なものを取り除くために刺激の強いシャンプーを使うと逆効果になります。

 

必要な皮脂を落とし過ぎないアミノ酸系のシャンプーや頭皮をしっかり洗浄しながらも頭皮と髪に潤いを与えてくれるオイル系のシャンプーを使いましょう。

 

不要なものを取り除いた後は頭皮を守るためのケアを行います。

 

育毛剤

育毛剤と聞くと『毛を生やす薬』というイメージがあります。

実は頭皮の『美容液』として使うこともできるのです。

 

頭皮を保湿し、炎症があるときには炎症を鎮めてくれる効果があります。

 

ノンアルコールで頭皮への刺激が少ないものを選びましょう。

 

朝シャンを控える

特に夏場、朝起きて汗ばんでいるときなどシャワーを浴びてスッキリして出掛けたいですよね。

 

シャンプーで流れた皮脂バリアが回復するのにかかる時間は6時間といわれています。

朝シャンして出掛けるということは、皮脂バリアがない状態で紫外線を浴びることになってしまいます。

これでは紫外線のダメージを受けまくりということになりかねません。

 

夜のうちにシャンプーをしておけば朝には回復しています。

ですから朝シャンはなるべく控えるようにしましょう。

 


Sponsored Link

頭皮を紫外線のダメージから予防する対策方法は?

紫外線 ダメージ 予防
紫外線は日向にいても日陰にいても浴びてしまいます。

 

そう!紫外線は目に見えるものではないので、どこから浴びているのか分かりません。

 

そんな紫外線からのダメージを予防する方法はあるのでしょうか?

 

帽子を被る

帽子 被る
通気性がよくつばの広いものを選びましょう。

 

昔から夏になると被っていた『麦わら帽子』がおすすめです。

 

日傘を差す

日傘 差す
紫外線カットの効果が高いのは、紫外線吸収率の高い黒、または黒っぽいものになります。

 

可愛くおしゃれをしたい場合は、UVカット素材を使っているものを選びましょう。

 

その際カット率を確かめるのを忘れないでくださいね。

 

スプレータイプの日焼け止めを使う

肌用の日焼け止め用品は種類が豊富にありますが、髪や頭髪用の商品は種類が少ないのが現状です。

 

それでも、いくつかは販売されているので使ってみましょう。

仕事などの都合上、帽子を被るわけにも日傘を差すわけにもいかないときにおすすめです。

 

ただし頭皮の場合、目に見えて効果が分かるわけではないので実感しにくいと思います。

それでも、何年後かの頭皮のことを考えて今からダメージを減らしておきましょう。

 

塗りっぱなしは頭皮にも髪にも負担になるので、その日のうちにきれいに洗い流してくださいね。

 

分け目を変える

ずっと同じ分け目にしていると、その箇所ばかりダメージを受けてしまいます。

 

そして、その箇所だけ抜け毛になったり白髪になったりのような状況になるかもしれません。

 

時々分け目を変えて、ちょっとイメチェン!

ダメージを防いで気分よくいきましょう。

 

身体の内からも

抗酸化作用 食材
外線のダメージは、紫外線を浴びたことによって発生した活性酸素が原因の一つです。

 

酸化作用のある食材で活性酸素を除去しましょう。

若返りビタミンE魚介類、ナッツ類など

皮膚の代謝、頭皮の血行をよくしてくれます。

 

タンパク質納豆、豆腐などの大豆類など

髪を作る大切な栄養素。頭皮の血行をよくしてくれます。

 

ビオチンたまごなど

皮膚の炎症を抑えてくれます。

 

βカロテンにんじん、ほうれん草、かぼちゃなど

粘膜や皮膚の健康を保つ働きから頭皮にも潤いを与えてくれます。

 

知ってみよう!

ひまわり 紫外線

 

【関連記事】
【紫外線】髪の毛への影響とダメージケア対策方法!海水浴は?
紫外線から全身を守る対策グッズまとめ。帽子、服、食べ物など。
紫外線対策の帽子の選び方。効果のある色や形は?
紫外線アレルギーの症状と治療方法。顔のかゆみや目の腫れ対策。
紫外線の目への影響や病気。日焼けで目が痛い、充血への対策。

紫外線吸収剤(フリー)とは?成分や肌への影響について。

 

全てのものにいえることですが、完璧なものなど存在しません。

 

ですから、そのもののメリット・デメリットを知り選択し共存することが大切だと思います。

 

悪者になってしまいがちな紫外線も私たちにとって大切なものでもあります。

 

悪者と決めつけることをせずに、仲良くお付き合いするために知ってみましょう。

 

知識を得ることで、より快適で簡単な対処法が見つかる可能性も高まります。

 

楽しく実行していきましょう。

Sponsored Link