季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

紫外線対策まとめ!【服装・食べ物・日焼け止め】始める時期は?


Sponsored Link

夏になると一段と強くなる太陽の光。

外線のお肌への影響も気になり始めますよね。

 

しかし、紫外線対策は、夏だけではダメ!なことをご存知ですか?

 

紫外線にあった対策をしておかないと、知らないうちに肌老化が進行してしまっているかもしれません。

 

そこで今回は、紫外線対策に必要な基礎知識をまとめてご紹介します。

 

紫外線対策の日焼け止めでよく見る「PA」や「SPF」の意味や使い分けもご紹介しますので、この機会にしっかり読み込んで紫外線対策をマスターしましょう!

 

 

Sponsored Link

紫外線とは?UV-A、UV-Bの意味は?

紫外線 UV-A UV-B

 

外線とは太陽の光に含まれている電磁波のこと。

 

3種類の波長があり、波長が長い順からUV-A、UV-B、UV-Cと呼ばれています。

 

UV-Cはオゾン層に吸収されてしまうので肌への影響はありませんが、UV-AUV-Bは地上に届くので、この2つの紫外線を対策する必要があります。

 


紫外線対策は必要?紫外線による悪影響とは?

紫外線 対策 必要

 

紫外線対策は必須!

UV-AやUV-Bなどの紫外線は肌にさまざまな悪影響を与えるので、対策が必要です。

 

日焼け止めはもちろん、屋外に出る時にはUVカット効果のある帽子や服、サングラス、日傘などを活用しましょう。

 

また、紫外線対策で注意しておきたいのが食べ物。

 

オレンジやグレープフルーツなどの柑橘類は、朝食に摂取すると紫外線の吸収を高めてしまうので、NGです。

朝食にはトマトやバナナがおすすめですよ。

 

紫外線による悪影響

UV-Aは全紫外線の95%を占める紫外線で、波長が長く肌の奥まで到達してしまいます。

 

そのため、肌のハリや弾力に重要なコラーゲンやヒアルロン酸などを作り出す細胞にダメージを与え、シワやたるみを引き起こしてしまうのです。

 

また、UV-Aにはメラニン色素の合成を促進する力もあるので、シミの増加の原因に。

 

一般的にイメージする「日焼け」とは違い、日焼け直後の赤みや炎症が起きにくいので、知らないうちに日焼けをしていることが多いのも特徴です。

 

UV-Bはいわゆる「日焼け」でイメージする紫外線で、波長はUV-Aより短く、肌の表面に影響を与えます。

 

肌の強く作用するため、火傷のように皮膚が赤くなってしまったり、メラニン色素が沈着してしまったりと、さまざまな肌トラブルを引き起こします。

 

UV-Bによる肌ダメージが続くとシミやそばかすの原因になってしまうので、注意が必要です。

 

Sponsored Link

室内や曇の日、冬場は紫外線対策しないでも大丈夫?

室内 曇 冬場

最も波長が長いUV-Aは、雲はもちろん、窓ガラスも通り抜けてしまいますので、紫外線の対策は1年中必要なのです。

 

室内で過ごすことが多く、紫外線対策が面倒に感じる場合は、UVカットのカーテンを使用するなどして、紫外線対策をしておきましょう。

 

紫外線対策は何月から必要?ピークの時期は?

紫外線 対策 ピーク

 

最も波長が長いUV-Aは、1年中降り注いでいます。

 

4~8月がピークではありますが、冬場でも夏の半分以上UV-Aの量がありますので、常に対策をしておくことおすすめです。

 

UV-Bは、春先から増え、5~8月頃にピークを迎えます。

10~3月は他の時期に比べるとUV-Bの量は少なくなります。

 

身に付けるもので紫外線対策する方法!

身に付ける 紫外線対策

 

紫外線対策はしていますか?

 

「夏になったらでいいかなぁ~」と思っている方も多いと思いますが、4月位から紫外線対策をした方が良いですよ。

 

紫外線対策は習慣的に行った方が良いので、身に付けるものを工夫すると簡単に対策ができます。

 

身に付けるもので紫外線対策する方法をご紹介します。

 

日傘

手軽に紫外線対策をするのなら日傘ですね。
紫外線が気になったらすぐに使えるのでおすすめです。

 

紫外線対策 日傘

www.rakuten.co.jp

 

日傘でも可愛いものがあり、折りたたみタイプもあるのでバックに忍ばせておいても良いですね。

 

帽子

紫外線対策なら帽子もおすすめです!

 

紫外線もカットしてくれて、通気性の良い素材の帽子も多いので快適に過ごせますよ。

 

紫外線対策 帽子

www.rakuten.co.jp

 

シンプルなものや、ザイン性も高いものなど種類も豊富でコーデにも取り入れやすいですよ♪

 

ストールやカーディガン

首や胸元はストールやカーディガンで紫外線対策をすることができます。

 

ファッションにも合わせやすく、すぐに脱ぐことができるので暑い時にもピッタリです。

 

アームカバー日焼け対策

rakuten.co.jp

 

身に付けるタイプのものには、アームカバーなどもあります。

 

アームカバーは運転中などの腕の日焼け対策におすすめです!

 

UVカットの眼鏡やサングラス

眼鏡やサングラス、コンタクトレンズにもUVカットがついたものがあります。

 

UVカット機能がついた眼鏡やサングラス、コンタクトを使うと帽子などに比べてより紫外線対策ができると言われています。

 

眼が悪くコンタクトや眼鏡を使っている人は、紫外線対策のためにUVカット機能がついたものを選びましょう。

 

食べ物・サプリメントで紫外線対策する方法!

食べ物 サプリメント

 

紫外線のダメージは、あなたの知らないうちに肌に蓄積されていきます。

 

日焼け止めやUVカットのアイテムを使っても対策しきれない時には、サプリメントや食べ物で紫外線を対策しましょう♪

 

食べ物・サプリメントで紫外線対策する方法をご紹介します。

 

紫外線対策におすすめの食べ物

日頃から紫外線を対策するのならビタミンCが豊富な食べ物を取り入れましょう。

 

特に夏に旬を迎えるトマトはビタミンCやビタミンAやビタミンEが豊富です!

 

トマトに含まれるリコピンも紫外線にはおすすめですよ。

 

ビタミンCは毎日摂取しないと蓄積されないので、紫外線が気になる季節にはトマトを積極的に食べましょう。

 

ビタミンCはシミやそばかすの原因になるメラニン色素の生成を抑えます。

 

また、美肌に重要なコラーゲンやエラスチンを促進する効果もありますよ。

 

紫外線対策におすすめのサプリメント

紫外線対策を心がけていても忙しくて忘れてしまうこともあります。

 

そんな時にはサプリメントを活用して紫外線に有効な栄養を取り入れましょう。

ビタミンCビタミンAビタミンEを摂取すると紫外線対策に効果があります。

 

抗酸化作用もあるので老化防止にも役立ちます。

 

紫外線対策 サプリメント

www.rakuten.co.jp

 

サプリは種類も豊富なので、紫外線対策に特化したサプリを選ぶと効果も上がりそうですね!

 

日焼け止め・化粧品で紫外線対策!

日焼け止め 化粧品

 

女性は紫外線対策のために日焼け止めや化粧品を活用している人も多いですね。

 

プチプラでもしっかり紫外線を防いでくれる日焼け止めや化粧品がありますよ!

 

日焼け止め・化粧品で紫外線対策をご紹介します。

 

アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク

アネッサ 日焼け止め

https://www.rakuten.co.jp

 

紫外線対策の日焼け止めの中でも大人気なのがアネッサ。

汗や水に触れると肌に密着して紫外線をブロックします。

 

持続力もあり、パサつきも少ないです。
少量でも伸びが良いのでコスパも最高です♪

 

ニベアサン 高密着ケアUVミルキィジェル

ニベアサン 高密着

www.rakuten.co.jp

 

高密着で汗をかいても泳いでも落ちにくいです!

 

スキンUVとして紫外線や乾燥ダメージからも肌を守ってくれます。

 

潤い成分も高く、肌馴染みもとても良いですよ。
顔にはもちろん、体全体に使いたくなる付け心地です。

 

スキンアクア トーンアップUV エッセンス

スキンアクア 肌 ツヤ 

https://www.rakuten.co.jp

 

日焼け止めを塗ると白浮きしてしまうことが悩みの方も多いですね。

 

ラベンダーカラーなので肌の透明感をアップします!
光が当たると微細ストロボパールが肌にツヤを与えてくれます。

 

肌色補正効果や立体感も出るので、顔以外に二の腕やデコルテにもおすすめですよ。

 

インスタ映えする日焼け止めとしても人気ですよ♪

 

ラボラボ 毛穴カバーUV

ラボラボ 毛穴カバー

https://www.rakuten.co.jp

 

化粧下地と日焼け止めが一度にできるので、忙しい朝でもササッと完了です!

 

毛穴レスの美肌を作り、崩れにくいのが特徴です。

 

肌の動きに合わせて収縮するカバーフラットゲルを採用し肌に密着します。

 

ややマット感があり、皮脂吸着パウダーの効果で肌をサラサラにしてくれます。

 

ビオレUV SPF50+の化粧下地UV「くすみ補正タイプ」

ビオレUV 化粧下地

https://www.rakuten.co.jp

 

軽い付け心地なのに紫外線カット力はとても高いです!
化粧崩れ防止機能が高いので一日中崩れ知らず。

 

日焼けによるシミやそばかすを防ぎ、汗にも強いので綺麗なお肌を持続することができますよ。

 

紫外線対策もバッチリです。

 

化粧品にあるPAやSPFは何を表しているの?選ぶ基準は?

化粧品 PA SPF

 

PAは、Protection Grade of UV-Aの略で、UV-A対策の効果を表す数値です。

「+」が増えるほど効果が高くなり、「+」から「++++」までを選ぶことができます。

 

室内や曇りの日、冬の時期でも影響のあるUV-Aの対策として使用する場合は、SPF値よりもPA値を意識して選びましょう

SPFは、Sun Protection Factorの略で、UV-B対策の効果を表す数値です。

紫外線の影響が肌に出始めるまでの時間(平均15~20分)を、どのくらい遅らせることができるかが数値で表されています。

 

例えばSPF30の日焼け止めなら、日焼けする時間を30倍遅らせる効果が期待できます。

 

通勤や買い物など1時間以内のお出かけにはSPF35前後、1時間以上のレジャーやスポーツではSPF50以上の使用がおすすめです。

 

アフターケアにおすすめの化粧品や食べ物は?

アフターケア おすすめ

 

強い紫外線を浴びてしまったあとはヒリヒリして、肌もボロボロになってしまうので

 

アフターケアをしてお肌をいたわりましょう。
化粧品や食べ物でケアすることができます。

 

アフターケアにおすすめの化粧品や食べ物をご紹介します。

 

日焼け後におすすめの化粧品

日焼け後は肌が火傷をしている状態です。

 

しっかりアフターケアをしないとシミの原因になり、肌も汚くなってしまいます。

 

紫外線対策をしていても、長時間、野外にいた後はケアをした方が良いですよ。

 

コパトーン アフターサンオイルフリージェル

コパトーン メンソール

https://www.rakuten.co.jp

 

アロエエキスとメンソールが配合されています。
日焼けをした後の火照りをメンソールでしずめてくれますよ。

 

アロエの効果で肌に潤いを与えベタつきもないので使いやすいです。

 

アウトドア スポット ケアローション

スピードケア ダメージ

https://www.rakuten.co.jp

 

ダメージを受けた肌に塗ることでスピードケアができます。
子供の紫外線ケアにも使えるので親子で活用できますね。

 

6ヶ月以降の子供から使用可能なので、使用量を守って使いましょう。

 

ハトムギ保湿ジェル

ハトムギ保湿ジェル 乾燥

https://www.rakuten.co.jp

 

ハトムギエキスが含まれているので乾燥した肌にもおすすめです。

 

日焼けした肌にもスッと伸びて低刺激なのでヒリヒリしません。
火照ったお肌にも日頃のケアにもピッタリです。

 

日焼け後にピッタリの食べ物

日焼け後 ピッタリ 食べ物

 

紫外線対策をしても日焼けはしてしまいますね。

 

今日は日焼けをしてしまった、長時間外にしたからケアをしたい時に食べて欲しい食べ物は夏ならではのものや、ビタミンが豊富な食べ物がピッタリです。

 

トマト

トマトは日焼け対策にもおすすめの食べ物です。
トマトはリコピンが豊富です。

 

生で食べるよりもトマトジュースの方がリコピンの含まれる量が多いです。

 

また、加熱して調理することでも効率的に成分を体に取り入れることができます。

 

ビタミンCが豊富な食べ物

ビタミンCはサプリ以外にも食べ物で簡単にとることができます。

 

イチゴなら5個~6個、ヘタをとるまえに食べることで気軽にビタミンCが摂れます。

 

アセロラもビタミンCが豊富でアントシアニンも含まれています。

 

抗酸化作用があり、日焼けによる活性酸素やメラニンの生成を抑えてくれる効果もあります。

 

アセロラジュースだと飲みやすいです。

 

夏ならではの食べ物

夏ならではの食べ物といえばうなぎですね。
うなぎも日焼けによるアフターケアにおすすめです。

 

疲れが溜まった時にも滋養強壮効果も高く夏におすすめですよ!

 

紫外線対策は毎日の積み重ね!

紫外線対策 毎日 積み重ね

 

【関連記事】

今年は焼かない!日焼け止めおすすめ人気最新ランキング!

紫外線対策の帽子の選び方。効果のある色や形は?

おしゃれで可愛い折りたたみ日傘!軽量で人気のブランドは?

【紫外線】髪の毛への影響とダメージケア対策方法!海水浴は?

紫外線の頭皮への影響と対策!かゆみや乾燥のダメージケア方法。

紫外線の目への影響や病気。日焼けで目が痛い、充血への対策。

紫外線アレルギーの症状と治療法。顔のかゆみや目の腫れ対策。

紫外線吸収剤とは?成分や肌への影響について。

顔のシミを自分(男女)で消す方法。レーザーを使わない取り方は?

ほくろが増える原因。10代20代の理由。急に増えるのは病気?

 

今回は外線対策の基礎知識をまとめてご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

紫外線は目に見えないものなので、「まあいっか!」と思ってしまいがちですが、目に見えないからこそ地道な対策は必須です。

 

紫外線に関する正しい知識を身につけ、健康的で若々しいお肌をキープしていきましょう!

Sponsored Link