季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

紫外線吸収剤(フリー)とは?成分や肌への影響について。

Sponsored Link

『色白は七難を隠す』ということわざがあるように、日本人の美白意識は高く平安時代から始まっています。

 

美白の大敵である日焼けを防ぐために、日焼け止め対策化粧品が登場したのは明治時代。

 

以来、次々に新しい商品が開発され、どの商品を選べばよいのか迷ってしまいますよね。

 

今回は『日焼け止め』に含まれている成分について見てみましょう。

 

・紫外線吸収剤・紫外線吸収剤フリーとは?
・紫外線吸収剤・紫外線吸収剤フリーの成分は?
・紫外線吸収剤・紫外線吸収剤フリーの肌への影響は?
・吸収剤と反射材との違いは?
・紫外線吸収剤不使用の日焼け止めやコスメおすすめは?

 

あなたに合った日焼け止めが見つかる参考になれば嬉しいです。

 

Sponsored Link

紫外線吸収剤、紫外線吸収剤フリーとは?

ひまわり 夏
私たちの肌を紫外線から守ってくれる日焼け止めに含まれている紫外線防止剤は、紫外線吸収剤紫外線吸収剤フリー(紫外線散乱剤)の2種類あります。

 

紫外線吸収剤

肌の表面で紫外線を吸収します。

吸収された紫外線を熱や赤外線に変化させ肌表面から放出し、紫外線が肌内部に浸透することを防いでくれます。

 

紫外線をカットする効果を高めるために大切な成分です。

ですから、SPF値(UV-B(紫外線B波)を防ぐ効果を表す目安の数値)が高い商品には必要な成分になります。

 

無色透明でサラサラなので使い心地がよく汗に強いのが特徴です。

汗に強いので、汗をかきやすい人や汗をかくようなスポーツをするとき、紫外線の強い地域に行くときには、紫外線吸収剤を用いた日焼け止めがおすすめです。

 

化学反応によって紫外線を防いでいるので、反応が続くと分子が壊れてきます。

分子が壊れると効果が薄れるので塗り直しが必要になります。

また長時間塗ったままにしておくと、肌の負担となりシミやしわの原因になることもあります。

家に帰ったらきちんと落としましょう。

紫外線吸収剤フリー ノンケミカル

 

紫外線吸収剤フリー

紫外線吸収剤が含まれていない商品です。

『ノンケミカル』と表示されている商品がそれにあたります。

 

紫外線散乱剤を使用し肌の表面をベールで覆います。

肌を覆ったベールが紫外線を反射させることで、紫外線が肌内部に浸透することを防いでくれます。

光が鏡に反射するような感じです。

 

化学反応を起こさないので分子が壊れることはありません。

ですから効果を長く保つことができます。

またUV-A(紫外線A波)とUV-Bの両方を防いでくれるのも嬉しいですね。

 

パウダーなのでオイルに配合します。

ですからベタつきが気になったり、白浮きが気になったり、『塗ってるな』と肌が少し重く感じる使い心地です。

 

また、汗に弱いので塗り直しが必要になります。

普段使いするのにおすすめです。

長時間塗ったままにしておくと肌が乾燥してしまうので、帰宅したらきれいに落としましょう。

 


紫外線吸収剤、紫外線吸収剤フリーの成分は?

紫外線 UV

 

紫外線吸収剤

t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン

 

UV-Aを吸収する吸収剤です。

 

UV-Aを吸収する吸収剤は数が少ないので多くの商品に使われています。

 

メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

 

UV-Bを吸収する吸収剤です。

 

塗ったときの使用感をよくするために使うシリコン油との相性もよく、最も多くの商品に使われている吸収剤です。

 

オキシベンゾンー-3

 

UV-AとUV-B両方吸収できることから、SPF値の高い商品に多く使われます。

 

商品の成分表には紫外線吸収剤配合とは表記されていません。

 

日本国内では上記3種類が多く使われています。

 

この成分が記載されていたら紫外線吸収剤が配合されている商品になります。

 

紫外線吸収剤フリー

含まれている成分は、ほとんどが天然成分です。

・酸化チタン
・酸化亜鉛

この2種類が主に使用される成分になります。

 

これらは空気中で光に当たると、活性酸素が発生しシミやしわの原因になります。

 

ですから、シリカや水酸化AIなどでコーティングしてから使われています。

 

そうすることで、肌に塗ったときの使用感も滑らかなものになります。

 


Sponsored Link

紫外線吸収剤、紫外線吸収剤フリーの肌への影響は?

紫外線 肌 影響

 

紫外線吸収剤

肌の表面で化学反応を起こすことで紫外線が肌内部に浸透することを防いでいるので、肌に負担がかかる場合もあります。

 

紫外線を防ぐ効果が高い分、化学反応も強くなるので、肌が弱い方や肌荒れが気になる方は使用を控えられた方がよいでしょう。

 

最近では、敏感肌の方にも安心して使ってもらえるように紫外線吸収剤にカプセルを入れて、直接肌に触れないように配慮された商品も開発されています。

 

紫外線吸収剤フリー

肌の表面で化学反応を起こさないので、肌への刺激は少なく敏感肌の方も安心して使うことができます。

ナノ粒子を使うことで白浮きの改善、紫外線散乱剤の効果を高める開発も進められていますが、ナノ粒子が人体に与える影響についてはっきりとは分かっていません。

 

ナノ粒子が肌の表面で紫外線と反応し活性酸素を発生させる可能性、皮膚のバリア機能を通り抜けて肌の奥深くまで入り込んでしまうのでは、などの懸念があります。

 

紫外線吸収剤不使用の日焼け止めやコスメのおすすめは?

お肌に優しく紫外線なんか怖くない!そんな商品をご紹介しますね。

 

2eドゥーエ日焼け止め(ノンケミカル) 資生堂

2eドゥーエ日焼け止め 資生堂
皮膚科医おすすめ!

 

こちらの商品には、肌に刺激になるような成分は配合されていません。

 

肌に優しく、敏感肌の方やお子様、妊婦さんにもお使いいただけます。

しかも、石鹸でおとせます!

クレンジングに石鹸と二度手間がないのは嬉しいですよね。

そして、SPF45・PA++++とノンケミカルでありながら紫外線を防ぐ効果も抜群に高いのです。

 

まさに、お肌に優しく紫外線なんか怖くない!商品です。

 

ブルークレールUVラグジュアリーデイクリームⅡ ブルークレール

ブルークレール オーガニック
徹底したオーガニック商品!

 

合成界面活性剤や合成紫外線吸収剤などは一切配合せず無添加。

 

酸化チタン、酸化亜鉛はナノ粒子不使用でコーティングは天然由来の成分を使用。

コラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸などの肌成分やカミツレ花エキスなどの天然植物成分、ビタミンC誘導体、オーガニックのホホバ油やシア脂を豊富に配合しており、日焼け止めというよりも美容クリームといった感じです。

日焼け止めなのに使えば使うほどキレイになれそうですよね。

 

そして、効果は紫外線を防ぐだけではないのです。
花粉、PM2.5、ロングUV-A、ブルーライト、近赤外線からも守ってくれる頼りになる商品です。

 

マナラBBリキッドバー マナラ

マナラ BBリキッドバー
お肌に嬉しい働きもの!

 

タール形色素、合成香料、鉱物油、石油系界面活性剤、エタノール、パラベン、紫外線吸収剤は不使用。

 

これだけでも肌に優しいかもと思ってしまいますが、まだあります。

全ての成分のうち94%はアーチチョーク葉エキスやコラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなどの美容成分です。

また紫外線によるシミ、しわ、たるみを防ぐ4種類のビタミンC誘導体も配合されています。

 

役割は日焼け止めにとどまらず、美容液、コンシーラー、コントロールカラー、下地、ファンデーションと働きものです。
SPF35・PA+++と紫外線防御効果も申し分ありません。

肌を優しくカバーしながら美しくなれる商品です。

 

選択肢を持つ

肌 成分

 

【関連記事】

紫外線 紫外線から全身を守る対策グッズまとめ。帽子、服、食べ物など。

紫外線対策の帽子の選び方。効果のある色や形は?

紫外線の目への影響や病気。日焼けで目が痛い、充血への対策。

紫外線の頭皮への影響と対策!かゆみや乾燥のダメージケア方法。

【紫外線】髪の毛への影響とダメージケア対策方法!海水浴は?

紫外線アレルギーの症状と治療法。顔のかゆみや目の腫れ対策。

日焼け止めの効果はある?ない?日焼けに強い肌にするには?

 

全てのものにおいて完璧なものなどなく、それぞれにメリット、デメリットがあります。

 

そして、それらを知ることは選択肢を増やすことに繋がります。

 

『今日は○○の予定だから、この日焼け止めを使おう』『今日は、こんな感じだから、これでいいかな』と使い分けてみるといいと思います。

 

そうすると『どうしよう?』と悩む時間が減って、なんだか得した気分になりませんか。

Sponsored Link