季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

岸和田だんじり祭り2016の日程と楽しみ方。観覧するならココ!

岸和田だんじり祭り大阪府の岸和田市で毎年9月に行われるお祭り。

 

壮な男衆が山車を勢い良く曳き廻して市内を駆け巡る様子が、よくニュースにも取り上げられますね。

 

狭い道では立ち並ぶ家屋に山車が当って家が壊れることもしばしば。

そのための“だんじり保険”というのもあるくらい、市民をくするお祭りなんですよ。

 

そこで岸和田だんじり祭り2016の日程や見どころなどを交えて、その魅力をお伝えしたいと思います。

 

・岸和田だんじり祭り2016の日程とスケジュール
・岸和田だんじり祭りの見どころ
・岸和田だんじり祭りおすすめ観覧場所は?
・岸和田だんじり祭りで有料観覧席の取り方とおすすめの場所
・岸和田だんじり祭りへのアクセス方法、駐車場

 

上記の順番で書いていきますね。

 

Sponsored Link

岸和田だんじり祭り2016の日程とスケジュール

 

日程:2016年9月17日(土)・18日(日)

時間:17日 6:00~22:00・18日 9:00~22:00

 

試験曳き:2016年9月4日(日)・16日(金)

時間:14:00~16:00

 

・スケジュール

月日 主なイベント 時間
9月4日(日) 試験曳き 14:00~16:00
9月16日(金) 14:00~16:00
9月17日(土) 宵宮 06:00~22:00
  曳き出し 06:00~07:30
  午前曳行 09:30~11:30
  駅前パレード 13:00~15:00
  午後曳行 15:00~17:00
  灯入れ曳行 19:00~22:00
9月18日(日) 本宮 09:00~22:00
  宮入り 09:00~12:00
  午後曳行 13:00~17:00
  灯入れ曳行 19:00~22:00

 

Sponsored Link

岸和田だんじり祭りの見どころ

迫力マックス!豪快とも言える威勢の良さを体感しよう!

 

300年以上の伝統がある、岸和田だんじり祭り

曳き回すだんじり(屋台)は精緻な彫刻が施された総ケヤキ造りで、高さ4m、重さ4tもあります。

 

それを市内22町のはっぴ姿の男衆が、「そーりゃ、そーりゃ」の掛け声とともに勇壮に曳き回しをして城下町を駆けめぐります。

 

 

中でも1番の見どころは交差点での“やりまわし”。

高価で貴重なだんじりが壊れる恐れもいとわず、スピードをそのまま勢い良く曲がるんです。

 

岸和田だんじり祭り やりまわし

 

全力で綱を曳く“曳き手”、指示を出す“大工方”の絶妙なンビネーション。傾くだんじりの屋根の上でひらりひらりと見栄を切る大工方。

 

観客も手に汗握る“やりまわし”が、迫力限界、ギリギリのところで成功した時には思わず拍手喝采!間違いナシです。

 

 

だんじりは午前中に岸城神社などで宮入が行われ、午後から各町曳き回し、19時ごろには200個あまりの提灯が飾り付けられて“灯入れ曳行”が運行されます。

 

昼間と打って変わってしっとりと落ち着いた趣のあるだんじりがゆっくりと町内を練り歩く様子も、また見ものですよ。

 

Sponsored Link

岸和田だんじり祭りおすすめ観覧場所は?

 

和田だんじり祭りは大きく分けて2ヶ所の地区で開催されます。

春木川を境にして岸和田地区春木地区

 

岸和田地区のだんじりは岸城神社と岸和田天満宮に宮入りし、春木地区は弥栄神社へ宮入りするので、観覧ポイントも全く別になります。

 

人気があるのは岸和田地区で、観光客のほとんどは岸和田地区に集まります。当然混雑もすごいことに。

 

しかし屋台(露店)を楽しんだり、駅前パレードを観たいならやはり混雑を覚悟で岸和田地区です。

 

 

一方、春木地区は岸和田地区ほどの華やかさはありませんが、熱気ややりまわしの激しさには全く引けをとりません。

 

混雑がゆるやかな分、近くでじっくり観るにはおすすめな穴場と言えるでしょう。

 

岸和田地区で観覧したいならココ!

 

カンカン場(大阪臨海線岸和田港交差点)

岸和田だんじりと言えばこの場所の名が必ず挙がるほど超有名な観覧スポットです。有料観覧席もこの場所に設置されています。混雑は覚悟の上ですが、大変に迫力あるやりまわしが観覧できる場所。 

 

 

式部仏壇店の交差点


多方向からのやりまわしが観覧できるおすすめスポット。交差点の角に立つ大きな仏像が目印です。

 

 

小門貝源の交差点


左右のやりまわしが観覧でき、道が大変に細いので迫力あるやりまわしが観覧できるスポットです。人気の場所なので観客が多く、混雑は覚悟の上です。

 

 

こなから坂(岸和田市役所前・小半坂)


岸城神社に宮入りする15町のだんじりが必ず通る場所。宮入り前のやりまわしを観るならココ!と知る人ぞ知る場所です。坂を駆け上がってくる迫力は必見ですよ。

 

岸和田駅と周辺商店街


岸和田商店街から次々にだんじりが飛び出し、アーケードを一気に駆け抜けていきます。駅前パレードと屋台を楽しんだ後に午後の曳き回しに出向くのもおすすめですよ。

 

岸城神社と岸和田天神宮


宮入りを観ることができます。岸城神社は15町、岸和田天神宮は6町の宮入りが行われます。18日の日曜日、本宮の午前中に観覧するなら宮入りは外せないでしょう。

 

堺町S字


細い路地を右へ左へ。手に汗握る迫力を味わえるのがS字ポイントです。

 

地図を見てお気付きかも知れませんが、曲がり角の内輪にある家は、毎年だんじりが当たる確率が非常に高いので、家が台形型をしていて角切りがしてあります(笑)

 

それだけ迫力ある見応え充分な場所。だんじりを観るならイチオシのスポットなんですよ。

 

本町S字


堺町S字より1ブロック南側に位置するもう1つのS字が、仏壇のシメノ本町店近くにある通称本町S字。

 

こちらも内輪にあたる家は角切りがしてあるのが地図でもおわかりいただけるでしょう。蛇行するように駆け抜ける迫力なら堺町S字に負けていません。

 

春木地区で観覧したいならココ!

磯上(いそのかみ)町


観光客が少なく、地元の人がほとんどなので混雑がゆるやか。道が狭いのでやりまわしの迫力もハンパなく見応えがあります。しかも近くで観れるという特典付き。

 

弥栄神社が近いので、歩いて移動して宮入りも観覧することができます。屋台(露店)はほとんど無いけれど、ちょっぴりマニアックにじっくり堪能したいなら磯上町がおすすめですよ。

 

春木駅前とMEGAドンキホーテ岸和田店周辺


春木地区で比較的屋台(露店)が出ているのが春木駅前。屋台を楽しみながらだんじりも観るならおすすめのスポットです。

 

春木地区のだんじりが勢揃いするので見応え充分。ドンキホーテの交差点での迫力あるやりまわしが堪能できるおすすめスポットです。

 

岸和田だんじり祭りで有料観覧席の取り方とおすすめの場所

 

岸和田だんじり祭りの有料観覧席は各日、各時間帯で枠が決められています。

 

料金は日にちや時間帯、スタンドによって細かく設定されていて2,000円~7,000円と幅があります。試験曳きを含めた4日間の通しで定員10名の西特別観覧席はお値段50万円。

 

それでも全て完売しちゃうほどの人気ぶり。例年7月10日前後に発売になるようですので、こちらをご参照下さいね。

 

 

おすすめは東スタンドA席

B席より若干料金が高めですが、迫力を考えるとお値段以上の違いがあるので、コスパ的には断然A席がおすすめです。

 

比較的リーズナブルな設定の宵宮午後1・2枠、本宮午後1枠を狙うと良いと思います。

 

  日区分 時間 有料観覧席
9月4日・試験曳 14:00~16:00 東スタンドA,B,西スタンド,西特別観覧席
9月16日・試験曳 14:00~16:00  〃
9月17日・曳出し 06:00~07:30 東スタンドA,B,北スタンド(自由席)C,D,西スタンド,西特別観覧席
9月17日・午前中 09:30~12:00  〃
9月17日・午後1 13:00~14:30  〃
9月17日・午後2 15:30~17:00  〃
9月18日・午後1 13:00~14:30  〃
9月18日・午後2 15:30~17:00  〃

 

岸和田だんじり祭りのアクセス方法、駐車場

会場:南海本線「岸和田駅」と「春木駅」の周辺
住所:大阪府岸和田市岸城町11-30

電話:072-436-0914 岸和田市観光振興協会

 

岸和田だんじり祭り見どころマップ


公式HP:岸和田だんじり祭り

電車の場合:南海本線蛸地蔵駅、岸和田駅、和泉大宮駅、春木駅より徒歩

車の場合:大規模交通規制に要注意

 

駐車場

岸和田だんじり祭りの臨時駐車場はありません。周辺の有料駐車場を利用することになりますが、周辺は大規模な交通規制が敷かれますので注意が必要です。

 

おすすめは和泉大宮駅周辺。他の3駅は非常に混雑します。

 

4駅以外の駅周辺よりパーク&ライドをすることが望ましいですが、どうしても近くまで車を利用しなければならない場合は和泉大宮駅周辺の有料駐車場を狙うと良いと思います。

 

交通規制

岸和田地区と春木地区で合わせて南北3.5Km、東西に1Kmにわたって大規模な交通規制が敷かれます。

 

南海本線蛸地蔵駅~春木駅までの4駅間がほとんど区域内に入ると考えておくと良いと思います。国内最大級規模の交通規制なので、車を利用する場合は充分に注意が必要ですね。

 

例年の人出:2日間で57万人

 

だんじり祭りは10月にもある?

 

実はだんじり祭りは10月にもあるってご存知でしたか?だんじり祭りは岸和田地区、春木地区以外の泉州地域でも行われていています。

 

堺市や泉佐野市、岸和田市の一部の地域では10月に開催されるんです。

 

10月に開催されるだんじり祭りで、最も多いのが10月上旬に開催される地域で、2016年は次のスケジュール。

 

9月の祭礼とはまた違った盛り上がりがあっていいと評判なので、9月のだんじり祭りを見逃してしまった方はぜひ10月にご覧になって下さいね。

 

  月日 時間
試験曳き 10月2日(日) 13:00~15:00
宵宮 10月8日(土) 06:00~22:00
本宮 10月9日(日) 07:00~22:00

 

詳しい開催地についてはこちらをご参照下さい。

 

江戸時代の岸和田城下町で始まっただんじり祭り

 

和田だんじり祭りは18世紀の中ごろ、江戸時代の岸和田城下町で始まったと伝えられています。

 

当時の岸和田藩主が五穀豊穣を祈って始めたという説と、町方の茶屋新右衛門という人が提灯献灯をしたのが始まりという説がありますが、どちらにしても約300年以上の歴史があることになりますね。

 

各メディアに毎年のように取り上げられるので、今や全国的に有名なお祭りとなりました。例年の人出は何と!京都祇園祭より多いんですよ。

 

人気の秘訣はやっぱり勇壮さ!豪快さ!いなせな心意気!疾走するだんじり!だと思います。

ぜひ現地に足を運んで、実感してみて下さいね。

Sponsored Link