季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

厄除け(厄払い)の時期と時間!六曜おすすめは?喪中や服装は?


Sponsored Link

厄年には、無病息災を祈るために厄除け(厄払い)に行きますよね。

 

いったいいつ行くのがいいのでしょうか?
せっかく行くなら、効果がある時期に行きたいですよね。

 

今回は厄除け(厄払い)の時期や時間についてです。

・厄除け(厄払い)の時期はいつまで?時間は?
・厄除け(厄払い)におすすめの6曜は?仏滅は避けたほうが良い?
・厄除け(厄払い)は喪中の時期に行っても大丈夫?
・厄除け(厄払い)の時の服装は?

 

Sponsored Link

厄除け(厄払い)の時期はいつまで?時間は?

厄除け 時期 時間

 

厄除けや厄払いはいつ?

厄除けや厄払いは厄年の人が行うものと思っていませんか?

 

実は、厄年でなくても「最近悪いことが続くなぁ」と思った時など、気になるときに行ってもいいのです。

 

厄年でなくても心配事が続いたときなどに、厄払いをして気持ちを新たにしてみてくださいね。

 

厄年は数え年で

特に気になることがなくても、厄年には習慣として厄除けや厄払いに出かける人が多いようです。

厄年は、男性の場合25歳、42歳、61歳が本厄となり、そのうち大厄は42歳です。

 

女性の場合は、19歳、33歳、37歳が本厄で、のうち大厄は33歳です。

本厄の前の年は前厄、本厄の次の年が後厄にあたります。

 

気を付けたいのは、満年齢でなく数え年で数えるという点です。
数えとは、生まれた年を0ではなく1として数える数え方です。

 

本厄の時だけでいいの?

本厄 祈願祈祷

 

厄除けや厄払いの祈願祈祷を受けるのは前厄、本厄、後厄、厄年終了後の計4回です。

 

もちろん義務ではありませんから、前厄の時だけ、あるいは本厄の時だけお祓いをするという人もいます。

 

また本厄は人生で三回ありますが、そのうち一番厄災が降りかかるといわれている「大厄」だけ厄除けをする人もいます。

 

何回厄除けをするのかは、地域の風習や本人の考え方だと思ってよいでしょう。

 

厄除けや厄払いの時期はいつまで?

厄年に合わせて厄除けや厄払いをしたいときには、旧暦の正月までに行いましょう。

旧暦の正月は節分に当たりますから、元旦から節分までに行うと覚えておくといいですね。

何度も足を運ぶのが面倒なら、初詣のついでに厄除けや厄払いをしてしまうといいのではないでしょうか?

 

大きなお寺や神社では「厄除け祭」を行っているところもあります。

 

せっかくだからお祭りも楽しみたいという場合は、厄除け祭に出かけてみましょう。

 

たいていの厄除け祭は節分の時期に行われます。
HPや広報誌などで確認してみてくださいね。

 


厄除け(厄払い)におすすめの六曜(六輝)は?仏滅は避けたほうが良い?

厄除け 六曜

 

厄除けや厄払いに六曜はあまり関係ありません。

どうしてもお日柄が気になるという場合は、何事もうまくいくとされている大安の日に行うといいでしょう。

 

先勝の午前中や先負の午後も縁起のいい六曜です。

赤口の正午頃もいいのですが、正午前後は祈祷もお昼休みを取っている場合があるので、確認した方がいいでしょう。

 


Sponsored Link

厄除け(厄払い)は喪中の時期に行っても大丈夫?

厄除け 喪中

 

神社やお寺に入ってはいけないのは、喪中ではなく忌中です。

 

神社の場合は故人が亡くなってから五十日経つまで、お寺の場合は四十九日までが忌中になります。

 

節分までに忌が明けない場合は、忌中を過ぎてから、改めて厄除けや厄払いをするといいでしょう。

 

厄除け(厄払い)の時の服装は?

厄除け 服装

 

厄除けだからといって特に決まった服装はありません。

 

ただ、参拝・参詣に適した服装というのはありますから、ご紹介します。

・派手過ぎない落ち着いた色合いの服装が好ましい。
・過度な露出はNG
・祈祷時に靴を脱ぐかもしれませんので素足を避ける
・正座をするかもしれないので、ミニスカートなどは避けた方が無難
・礼儀としてスーツなどを着用して臨みたいならもちろんOK

 

厄除けや厄払いはいつ行ってもいい

厄除け 厄払い

 

【関連記事】
厄除けお守り飾り方や持ち方。期限や処分方法は?なくした場合は?
関東の厄除け神社おすすめランキング!厄払いで運勢アップ!
関西の厄除け神社おすすめランキング!厄払いで運勢アップ!
寒川神社の厄除け。受付時間や料金は?厄払いの混雑や服装は?

 

除けや厄払いは、厄年の正月から節分までに行くのが良いとされています。

 

ただ、厄年でなくても気になることが続く時などには、いつでも厄除けの祈祷はしてもらえます。

 

厄除けや厄払いはたいていのお寺や神社で受け付けています。
お住まいの地域のお寺や神社に問い合わせてみてください。

Sponsored Link