季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

英彦山の紅葉2019の見頃時期!鑑賞スポットやロープウェイは?駐車場は?


Sponsored Link

彦山(ひこさん)は福岡県と大分県の県境にある山です。

 

古くから修験道の聖地としても知られていて、日本百景にも選ばれています。

 

神社やパワースポットも多い日本でも有数の霊山で、参拝者や登山者で毎年にぎわっています。

 

英彦山では山頂から麓まで時間をかけて紅葉していくため、長い間紅葉を楽しめるのも魅力。

 

雄大な山々と自然、そして神社と紅葉と、日本らしい風景を味わえる絶好のスポット!

 

今回は、英彦山の紅葉2019の見頃時期や見どころスポットなどについてご紹介しますね。

 

 

Sponsored Link

英彦山の紅葉2019の見頃時期は?

英彦山の紅葉を上空から眺めてみましょう!鮮やかな色付きがとてもきれいですよ♪

見頃時期:10月中旬~11月中旬

種類:モミジ、カエデ、イチョウ、ブナなど

【2019年英彦山の紅葉見頃時期予想】

見頃時期:11月9日(土)頃~

落葉時期:11月22日(金)頃~

 

※気候の変化などにより時期が変わる可能性もあります。 

英彦山の紅葉の見頃時期は例年10月中旬から11月中旬です。

 

10月中旬から下旬頃より、イチョウやカエデ、モミジがだんだんに色づき始めます。
赤や黄色と色合いが変化していく様子はとても綺麗ですよ。

 

福岡と大分にまたがる英彦山。

山頂から眺める雄大な景色が爽快です。

 

眼下に広がる紅葉は見事ですよ。

英彦山の紅葉の見どころはこちら。

 


英彦山の紅葉の見どころは?スロープカーの料金や時間は?

英彦山 紅葉 見どころ

 

英彦山は約1200mで福岡県で2番目に高い山。

出羽の羽黒山、熊野の大峰山とともに日本三大修験道の1つです。

 

新潟の弥彦山、兵庫の雪彦山と並んで、日本三彦山の1つにも数えられています。

 

英彦山の紅葉は大きく3つの鑑賞方法があります。

 

スロープカーから紅葉を眺める!

英彦山 スロープカー

 

英彦山は修験道の聖地として知られています。

修行場に使われていただけあり、歩きにくいでこぼこの石段で坂も急です。

 

歩くのは年配の方や子供には少しつらいかもしれません。

そんな時にはスロープカーから紅葉を楽しみましょう♪

 

スロープカーは銅鳥居(かねのとりい)から英彦山神宮奉幣殿の神駅まで、10分から20分間隔で運行しているので待ち時間も少ないですよ。

 

紅葉が見える区間は神駅と花駅の区間です。

上りと下りでは紅葉の見え方も違うので両方の景色を楽しみましょう♪

 

花駅では売店やトイレ、山伏修験道の無料資料室や休憩所もあります。

 

お茶・コーヒーの無料サービスも行っているので、大自然の中で一息ついてゆっくりくつろぐのもいいですね。

【スロープカー】

運行時間:8:40~17:10

区間:幸駅⇔花駅⇔参道駅⇔神駅(※花駅で乗り換え)
〈料金〉()内は片道

高校生以上 4歳~中学生
幸駅~神駅 830円(520円) 400円(300円)
花駅~神駅 620円(310円) 400円(200円)
幸駅~花駅 420円(210円) 200円(100円)

 

山頂から眺める紅葉

英彦山 スポット

 

2つ目の見どころは、山頂付近から見下ろす紅葉です。

 

英彦山の紅葉は山頂から色づき始めるので、紅葉の見事なグラデーションを見ることができます。

 

ただ、途中の英彦山神宮奉幣殿から山頂の上宮までは約3kmの参道(登山道)があり、徒歩で往復約3時間ほどかかります。

 

山頂へ行く場合は、早めの時間帯に来たほうがよいでしょう。

また歩く距離も長いのでスニーカーや登山靴など歩きやすい靴がおすすめです。

 

道のりは長いですが、英彦山の山頂から見下ろす紅葉景色は絶景!
どこまでも広がる紅葉は見ものですよ。

 

車内からの紅葉景色

英彦山 景色

 

3つ目は車内から眺める紅葉です。

 

見頃の時期は英彦山のあちこちでイチョウやカエデ、モミジが色づきます。

 

歩きよりも色合いの変化が早いですが、そこがまた見どころです。

 

ドライブしながらでも綺麗な紅葉が楽しめるのは良いですよね♪

 

Sponsored Link

英彦山の紅葉の鑑賞ポイントは?

紅葉 青空

 

英彦山には紅葉の見どころが豊富。

 

いろいろな鑑賞ポイントがあるので、主な場所をご紹介します。

 

英彦山神宮奉幣殿

英彦山神宮奉幣殿

 

英彦山の中心でもあり最もメジャーなスポットですね。

 

入り口には高さ7mの青銅製の銅鳥居(かねのとりい)があります。

 

参道を徒歩で登っていくこともできますが、すぐ近くの幸駅からは、英彦山神宮奉幣殿までスロープカーで約15分でいくことができます。

 

徒歩で行く場合は約30分ほど。

山道は石で凸凹しているのでスニーカーなどの歩きやすく足を傷めない靴がおすすめですよ。

道のりは結構長いですが、途中でお土産屋さんがあるので休憩もできます。

また、奉幣殿にも休憩所があって、ぜんざいなども売っています。

 

奉幣殿は参拝もでき、お守りの販売のほか御朱印ももらえますよ。

〈英彦山神宮奉幣殿〉

参拝時間:9:00~17:00

駐車場:幸駅と花駅にあり

 

庭園を散策しながら紅葉を楽しむ♪

英彦山神宮奉幣殿の手前には、室町時代に築かれた「旧亀石坊庭園」という歴史のある庭園があります。

 

画僧として有名な雪舟(せっしゅう)が築いたとされる庭園です。

 

こちらの庭園でも味わいのある雅やかな紅葉が楽しめますよ。

 

付近をゆっくり散策しながら自然いっぱいの庭園を御覧くださいね。

 

花見ヶ岩公園

英彦山の信号、別所駐車場の近くには花見ヶ岩公園があります。

 

花見ヶ岩公園は山々と紅葉の絶景が楽しめるスポット。

 

比較的人が少ない穴場ですよ♪

 

あまり登山をしなくても素晴らしい眺望を見ることができるのでおすすめ!

ここで雄大な景色を眺めながらお弁当を食べるのもおつですね。

 

高住神社

英彦山 高住神社 参道

 

厳かな雰囲気が漂う豊前坊高住神社(ぶぜんぼうだかすみじんじゃ)。

鳥居を入ると一気に空気が変わります。

 

ここには樹齢約850年〜900年の御神木「天狗杉」がそびえ立っていて、パワースポットとしても人気。

 

参道や石段、狛犬など苔むした景色が神秘的ですよ。

御朱印やお守りもあります。

 

社務所の横には冷たく澄んだ美味しい霊水がありますので、ペットボトルや水筒などに入れていくとよいでしょう。

 

撫でるとご利益のある牛の像もありますよ。

 

鷹巣原高原

英彦山 鷹巣原高原 すすき

 

高住神社の南方に位置する鷹巣原(たかすばる)高原。

 

鷹巣原高原の斜面一面に広がるすすきが見どころです。

 

太陽にあたって銀色に輝くすすきは圧巻ですよ。
紅葉を背景に秋風に揺れて、清々しく爽快な風景です。

 

ぜひ写真におさめてみてくださいね。

 

英彦山大権現

英彦山大権現(だいごんげん)は英彦山温泉しゃくなげ荘のすぐそばにあります。

 

かなり広大で、手入れが行き届いた美しい庭園ですが、無料で鑑賞できますよ。

 

庭園の上には「一願成就の鐘」があります。

 

文字通り、1つの願いを胸に、心を込めて鐘を一度だけつきましょう。

ゴーンという重厚な音が響いて、成就できそうな気持ちになれますよ♪

 

大権現は見どころが多く、紅葉も十分に楽しめます。

また英彦山温泉しゃくなげ荘周辺の紅葉もおすすめですよ。

 

英彦山おすすめ登山コース!

紅葉 もみじ

 

英彦山には見どころが多く、いくつかの登山コースがあります。

 

それぞれの巡る場所や、距離や時間をご紹介します。

 

体力や時間、巡りたいスポットなどを考慮して決めましょう。

【英彦山登山コース】

時間は往復です。

出発地点は別所駐車場になります。

 

①初級コース

約7.2km(約3時間)

別所駐車場→英彦山神宮奉幣殿→上宮

 

②中級コース

1)約12km(約5時間)

別所駐車場→英彦山神宮奉幣殿→上宮→南岳→鬼杉→玉屋神社→別所駐車場

2)約12.8km(約4時間)

別所駐車場→英彦山神宮奉幣殿→上宮→北岳→豊前坊高住神社→別所駐車場

 

③上級コース

約17.2km(約6時間)

別所駐車場→英彦山神宮奉幣殿→玉屋神社→鬼杉→南岳→上宮→北岳→豊前坊高住神社→別所駐車場

 

英彦山のアクセス方法と駐車場情報。

英彦山 アクセス

場所:英彦山

住所:福岡県田川郡添田町大字英彦山

英彦山神宮(0947-85-0001)、添田町役場まちづくり課(0947-82-1236)、英彦山スロープカー(0947-85-0375)

地図:

【電車でのアクセス】

〈英彦山神宮〉

JR彦山駅、添田駅よりバスで約20分→「神宮下」下車徒歩約15分または「銅の鳥居」下車徒歩約2分→「幸駅」よりスロープカーで約20分→「神駅」下車徒歩すぐ

 

電車の本数が少なく約1時間に1本ほどです。
待ち時間がないように事前に運行時間は調べておきましょう(バスの時刻表やお知らせはこちら)。

 

【車でのアクセス】

〈英彦山神宮〉

九州自動車道「小倉南IC」より国道322号、県道52号経由で約46km約1時間20分

九州自動車道「八幡IC」より県道22号経由で約46km約1時間20分

 

大分自動車道「杷木IC」より国道211号、500号経由で約43km1時間15分

大分自動車道「日田IC」より国道212号、500号経由で約68km約1時間40分

 

カーナビを利用する場合には、目的地を「英彦山スロープカー」にしても英彦山へ行くことができます。

駐車場

英彦山には合計約200台ほどの無料駐車場が完備されています。

 

主な場所は、幸駅や花駅、銅の鳥居、別所駐車場、鷹巣原駐車場など。

 

駐車場の場所は下図をご参照ください。

 

〈英彦山周辺駐車場地図〉

英彦山 駐車場 地図

http://iiweb.sakura.ne.jp/

 

秋日和には英彦山へ♪

英彦山 駐車場

 

英彦山の紅葉の見どころなどをお送りしました。

 

英彦山は登山をすることもできますし、スロープカーで登ることもできます。

 

紅葉だけではなく、360度の壮大な景色も楽しめる至高のスポット。

 

神社への参拝やパワースポットでご利益を全身に浴びるのもおすすめですよ。

 

清々しい秋日和にぜひ英彦山へおでかけしてみてくださいね!

Sponsored Link