季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

京都祇園祭2019の日程とスケジュール!宵山・山鉾巡行(前後祭)。


Sponsored Link

京都祇園祭の日程、宵山、山鉾巡行(前後祭)についてです。

 

“千年の都”で繰り広げられる町衆たちの心意気。

京都祇園祭は何といっても言わずと知れた日本三大祭りの1つ

 

祇園祭はなんと1ヶ月もやってるお祭りなんですよ。

お囃子を奏でながら壮麗な山鉾が進む様は、美しく神秘的。

 

祇園祭に代表される山鉾巡行は、メイン行事の1つとして有名ですね。

 

時代の流れとともに変化しながら連綿と受け継がれてきた祇園祭は、その規模や豪華絢爛さをどんどん増していきました。

 

都大路を煌びやかに彩る歴史絵巻は、コンチキチンの音の響きとともに幕を開きます。

豪華さと壮大さは悠久の歴史と文化が育んだ証です。

 

お祭りの規模があまりにも大きいので、今回は祇園祭のあらましを下記の内容でざっとご紹介いたしますね。

細部(前後祭りなど)については、また別の記事でご紹介したいと思います。

 

 

風流を凝らした山鉾の巡行で町はにわかに活気づきます。

それでは京都祇園祭2019の日程や見どころ、スケジュールなどについてお届けしていきます!

 

Sponsored Link

京都祇園祭2019の日程とスケジュール!

日程:2019年7月1日(月)~7月31日(水)

祇園祭スケジュール2019

京都 祇園祭 山鉾巡行

 

月 日 祭礼・儀式・行事 場所・会場 時間
7月1日(月) 吉符入り(1日~5日) 各山鉾町
長刀鉾町お千度(稚児社参) 長刀鉾町・八坂神社 10:00~
 

7月2日(火)

くじ取り式 京都市役所 10:00~
山鉾連合会社参 八坂神社 11:30~
7月7日(日) 綾傘鉾稚児社参 八坂神社 14:30~
7月10日(水) 幣切 長刀鉾町 10:00~
神用水清祓式 宮川(鴨川)堤
高橋町社参 八坂神社 11:00~
お迎え提灯 氏子区内 16:30~21:00
神輿洗 八坂神社~四条大橋 18:00~20:30
前祭 鉾建て(10日~13日) 各鉾町
 

7月12日(金)

前祭 山鉾曳き初め(12日~13日) 各鉾町
前祭 山建て(12日~14日) 各山町  
 

7月13日(土)

長刀鉾稚児社参 八坂神社 11:00~
久世駒形稚児社参 八坂神社 14:00~
前祭 山舁き初め(13日~15日) 各山町  
7月14日(日) 前祭 宵々々山
前祭屏風祭(14日~16日) 山鉾町有志の町家 11:00~、18:00~
7月15日(月祝) 前祭 宵々山
斎竹(いみたけ)建て 四条麩屋町 4:30~
生間流式庖丁
八坂神社 10:00~
伝統芸能奉納 八坂神社 15:00~
宵宮祭 八坂神社 20:00~
7月16日(火) 前祭 宵山    
献茶祭 八坂神社 9:00~
豊園泉正寺榊建
東洞院仏光寺
東入ル
石見神楽 八坂神社 18:30~
宵宮神賑、奉納行事 八坂神社石段下 夕方~
前祭日和神楽 各山鉾町~四条御旅所、八坂神社 23:00~
 

7月17日(水)

前祭 山鉾巡行 氏子区内 9:00~
くじ取り式 四条堺町
神幸祭(しんこうさい) 八坂神社 16:00~
神輿渡御
八坂神社石段下〜四条御旅所 18:00~
後祭 山鉾建て(17日~21日) 各山鉾町  
 

7月20日(土)

宣状式 八坂神社 15:00~
後祭 鉾曳き初め・山舁き初め(20日~21日) 各山鉾町
7月21日(日) 後祭 宵山(21日~23日) 各山鉾町 夕方~
 

7月23日(火)


煎茶献茶祭 八坂神社 9:00~
琵琶の奉納 八坂神社能舞台 13:00~
オハケ清祓式 八坂神社
又旅社
14:00~
日和神楽 御旅所 22:00~
7月24日(水) 後祭 山鉾巡行 氏子区内  9:30~
くじ取り式
京都市役所  
花傘巡行 石段下〜

市役所前〜

八坂神社 

10:00~12:00
還幸祭(かんこうさい) 四条御旅所〜八坂神社 17:00~
7月25日(木) 狂言奉納 八坂神社 11:00~
7月28日(日) 神用水清祓式 宮川(鴨川)堤 10:00~
神輿洗(みこしあらい) 四条大橋 20:00~
7月29日(月) 神事済奉告祭 八坂神社 16:00~
7月31日(水) 疫神社夏越祭(えきじんじゃなごしさい) 八坂神社境内疫神社 10:00~

 


京都祇園祭『前祭』の見どころは?

京都 祇園祭 辻回し

 

祇園祭は京都を代表する盛大なお祭りで、毎年遠く海外からも多くの観光客が訪れます。

 

京都・町衆の心意気と誇りを示す山鉾巡行は、夏の京都を彩る風物詩。

 

祇園祭の1ヶ月を大変に大ざっぱに分けると祭(さきまつり)、そして祭(あとまつり)になります。

それぞれの見どころをご紹介しますね。

 

前祭(7月14日~7月17日)

宵山:14日~16日(18:00~23:00)】

京都 祇園祭 宵山

 

山鉾巡行を前に、各町内自慢の山鉾が提灯に灯をともして建ち並び、3日間スタンバイ。

 

団扇をもった浴衣姿の女性をはじめ、多くの人がひしめく中、“コンコンチキチン、コンチキチン”のお囃子に夏の到来をしみじみ感じさせます。

 

悠長ではあるものの、なぜか身も心も浮き立つ祇園囃子の音色。

 

どこか懐かしさを感じさせる独特の音色は、一度耳にすると忘れられない魅力があります。

町内でリズムが違うので聞き比べるのも楽しいですよ。

 

落ち着いた京の街を暑さとざわめきが埋め尽くしていくと、祭り気分が最高潮に高まっていき、なんともいえない高揚感に包まれます。

 

祇園祭ならではの詩情あふれる雰囲気をじっくりと味わってくださいね。

 

【山鉾巡行:17日(9:00~)】

京都 祇園祭 山鉾巡行

 

四条烏丸の交差点から、長刀鉾を先頭に23基の山鉾が順番に約2時間かけて曳行されます。

 

「動く美術館」とも表現される、豪華な懸装品で装飾した山鉾が見ものなんですよ。

 

華麗で荘厳な山鉾巡行は、京で長年町衆によって育まれてきた知恵と勇気と技と栄華を凝縮させたようなもの。

 

山鉾、屋台、山車などと呼ばれるものは日本全国多数ありますけれど、祇園の山鉾はおそらく豪華さとその圧倒的な存在感は日本一でしょう。

 

歩道を埋める大観衆から沸き起こる拍手や歓声の凄さに、興奮間違いなし。

 

この山鉾が通りを曲がる時に行われる「辻回し」も見逃さずにおきたいですね。

 

重いものだと10tをも超える山鉾を、大きな掛け声とともに大勢の曳子が向きを変える勇壮な辻回しは圧巻の一言です。

 

神幸祭(神輿渡御):17日(18:00~)】

京都 祇園祭 神幸祭

 

中御座(なかござ)、東御座(ひがしござ)、西御座(にしござ)と呼ばれる3基の神輿がそれぞれ氏子の家々を巡行しながら四条寺町の御旅所に入ります。

 

絢爛豪華・優雅な山鉾とは違い、こちらは勇壮で威勢がいいので神輿も外せないですよ。

 

わっしょいわっしょいではなく、独特な掛け声、「ほいっとほいっと」も祇園祭ならではです。

熱気あふれる大迫力の“差し回し”も必見ですよ。

 

屋台(露店):15日~16日】

京都 浴衣 女性

 

7月15日~16日の間、18:00から歩行者天国に屋台が出店します。

主要幹線以外の道では、15:00ころより出店しているお店もあります。

 

屋台は八坂神社境内にも出店しています。

四条烏丸方面に人が集中するのでこちらは若干、人が少なめです。

 

後祭には屋台は出店しませんのでご注意ください

 

祇園祭名物「ちまき」は屋台では売っていません。

ちまきは山鉾か八坂神社でお買い求めくださいね。

 

膳處漢(ぜぜかん)ぽっちりの“しみだれ豚饅”は、醤油ダレがかかったクセになる重量感たっぷりの中華まん。

13~16日限定販売で1個400円!大人気なのでお早めに。

 

ちまき】

ちまき

 

祇園祭の名物、ちまき

 

ちまきって食べるちまきを想像すると思いますけど、祇園祭のちまきは食べられません

屋台に行っても売ってませんからね(笑

 

祇園祭のちまきは笹で作られた厄除け、お守りのようなものです。

毎年祇園祭の時にだけ、宵山の山鉾や八坂神社で売られてます

 

玄関先に飾るといろいろご利益があります(山鉾によってご利益が違います)。

宵山に出かけた際はぜひ購入したいですね。

 

ほかにも、えんむすび御守や手ぬぐいなど多彩なご利益グッズがありますよ。

 

Sponsored Link

京都祇園祭『後祭』の見どころは?

京都 祇園祭

 

後祭(7月21日~24日)

【宵山:21日~23日】

後祭の宵山については歩行者天国、露店の出店はありません

前祭より人出がぐんと減るので、ゆっくり祭り情緒を楽しみたいならおすすめです。

 

【山鉾巡行:24日(9:30~)】

 

【花傘巡行:24日(10:00~12:00)】

傘鉾、馬長稚児、児武者、子供神輿、花車など華やかな行列が、四条通や河原町通を巡行します。

 

【還幸祭:24日(17:00~)】

御旅所から八坂神社へ3基の神輿に乗って神様がお帰りになります。

還幸祭後の“御神霊遷し”も幽玄な雰囲気を味わえるでおすすめです。

 

京都 祇園祭 鉾

 

祇園祭の見どころは、華やかで活気のある宵山や山鉾巡行、神幸祭だけではありません。

 

祭りの期間中は街中に由緒ある家宝の品々や屏風飾りが飾られ、街全体の祭りの雰囲気を大いに盛り立てているんですよ。

 

街中をそぞろ歩きながら、古都の奥行きの深さと優雅さを感じることができるでしょう。

そういった雰囲気を味わうのも、祇園祭の醍醐味の一つですね。

 

京都祇園祭の注意点やトイレについて。

熱中症に注意!暑さ対策を

京都 祇園祭 鉾

 

京都の暑さを舐めてはいけません。

動画などで楽しそうに歩いているのは、京都の人は暑さに慣れているからです。

もともと祇園祭は、暑さの中で疫病が流行り、それを鎮めるために行われたものだったんですよ。

 

毎年、必ず何人もの人が熱中症で倒れて救急車で運ばれていますので、日中は帽子、扇子、飲み物の携帯が必須です。

 

団扇(うちわ)は無料でもらえますが人混みにすぐ引っかかるのであまり向いてません。

折りたためる扇子がGoodですよ!

また、祇園祭は梅雨時期に行われるので折りたたみ傘もあった方が良いですね。

 

そして夜間でも熱中症に気をつける必要があります

こまめに休憩をとって、早めに冷房の効いたところで休んでくださいね。

 

鉾の曳き初めに参加する場合

京都 祇園祭 曳き初め

 

曳くと厄払いになると言われる鉾。

せっかく祇園祭に来たのですから、曳いてみたいと思いませんか?

 

12日~14日に行われる曳き初めは誰でも参加することができます

その場合は下記のことに注意してくださいね。

・綱を持つ前までは作業の邪魔にならないところで待機

・綱は絶対にまたがない

・周囲の人々が綱を持ち始めたら一緒に持ちましょう

・密着して曳くことになるので足回りは動きやすい靴で

鉾の中でも1番目立つ、長刀鉾も曳くことができちゃいます。

山鉾巡行と違って間近で見るチャンスですよ!

 

トイレについて

京都 祇園祭 宵宮

 

宵山などは、四条烏丸周辺には大変な数の人たちが訪れますね。

当然、トイレに行きたくなる場合もあります。

 

どこか喫茶店やお店などに入って用を足すことも考えられるけれど、非常の際には並ぶのも大変。

そこで四条烏丸周辺で使えるトイレをおさえておきましょう。

池坊学園の中のトイレ〉

池坊学園がキャンパスを開放しているのでトイレも自由に使えます

住所:京都府京都市下京区室町通四条下る鶏鉾町491

地図:

コンビニ〉

〈その他トイレマップ〉

祇園祭周辺のトイレについてはこちらのマップをご参照ください。

 

昨年のちまきの処分方法は?

祇園祭 ちまき

 

古いちまきの処分のしかたは、お守りや御札の処分のしかたと同じです。

覚えておくと便利ですよ。

 祇園祭期間中に八坂神社へ返納する。

 去年ちまきを買った山鉾の返納箱に返納する。

 別の山鉾でも良いので祇園祭に山鉾の返納箱へ返納する。

 無理ならいつでも良いので八坂神社に返納する。

 それも無理なら家の近くの神社に返納する(お寺はダメです)。

 最後の手段として、自宅でお清めをして処分する。

【お清めのやり方】

①半紙(無ければ白い紙)にちまきを置き、清め塩(食塩)を上から左、右、左に振りかけます。

②感謝の気持ちでそのまま紙ごとそっとくるんで処分します。

焼却することが望ましいですが、無理に焼かなくてもゴミとして処分しても大丈夫ですよ。

 

京都祇園祭のアクセス方法と駐車場情報。交通規制は?

【主な会場】八坂神社・四条御旅所

八坂神社

八坂神社 祇園祭

住所:京都府京都市東山区祇園町北側625
電話:075-561-6155
地図:

【電車でのアクセス】

①JR京都駅より市バス206系統で約15分、バス停:祇園下車、徒歩すぐ

②京阪電気鉄道祇園四条駅より徒歩約8分

【車でのアクセス】

名神高速京都東ICから約7km約20分

四条御旅所

八坂神社 四条御旅所

住所:京都市下京区四条通寺町東入 貞安前之町
地図:

【電車でのアクセス】

①阪神電車河原町駅より徒歩約1分

②市バス:四条河原町下車、徒歩すぐ

【車でのアクセス】

名神高速京都東ICから約7.3km約22分

駐車場

京都 祇園祭 山

 

交通規制のため、特に15・16日は四条河原町駅、四条烏丸駅周辺は駐車することができません

 

一応、厳密に言うと営業している駐車場もあるんですが、交通規制によって入庫・出庫の時間が定められている上、終日満車状態なので駐車できないと思った方がいいです。

 

24日はかろうじて交通規制外ですが、四条烏丸周辺は大渋滞ですので、これも終日満車でしょう。

 

幸い市営地下鉄、阪急京都線など電車のアクセスが良いので、これを利用しない手はありませんね。

 

①烏丸線を利用することを考慮して烏丸御池駅付近(烏丸三条)より北

②烏丸線を利用することを考慮して五条駅付近より南

③阪急京都線を利用することを考慮して大宮駅より西

 

上記の場所に駐車してパーク&ライドすることをおすすめします。

というより、バスやタクシーなど、電車以外の交通手段は困難を極めますので覚悟が必要です。

 

交通規制

京都 祇園祭 宵宮

 

京都祇園祭では約1ヶ月におよび大規模な交通規制が行われます。

京都の場合、道が碁盤の目になっているので交通規制の行われるところが分かりやすいですね。

・前祭宵山の交通規制はこちら

・前祭山鉾巡行の交通規制はこちら

・後祭山鉾巡行の交通規制はこちら

 

祇園祭では各イベントごとに交通規制があります。

祇園祭全体の交通規制についてはこちらをご参照ください。

 

祇園祭は信号機にも注目!

信号機

 

【関連記事】

祇園祭前祭の日程と見どころ。宵山、山鉾巡行の楽しみ方。

祇園祭後祭の日程と楽しみ方。宵山、山鉾巡行や屋台など。

天神祭花火の日程と打ち上げ場所。穴場スポットはココ!

芦屋花火大会穴場スポット。サマーカーニバルの駐車場は?

五山送り火の穴場スポット、ホテル。全部が見える場所は?

 

都祇園祭の日程、スケジュールなどの情報についてざっとお届けいたしました!と、ここで素朴な疑問が。

 

あの巨大な、天を突くように高い山鉾、信号機のある場所はどうやって通すの?

と思ったら、祭り期間中は町中の信号機を斜めにして移動させるのだとか(上記画像参照)。

 

山鉾が通る道路の信号機は全て回転式になっていて、軸を中心に可動できるようになってるんですね。

 

祇園祭にお出かけの際は、山鉾を見上げるついでに、道路を譲るように斜めになった信号機にも目を留めてみてくださいね!

 

では見どころ満載の祇園祭をたっぷりとお楽しみください。

Sponsored Link