季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

部活お守り手作り方法!【野球・バスケ・陸上・卓球・テニス・サッカー・バレー】


Sponsored Link

中学や高校、大学などの活動で、試合に勝ちたい時や団結力を強くしたい時に手作りのお守りを作りたいなぁ~って思いませんか。

 

お守りを手作りで作る時には部活動で使うボールや道具などのモチーフで作ると可愛いですよ。

 

また、お守りって特別なものを中に入れたりしないといけないのかな?と疑問に思う方もいますよね。

 

部活お守り手作り方法を部活動別に、お守りの中身はどうしたらいいのかをご紹介します。

・部活お守りの手作りで用意するものは?
・デザインを決めよう!部活ごとのおすすめは?
・部活お守りの手作り方法例!野球部の場合。
・こちらの手作り方法もおすすめ!
・お守りの中身に入れるものや言葉でおすすめは?

 

Sponsored Link

部活お守りの手作りで用意するものは?

手作り お守り

 

作りのお守りはさまざまな素材で作ることができます。

 

は柄や種類も豊富で手作りお守りにおすすめです。

部活動のモチーフを作ろうと思うと難しい場合もあります。

 

裁縫が得意な方ならミシンを使うと楽に縫うことができます。

 

フェルト

部活動モチーフを作ろうと思ったらフェルトが一番おすすめです。

 

厚く丈夫なので長持ちします。

 

縫い代がなくても縫うことができるので小学生でも手作りお守りに挑戦しやすいです。

 

一番手軽に作れるのはです。
用意するものも少なく、ハサミやノリ、テープ。

 

紙も折り紙を使うと可愛く作ることができます。

 

レジン

100均などでもレジンを気軽に購入できるようになりました。

 

手作りのお守りはレジンで作ることもできます。

 

レジンで作る場合にはレジン液やLEDライト、シールなど必要です。

 

紙以外の素材を使う場合にはハサミや縫う糸など、場合によっては接着剤が必要です。

 


デザインを決めよう!部活ごとのおすすめは?

部活 おすすめ

 

部活動ごとにモチーフがあり、デザインを決めるとカッコよく、可愛いお守りができますよ。

 

部活動ごとのおすすめデザインをご紹介します。

 

バスケットボール部

バスケットボール部 お守り

 

バスケットならボールやゴールもおすすめですが、背番号はいかがですか?

 

番号、名前入りならサプライズ感もあります!

 

作り方も簡単で動画では裏面に写真やメッセージを入れることもできます。

 

チームカラーのユニフォームに似せると素敵ですよ。

 

陸上部

陸上部 お守り

 

陸上部ならシューズやユニフォームなどです。
競技により使う道具をモチーフにしても良いですね。

 

こちらはプラバンで作られたキーホルダーです。
お守りとして持つのも可愛いですね。

 

お守りとして贈るなら、贈る方のユニフォームやシューズの色に合わせて作るのもカッコいいです!

 

サッカー部

サッカー部 お守り

 

サッカー部ならボールが特徴的でお守りにおすすめです。

 

他のバージョンもと思っているならユニフォームもおすすめです。

 

折り紙で作るので簡単で、カラーを似せればオリジナル感も出ますよ。

 

中には四葉のクローバーや一言メッセージを書くこともできますね。

 

お守りのワンポイントに♪

お守り ワンポイント

 

お守りはモチーフにしたくない方は、ワンポイントとして部活動で使うボールのキーホルダーを付けると可愛いです。

 

ビーズなら他のモチーフを作ることもできるので手先が器用な方にはピッタリですよ。

 


Sponsored Link

部活お守りの手作り方法例!野球部の場合。

部活 野球部

 

野球部の場合にはボールやバット、グローブとモチーフになるアイテムがあります。

 

手作りの場合にはフェルトで作ると可愛く作ることができます。

 

部活お守りの手作り方法例!野球部の場合のお守りの作り方をご紹介します。

野球 作り方

 

野球といえばグルーブとボールですね。

 

少し難しいですけど、完成したお守りはとっても素敵ですね。

お守り 材料材料は型紙、フェルト、ハサミ、糸と針、鉛筆、接着剤です。

 

グローブ 型紙紙にグローブの形を書いて、型紙を作ります。

 

フェルト 型紙フェルトに型紙を写します。

 

グローブ 重ねるグローブは2枚を重ねて縫っていきます。

 

グローブ 縫うグルーブは小指の方から縫い始めます。

 

野球 お守りこのように縫っていきます。

 

別 パーツ親指は別パーツなので重ねて縫います。

 

ウェブ 部分次にウェブの部分を縫います。

 

縫う ウェブウェブの上の部分はこのように縫います。

 

タテ クロスタテのウェブ部分はこのように縫います。
クロスする部分は縫うのではなく、接着剤で止めます。

 

下 ウェブ下のウェブ部分も縫っていきます。

 

綿 詰める次に中に綿を詰めます。

 

詰める 綿綿を詰めるとふっくらして可愛いです!

 

ボール フェルト次に白いフェルトを赤い糸で縫い、ボールを作ります。

 

完成 ボール綿を入れてボールは完成です。

 

グローブ ボール 接着剤グローブにボールを接着剤で付けます。

 

紐 糸 完成紐を接着剤や糸で付けて完成です。

 

グローブ型のお守りは野球部らしくて素敵ですね。

 

動画では解説が多く、縫物が得意な方なら簡単に手作りできますよ。

野球部仲間でこのお守りを持ったらカッコいいですね♪

 

こちらの手作り方法もおすすめ!

手作り 方法

 

フェルトや布の手作りお守りも素敵ですが、レジンで作るお守りも可愛くできます。

 

手順さえ覚えてしまえば縫うよりも簡単に作ることができます。

部活動 モチーフ

 

中のモチーフを変えることで部活動のお守りにもなります。

 

モチーフはシールを活用できるので部活動モチーフで使えるものを揃えましょう。

準備 ダイソー

準備するものはレジン、ソフトモールド、LEDライト、シール、ピンバイブ、爪楊枝です。

 

ソフトモールドはダイソーのものでお守りに適した形のものを使います。

 

型 レジン液型にレジン液を流し込みます。

 

表面 爪楊枝爪楊枝で表面をならします。

 

ライト 硬化ならしたらライトで硬化します。

 

着色 レジン2層目は好きな色に着色したレジンを流し込みます。

 

カラーレジンを使っても良いですが、ない場合には透明なレジンを着色して使いましょう。

 

型 色レジンを着色したら型に流し込みます。
爪楊枝で表面をならし硬化します。

 

透明 レジン硬化したら透明なレジンを接着剤代わりにするので少し流します。

 

シール 配置シールを好きなように配置します。

 

モチーフ ラメモチーフ以外でラメなどを入れても素敵です。
シールの配置が決まったら硬化します。

 

硬化 流し入れる硬化したら透明なレジンを流し入れます。
硬化したら少し縮むので多めに入れます。

 

取り出す 硬化硬化したら取り出します。

 

裏面 レジン裏面は少し曇っているのでレジンをのせます。

 

爪楊枝 ならす爪楊枝でならして硬化します。

 

ピンバイブ 穴硬化が完了したらピンバイブで穴をあけます。

 

ストラップ 完成丸カンや鈴、ストラップを付けて完成です。

 

動画では解説や工程も丁寧で分かりやすいです。
中のモチーフを変えると、どの部活動にも活用できます!

 

ネイルなどでLEDライトを持っている人は直ぐに作ることができますね。

 

お守りの中身に入れるものや言葉でおすすめは?

お守り 中身

 

一般的なお守りには内府と呼ばれる神様や仏さまの念が込められたものが入っています。

 

手作りのお守りには入れることはできないですね。

お守りの中身に入れるものや言葉でおすすめをご紹介します。

 

手作りお守りの中に入れるもの

手作りのお守りは中に入れられるタイプやそうじゃないものがあります。

 

気持ちがこもっていれば中に何も入れなくてもOKです。

中に入れるタイプのお守りに入れるものをご紹介します。

・メッセージを書いた紙
・手紙
・写真
・四葉のクローバー
・パワーストーン
・五円玉

部活動のお守りならメッセージを書いた紙や手紙、写真がおすすめです。

 

他のお守りを作る場合にはご利益がある、四葉のクローバーやパワーストーンやご縁もピッタリです。

 

中に入れるおすすめの言葉

お守り 言葉

 

部活の手作りのお守りの中にメッセージを入れるのならどんな言葉がいいでしょう。

 

決まりはないですが、勇気ができる言葉がおすすめです。

・ファイト!
・頑張れ!!
・必勝!!

一目見て分かりやすい言葉はストレートに気持ちが伝わります。

 

大切な部活の仲間に手作りお守りを贈ろう♪

大切 部活 仲間

 

【関連記事】
【合格・必勝】だるまのお守りを簡単手作り!材料や作り方は?
お守り手作り方法!フェルト・折り紙で簡単作り方。中身に入れるものは?
お守りの効果と期間!一年ごとに変える?効果的な持ち方は?
お守りの中身を開けて見るのはNG?手作り方法や言葉は?

 

活お守り手作り方法を部活動別に、お守りの中身はどうしたらいいのかをご紹介しました。

大事な試合や団結力を強くしたい時に手作りお守りはおすすめです。

 

手の凝ったお守りは手間がかかりますが、贈られた仲間は感動しますよ!

 

大事な試合の前などに渡すのもありですね。

 

簡単に作れるお守りもたくさんあるので小学生でも無理なく作ることができますよ^^

Sponsored Link