季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

青森花火大会2019の日程と穴場!有料観覧席や場所取り方法は?

Sponsored Link

毎年青森県内外から観光客が押し寄せるねぶた時期の、ねぶた最終日に開催される青森花火大会!

 

毎年驚きの花火や美しい伝統的な花火が打ち上げられる夏の風物詩です。

 

2019年も沢山の人を感動させるでしょう。

 

そんな青森花火大会2019の日程と穴場、有料観覧席や場所取りについて、地元民ではないと知りえないような情報も併せてお伝えしようと思います!

・青森花火大会の日程と見どころ!
・青森花火大会の観覧場所や場所取り方法は?
・青森花火大会有料観覧席の料金や購入方法は?
・青森花火大会おすすめ穴場スポットをご紹介!
・青森花火大会のアクセス方法と駐車場情報。

 

Sponsored Link

青森花火大会の日程と見どころ!

 

日程

青森ねぶた祭協賛第65回 青森花火大会

日時:2019年8月7日(水) 19:15~21:00
場所:青森県青森市 青森港内(青い海公園、新中央埠頭)

 

青森花火大会の見どころ!

青森花火大会 見どころ

日本3大祭りの青森ねぶた祭のフィナーレを飾る伝統花火と最新花火のイリュージョン!

 

前半の時間では、ねぶたが海上運行され海の上からねぶた囃子と「ラッセーラー!」と威勢の良い掛け声が飛び交う後ろで、美しい花火が打ち上げられます。

ねぶたの幻想的な光と、威勢の良い掛け声。
美しいねぶた囃子の音色の後ろで打ち上げられる花火という光景は、世界中どこを探してもこの青森花火大会だけ。

 

後半では、海上運行のねぶたは海の上から消え、その後大型の打ち上げ花火が贅沢に何発も打ち上げられます。

前半とは違う、空高く打ち上げられる大型花火に、見ている人たちは心を奪われることでしょう。

 

埠頭にはあの豪華客船飛鳥Ⅱも停船し、船のライトアップも美しさの演出を高めてくれます。
(ちなみに飛鳥Ⅱが汽笛を鳴らすと花火が終了、というイキな演出も)

 

あまりの幻想的な夜空に毎年目が潤んでしまいます(笑)

 

打ち上げられる花火の数は毎年平均1万1000発前後にも上り、青森県最大級の花火大会となります。

 

青森花火大会の観覧場所や場所取り方法は?

青森花火大会 観覧場所

 

そんな青森花火大会。

 

規模の大きさだけではなくねぶたと同時に打ち上げられるなんてぜひ観にいきたい!とお思いの方へ、観覧場所のご紹介です。

無料の観覧場所は主に青森港内の青い海公園、新中央埠頭のどちらかとなります。

観光お土産店として有名なアスパムという建物の目の前の青い海公園と、その隣の海側に土地が広がった新中央埠頭となります。

 

基本的にこの2つからは花火はどこからでも綺麗に見えますが、青い海公園の方は木々もありますので場所によっては少し木が邪魔に感じるかもしれません。

ただし、出店は青い海公園側に出ていますので、出店で買い物するのがメインという方は青い海公園側に席を選んで間違いないでしょう。

 

混み具合はどちらもほぼ一緒で、場所取りは早い人で前日の昼くらいから取っています。
しかし、よほど大人数で場所取りしたいということでない限り、実際は当日の昼前くらいでも十分だと思います。

 


Sponsored Link

青森花火大会有料観覧席の料金や購入方法は?

青森花火大会 有料観覧席

 

有料観覧席も勿論用意されています。

A席 1名につき4,000円
B席 1名につき3,500円
C席 1名につき2,000円(こちらは新中央ふ頭のみ。ねぶた海場運行はほぼ観覧不可)
 

一般販売は7月8日(日)~

ローソンチケットなど各種プレイガイドで受付。
売り切れ次第終了です。

 

青森花火大会おすすめ穴場スポットをご紹介!

青森花火大会 おすすめ

 

有料観覧席を覗いたおすすめ穴場スポットをご紹介致します。

まず、上にも記載しました新中央埠頭

海側に土地が広がっているので、より近く花火を体感することができます。

また、前半のねぶた海上運行は新中央埠頭側の方が断然ねぶたに近く、囃子や掛け声も臨場感がたっぷりです!

 

青い海公園と新中央埠頭以外の穴場としましては、中央大橋です。

青森市中心部から郊外へ抜ける大きな橋なのですが、青森市は比較的高層ビル群がないので中央大橋の歩道の上をゆっくり歩きながら花火を観るという事ができます。

 

1つ難点は、会場から少し離れるのでねぶたの海上運行は楽しめません。

もちろん歩道ですので、立ち止まってシートを広げてまったりなんて見方はできませんが、とても高い橋なので花火の見え方はとても良いですよ。

 

もう1つの穴場スポットは青森市東側にあります合浦公園です。

こちらは公園ですのでゆっくりと花火を観ることができます。

会場の海沿いに面した公園なので、花火の見え方は全く問題ないでしょう。

 

ただし、出店などは出ていないので、お祭り気分を味わいたい方には向いていないかもしれません。

 

青森花火大会のアクセス方法と駐車場情報。

青森花火大会 アクセス

電車からのアクセス

 

JR・青い森鉄道青森駅から徒歩10分

 

車でのアクセス

 

青森中央インターチェンジから車でおよそ12分

 

近隣にはコインパーキングが数箇所ありますが、大体昼前には埋まってしまいます。

昼前くらいから青森の会場付近を車で何回も往来すれば運良く駐車場が見つかるかな、というイメージです。

 

郊外のコインパーキングに停めてそこからタクシーもしくはバス、徒歩で向かうのが良いでしょう。

ただしタクシーも午後3時以降は混んでいてなかなかつかまりません。早めに会場へ向かいましょう。

 

当日の昼はねぶたの昼運行も行われるので、早めに会場付近に到着してゆっくり昼ねぶたを楽しむのもおすすめですよ。

 

ねぶたも楽しめちゃう唯一無二な青森花火大会!

ねぶた 唯一無二

 

花火大会に加えてねぶたも楽しめちゃう一石二鳥な青森花火大会です。

 

青森の夏は短く暑く儚いものだという地元の人の想いが、花火大会とねぶたの海上運行に込められているんですよ。

 

他の花火大会とは一線を画したとても豪華で華やかで幻想的な花火大会です。

 

ぜひ足を運んで、花火にねぶたに青森の盛大な夏祭りをたっぷりと楽しんでくださいね!

Sponsored Link