季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

年女年男の意味とは。縁起は?厄年の場合は厄払いが必要?

お正月が近付くと、来年の年女、年男が話題にのぼる事がありますよね。

 

年女や年男は、なんとなく縁起がよさそうですが、どういう意味があるのかご存知でしょうか?

最近は、年女・年男の意味を知らない人も増えてきたようです。

 

今回は、年女・年男の意味や、どうして縁起がよいとされているのかなどを分かりやすくまとめていきます。

 

年女・年男と厄年を混同している人はいませんか?

そんな人は、記事を読んでみてくださいね!

 

・年女年男の意味は?
・年女年男は他の干支より縁起がいいの?
・年女年男がより縁起を良くする方法は?
・年女年男でも厄年と重なったら厄払いをした方がいいの?

 

Sponsored Link

年女年男の意味は?

 

年女、年男は、十二支(じゅうにし)によって決まります。

 

え?干支(えと)によって決まるんじゃないの?と思う人もいるかもしれません。

干支というのは、十干(じっかん)と十二支(じゅうにし)を合わせたものを意味します。

 

詳しい説明は省略しますが、私たちがよく「干支」といっている「子・丑・寅・卯・辰・巳・・・・・・」は十二支なんですよ。

 

年女生まれた年と同じ十二支の年を迎えた女性年男生まれた年と同じ十二支の年を迎えた男性の意味です。

 

十二支は12年でひと回りですから、誕生日に満年齢が12の倍数になる人ですね。

 


Sponsored Link

年女年男は他の干支より縁起がいいの?

 

起が良いとする考え方と、悪いという考え方があります。

 

でも、おおむね“縁起が良い”と考える地域が多いようです。

「年男おめでとう」などという挨拶を聞いたことがある人もいるかもしれませんね。

 

なぜ縁起がいいのかというと、年男・年女は、その年の歳神様のご加護を多く受ける事が出来ると考えられているためです。

 

今でも、年男が重要な役割を担うと定められている神事や儀式はたくさんあります。

節分の豆まきや門松を立てる役目は年男と決まっている地域もあるんですよ。

 


Sponsored Link

年女年男がより縁起を良くする方法は?

 

年男だから、年女だからといって縁起を担ぐという風習はあまり多くありません。

 

でも、十二支にちなんだ縁起担ぎは昔から多くあります。

 

例えば、その年の十二支を身につける事で「無病息災・厄除祈念」としたり、家に飾ることで「家内安全・商売繁盛」、人に授ける事で「招福祈願・安寧長寿」のお守りとする風習があります。

 

初詣に神社に行くと、その年の十二支のお守りや置物が授けられるのはその為なんですね。

 

 

他には、守り本尊というものがあります。

十二支に基づいてご本尊が配されて、そのご本尊を信仰するという風習です。

 

2017年は酉年ですから、酉年の場合を紹介します。

酉年生まれの守り本尊は“不動明王”です。

 

ですから、不動明王をご本尊にするお寺にお参りするといいわけですね。

 

また、干支にゆかりのあるお寺や神社というのもあります。

初詣は2017年の干支「酉」にゆかりのあるお寺や神社に行ってみてはいかがでしょうか。

 

年女年男でも厄年と重なったら厄払いをした方がいいの?

 

基本的に厄年と、年女・年男の考え方は別物です。

 

厄年に当たる人は、厄払いや厄除けの習慣がありますから、気になる人は御祈祷を受けるなどの厄払いをするといいですね。

 

厄年は、数え年で数えます。

男性は、数え年で25歳・42歳・61歳。

女性は、数え年で19歳・33歳・37歳・61歳が厄年にあたります。

 

参考までに2017年に厄年を迎える人をまとめておきます。

男性

1993年(平成5年)生まれ(25歳)

1976年(昭和51年)生まれ(42歳)

1957年(昭和32年)生まれ(61歳)

女性

1999年(平成11年)生まれ(19歳)

1985年(昭和60年)生まれ(33歳)

1981年(昭和56年)生まれ(37歳)

1957年(昭和32年)生まれ(61歳)

 

厄年にお祓いをする場合はいつすればよいのでしょうか?

 

厄払いは、厄年に入る前に行います。

一年の始まりをお祓いを済ませてから迎えるのがいいのです。

 

でも、大晦日までに慌てて神社に行かなくても大丈夫!

 

昔は立春を一年の始まりとしていました。

立春は節分の翌日ですから、節分の前までに厄払いをすればいいのです。

 

節分には厄除け大祭をするお寺や神社もあります。

その時にお祓いをしてもらってもいいですし、何度も足を運ぶのが大変なら、初詣のついでに厄払いをしてしまえばOKです!

 

干支や年女・年男は身近なもの

 

【関連記事】

厄年に出産すると厄払いになる?前厄・本厄・後厄の出産や妊娠は?

初詣穴場スポットまとめ【東京・関東・関西・東海】

歳神様とは?祀り方や読み方。正月との関係や由来は?

年の瀬の意味や語源とは?使い方や挨拶の例文。ビジネスは?

大晦日の過ごし方。家族、夫婦でのんびりまったり過ごす方法♪

 

今回は年女・年男についてまとめてみました。

 

年女・年男は縁起がよいとされている事や、厄年とは関係のないものだということが分かりましたね。

 

普段の生活で、干支を意識する事はお正月くらいになってきていますが、本来干支は日本の文化や風習に深く関わっているものです。

 

この機会に少し関心を持ってみるのもいいかもしれませんね。


Sponsored Link