季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

糖質制限ダイエットの危険な理由。安全な方法と効果的なやり方

質制限ダイエット本」が多数発行され、TV番組でも、糖質制限を紹介する番組が多くみられるようになりました。

 

それにより、「糖質制限は危険だ!」と真向から反論する書籍や、「糖質制限でガンも治る」と主張される書籍までも見受けられるようになりましたね。

 

糖質制限と筋力トレーニングにより、別人のように引き締まった衝撃的なCMもよく見かけます。

 

ここでは糖質制限に関連する有意義な情報を厳選し、本当のところはどうなのか?

 

その方法や効果、危険性などについて、わかりやすくお伝えしていこうと思います。

 

・糖質制限ダイエットとは?どんなダイエット方法?
・糖質制限ダイエットが危険と言われる理由は?どんなリスクがあるの?
・無理は禁物!糖質制限ダイエットを安全に行う方法
・糖質制限ダイエットの効果がでる期間はどれくらい?リバウンドの可能性は?

 

Sponsored Link

糖質制限ダイエットとは?どんなダイエット方法?

 

・糖質とは?

砂糖の他、パンやご飯、パスタなどの炭水化物も糖質です。

 

糖質はいろんな食べ物に含まれています。

(芋、カボチャ、果物など)大豆は糖質は少ないです。

 

・糖質制限とは?

そもそも糖尿病患者の食事として始まりました。

砂糖はもちろん、甘いもの全般や、パンやご飯、芋、甘い果物などの炭水化物を制限することです。

 

・糖尿病とは?

インスリンの分泌が不十分になる疾患で、血糖値が高くなっている状態です。

そのため、糖質制限をして血糖値が上がるのを防ぐ必要があります。

「糖質制限ダイエット」は、康な人が糖質を制限することにより体脂肪を減らすダイエット法で、炭水化物を制限すると、とても早く体脂肪が落ち痩せる効果があるといわれています。

 

どの程度の糖質制限をすればいいか?

という問題がありますが追々ご説明していきますね。

 

ダイエットのメカニズムは、摂取カロリーより、消費カロリーのほうが大きいという絶対的条件で≪痩せる≫効果がでてきます。

 

どんなダイエット法でも【 摂取カロリー < 消費カロリー】 は絶対条件です。

その逆は太ります。

 


Sponsored Link

糖質制限ダイエットが危険と言われる理由は?どんなリスクがあるの?

 

糖質制限ダイエットが危険と言われるケースがあるとすると・・・。

 

それは「糖質を制限するだけ」になってしまい、身体に必要な必須栄養素の摂取がおろそかになってしまったことによる弊害が考えられます。

 

私たちが生きていくうえで、身体の中で糖質をエネルギーに変えて生命維持活動をしています。

 

 

三大栄養素として大切な炭水化物による糖質ですが、実は炭水化物から糖質を摂らなくても、私たちの身体には≪糖新生≫という糖を作り出す機能があるのです。

 

炭水化物など食物から糖質を摂らない場合、糖新生の材料になるものは、たんぱく質が分解されてできる≪糖原性アミノ酸≫が優先して分解されます。

 

主に筋肉を分解して使われます。

他に中性脂肪や乳酸も糖新生の材料に使われます。

 

この糖新生の機能がなんらかの原因で働かないと、死んでしまう危険もあります。

 

筋肉のたんぱく質や乳酸をまっさきに分解して糖新生が行われますので、材料がなければどんどん筋肉は分解されます。

 

心臓も筋肉ですから心不全の危険性も出てきますね。

 


Sponsored Link

無理は禁物!糖質制限ダイエットを安全に行う方法

 

では、どうすれば「糖質制限ダイエット」を安全に行えるのでしょうか?

 

その方法は、糖新生の材料に必要な「脂肪」と「タンパク質」を十分に摂ることです。

 

そして人が生きていく上で、必要な栄養素のバランスも大切なことです。

 

以下のようなサイトで必要な栄養バランスをチェックし、適切な食生活の方法を知ることが大切です。

〇安全な栄養バランスを知る方法

厚生労働省「毎日の食生活チェックブック」

 

 

〇一日に必要な各栄養素を知る方法

「栄養成分ナビゲーター」は簡単な操作で、一般食品(1,878品目)の中から、知りたい栄養成分情報をリアルタイムで取り出すことができるシステムです。

 

糖質制限ダイエットの効果がでる期間はどれくらい?リバウンドの可能性は?

 

糖質制限による体重減少は、早い人ですと翌日からります。

 

しかし、極端な糖質制限は飢餓感が強く炭水化物をのちに「ドカ食い」してしまい、リバウンドすることがよくあります。

運動は必須です。

 

運動なしで糖質制限だけをすると、筋肉が落ちてしまい基礎代謝も低くなり、基礎代謝が低くなると太りやすい身体になる危険性があります。

 

基礎代謝とは生きていく上で『息をし、食物を食べ、日常生活を送り、眠ることで、消費されるエネルギー活動』のことで、基礎代謝は筋肉量に左右されます。

 

ですので、筋肉が大きく発達するほど基礎代謝は大きくなり、痩せやすい身体になります。

 

筋肉量が少ないと基礎代謝が低いため、糖質制限をやめたとたん以前よりも太ってしまう、という人も多いのです。

 

糖質制限ダイエット(ケトン体ダイエット)は一生続けなければいけないのか?

 

運動+糖質制限で健康的に痩せる!

 

【関連記事】

座り方ダイエット。姿勢で痩せる!座りながらできるダイエット方法。

ラジオ体操のダイエット効果。カロリー消費に効果的な時間帯。

水泳のダイエット効果。時間や泳ぎ方は?ペースはどれくらい?

みかんダイエット! 1 個のカロリーはどれぐらい? 食べすぎは太る?

バターコーヒーダイエットで効果が出るやり方。成功する方法は?

期的にダイエットを成功させるには、

ゆるめの糖質制限食でタンパク質脂質を十分にとり、ビタミンやミネラルも一日の必要量をしっかり摂り、毎日1万歩歩くか同等以上の運動を行うことがおすすめです。

適当な糖質制限は、ご飯ならお茶碗半分くらい食べることです。

 

そして食べる順番を野菜から食べ、魚、肉とおかずだけを先に食べます

懐石料理の順番のように、最後にご飯を半分いただきます。

 

最後に食べるご飯は半分でも満足感があります。

 

おかずだけで満足感があるなら、ご飯は食べなくてもいいです。

そして運動も習慣にしてください。

 

以上のような事柄に気をつけて、安全に痩せて体調も良くなってくださいね。


Sponsored Link