季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

小山の花火2018の日程と穴場。有料席以外の場所取り方法。

Sponsored Link

今年の夏は「小山の花火」に決まり!

 

という事で、「おやまサマーフェスティバル」の二日目に行われる小山の花火についてご紹介しますね。

この「おやまサマーフェスティバル」は、7月の最終土曜・日曜の二日間(今年は7月28日(土)~29日(日))で行われます。

 

1日目は前夜祭としてオープニングカーニバルが行われ、2日目の7月29日(日)は花火大会の『小山の花火』が実施されます。

 

場所は「栃木県小山市中央町 観晃橋下流思川河畔」で驚きの2万発を超える花火が、夜空に豪快な華を咲かせるために、多くの人が訪れる大人気の花火大会です。

 

『小山の花火』が盛大に行われる理由は、小山の町おこしを目的としていて、町全体が一体となって盛り上げるお祭りの中の一番人気の花火大会になっているからです。

それでは小山の花火の日程や穴場情報などをご紹介していきますね。

・小山の花火2018の日程(雨天の場合)と見どころについて。
・小山の花火の穴場スポットはココ!場所取りはいつから?
・小山の花火をゆっくり見たい!有料観覧席の取り方や料金は?
・おやまサマーフェスティバルの見どころ!
小山の花火へのアクセス方法と駐車場情報。

 

Sponsored Link

小山の花火2018の日程(雨天の場合)と見どころについて。

 

山の花火』の開始時間についてですが、まず開催日時は7月29日19:10~20:45から始まります。

 

雨が降っても花火が上がるのか、それとも中止なのかについてですが、荒天時は翌日以降に延期で行われます。

ちなみに観覧は有料観覧席もありますが、基本的には無料で見る事が出来ます。

ただ場所取りで落ち着いて『天空を彩るFireworks(花火)』を眺めたいならば、有料観覧席が一番のおすすめです。

 

ここの花火大会は、屋台の出店数がとても多くて凄いです。

花火を見て楽しみ、会場付近の土手に並んでいる屋台を巡って楽しむ事もおすすめの一つですよ。

 

小山の花火の穴場スポットはココ!場所取りはいつから?

小山の花火 穴場スポット
当日『小山の花火』を楽しむには、穴場のスポットは何処がいいのか、場所取りはいつからすればいいのかについてご紹介します。

大人気の花火大会で『満天の夜空を飾る火の華』を見るためには、それが一番気になるところ。

 

調べてみましたが、まずは島田橋がおすすめです。

ここだと「夜空の花火」と「川面の花火」の2倍花火を楽しめる景色もいいですよ。

逆さ富士ならぬ、逆さ花火も楽しめます。

 

他には「道の駅の思川」は色々な便利なスポットで、道の駅なので売店・トイレ・駐車場が揃い踏み。
飲食・トイレと花火も楽しめるので一石二鳥・三鳥といった具合に「超お得感満載のスポット」で、さらに比較的混雑が少ないです。

 

他には、フィナーレは見れませんが露店の出店も多いし比較的空いているので、小山総合公園の栃木県立県南体育館も良いスポットだと思います。

 

そして場所取りの時間ですが、これはスポットごとに差はあります。

基本的にはみな考える事は一緒なので、思った時間+αで早めに向かうのが一番だと思います。

『小山の花火』は大人気の花火大会なので、小山花火大会会場で場所取りをするのならば、『午前中』から行く事をオススメしますよ。

 

その他にも車で行くならば午前中から、場所取り自体は15時ころからの城山公園や、花火と夜景がセットで楽しめるデートで楽しめそうな大平山神社もオススメです。

※またメインの観晃橋下流思川河畔の会場は、当日朝6時からになっております。

前日までの場所取りはおやめください。

 


Sponsored Link

小山の花火をゆっくり見たい!有料観覧席の取り方や料金は?

小山の花火 有料観覧席
『小山の花火』で絶対に見たいと大人気の「ナイアガラ」は、やっぱり有料席から見るのが一番ですね。

 

有料観覧席なら『小山の花火』をVIP席で見ることができて一押しです。

 

全ての花火をゆっくり・しっかりと観覧出来ます。

 

販売開始の日程はまだ不明ですが、昨年の販売開始から推測すると、6月に入った頃からチェックした方が良いです。

販売窓口

 

小山の花火有料席センター  (0285-42-5443)
JTB関東トラベルサロン小山(0285-25-1181)
大山旅行サービス      (0285-22-0947)
セブンイレブン       (階段席・マス席・テーブルC席のみ)

(昨年の金額参照)

 

テーブルイス席(6名)
A席  :25,000円
B席  :23,000円
C席  :21,000円

 

マス席  :15,000円(4~5名)

 

階段指定席2,000円/1名

 

おやまサマーフェスティバルの見どころ!

 

『おやまサマーフェスティバル』は、翌日に行われる『小山の花火』同様に人気のあるお祭りです。

開始当初は灯篭流しの際のイベントとして行われていたものが、年々規模を膨らましていき現在に至るお祭りです。

 

このお祭りの一番の見どころは二日目に行われる『小山の花火』なのですが、その他にも楽しい出し物があります。

オープニングセレモニーから始まり、ダンス、ライブ、昨年に至っては小島よしおショーの他にも、まだまだ楽しみどころ満載のお祭りです。

また前夜祭ミニ花火ショー等もあるので、前夜祭から楽しめますよ。

 

小山の花火へのアクセス方法と駐車場情報。

 

『小山の花火』の会場となるのは、小山駅より徒歩8分ほどに位置する観晃橋下流思川河畔です。

 

アクセス情報

電 車:東北新幹線及びJR東北本線の小山駅になります。
※出来る限り公共交通手段をお使いください。

 

市内には『小山の花火』のための無料駐車場は用意されています。

 

ただ大人気の花火大会なので、会場近くの駐車場は午前中には満車になってしまいます。

 

県南体育館小山総合公園、島田橋周辺、小山中学第二グラウンド、新川橋周辺、若木小学校、勤労青少年ホーム、小山東出張所、男女共同参画センター無料駐車場として

確保されています。

 

ただご利用はルール・マナーを守りましょうね。

 

2万発の花火を堪能

花火大会 小山

 

【関連記事】
いせさき花火大会の穴場、駐車場。屋台や観覧場所は?
長岡花火大会の穴場スポットやホテル。観覧席の取り方は?

片貝まつり花火の穴場、桟敷席情報。奉納煙火の申込方法は?

 

山の花火大会は、約2万発の花火が休みなく打ち上がります。

 

比較的大玉が多いのも特徴で、お腹に響くような迫力があります。

 

600メートルのナイアガラは最大の見どころ。
一斉に火の粉が流れる様は圧巻です。

 

屋台もたくさん出店しているので、行き帰りはもちろん、食べながら観るのも至福のひとときですね。

 

今年はぜひ小山の花火に遊びに行ってみてくださいね。

Sponsored Link