季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

高円寺阿波踊り2016の日程と見どころ。人気連や観賞ポイントは?

京の夏を代表するお祭りといえば、円寺阿波踊り

 

地元の個性豊かな阿波踊り連を始め、徳島などの友好都市からの出張連も参加して大変な盛り上がりです!

 

商店街の出店にも名物が多く、観てよし、食べてよし、踊ってよしのお祭りですよ。

 

その分、観客も多いですから、事前に混雑ポイントや時間を調べて、出来るだけ快適にお祭りを楽しみたいところ。

 

今回は、高円寺阿波踊りの観賞ポイントを中心にまとめていきたいと思います。

 

・高円寺阿波踊り2016の日程とスケジュール。雨天の場合は?
・高円寺阿波踊りの見どころや人気連は?
・高円寺阿波踊りの観賞ポイントや桟敷席は?
・高円寺阿波踊りの歴史と屋台について
・高円寺阿波踊りのアクセス方法。混雑具合は?

 

Sponsored Link

高円寺阿波踊り2016の日程とスケジュール。雨天の場合は?

 

2016年高円寺阿波踊りは

8月27日(土)・28日(日)17時~20時に開催。

 

豪雨や台風などの荒天でないかぎりは、基本的には雨天でも開催されます。

 


Sponsored Link

高円寺阿波踊りの見どころや人気連は?

 

本場徳島との姉妹連や、地方の友好都市から遠征してくる連、女性だけの連や子供の連など、性豊かな連が競うように踊ります。

 

これがとっても刺激的!

沿道に座る観客も思わず立ち上がってしまうほどの大盛り上がり。

 

拍手喝采と声援のなかで、それぞれの人気連が麗で雅、ときに勇ましく勢い良く踊りあげるんです

 

その楽しさや熱気に、大人はもちろん子供も大喜び♪

うちわ片手に見よう見まねで飛び跳ねますよ(*^^*)

 

 

実際に見るとその迫力、その活気、勢いある掛け声と統制の取れた美しくレのある踊り。

観客を巻き込んだ一大エンターテインメントっぷりにきっとくことと思いますよ!

 

そして同じ阿波踊りでも、こんなにもいろいろ種類があるのか…と感心するでしょう。日本の踊り文化の奥深さや多様性に、改めて深く感じ入ることと思います。

 

ぜひ家族や友達と沿道に繰り出して、街全体の熱気、そしてそれぞれの踊りの違いを楽しんでみて下さいね。

 


Sponsored Link

高円寺阿波踊りの観賞ポイントや桟敷席は?

高円寺阿波踊りは、8つの演舞場が設けられます。

中央演舞場、ひがし演舞場、純情演舞場、

パル演舞場、桃園演舞場、みなみ演舞場、

ルック第一演舞場、ルック第二演舞場

の8つです。

 

早めに会場入りして観賞ポイントで場所をとることが出来れば良いのですが、高円寺阿波踊りでは、場所取りは禁止されています。人の流れをよんで、上手く観賞するしかないんです。

 

例年の流れから、比較的踊りを見やすい場所を紹介しますね。

 

JR高円寺駅から丸ノ内線の新高円寺駅までのメインストリートに沿った会場は混み合います。

 

ルック第一・第二演舞場やパル演舞場は、メインストリートから外れているのと、道幅が狭く、比較的人の流れがある通りに面しているので、踊りを近くで見るチャンスが多いです。

 

次に見やすいところは、ひがし演舞場と純情演舞場です。メインの会場より随分マシですよ。ただ100万人以上の人出ですから、ある程度の覚悟は必要ですね。

 

ゆっくり見たいなら、裏技として前夜祭を見学に行くという方法もあります。賑わいはあまりありませんが、踊りはゆっくり見ることが出来るでしょう。

 

桟敷席は販売されておらず、協賛金へのお礼として用意されます。一口6千円ですから、座って観賞したい人は、東京高円寺阿波おどり振興協会に問い合わせてみて下さいね。

 

高円寺阿波踊りの歴史と屋台について

 

高円寺阿波踊りは、昭和32年に高円寺の商店街の夏祭りとして始まりました。

 

最初はひとつの商店街のお祭りだったのですが、周辺の商店街や自治会も参加するようになり、どんどん規模が大きくなりました。

 

今では踊り手だけでも一万人という東京を代表するお祭りになりました。当然、観客も多く、例年人出は100万人以上。ですから、当然屋台も出ます。

 

 

あずま通り商店街では、商店街のお店が出店する屋台がたくさん。メニューの種類が多くておススメです。

 

八海山ビールや佐世保バーガー、なみえ焼きそばなどが名物となっています。

 

屋台以外にも高円寺北口広場と中央公園にイベントブースが設けられて、イベントグッズとして阿波踊りグッズが売られています。

 

その他にも、徳島との阿波踊り繋がりで徳島の名産品「すだちジュース」や地酒などに出会えますよ。

 

高円寺阿波踊りのアクセス方法。混雑具合は?

電車、周辺道路共に大変混雑します。特にお祭り終了直後の移動は困難ですから、気をつけて下さいね。

 

電車利用

最寄駅 JR 高円寺駅 または、丸ノ内線 新高円寺駅どちらの駅からも会場は歩いて数分です。

JR高円寺駅に快速は止まりませんから気をつけて下さいね。

 

駐車場

会場に駐車場は用意されていませんので、周辺の民営駐車場を利用して下さい。

 

 

交通規制

会場付近は交通規制で車は入れません。例年以下のような交通規制が敷かれますのでご参考ください。

 

交通規制

 

トイレ

毎年、設置される仮設トイレもコンビニなどのトイレも、相当混み合います。

 

そして、トイレに行った為に友人や家族とハグレテしまった。なんてことがよく起こります。なるべく集合場所を決めておく方が良いですね。

 

マナーを守って楽しさ100倍!

 

【関連記事】

南越谷阿波踊りの日程と観賞ポイント。屋台の時間は?

江戸川区花火大会の日程と場所取り方法。有料席はある?

多摩川花火大会の穴場スポット!打ち上げ場所近くで鑑賞。

 

円寺阿波踊りの観賞ポイントを中心にまとめてみました。

 

「やっぱり踊りはやめられない♪」

 

男も女も老いも若きも、みんな一様に、そして思い思いに盛り上がる。

それが高円寺阿波踊りです^^

 

沿道の顔はみなとびっきりの顔!

供の顔も楽しさ一杯♪

 

今年の夏のひとときを活気で満たすべく、ぜひスケジュールの1つに加えてみてください。きっと見てよかったと心底思えることと思いますよ。

 

東京のお祭りはどこも人が多いですが、高円寺阿波踊りの人出は例年100万人超え!人が大勢集まりますので、マナーを守って楽しみましょう。

 

事前チェックは必須ですから、記事を参考にお出かけの計画を立てて下さいね。


Sponsored Link