季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

鎌倉長谷寺のあじさい2020!見頃時期や開花は?待ち時間や再入場は?


Sponsored Link

季節のお花が1年中絶えない長谷寺

 

長谷寺は40種約2,500株以上のあじさいが植えられており、ほかにもさまざまな季節の花が咲き乱れる「花寺」として知られています。

 

長谷寺といえば、眺望散策路

大黒堂脇から登る急斜面を階段とスロープでつないだ散策路は、あじさいの名所です。

 

紫、青、白と色とりどりのアジサイが彩る風景は圧巻!

明るい境内は下の境内と上の境内に分かれており、2つを結ぶ地点にある見晴台からの眺めは絶景。

 

きらめく海と家並みは、まるで天空から眺めているかのよう。

広場に立つお地蔵様の足元には、話を聞きに集まっているかのように青い七段花の星々が群れ咲いていますよ。

 

今回は、長谷寺のあじさい2020年の見頃時期や見どころ、待ち時間などについてご紹介します。

 

2020年、あじさい路でのアジサイ鑑賞は日時を指定しての事前申込制となっております(詳しくは次の項をご参照ください)。

 

 

Sponsored Link

長谷寺のあじさい2020年の見頃時期や開花状況は?

満開のあじさいの中を散策してみましょう!海や街が見える開放的な眺望も最高ですよ♪

見頃時期:6月上旬~7月上旬頃

長谷寺のあじさいの開花期間は6月上旬から7月上旬頃まで。

 

平年並みの開花となると、6月上旬より早咲きが色づきはじめ、最盛期を過ぎて7月上旬頃まで楽しむことができるでしょう。

 

一面に咲いたあじさいの中を登って行く散策路。

 

山あじさいの咲く時期には、青いクロヒメと赤い紅額(ベニガク)がスロープと手すりをきれいに彩りますよ。

時間:08:00~17:00

拝観料:大人400円、小学生以下200円

 

2020年は日時を指定しての事前申込制

事前申込みは『あじさい路でのアジサイ鑑賞をする場合のみ』です。

 

通常参拝でのあじさい鑑賞では、いつもの拝観料(大人400円、小学生以下200円)となります。

【あじさい特別拝観料】

料金:1,000円

定員:午前・午後各500名

※午前(08:00~12:00・午後12:00~16:00)

申込方法:往復はがきにて申込(希望日の1週間前必着)。

 

〈はがきの書き方〉

長谷寺 あじさい特別拝観料 申込方法

 

申込の詳細や当選、当日の流れなどはこちらをご参照ください。

 

見頃について

例年長谷寺のあじさいが満開の見頃を迎えるのは、6月中旬から下旬です。

 

早咲きの品種は5月下旬~6月上旬頃に見頃となる予定です。

 

今年の開花状況は下記のとおりです。

【2020年長谷寺のあじさい開花予想】

 

暖冬の影響により約1週間ほど早まる予定。

 

6月第1週目からあじさいを鑑賞できる可能性あり。

 

6/6(土)、7(日)、13(土)、14(日)あたりは「あじさい日和の週末」となりそうですよ。

詳しい開花状況はこちらの鎌倉長谷寺のページから確認できます。

 

花ショウブとあじさい

長谷寺 花菖蒲

 

これより早い時期に行くと、長谷寺では花ショウブとあじさいを両方楽しむことができます

 

花ショウブの見ごろは5月下旬から6月中旬

混雑の時期を外して、花ショウブとあじさいの両方を楽しむのも良いかもしれませんね。

 

先に挙げた「あじさい日和の週末」を外しても、長谷寺では充分にあじさいを鑑賞することができます。

 

長谷寺のあじさいは品種がとても豊富なので、早咲き(5月下旬)から遅咲き(6月下旬)まで、実は見頃と言える期間が長いのです。

 

混雑を避けたい方は、一番の見頃の時期を外して訪れると良いと思いますよ。

 


長谷寺のあじさいの見どころは?

あじさい

 

長谷寺は神奈川県鎌倉市にある浄土宗系統の単立寺院です。

 

鎌倉であじさい三大名所と言われるのが、明月院、成就院、そして長谷寺なのですが、長谷寺があじさい路を整備しはじめたのは西暦2002年になってから。

 

明月院や成就院と比べると、実は歴史が浅いのです。

 

しかし長谷寺のあじさいは品種が多いことが特徴で、40種2,500株以上のあじさいが植えられています。

 

明月院が青一色なのに対して、長谷寺は色とりどりで形もさまざま。

 

1つ1つ眺めていても飽きを感じさせないところが人気で、晴れた日は光、雨の日は雨粒で光るように咲く花々が見事な美しさを演出しています。

 

抜群の景観!

「あじさい路」とよばれる、130段の細い階段からなる眺望散策路を山の頂上へ向かってのぼるのが、長谷寺のあじさいを楽しむ一番人気のコース。

 

斜面をさまざまなあじさいが色とりどりに埋め尽くす風景は、まるで絵本のよう。

 

上まで登りきると見晴台があり、天気が良ければ由比ヶ浜の海も眺められますよ。

見晴台からの景色もすばらしく、傾斜を登ってやっと海が見えた時の解放感は抜群!

 

振り返った時に見える、あじさい越しのきらめく由比ケ浜の海と街並みはまさに絶景です。

 

15~20分程度で回れる

あじさい路をぐるりと回りきる所要時間は普通に歩くと大体約10~15分程度ですが、混雑している時期は20分~30分ほどを目安にしておくといいでしょう。

 

季節柄、地面も滑りやすくなってるので、なるべく滑りにくい歩きやすい靴でお出かけくださいね。

 

品種の多さと長谷寺ならではのあじさい

山の斜面 あじさい 群生

ほんの一例ですが、ブルースカイ、ヒメアジサイ、ウスアジサイ、クロヒメ、西洋アジサイ、アナベル、クロジク、ベニガク、ウズアジサイなど、品種の多さはほかのお寺を圧倒しています。

長谷四片(はせよひら)、長谷の潮騒(はせのしおさい)、長谷の祈り(はせのいのり)など、長谷寺の名前を冠した品種があることでも有名で、このあたりも人気の一因であるようですよ。

 

八重のあじさい

長谷寺 あじさい 満開

 

下の境内にある、長谷寺が、『鎌倉』と命名した青い大きな八重のあじさいも見ておきたいところですね。

 

あじさい図鑑を片手にゆっくり鑑賞するのも楽しいですよ。

 

竹林と一緒に咲いているあじさいを鑑賞できるのは、長谷寺ならではです。

 

Sponsored Link

あじさい路(眺望散策路)の待ち時間は?

あじさい路 長谷寺 行列

あじさいが見頃の時期の休日に訪れるなら、朝イチは必須条件です。

 

なぜなら、あじさいが最も見頃のピーク時期の平均待ち時間は約45分~90分。

 

まず60分は待つことを見込んでおいてください

この待ち時間は、境内に入場してからダッシュであじさい路の入口まで行ったとしても変わりません。

 

あじさい路のみ細くて危険なため入場規制が行われます。

 

入場規制になると、まず境内の入り口で入場の際に番号付きの整理券を渡されます。

 

その整理券の番号順の入場になるので、「整理番号がくるまで、あじさい路には入れない」ということになります。

整理券はお寺の人が混雑が予想されるタイミングで発行されますが、あまり遅くいくと整理券配布自体が終わってしまう場合もあるのでご注意を。
(例年、遅くても15:00くらいまでの配布となっています。)

規制がかかるのは「あじさい路」だけなので、整理券が発行された場合は入場して、境内のほかの場所をのんびり散策してからあじさい路(眺望散策路)に行くことをおすすめします。

 

再入場することも可能

長谷寺 あじさい

 

ただお子様連れなどで1時間も境内でのんびり順番を待っていられないという方は、いったん外へ出て再入場するという方法もあります。

 

再入場したい場合は、拝観券と整理券を入り口で見せれば再入場可能ですのでどちらも無くさないようにしておきましょう。

 

再入場は当日17:00まで可能です。

混雑期でも長谷寺では再入場が認められているので早めに整理券だけもらって、待ち時間の間にほかのお寺を拝観したりお食事をするなどして時間を有効活用するのも賢い方法ですね。

 

ライトアップはある?

長谷寺では、あじさいの時期にライトアップは実施していません。

明るいうちに楽しみましょう。

 

秋の紅葉の時期にライトアップがされるので、秋の夜間拝観を楽しみにお待ちくださいね。

 

御朱印のもらい方は?

長谷寺 御朱印

 

長谷寺では、入口すぐ左手に御朱印所があります。

 

長谷寺御本尊(十一面観世音菩薩)の御朱印、鎌倉江の島七福神 大黒天阿弥陀堂御本尊(阿弥陀如来)の御朱印と3種を押していただくことができます(1種につき300円)。

 

ここも待ち時間があるので、御朱印が欲しい方は、拝観前に真っ先に並びましょう。

 

料金を払って御朱印帳を預けると整理券をいただけるので、ゆっくり境内を散策した後、帰る時に受領すると良いと思いますよ。

 

また、長谷寺の御朱印帳はあじさい柄の綺麗な御朱印帳。

1冊1,500円、ほかにもみじ柄もあります。

なお御朱印は混雑状況によって「手書き」でなく「紙朱印」になる場合も

 

どうしても手書きの御朱印が欲しい人は、平日や混雑シーズンを避けたほうがベストです。

 

長谷寺のおすすめ散策コースは?

江ノ電 あじさい

 

せっかく長谷寺を訪れるなら、周辺のお寺や観光スポットも巡ってはいかがでしょうか。

 

おすすめ散策コースを選んでみました。

 

所要時間のめやすには、移動時間、平均的拝観時間は含まれていますが、待ち時間は含まれていないのでご了承くださいね。

 

所要時間約3時間10分のコース

江ノ電由比ヶ浜駅 ~ 吉屋信子記念館 ~ 鎌倉文学館 ~ 鎌倉大仏(高徳院) ~ 長谷寺 ~ 光則寺 ~ 成就院 ~ 極楽寺 ~ 江ノ電極楽寺駅

 

所要時間約2時間30分のコース

江ノ電長谷駅 ~ 長谷寺 ~ 光則寺 ~ 鎌倉大仏(高徳院) ~ 成就院 ~ 極楽寺 ~ JR鎌倉駅西口

 

所要時間約2時間のコース

江ノ電長谷駅 ~ 長谷寺 ~ 光則寺 ~ 鎌倉大仏(高徳院) ~ JR鎌倉駅西口

 

所要時間約1時間20分のコース

江ノ電長谷駅 ~ 長谷寺 ~ 成就院 ~ 極楽寺 ~ 江ノ電極楽寺駅

 

長谷寺のアクセス方法と駐車場情報。

長谷寺

場所:長谷寺

住所:神奈川県鎌倉市長谷3-11-2

電話:0467-22-6300
地図:

【電車でのアクセス】

JR横須賀線「鎌倉駅」よりバス→「長谷観音」下車後徒歩約5分、もしくは江ノ島電鉄「長谷駅」より徒歩約5分

 

車でのアクセス】

横浜横須賀道路「朝比奈IC」より県道204号経由で約7.5km約25分

 

駐車場

長谷寺の専用駐車場は30台(350円/30分)しかありません。

 

近隣の有料駐車場のご利用をおすすめします。

 

【長谷寺周辺駐車場マップ】

 

小規模の駐車場が多いので、混雑時はどこも満車になる可能性もあります。

 

最もおすすめするアクセス方法は、パークアンドライド方式。

有料駐車場の比較的多い鎌倉駅周辺に駐車し、江ノ電1日フリーチケット(大人650円、子供330円)を利用することです。

長谷寺以外の散策もぜひ楽しみつつ、フリーチケットをフル活用してみてはいかがでしょうか。

 

交通規制

参道入口より駐車場までの道が狭いため、途中でUターンができなくなります。

 

満車の場合は参道入口にて車両進入禁止となります。

係員の指示にしたがってくださいね。

 

花も景色も楽しめる!

長谷寺 あじさい 観光客

 

【関連記事】

鎌倉明月院のあじさいの見頃や開花情報。混雑状況は?

箱根あじさい電車。見頃や混雑状況は?ライトアップの期間は?

小田原城あじさい花菖蒲まつりの開花状況。ライトアップは?

開成町あじさい祭りの見頃と開花状況。アクセスや駐車場は?

 

長谷寺のあじさいの見どころについてお送りしました。

長谷寺はこの時期、あじさいのほかに、花ショウブ、下野(しもつけ)、未央柳(びようやなぎ)、岩煙草(いわたばこ)、山法師、睡蓮、金糸梅(きんしばい)、アガパンサスなどの花々が咲き乱れて美しいものとなります。

見晴台、あじさい路(眺望散策路)など山の斜面を歩くことになりますから、どうぞ歩きやすい服装と靴でお出かけくださいね。

 

晴れた日に見晴台に立つと、水平線まで続く空と海が一体化した風景が一望できます。

 

静かに広がるその景色は、絵を見ているかのような錯覚にとらわれますよ。

 

さまざまなあじさいや多種多様な花々、そして見事な景色をも堪能できる長谷寺へ、今年はぜひお出かけしてみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link