季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

清水寺紅葉2016。見頃の時期とライトアップの時間。混雑は?

京都府京都市東山区にある、清水寺。世界遺産にも認定されている清水寺は、年間400万人以上の人が訪れる、京都の観光名所です。

 

季節を問わず多くの人が訪れますが、特に晩秋の清水寺は、1年で最も美しく、燃え上がるような紅のモミジに染まります

 

紅葉の名所が数多くある京都の中でも、最もポピュラーなスポットが清水寺であると言っても過言では無いでしょう。

 

久の時の流れの中で、はるか400年以上前から変わらぬ清水寺の舞台から眺める紅葉は、それだけでも非常に感慨深いもの。

 

そこで清水寺の紅葉2016の見頃時期や鑑賞ポイントなど、清水寺の紅葉についてたっぷりとお届けしますね。

・清水寺紅葉2016の見頃時期は?
・清水寺紅葉の鑑賞ポイント。ライトアップの時間は?
・清水寺紅葉の混雑状況。少しでも回避する方法は?
・清水寺紅葉のアクセス方法と駐車場について。
・近場であまり混んでいないおすすめのお食事処は?

 

Sponsored Link

清水寺紅葉2016の見頃時期は?

 

見頃時期:11月下旬~12月上旬

主な標高:約100~120m

主紅葉樹:モミジ、サクラ、カエデ

 


Sponsored Link

清水寺紅葉の鑑賞ポイント。ライトアップの時間は?

清水寺 紅葉

 

深紅のモミジの海に浮かぶ、清水の舞台からの眺めが絶景!

南苑の新高尾、錦雲渓と北苑の紅葉谷を中心に、山全体が錦繍を装う清水寺。

 

晩秋の清水寺は、荘厳な国宝の本堂や堂塔伽藍と調和して見事な景色が広がり、境内全体が紅葉に埋めつくされます

 

そこで、広い境内の中でも最も見応えのある紅葉ビュースポットをご紹介しますね。

 

西門

清水寺 西門

 

西門は、両脇間に持国天・増長天をまつり、丹塗りに極彩色文様が施された優美な門。三間一戸(正面10m、側面8.4m、高さ約14m)の八脚門で、切妻造り、檜皮葺という造りです。

 

ここより見上げると、背後にモミジの上にそびえる三重塔が青空に映えて、美しく見えます

 

仁王門

清水寺 仁王門

 

両脇間に阿・吽(あ・うん)の金剛力士像(高さ3.65m)を安置する楼門で、入母屋造り、檜皮葺の堂々たる室町様式の門です。

 

別名「赤門」と称される、鮮やかな朱塗りが印象的。周囲の紅葉と一緒に、階段の下から見上げるのがおすすめです。

 

三重塔

清水寺 三重塔

 

一重(1階部)に大日如来をまつり、天井や柱などが密教仏画や龍などの文様で極彩色に彩られた荘厳な塔。

 

高さ31mは日本最大級の三重塔とされ、燃えるような紅のモミジの海に浮かび上がります。

 

本堂(清水の舞台)

清水寺 本堂

 

清水の舞台で有名な、舞台造りの本堂は国宝で、錦雲渓と呼ばれる渓谷の断崖に建てられています。

 

徳川家光が1633(寛永10)年に再建したもので、139本のケヤキの柱で組んだ懸崖造りの高さは18m。現代の建築の4階建ての高さになるんですよ。

 

舞台からは京都市街を一望することができ、紅葉に埋まる錦雲渓を見下ろす景色は最高です。

 

また、ここから紅葉に囲まれる奥の院を眺めるのもおすすめ!

 

平安時代の宮殿の面影を残す、優美な寝殿造りの本堂より、たっぷりと錦繍の装いを堪能して下さいね。

 

奥の院

清水寺 奥の院

 

本堂と同じ時代に建てられた、寄棟造りの奥の院は、檜皮葺きの屋根が美しい反りの曲線を描き、軒下の随所に極彩色の文様の跡が残っていて、当時の面影を深く残しています。

 

ここより本堂を望むと、燃えるような紅のモミジの海に舞台が浮かんでいるように見え、その向こうに京都市街の南半分を見渡すことができます。

 

音羽の滝

清水寺 音羽の滝

 

紅葉が美しい場所とは少し違いますが、音羽の滝は清水寺が1番最初にまつられた場所。この滝から流れ出る清らかな水を指して「清水寺」と称した、名前の由来でもあります。

 

滝の水は「黄金水」「延命水」と呼ばれて、茶の湯の水汲み場としての長い歴史があります。所願成就を祈って、柄杓に水を汲んで下さいね。

 

子安の塔

清水寺 子安の塔

 

2013年に修復が完了して、建立当時の鮮やかな朱塗りが甦った三重塔です。

 

本堂の南に位置する、錦雲渓を挟んだ丘の上にあるので、ここより西門、三重塔、経堂、轟門、回廊、本堂までがずらりと並ぶ、見事な景観を楽しむことができるビュースポット

 

紅葉に染まる錦雲渓に埋め尽くされた清水寺の全貌を観覧することができるので、非常におすすめです。

 

青龍が夜空を駆け上がる、清水寺の夜の紅葉は幻想的!

清水寺 紅葉 ライトアップ

 

清水寺には、観音様の化身である龍が夜ごと飛来して、音羽の滝の清水を飲んでいく、という龍伝説があります。

 

その伝説にちなんで、清水寺のライトアップでは、夜空に向かって1筋の青い光が架けられているんですよ

 

そして大小500基の照明がモミジを照らして、幻想的な清水の舞台を浮かび上がらせます。その光景は圧巻の一言!

 

特に清水の舞台と京都の夜景を一望できる、奥の院からの光景が素晴らしいので、壮大なライトアップを楽しんで下さいね。

 

ライトアップ

期間:2016年11月12日(土)~12月4日(日)

時間:18:00~21:00(受付終了)

料金:夜の特別拝観料 大人400円、小人200円

 

月の庭・成就院庭園特別公開

期間:2016年11月18日(金)~12月4日(日)

時間:18:00~20:30(受付終了)

 


Sponsored Link

清水寺紅葉の混雑状況。少しでも回避する方法は?

 

清水寺は1年を通して400万人が訪れる、京都の中でも非常に人気の高い観光スポット。

 

普段よりツアー客や外国人観光客で賑わっていて、平日でも30~60分の入場待ちということがよくあります。

 

従って、紅葉の時期の混雑は必至。

混雑のピークの時間帯では90~120分待ちを覚悟しましょう

 

 

少しでも混雑を回避する方法としては、定番ではありますが、週末より平日を狙うこと

 

日中であれば朝イチ、06:00~の開門と同時を狙う、遅くても08:00頃までには入場すると良いと思います

 

08:00を過ぎると、徐々にツアー客も来場し始め、10:00を過ぎてからはずっとピーク状態が続くと思って下さい。

 

 

夜のライトアップは逆に早い時間帯が混雑します。20:30を過ぎた頃より徐々に空き始めるので、21:00の受付終了ぎりぎりに入場すると良いでしょう

 

受付は21:00で終了しますが、ライトアップは22:00まで開催されているので、1時間はたっぷりと観覧することができると思います。

 

 

清水寺紅葉のアクセス方法と駐車場について。

場所:清水寺

住所:京都府京都市東山区清水1-294

電話:075-551-1234

地図:


公式HP:清水寺

電車の場合:①JR京都駅より市バス206系統で10分、バス停:五条坂下車、徒歩10分 ②京阪清水五条駅より徒歩20分

車の場合:名神高速京都東ICから国道1号経由7km20分

 

駐車場について

清水寺に駐車場はありません。周辺の有料駐車場をご利用下さい。

 

市営駐車場が比較的収容台数も多く、おすすめですが、ピーク時には満車が予想されます。早めの時間帯で確保を心がけて下さいね。

 

・京都市清水坂観光駐車場

住所:京都府京都市東山区清水4丁目161-5

電話:075-561-4601

 

近場であまり混んでいないおすすめのお食事処は?

 

正直申しますと、近場のお店はだいたい混んでいます(笑)。混んでいないお店=閑古鳥が鳴いているようなお店をご紹介するのも何ですし(^^;)。

 

そこで、混んでいても比較的待ち時間が少なくて済む、回転の早いお店をご紹介いたしましょう。

 

回転が早いお店ということで、麺類が主流のお店になりますが、和食も京都らしくて良いと思います。

 

お味はそこそこ定評のあるお店ですので、ご安心下さいね。

 

茶寮 清坂亭

住所:京都府京都市東山区清水1-287-1

電話:075-541-9575

時間:9:30~17:30

料理:そば、天ぷら、甘味処

 

有喜屋 清水吉晴庵

住所:京都府京都市東山区清水3丁目334 清水産寧坂 青龍苑内

電話:075-532-0678

時間:11:00~20:30(L.O)

料理:そば、うどん、親子丼

 

洋食の店 みしな

住所:京都府京都市東山区高台寺二寧坂畔

電話:075-551-5561

時間:12:00~14:30(L.O)17:00~19:30(L.O)

料理:洋食、シチュー、コロッケ・フライ

 

地には紅、空には青龍、いにしえと変わらぬ清水の晩秋

清水寺 紅葉

 

【関連記事】

京都大原三千院の紅葉。見頃とライトアップ。駐車場は?

嵐山紅葉の見頃時期とライトアップ時間。トロッコ予約方法。

金閣寺の紅葉の見頃とライトアップ時期。おすすめコースは?

東福寺の紅葉の見頃と混雑時間。ライトアップの場所は?

高台寺の紅葉。見頃とライトアップ時間。アクセス方法は?

永観堂の紅葉の見頃とアクセス方法。ライトアップの時間

 

たいへん立派で名誉ある発表の場に立つことを「檜舞台(ひのきぶたい)に立つ」と言いますが、一説によると、この檜舞台とは清水の舞台のことを指すのだそうです。

 

清水寺本堂の舞台は総檜張り。

昔はここで奉納のための雅楽や舞いが行われていたのだとか。

 

清水寺で舞いや雅楽を奉納することは、大変名誉なことで、檜舞台に立つという言葉が生まれたんですね。

 

この他にも、思い切って大きな決断をすることを「清水の舞台から飛び降りる」と言い表したり、清水寺にまつわることわざや伝説は数多くあります。

 

平安時代以前から観音霊場として著名だった清水寺

いにしえと変わらぬ清水の紅葉をぜひお楽しみ下さいね。


Sponsored Link