季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

十三夜の意味とは。2017年はいつ?読み方や食べ物は?

「十三夜」といって何を思い浮かべますか?

あまり聞いたことがない人が多いと思います。

 

実はお月見をする日なのです。

「えっ?お月見って十五夜でしょう。中秋の名月っていうじゃない」と思いますよね。

 

そうですね、「十五夜」のお月見は広く知られていますが、どちらもお月見の日なのです。

「十三夜」のほうはよく知られていないのですが、とてもきれいなお月見ができるのですよ。

 

「十三夜」の意味や由来、どのようなことをするのかなどをここで紹介させていただきます。

・三夜とは?意味は?

・「後の月」について。

・2017年の十三夜はいつ?

・十三夜の食べ物やお供えするものは?

・十五夜と十三夜どちらも見たほうが良い?

 

Sponsored Link

十三夜とは?意味は?

月

 

「十三夜」は「じゅうさんや」と読みます。

 

陰暦で9月13日の夜のことを指し、この日には月見をする習慣があって「後(あと)の月」とも言われています。

※陰暦とは月の満ち欠けを基準として定められています。旧暦とも言います。

 

いくつか由来はあります。

「躬恒集(みつねしゅう)」に醍醐天皇が919年に清涼殿で月見の宴を9月13日夜にしたと記載されてあり、その記録が「十三夜」が始まった最初だろうと言われています。

「十五夜」は中国から伝わってきた慣習ですが「十三夜」は日本が発祥となっているのですね。

 

ほかの呼ばれ方

余談ですが、この「十三夜」は、

 

福岡県では「女名月(おんなめいげつ)」と呼ばれてこの日は女性が偉いそうです。

また長野県では「小麦の月見」と呼ばれて、この日の天気が良ければ小麦が豊作だと言われているそうです。

 

地方には様々な慣習があるのですね。

「女名月」がなぜできたのかなど、その地方の方に詳しく聞いてみたいものです。

 

さてこの「十三夜」ですが、満月ではなく、大体8割ほどのお月様と言われています。

夜はかなり冷えてきますが曇りのない澄んだ夜空が見られるのでとてもきれいなお月様が見られるようです。

 

十三夜の月を動画で撮られている方がいらっしゃっいますので、気になる方はぜひ見てみてくださいね。

 

「後の月」について。

書籍 硯 筆

 

先ほど「十三夜」は「後の月」とも言われているとお話ししましたが、俳句の世界では「秋の季語」として使われています。

 

読み方は「のちのつき」です。

 

俳句をたしなまれる方でしたら知っている方がおられるかもしれません。

昔の方にとって「十三夜」は当たり前のように月見の日として存在していたのでしょう。

 

松尾芭蕉と正岡子規の俳句をご紹介しますね。

松尾芭蕉:木曾の痩せもまだなほらぬに後の月

正岡子規:後の月つくねんとして庵にあり

 


Sponsored Link

2017年の十三夜はいつ?

2017年の十三夜は、11月1日の夜です。

カレンダーにしっかりと印をつけておいてくださいね。

 

11月ですから冷え込みそうなので、皆さんお月見の際は暖かい格好でお月見をしましょう。

 

十三夜の食べ物やお供えするものは?

団子

 

お月見につきものはお団子ですね。お団子の数には2つの説があります。

  • 「十三夜」は13個で「十五夜」は15個
    こちらが現在多く使われています。
  • 平年なら12個で閏(うるう)年では13個
    陰暦の名残でこの数が使われていました。

その他に供えるものとして栗や枝豆があります。

このお供えから「栗名月(くりめいげつ)」「豆名月(まめめいげつ)」ともいわれています。

 

その他に季節の果物、ススキ(秋の七草の一つです)や御神酒を供えます。

お団子は最後にみんなでいただいてお月見が終わりとなります。

 

予備知識:秋の七草とは?

すすき 夜

 

秋の七草ご存知ですか?

女郎花(おみなえし)、桔梗(ききょう)、葛(くず)、薄(すすき)、撫子(なでしこ)、萩(はぎ)、藤袴(ふじばかま)

秋の七草は春の七草のように食べることはできません。

 

十五夜と十三夜どちらも見たほうが良い?

いけばな

 

十五夜または十三夜のどちらか一方のお月見しかしないことを「片見月」と呼び縁起が悪いと言われたりします。

 

しかし、「絶対に両日見ないと!縁起悪くなるし…」と、そこまで気にするに必要ないようですよ。

現在ではどちらかというと、「どちらも見逃すのがもったいないので、どちらもみましょうね。」という感じ解釈されているようです。

 

「十五夜」には満月の風情があり、「十三夜」には冷えた夜空にきれいに輝く風情がありますので、月をめでてみませんか。

 

お月見とは

月 うさぎ すすき

 

【関連記事】

十五夜の意味。中秋の名月との違いは?すすき、うさぎの由来。

中秋の名月はいつ?満月になる?食べ物をお供えする意味

月見団子の由来。団子の数や並べ方の意味。お供えする理由は?

八十八夜の意味と時期。読み方は?新茶祭りや別れ霜について

スーパームーンはこの日!超見える時間帯と願い事方法。

 

昔から日本人は月を見ながら何を思っていたのでしょうか?

 

「月でウサギがお餅をついている」「かぐや姫が月に帰っていく」と郷愁を感じるのでしょうか。

 

また、お酒好きの方たちの間では桜をめでて「花見酒」・冬の雪景色を見て「雪見酒」・そして月がきれいだと言って「月見酒」月見は日本人の感性をくすぐるのでしょう。

 

「十三夜」の題材で歌も詠まれていたり、樋口一葉も小説を書いています。

今年はぜひ「十三夜」もお月見しましょう。