季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

冬至2019はいつ?かぼちゃを食べる理由やゆず湯の意味は?


Sponsored Link

昔から伝わる日本の行事である冬至ですが、どのような日なのかをご存知ですか?

 

冬至といえば「夜が長い日で、かぼちゃを食べる日」というイメージが強い方も多いのではないでしょうか。

 

実は冬至には、かぼちゃ以外にも、季節の行事として楽しめる食べ物や習慣があるのです。

 

そこで今回は冬至の由来や食べ物についてご紹介していきます。

 

冬至の日に取り入れたいゆず湯のやり方もご紹介しますので、冬至の過ごし方に詳しくなること間違いなしですよ。

 

 

Sponsored Link

冬至とは?

冬至 季節

 

至とは、季節を分けて考える二十四季節のうちの一つです。

冬至には太陽の黄経が270度となり太陽が最も南にくるため、1年の中で太陽の位置が最も低くなります。

 

そのため冬至は、1年の中で最も昼が短く夜が長くなる日なのです。

 

一年のうちで最も日照時間が少ない日とされていて、この時太陽の力が最も弱まる日とされていました。

 

そしてこの日を過ぎるとまた力が強まってくるので、運が向いてくるとされています。

 

そこで昔の中国などでは、この日を休みにして体をいたわる日としていたようです。

 


2019年冬至はいつ?日の出日の入り時間は?

冬至 日の出 日の入り

 

2019年の冬至は12月22日(日)です。

冬至が定まった日にちでないのは、日の出と日の入りに関係しています。

 

冬至のときはこの日の出と日の入りが、最も南に近くなっていくのです。

 

日の出や日の入り時間は地域によって変わりますが、2019年の東京の日の出時間は6時47分、日の入り時間は16時32分となります。

日の出や日の入り時間は、国立天文台のサイトでも調べられます。

 

お住まいの地域の日の出日の入り時間が知りたい方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

Sponsored Link

冬至にかぼちゃを食べる由来は?こんにゃくや小豆粥は?

冬至 かぼちゃ 由来

 

冬至にかぼちゃを食べる理由は?

冬至にかぼちゃを食べるのは、縁起が良いと考えられているからです。

 

冬至は体をいたわる日とされていたことはお話しましたが、そのため冬至には滋養のあるものを食べるようにするという風習がありました。

 

そこで冬の時期に食べるもので栄養価が高いお野菜としてかぼちゃを食べるようになりました。

かぼちゃは漢字にすると南瓜と書きますよね。

南は陰と陽の「陽」、夏と冬の「夏」を表します。

 

そのため、かぼちゃは「陽」へと向かう野菜、「夏」の気を取り入れられる野菜として、食べられるようになりました。

 

また、かぼちゃは保存がきくため、保存方法の少ない昔でも、冬に食べることができました。

 

かぼちゃは夏(6月~9月)に収穫されて、その後じっくりと冷暗保存しておくと、秋~冬にかけて甘くホクホクとしたかぼちゃが食べられるのです。

栄養価の高いかぼちゃは、冬至の時期に食べる野菜として最適だったのですね。

 

かぼちゃの栄養素は?

かぼちゃ 栄養素
ちなみにかぼちゃに含まれる栄養は次のとおりです。

βカロチン~抗酸化作用があり免疫力がアップすると言われています。
ビタミンB群~エネルギーを作るのに必ず必要な栄養素です。
ビタミンC~風邪の予防や肌荒れなどに効果があります。
カリウム~塩分を取り除く働きがあるので高血圧にいいとされています。
食物繊維~便秘を予防したりお通じを良くしてくれます。

栄養価が高いといわれるのはうなずけますね。

 

かぼちゃの食べ方は?

かぼちゃはいろいろな調理の仕方があります。
煮物やスープ、蒸し物や天ぷらなど数々あります。

 

寒い冬に食べますからスープなどは身体があたたまって良いかと思います。

 

具だくさんパンプキンスープのレシピ動画をご紹介しますのでぜひご覧ください。

 

特に乳製品アレルギーをお持ちの方は必見です。

 

こんにゃくや小豆粥を食べる理由は?

地域によっては、かぼちゃだけではなく、こんにゃく小豆粥を食べることもあります。

こんにゃくは体内にたまった砂を出してくれるので、昔から年末の大掃除の後などに食べられていました。

 

その習慣が冬至にこんにゃくを食べる由来と考えられているのです。

 

また、小豆粥に使う小豆は、昔から邪気をはらう食べ物と考えられているので、太陽のエネルギーが増え始める前の冬至に、厄除けをしていたことが由来となりますよ。

 

冬至は「ん」の付く食べ物が良い!

冬至 食べ物

冬至に「ん」の付く食べ物を食べると、「運」が付くといわれています。

 

また、「いろはにほへと」が「ん」で終わることから、太陽のエネルギーが増える前の冬至に合わせて「ん」の付く食べ物を食べて備える、という意味合いもあったそうですよ。

 

「ん」の付く食べ物には、れんこんやだいこん、にんじん、いんげん、ほうれん草、さんま、うどん、みかん、りんご、ぎんなんなどがあります。

 

冬至にゆず湯が良い理由は?効能は?

冬至 ゆず湯 理由

 

冬至にゆず湯に入る理由は?

太陽のエネルギーが増え始める前の冬至に、身を清める意味で入浴する風習がありました。

 

昔はお湯に浸かる、お風呂に入るという習慣がありませんでした。

 

ですが冬至の日は新しい運気を呼び込むために、今までの「けがれ」をすべて洗い流さなければなりません。

 

そこでこの日だけは必ずお風呂に入ったのです。

ゆず湯に入るのには、ゆずは冬が旬であること、ゆずは香りが強いため邪気をはらう効果があると考えられていたこと、実るまでに長い年月がかかるゆずに長年の苦労が実るよう願いが込めていたことなどの理由があります。

 

また、「ゆず=融通が利くように」「冬至=湯治(とうじ)」という語呂合わせから、ゆず湯に入る風習ができたという説もありますよ。

 

湯治は病を治す目的を持つものでしたから、健康でいられますようにという願いも込められていたと思われます。

 

ゆず湯の効能は?

ゆず湯には血行を促進して体を温める効果があるので、冷え症や風邪の予防をする効果があります。

 

ゆずの皮にはクエン酸やビタミンCが含まれているので、美肌効果もありますよ。

 

ゆず湯のおもな効果効能はこちら。

・体が温まりやすく保温効果があります。
・お肌がすべすべになりやすいです。
・リラックスして疲労回復の効果があります。

 

ゆず湯の作り方は?

ゆず湯 作り方

 

ゆず湯の作り方はとっても簡単!

ゆずを丸ごと(5~6個ほど)お風呂へ入れるだけです。

 

このぐらいの量ですとゆずのいい香りがしてくると思います。
肌の弱い方や赤ちゃんはこちらのやり方が良いかと思います。

 

もし香りが弱いなという場合は、ゆずにフォークをさして何ヶ所か穴を開けてみるのも良いでしょう。

自宅でゆず湯を作る場合には、動画のようにたくさんのゆずを用意するのは難しいですよね。

 

しかし、ゆずの数が少ないと、香りを楽しむことはできません。

そこでおすすめなのが、ゆずをいくつかお風呂へ浮かべるのとは別に、香り用のゆず袋を作ることです。

 

ゆずを輪切りにカットしガーゼや洗濯ネットなどに入れ、果肉や種が出てしまわないようにします。

 

その袋をお風呂へ入れると、ゆずの香りも楽しめるゆず湯を作ることができますよ。

 

ゆずはお肌にピリピリすることがあります。

 

前述したように、お肌の弱い人や赤ちゃんは、ゆずの量を減らして使うなどの対策をしてくださいね。

 

ゆず湯に入った後に丁寧にシャワーで洗い流すとより安心ですね。

 

冬至は一陽来復!運気が上昇する日!

一陽来復 運気 上昇

 

冬至は1年の中で最も昼が短く夜が長い日なので、冬至以降はどんどん昼の時間が長くなっていきます。

 

そのため、昔から冬至は太陽が生まれ変わる日と考えられており、陰が極まり再び陽に戻る「一陽来復」の日とされています。

 

冬至を境にどんどん運が強くなり、運気が上昇する日だと考えられているのです。

 

エネルギーが始まる日

エネルギー 日

 

【関連記事】

寒の入りはいつから?小寒の意味と期間。過ごし方は?

大寒はいつ?意味と期間。過ごし方や縁起の良い食べ物。

大寒の候の時期と読み方。時候の挨拶に使える期間。例文は?

寒の内の意味や読み方。時期や行事。季語を使った俳句は?

厳寒の意味と読み方。対義語は?厳寒の候の時期と例文。

天使のささやきの日はいつ?由来は?ダイヤモンドダストの仕組みは?

立冬の意味と時期。立冬の挨拶文例。おすすめの食べ物は?
寒露の意味と時期。おすすめの食べ物は?寒露の候の使い方。
ゆず湯の時期と効果。作り方は?ピリピリするのはアレルギー?

 

今回は至の由来や食べ物についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

 

冬至とは、新しいエネルギーが始まり、運気が上昇する日ということがわかりましたね。

 

ぜひ、冬至にはかぼちゃや「ん」の付く食べ物を食べ、ゆず湯に浸かり体を温めて、運気の上昇の波に乗る準備をしておきましょう!

Sponsored Link