季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

小学校卒業式PTA会長の祝辞例文!感動の挨拶と壇上マナー。


Sponsored Link

冬休みが明けると、卒業生は業式までのカウントダウンがはじまりますね。

 

小学校はこれから過ごすどの学校よりも長い時間を過ごした学校であると同時に、体も心も最も成長してきた学校です。

 

PTA会長として、門出を迎える彼らの背中を優しく、そして力強く押してあげられるような言葉を、最後にかけてあげたいですよね。

 

そこで今回は、小学校卒業式PTA会長の祝辞例文をご紹介していきます。

 

祝辞を読む際に気をつけることも併せてご紹介しますので、ぜひ参考になさってくださいね。

・卒業式祝辞の長さや内容は?【小学校卒業式PTA会長挨拶】
・卒業式祝辞の声の大きさや読み方は?【小学校卒業式PTA会長挨拶】
・感動的な祝辞にするには?【小学校卒業式PTA会長挨拶】
・小学校卒業式のPTA会長の祝辞例文。
・祝辞を読む時の一連の行動の仕方は?

 

Sponsored Link

卒業式祝辞の長さや内容は?【小学校卒業式PTA会長挨拶】

PTA 祝辞

 

PTA会長の祝辞は3~5分が目安時間

卒業式の祝辞の目安は、3~5分程です。

 

小学生は中学や高校の生徒に比べると、集中できる時間が限られていますので、できるだけ短くまとめましょう。

 

内容構成を出だしで伝える

学校での祝辞の場合出だしで内容構成を伝えておくと良いでしょう。

 

例えば、

「本日みなさんにお伝えしたいことが2つあります。」
「今日はみなさんに【感謝】についてお話ししようと思います。」

などというように伝えます。

 

なぜ初めに伝える必要があるのかというと、人間は予想できないことに不快感を覚えるからです。

例えば、初めに2つと言われていれば、「もう一つは‥」と話し始めたとき、「これが最後だな」と無意識に心づもりができるので、最後まで話しを聞く姿勢でいられます。

 

要点は1つがベスト、多くても2つまで

伝えたいことはたくさんあると思いますが、話しの要点は1つに絞ることをおすすめします。

 

話しがまとまりにくいだけではなく、本当に伝えたいことが伝わりづらくなってしまうためです。

例えば、「一緒に過ごしてきた仲間の大切さ」なのか、「先生や親への感謝」なのか、「挑戦することの尊さ」なのか、「未来への可能性」なのか、話の軸となる要点を初めに決めましょう。

 


卒業式祝辞の声の大きさや読み方は?【小学校卒業式PTA会長挨拶】

卒業式 PTA会長 挨拶

マイクがありますので、それほど大きな声を出さなくても大丈夫です。
声の大きさよりも大事なのは顔の角度です。用意した原稿を見ながらでは目線が下がり、それに合わせて口もやや下向きになってしまいます。
声がしっかりとマイクに届くように、顔の角度はなるべく変えないようにしましょう。

 

前日までに原稿は暗記してしまうくらい読み込んでおき、原稿は段落ごとの合間に出だしを確認する程度にとどめましょう。

声が通りやすくなるだけではなく、堂々とした印象を与えられますよ。

 


Sponsored Link

感動的な祝辞にするには?【小学校卒業式PTA会長挨拶】

小学校 祝辞 PTA

 

感動的な祝辞にしよう!と意気込む必要はありませんが、卒業生や保護者の心に響くような祝辞にしたいですよね。

卒業生が感動する内容の場合は、「最後」を意識した祝辞にすると良いでしょう。

同じメンバーで中学校に進学する場合もありますが、小学校6年生として今日まで過ごしてきた時間は、もう二度と戻ってこない大切な時間です。

 

特別な行事も大切な思い出ですが、当たり前に過ごしてきた日常を思い返すような内容をいれると良いですよ。

 

保護者が感動する内容の場合は、小学校に入学したばかりのときのことを思い出してもらえるような祝辞にすると良いでしょう。

 

今では当たり前のように毎日学校へ通っているけれど、入学したときはまだ小さく、ちゃんと学校へ通えるかさえも心配だったことを思い出してもられるような内容をいれると良いでしょう。

 

小学校卒業式のPTA会長の祝辞例文

小学校 祝辞 卒業式

テーマ:3つの変化とは?(約3分)

 

卒業生のみなさん、保護者のみなさま、本日はご卒業おめでとうございます。

また、ご来賓のみなさまにおかれましては、ご多忙の中ご参列賜りまして誠にありがとうございます。

PTAを代表いたしまして、一言お祝いのご挨拶を述べさせていただきます。

 

卒業生のみなさんは、約6年前、この第一小学校の1年生として入学したときのことを、覚えていますか?

あの頃のみなさんと今のみなさんとでは、変わったことがたくさんありますね。

 

ところでみなさんは、「変化」ということについて、考えたことはありますか?

今日卒業を迎えたみなさんは、3つの「変化」を持っていることに気がついているでしょうか。

これからその3つの「変化」について、お話ししていきます。

 

1つめの変化は「変わったこと」です。

後ろにひっくり返ってしまいそうなくらい大きかったランドセルも、今では背負うのが少し窮屈になっていますね。

お手伝いしたくても届かなかった黒板の文字も、今では消せる場所が増えました。

1年生のときから今日この日まで、いったい何足の靴を履いてきたのでしょう?

一人では心細かった学校までの道も、今では当たり前の道になっています。

6年生のお兄さんお姉さんに教えてもらい覚えた掃除の仕方も、今度は6年生になったみなさんが優しく教えてあげました。

みなさんの体と心は、この6年間で大きく変わりましたね。

 

2つめの変化は「変わること」です。

この第一小学校を卒業すると、みなさんはもう第一小学校の6年生ではいられなくなります。

当たり前のように座っていた椅子も、もう座ることができません。

犬のお散歩してる!なんて眺めた教室からの景色も、もう見ることはできません。

いつも呼んでいた担任の先生の名前も、もう毎日呼ぶことができなくなってしまいます。

変わることは、嬉しいことでもあり、ときにさみしいことでもあるのですね。

 

3つめの変化は「変わらないこと」です。

みなさんはこの卒業を境に、たくさんのことが変わります。

しかし、一つだけ、変わらないことがあるのです。

それは、この第一小学校で6年間過ごしてきた時間です。

今と同じ毎日に戻ることはできないけれど、6年間の思い出はこれからもずっと変わることがありません。

 

さて、「変化」とは何なのか、もう一度おさらいをしましょう。

「変化」とは、嬉しいことであり、さみしいことであり、そして大切な思い出が増えていくということでした。

これからもみなさんのもとに、たくさんの「変化」が訪れることを、私は願っています。

 

最後になりますが、校長先生をはじめとする諸先生方、本日、たくさんの「変化」を経験し、そして経験していく素晴らしい卒業生を送り出されることに、心よりお祝い申し上げます。

 

PTA会長が祝辞を読む時の一連の行動の仕方は?

PTA会長 卒業式

 

動作は一つひとつ丁寧に

動作の基本は、一つひとつを独立させて行うことです。

例えば挨拶をするときは、「①立ち止まる②あいさつをする③お辞儀をする」この動作を順番に行います。

 

野球部の甲子園常連校の生徒をイメージすると良いでしょう。

 

ただし、野球部の生徒ほどハキハキとするのはPTA会長祝辞の場では不自然ですので、あくまでもイメージとして捉えてくださいね。

 

祝辞前の行動の仕方

①起立する
②階段の少し手前で立ち止まる
③職員席の方を向き、一礼をする
④来賓席の方を向き、一礼をする
⑤階段を上る
⑥階段を上りきったところで立ち止まり、国旗と校旗に向かって一礼をする
⑦演壇に向かう
⑧演壇の少し前で立ち止まり、正面を向く
⑨一礼をする
⑩一歩前に出る
⑪卒業生が起立している場合は、「どうぞお座りください。」と声をかける
⑫祝辞を始める

 

祝辞後の行動の仕方

①演壇から一歩下がる
②一礼をする
③階段を下りる手前で立ち止まり、国旗と校旗に向かって一礼をする
④階段を下りる
⑤職員席の方を向き、一礼をする
⑥来賓席の方を向き、一礼をする
⑦着席をする

 

卒業生に敬意を持って

卒業 祝辞

 

【関連記事】
親から子供へ卒業祝いの言葉!お祝いメッセージ例文【小学・中学・高校・大学】
卒業メッセージ一言例文集!「先生・親」から「生徒・子供」へ贈る言葉。
卒業文集贈る言葉【小学・中学】教師、親から一言文例集!
卒業式の祝電文例集。小学校・中学校・高校・大学の例文まとめ。

 

今回は、学校卒業式PTA会長の祝辞例文をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

 

6年間という時間で大きく成長したとはいえ、まだまだ小さな体で、今を一生懸命生きている卒業生に、敬意をこめた祝辞を述べたいものですね。

Sponsored Link