季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

お通夜と告別式の日程順番。どちらに参列?香典や服装は?

Sponsored Link

通夜と告別式が違うのは、なんとなく分かると思います。

 

ただ、何が違うの?と聞かれたら自信を持って答えられますでしょうか。

 

きっと、たいていの人は自信を持って答えられないと思われます。
というわけで、今日のお題はお通夜と告別式の違いです。

 

どちらに参列したらいいのか?
香典や服装はどうしたらいいのか?

 

といった内容も含めて説明していきますので最後までお付き合いください。

・お通夜と告別式の日程順番は?違いはどんなところ?
・お通夜と告別式どちらに参列すればいいの?両方行くべき?
・お通夜と告別式の服装は?同じ服装で大丈夫?
・お通夜と告別式の受付や遺族への挨拶は?
・お通夜と告別式の香典はどちらも必要?
・弔電はお通夜と告別式どちらに打てばいいの?

 

Sponsored Link

お通夜と告別式の日程順番は?違いはどんなところ?

お通夜 告別式 日程順番

 

お通夜と告別式の日程順番はどうでしょう?

 

お通夜は夜という文字が入っていますから、夜のことと予想がつくと思います。

 

そうすると、告別式は昼間かな?と考えますよね。

単純な発想ですけど、間違いではありません。

 

順番としては、お通夜があって告別式という順番になります。

 

お通夜と告別式何が違うの?

葬儀は通常2日間に渡って行われます。

お通夜というのは1日目の夜、遺族・親族や友人などが夜を通して別れを偲ぶ儀式です。

現在の葬儀では、夜に時間を決めて読経がありますね。

 

告別式はというと、2日目の午前中や日中に行います。

 

本来であれば、遺族・親族が故人とお別れをする葬儀式。

友人・知人や会社関係、町内関係の方がお別れを行う告別式があります。

 

現在の葬儀事情は、葬儀式と告別式を区切りなく一連の流れで行われます。

 


お通夜と告別式どちらに参列すればいいの?両方行くべき?

お通夜 告別式 参列

 

お通夜と告別式のどちらに参列するか?

両方参列できれば、それに越したことはないですよね。

 

一般的な話ですが、仕事の都合などで夜に行われるお通夜の方が参列しやすいという方が多いのではないでしょうか。

 

お通夜と告別式の人数を比較してみると、お通夜に参列する方の方が多い傾向にあります。

 


Sponsored Link

お通夜と告別式の服装は?同じ服装で大丈夫?

お通夜 告別式 服装

 

お通夜と告別式の服装ですが、告別式の場合は喪服になります。

告別式の場合、連絡を受けた翌日が告別式だと思います。

この場合は、準備をして参列しますから喪服を着て行きます。

 

お通夜の場合には、駆け付けるという意味合いがあります。

ですので、地味な色のスーツやワンピースで参列します。

 

お通夜に喪服を着て行くのは、亡くなるのを待っていたと思われる場合があります。

 

お通夜と告別式の受付や遺族への挨拶は?

お通夜 告別式 受付

 

お通夜や告別式の場で受付や遺族へ長々と挨拶している人を見かけます。

 

これは、止めておきましょう。

『この度は御愁傷様です』程度に留めておいた方が無難です。

 

死を連想させる意味言葉や同じ言葉を繰り返す重ね言葉は、避けるべきだと言われています。

 

お通夜と告別式の香典はどちらも必要?

お通夜 告別式 香典

服装の中で触れましたが、お通夜は駆け付けるという意味合いがあります。

ですので、きちんと準備をして参列する告別式で香典を出すとされていました。

 

しかし、お通夜のみしか参列できないというケースが増えています。

こういった背景もあり、お通夜に香典を出される方が多くなっています。

 

お通夜も告別式も両方参列する方は、どちらかに香典を出せば問題ありません。

そうはいっても、受付で香典を出さないことを気にされるかもしれませんね。

 

お通夜と告別式の受付は香典を受け取るという意味合いより、誰が参列してくれたか後から確認できるようにする意味合いが強いです。

 

弔電はお通夜と告別式どちらに打てばいいの?

弔電 お通夜 告別式

 

弔電は、お通夜までに届くように打つことが望ましいです。

ほとんどの地域で弔電は告別式で読み上げられます。

しかし、一部地域ではお通夜の際に読み上げますからお通夜までに届くように打ちましょう。

 

また、弔電を読む順番の調整などは時間に余裕が必要です。

 

これらの理由から、弔電はお通夜までに届くように打つ方がよいです。

 

同じ葬儀のことでも、捉え方が違う

葬儀 捉え方

 

【関連記事】
お通夜・告別式時間マナー!時間帯は?時間前や遅れる場合は?
お通夜とお葬式の違い!マナーや流れ、持ち物は?どちらに出席?
葬儀と葬式の違い!お通夜や告別式は?火葬式(直葬)とは?
お通夜告別式の供花や花輪の値段相場!名前の書き方や順番は?
お通夜告別式・服装マナー【女性】ベストやセーターは?靴やバッグは?

葬儀の男性服装マナー!ベストを着ても大丈夫?靴やシャツは?

お通夜持ち物リスト!【女性男性】親族として出席する場合は?

 

ここまで、お通夜と告別式の違いを中心に説明してきました。

お通夜は、『駆け付ける』もの。

告別式は、『準備をして行く』もの。

この違いを理解していないと、せっかく参列しても失礼なことをしてしまったと後悔することがあるかもしれません。

 

今日の記事をご覧いただけた方は、他の人から聞かれても教えてあげることができると思います。

 

教えることができるということは、自身が理解できているということです。

 

この記事が、悩みの解消に役立てば幸いです。

Sponsored Link