季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

益子春の陶器市2019の日程!混雑や駐車場は?人気作家やランチは?


Sponsored Link

木県益子では、春に盛大な陶器市『益子春の陶器市』が開催されます。

 

ゴールデンウィークに行われる陶器の祭典は年々人気が高まり、朝早くから多くの人が訪れます。

お祭り期間中は、お椀やお皿、カップなどの益子焼はもちろん、さまざまな美術品や骨董品などがたくさん並び、見ているだけでとても楽しいんですよ。

いろいろなデザインの陶器類や飾り、アクセサリーなどが豊富にあり、しかもどれも2割~5割引き

 

人気作家の作品は早朝から長蛇の列ができるほど。

ここに来ればきっとお気に入りのものを見つけられますよ。

 

陶器類のほかにも、屋台もたくさんでていて、美味しいグルメやお酒が手作りのカウンターで味わえ、こちらも大盛況!

 

今回は、益子春の陶器市2019の日程や見どころ、混雑などについてご紹介します。

・益子春の陶器市2019の日程や時間は?混雑は?
・益子春の陶器市の見どころは?陶器の値段や人気作家は?
・益子春の陶器市の屋台は?ランチにおすすめの場所は?
・益子春の陶器市のアクセス方法は?駐車場の場所や料金は?

 

Sponsored Link

益子春の陶器市2019の日程や時間は?混雑は?

日程:2019年4月27日(土)~5月6日(月祝)
時間:9:00~17:00

益子の陶器市は春と秋に開催されます。
春はゴールデンウィークに、秋は11月3日前後に開催されます。

 

益子春の陶器市は販売店など50店舗の他に、約500ものテントが立ち並びます

カップやお椀、お皿など毎日の食卓を彩るものから、美術品や骨董品、飾り物、アクセサリーなど多種多様なものがそれこそとてもたくさん販売されます。

あっちもこっちも良さそうで、目移りすること必至!

できるだけ事前に回る場所を決めておくと良いですね。

 

はじめての場合は、ぶらぶらしながら会場の雰囲気を味わうだけでも楽しいですよ。

 

手作りの陶器は一期一会の要素も大きいですね。

だんだん欲しくなってきたら思い切って購入してみることをおすすめします。

 

混雑は?

益子春の陶器市 ゴールデンウィーク

 

益子春の陶器市はゴールデンウィークの真っ只中に行われるので、大変混雑します。

 

メディアでも取り上げられ知名度も高くなっているので、訪れる方は年々増えています。

 

会場はもちろん、周辺道路や駐車場も混雑します。

駐車場は台数が比較的多いので停められる気もしますが、GWのため想像以上に混み合います。

 

来るまで来る場合、混雑を避ける場合は早朝から会場に向かうほうが良いでしょう。

会場に近い駐車場に車を停める場合は7:00~8:00、できれば7:00までの到着がおすすめです。

 


益子春の陶器市の見どころは?陶器の値段や人気作家は?

益子春の陶器市 見どころ

 

益子春の陶器市は春と秋に開催される益子町の最大イベント。

焼き物の巨大な祭典では、陶器や美術品、骨董品などのほかにも、地元農産物や特産品、植木鉢なども並び、朝早くから街中がお祭りのように賑わいます。

メイン会場は、益子本通りから城内坂通り、そして里山通りにかけて。

 

しかしメインストリート以外にも、町のあちらこちらにテントが並んでいるので、とにかくどこに行ってもさまざまな作品が並んでいるので楽しめますよ。

 

重い荷物があれば観光案内所に預けることもできます。

預けてしまえばとても身軽に動けるので、効率よく回ることもできるでしょう。

 

また、広い会場を回るには巡回バスを活用するのもおすすめです。
会場間の移動が1回100円で利用できるので、とても便利で快適ですよ。

 

各所を回っていろいろな作品に触れましょう♪

益子春の陶器市 イベント

 

益子陶器市の最大の楽しみどころはたくさんの陶器に触れることができる点です。

日用品や皿、カップなど素敵な陶器と出会うことができます。

 

幅広い年代の方に興味を持ってもらえるように陶器のガチャガチャもあるそうですよ。

 

また、人気作家と対面できるのも利点。

話をしながら陶器を選ぶというのもあまりないので、いい機会ですね。

メインは城内坂通りや里山通りですが、横道に入るとこれまた多くのテントやお店が並び、個性的な作品がたくさん並べられています。

陶芸メッセの遺跡広場には益子以外の作家さんの作品もあります。益子以外の作家さんや若手作家さんの作品は、ひと味もふた味も違うアイデアにあふれたものも多いので、見るだけでも刺激になりますよ。

陶器だけでなく、木製品やガラス製品もあり、アンティークも随所に展示。

お洒落だけど気楽に見て廻れるのが益子陶器市の良いところでもありますね。

 

あちこち思うままに散策するのがとても楽しいので、ぜひいろいろ見て回ってみてくださいね。

 

陶器の値段は?

益子春の陶器市 作品

益子陶器市は、益子焼の陶器や美術品が、普段の2割〜5割引きの値段で購入できてしまうところが最大の利点。

 

名品やおしゃれな器やお皿が、半額や30%引きで手に入ってしまうのがこの陶器市の人気の秘密です。

大人気の作家さんの作品を実際に手に取って選べるのも良いですよね。

 

値段の方は、お茶碗(大)で4,000円前後、お皿が2,000円前後。

人気作家の作品だと思っていたよりも高いと感じるかもしれません。

 

ただ、人気作家さんでも500円から売られている方もいますし、100円や数百円のお皿や器などもたくさんありますのでご安心くださいね。

陶器初心者の方や、益子春の陶器市が初めての方は、人気作家に限定せずにアウトレットを購入しても良いと思いますよ。

アウトレットから掘り出しものを探しに訪れる方も多いです。

 

人気作家の作品も、キズや歪みがある場合には、アウトレット品として販売されていることもあります。

 

交換や返品はできませんが、価格をだいぶ抑えて購入できますよ♪

それほど見栄えにこだわらなければ賢い買い物方法といえますね。

 

早い時間帯は人がたくさんいて思うように見れないこともあります。

14:00過ぎ頃からはさらに値引きされることもあるので、“残り物には福がある”ねらいで遅めに訪れてみるのもいいかもしれません。

人気の作家さんは?

益子 陶器市

 

益子陶器市ではとても多くの作家さんがいます。

それぞれとても個性のある優れた作品なので、どれにしようか迷うところ。

 

そこで人気作家さんといわれている方々をご紹介します。

 

ただ、自分が「いい!」と思った作品の作家さんが自分にとっての良い作家さんなので、こちらの紹介する人気作家さんはあくまでも参考程度にとどめておいてくださいね。

辻紀子さん、渡辺篤さん、阿部慎太郎さん、Kinoki Poetteryさん
カタル葉さん、村上裕二さん、川西知沙さん、後藤奈々さん
五月女京子さん、広瀬佳子さん、今井律子さん、若菜綾子さん
東峯未央さん、石岡信之さん、松崎麗さん、高坂千春さん
よしざわ窯さん、川西知沙さん、増永典子さん、後藤奈々さん
吉沢寛郎さん、広瀬佳子さん

目当ての職人さんの作品を手に入れるには整理券が必要になります。

 

人気の職人さんの整理券は早朝からすでに行列ができています。

7:00にはすでに何十人も列をなしていることもあるので、整理券を確実に手に入れるためには夜中から並ぶ必要があるかもしれません。

 


Sponsored Link

益子春の陶器市の屋台は?ランチにおすすめの場所は?

益子春の陶器市 ランチ

 

益子春の陶器市はお店の数も多く、食卓を彩る素敵な陶器がたくさんあります。

 

陶器を見るだけでも楽しいですが、一緒にグルメも楽しみたいですね。

 

益子春の陶器市の屋台情報やランチにおすすめの場所をご紹介します。

 

益子春の陶器市には屋台はあるの?

益子春の陶器市 屋台

 

益子春の陶器市には陶器の販売店以外にも多くの屋台があります。

 

益子名物のB級グルメの屋台もあり、益子焼のマグカップでコーヒーが楽しめる屋台もあります。

たこ焼きや焼きそば、唐揚げなどお祭りの定番メニューはもちろん、ホットドッグや本格お蕎麦、ガパオライスなどグルメメニューも豊富。

変わったメニューの屋台も多いので、ぜひいろいろと味わってみてくださいね。

 

ランチにおすすめの場所

益子春の陶器市 ピザ

 

益子春の陶器市では屋台も出ますが、観光がてら周辺の美味しいランチを堪能したい方もいますね。

 

益子春の陶器市周辺、ランチにおすすめの場所をご紹介します。

【石窯ピザ ceramista(チェラミスタ)】

陶器市限定で美味しいピザが頂けます。

 

益子春の陶器市でも出店すると思いますが、どこに出店するかは分かりません。

 

当日、陶器市に行った際にはぜひとも探して食べてみてくださいね。

 

メニューはマルゲリータやマリナーラ、ドリンクです。
ビールやグラスワインもあるので大人の方も楽しめますね。

【そば処 炉庵】

益子地方はお蕎麦も有名で、益子町はビルマ汁の町でもあります。

 

そば処 炉庵は味わい深い十割そばや八割そばが食べられるお店です。
他にも、すいとん、ビルマ汁が頂けますよ。

 

メイン通りから少し離れた益子参考館前通り沿いにあります。

 

ボリュームも満点でメニューも豊富なので家族でも楽しめますよ♪

住所:栃木県芳賀郡益子町益子3508-2
営業時間:11:00~15:00/17:00~20:00
定休日:木曜日

【cafe&space ヒジノワ】

益子町で開催されたイベントがきっかけで誕生したカフェです。

築100年の民家をリノベーションして、作り上げました。

 

現在はボランティアで運営していて、手作りのランチが頂けます。

ボランティアで運営しているので日替わりで店主が変わります。

 

カフェスペースの他にもギャラリースペースがあるので、食事以外も楽しめますよ。

日替わりイベントも開催されるので楽しく過ごせます。

住所:栃木県芳賀郡益子町益子1665
営業時間:11:00~17:00/日曜10:00~17:00

 

益子春の陶器市のアクセス方法は?駐車場の場所や料金は?

益子春の陶器市 アクセス

場所:益子駅周辺

住所:栃木県芳賀郡益子町大字益子

益子町観光協会(0285-70-1120)

【電車でのアクセス】
JR「小山駅」→ JR水戸線「下館駅 」→ 真岡鐵道(もおかてつどう)「益子駅」
JR「宇都宮駅」→東野バス「益子駅行き」→「陶芸メッセ」下車 

陶器市の期間中は宇都宮駅東口から益子までの直行便は1日1便しかありません。
電車で行く場合には時刻表を前もって確認しましょう。

 

【車でのアクセス】
北関東自動車道「真岡IC」より国道121号経由約30分
北関東自動車道「桜川筑西IC」より国道41号経由約20分
東北自動車道「鹿沼IC」、「宇都宮IC」より国道123号経由約60分

 

【バスでのアクセス】
茨城交通では高速バスの「関東やきものライナー(秋葉原駅⇔益子駅)」が運行しています。

 

高速バスなので途中トイレ休憩もあり、3時間程度で到着するので車よりも楽かもしれませんね。

 

また、JR宇都宮駅から益子までの直行バス(片道1,150円)もあります。 

益子春の陶器市の駐車場情報

益子春の陶器市 駐車場

 

車の場合に気になるのは駐車場ですね。
駐車場は有料、無料があり停められる台数も多いです。

 

アクセスが良い場所は有料(500円)が多く、会場まで歩く距離が長い駐車場は無料の場合が多いです。

【益子春の陶芸市周辺駐車場】

〈無料〉

町民会館駐車場(250台、50台)

益子中学校駐車場(300台)

益子町役場(250台)

益子町商工会(20台)

益子駅西駐車場(90台)

益子駅周辺駐車場(40台、40台)

〈有料〉

共販センター第2駐車場(500台)

共販センター第3駐車場(450台)

共販センター第4駐車場(120台)

つかもと駐車場(300台)

つかもと広場駐車場(350台)

町営駐車場(150台、50台、40台、30台)

駐車場の場所やトイレの場所はこちらの地図から確認できます。

 

益子 陶器市 駐車場 トイレ 地図

 

素敵な陶器やご当地グルメが楽しめる♪

益子春の陶器市 開催

 

【関連記事】
笠間の陶炎祭の日程とスケジュール!屋台や駐車場は?
笠間つつじまつりの見頃と開花状況!駐車場やランチは?

 

子春の陶器市の日程や見どころなどについてご紹介しました。

 

人気作家や職人さんと直接対面してお話できるところも人気の1つ。

また、実際に手に触れて選ぶことができる楽しいイベントでもあります。

 

いつもは市場に出回らないようなB級品やアウトレット品もあるので、掘り出しものを探したい方にもピッタリですね。

 

ご当地グルメや地域密着型のカフェなどもあるので、グルメやスイーツも堪能できるところも大きな魅力です♪

 

お気に入りの器やカップがいつもの食卓にあると、気持ちも癒やされますよ。

きっと行ってよかったと思うことでしょう。

 

今年の春は、ぜひ益子春の陶器市で素敵な作品に巡り合ってくださいね!

Sponsored Link