季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

柳川ひまわり園2016の見頃と開花状況。ライトアップはいつ?

川ひまわり園のご紹介です。

 

柳川ひまわり園は福岡県柳川市橋本町で開催されるイベントで、なんと有明海に面した干拓地いっぱいに、50万本のひまわりが咲き誇る姿を観賞できます。

 

海や空の青に映えるひまわりの黄色とのコントラストは圧巻の美しさで、日本国内では柳川ひまわり園でしか見ることのできない光景ですよ。

 

更に夜はライトアップイベントもあり、特別な夏の思い出をお求めの方にはまさにお勧めのイベントです。

 

それでは柳川ひまわり園の日程や見頃などをお伝えしていきたいと思います。お送りするテーマはこちら。

 

・柳川ひまわり園2016の開催日。見ごろや開花状況は?
・柳川ひまわり園のイベント内容をご紹介!
・柳川ひまわり園のアクセス方法と混雑情報。
・柳川ひまわり園おすすめ周辺観光地・宿泊地情報!
・柳川ひまわり園で昼間と夜間のひまわりを楽しもう♪

 

Sponsored Link

柳川ひまわり園2016の開催日。見ごろや開花状況は?

 

時期:2016年7月16日(土)~31日(日)

柳川ひまわり園の開催時期は、毎年7月中旬~8月上旬になります。

ライトアップ時間:夕方頃~21:00

 

見ごろの季節は、柳川ひまわり園ではひまわりのピークが近いタイミングを見計らって開催日を決定しています。大体開催初日周辺が、一番綺麗なひまわりを見ることができるタイミングになりますよ。

 

終盤でも十分美しいひまわりを楽しめますが、少々頭が下がってくるものもちらほら出てきてしまうので、一番いいタイミングで見たい!と考える方は早めに向かわれるのがよさそうです。

ちなみに入場料は無料です。

 

柳川ひまわり園のイベント内容をご紹介!

 

柳川ひまわり園ではひまわりの観賞の他に、農産物の販売やひまわりの種プレゼントなど、色々面白いイベントが数多く開催されています。

 

有名なものだとゲーム大会、恋木神社へ恋のお祈りイベント、そしてライトアップの三つですね。ゲーム大会はひまわりの種飛ばしや、ラムネの早飲みといった参加型のゲームになります。

 

また柳川ひまわり園はむつごろうランドのすぐ隣なので、ムツゴロウを捕る漁法の一種である「ムツかけ」の体験会も開催されていますよ。

 

 

そして幸せの黄色いハンカチとひまわりの黄色をかけて、柳川ひまわり園の展望台にある恋木神社にハンカチを奉納し、恋のお願いを叶えようというカップルイベントも開かれています。

 

好きな人とひまわりの中で、お互いの愛を確認するのもロマンティックですね!

 

 

柳川ひまわり園のメインイベントとも言える、ライトアップは外せないイベントになるでしょう。

 

時間は日没から21時までの開催なので、夕暮れからゆっくりと宵闇に移り変わる中で煌くひまわりの神秘的な姿が楽しめますよ^^

 


Sponsored Link

柳川ひまわり園のアクセス方法と混雑情報。

 

 

柳川ひまわり園の会場に向かうには、公共交通機関を使うか車を使って移動するかの二通りの手段があります。

ただし車の場合、交通状況は毎年かなりの渋滞となっているようなので、車を選ばれる方は移動時間も考えて動くとよさそうですね。

 

公共交通機関の場合、鹿児島本線の瀬高駅か西鉄天神大牟田線の西鉄柳川駅より車で30分かけて移動することで会場に到着できます。

 

期間中は西鉄柳川駅より無料のシャトルバス(1日6往復)が出ているので、タクシー代の心配等をせずに楽しめますよ。

 

車の場合は、九州自動車道・みやま柳川ICか、西鉄大牟田線の柳川駅から車で約15分ほど走らせたら到着します。

但し駐車場までは3~4キロの渋滞は起こるのが毎年恒例のようなので、そちらだけ要注意です!

 

当日は会場のすぐ近くに、干拓地の一部を大きく開放した駐車場が用意されます。大変規模の大きい駐車場の為、停められなかったという声は出たことがないようですね。

 

駐車スペースに困らないのはとてもありがたいですね。

ちなみに駐車代も入場料同様無料です。

 

柳川ひまわり園おすすめ周辺観光地・宿泊地情報!

柳川ひまわり園をライトアップまで楽しむのなら、泊りでの参加がおすすめ。

 

柳川は温泉にも恵まれた土地ですので、天然温泉を楽しみながらゆっくりと柳川の美味しいものや美しい景色を楽しめる宿泊施設がたくさんあります。

 

かんぽの宿柳川

その中でもお勧めは「かんぽの宿柳川」です。

一番の売りである5階の展望台浴場からは、なんと柳川市内が一望できます。

 

さらにかんぽの宿は水天宮や水辺の散歩道など、柳川の他の観光地の中間地点にある為、柳川観光にうってつけなお宿ですよ。


柳川ひまわり園からは30分以内で移動できる位置になるので、21時までひまわりを楽しんでも、自分の車で来られる方なら時間を気にせず移動できる位置になります。

お子様も連れて行く家族旅行にも安心な立地が嬉しいですね。

 

柳川お堀めぐり

かんぽの宿から10分ほど駅に向かって車を走らせると、柳川お堀めぐりの船に乗ることができます。

乗り場については柳川市観光協会のサイトからも確認できます。

 

船に揺られながら城下町の風景を楽しめるので、非常に人気の高いスポットの一つですよ。

 

昼間と夜間のひまわりを楽しもう♪

ひまわり 子供 笑顔

 

【関連記事】

高鍋町ひまわり祭の日程と見頃。場所はどこ?駐車場は?

戸畑祇園大山笠の日程。競演会観覧のおすすめの場所は?

小倉祇園太鼓の日程。暴れ打ちの打ち方とは?動画あり。

大牟田大蛇山まつりの日程。かませにおすすめの大蛇山は?

 

川ひまわり園についての紹介記事はいかがでしたでしょうか。

 

ひまわりというと青い空の中で咲き誇る姿が一般的ですが、夜景の中だと昼とは違う神秘的な姿を見せてくれます。ひまわりのイメージとは違うその意外な光景に、思わず心が奪われてしまいますよ。

 

柳川は水に恵まれた自然豊かな土地なので、ひまわり以外にも城下町としての風景やムツゴロウとのふれあいも楽しめる、とても多彩な魅力に満ちた土地なんです。

 

是非一度足を運んでもらい、実際に柳川の魅力に触れてもらえたら幸いです。