季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

大暑の意味と時期。読み方は?大暑の候の使い方。食べ物は?

の暑さは留まるところを知らず、毎年最高気温を更新する勢いですね。

 

汗が噴き出てきてベタベタするし、日焼けも気になるところ。ただ、夏はお祭りや海水浴、夏休みの旅行など、楽しいことが盛りだくさんの季節でもあります。

 

ところで、そんな夏を表す言葉の一つ「大暑」の意味をご存知ですか?

 

大暑とは、いったいいつのことを指すのか。

その時期に適した食べ物も交えて紹介したいと思います。

・大暑の意味や読み方は?時期はいつ頃?
・大暑の候の使う時期や使い方は?
・大暑の時期におすすめの食べ物は?食べる意味や効果は?

 

Sponsored Link

大暑の意味や読み方は?時期はいつ頃?

太陽 手をかざす

 

大暑は「たいしょ」と読み、意味は「厳しい暑さ」です。

 

日常生活では酷暑や猛暑という言葉が一般的ですが、日本の季節を表す二十四節気では大暑が使われています。

 

夏至は一年で一番日が長いことを指しますが、大暑は一年で一番暑い時期のことを指す言葉

その時期は暦上では、7月23日頃から始まりお盆前頃まで続きます。

 

私たちの印象では、8月の半ばにあたるちょうどお盆の時期くらいが一番暑い気がするので、昔の日本とは季節にズレが生じているのかもしれませんね。

 

大暑の候の使う時期や使い方は?

たより 夏 うちわ

 

大暑の候が適切な時期

大暑の候とは大暑の季節という意味なので、先で述べたように7月23日頃からお盆前まで使える表現です。

 

ちょうど暑中見舞いを出す時期なので、書きだしに使うとぴったりですね。7月全般で使える「盛夏の候」や「酷暑の候」よりも、より季節の移り変わりに沿ったお便りになりますよ。

 

大暑の候の例文

ビジネス文書では、〇〇の候のあとには「貴社ますます~」と続きますが、プライベートのお便りでは書き出しが悩むところですよね。

・大暑の候、いかがお過ごしですか

・大暑の候、お元気にお過ごしでしょうか

・大暑の候、その後お変わりございませんか

暑い最中にお便りを書くので、相手の体調を気遣う書き出しから始めると素敵な人柄がにじみ出る文章になると思います。

 

その後、わくわくするような夏の予定などを書き連ねて、暑さを吹き飛ばすような楽しいお便りに仕上げたいですね。

 


Sponsored Link

大暑の時期におすすめの食べ物は?食べる意味や効果は?

天ぷら イラスト

 

大暑に食べたいもの

昔から大暑の時期は天ぷらを食べることが推奨されています。

 

実はあまり知られていませんが、毎月23日は天ぷらの日とされていて、さらに7・8月はスーパーが力を入れているそう。お総菜売り場には、天ぷらがずらっと並ぶんですよ。

 

ぜひ、今年に夏は注目してみてくださいね。

 

また、一年に何日かある土用の丑の日ですが、ちょうど大暑の時期にもあたります。

 

土用の丑の日は「う」のつくものを食べると良いとされていますが、夏はもっぱらウナギですね。子供のころに、夏になるとウナギを食べる日が来るのが楽しみだった記憶がある方もいるかと思います。

 

食べる意味と効果

まず天ぷらを食べる意味ですが、食材を調理する方法は焼いたり煮たりと様々ですが、天ぷらにして揚げると栄養素を逃がさないそうです。

 

天ぷらと聞くと油ものなので、逆に食欲減退に繋がってしまいそうな気がしますが、栄養を体に取り込むことができるため疲労回復に効果があるんですね。

 

また、ウナギはたんぱく質やビタミン、鉄分など夏バテ防止に効果のある栄養素がたっぷり詰まっています

 

本来ウナギの旬は冬なのですが、体力の落ちやすい夏には適した食べ物なので、今もその風習が残っているのですね。

 

ひまわり 青空

 

大暑を迎えても元気に過ごしたい!

【関連記事】

小暑の意味と読み方。小暑の候の時期や例文。暑中見舞いは?

夏日・真夏日・猛暑日の違い。気温や対策。酷暑日や熱帯夜は?

残暑の意味と対義語。英語で言うと?残暑見舞いの時期は?

暑中見舞いの文例。上司、お客様への書き方。メールの場合は?

暑中見舞いの文例。友人、親戚への書き方。久しぶりの場合は?

暑中見舞いの文例。先生、恩師への書き方。子供が書く一言。

お盆のお供え物はお菓子?おすすめは?のしの書き方と種類。

打ち水の効果的な時間帯と撒き方。ベランダや玄関の場合は?

 

暑い暑い夏。

昔の人は大暑の時期に合わせて、打ち水など涼しく過ごす知恵を生み出し実行していたそうです。

 

思わずぐったりしてしまう季節ですが、今も残る食べ物の風習を取り入れ、栄養を取って乗り切りたいですね。

 

少しの工夫で、きっとしい夏が過ごせるはずですよ。