季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

立冬の意味と時期。立冬の挨拶文例。おすすめの食べ物は?

「立冬」その言葉を聞くと、もう冬だなあと感じますよね。

 

でも、この何気なく使っている「立冬」という言葉の意味はご存知ですか。

そして「立冬」の日はどのように決まっているのでしょうか?

 

今回は、冬の訪れを感じる言葉、「立冬」についてまとめていこうと思います。

 

季節は肌で感じるものですが、「立冬」などの季節の言葉の意味を知ると、より季節の移ろいを感じやすくなりますよ!

 

立冬に食べたい季節の食材や、立冬の時期の手紙の書き方も合わせて紹介しますから、参考にしてみてくださいね。

 

・立冬の意味は?時期はいつ頃?
・立冬の候を使う時期は?挨拶の例文は?
・立冬におすすめの食べ物は?

 

Sponsored Link

立冬の意味は?時期はいつ頃?

 

立冬の意味

冬は二十四節気のひとつです。

二十四節気というのは、中国で生まれた暦です。

 

日本では、江戸時代から使われて生活に根付いてきました。

立冬の「立」には新しい季節になるという意味があります。

 

ですから、「立冬」はその字のとおり「冬の始まり」を指す言葉なのです。

実際、立冬を迎える頃には、朝晩の冷え込みを感じたりして冬の気配を感じます。

 

立冬を過ぎると、初霜が降りたり、木枯らし一号が吹いたり、初雪が降ったりと、徐々に本格的な冬へと季節が移ろいます。

 

立冬の時期

 

先ほども書いたように、立冬は二十四節気のひとつです。

 

二十四節気は太陽の動きをもとにしています。

太陽が移動する天球上の道を黄道といい、黄道を24等分したものが二十四節気です。

 

太陽の動きで暦を区切ると、季節の移り変わりのリズムに合わせて、一年を24節に分けることができます。

 

このように二十四節季は季節に合わせた暦なので、毎年同じ季節に同じ節気がめぐってきます。

農業など、季節に合わせて仕事をする人にはとても便利なものですね。

 

さて、肝心の立冬の時期ですが、二十四節気のうち立冬は立春から数えて19番目の節季です。

毎年だいたい11月8日頃が立冬にあたります。

 

この日だけを立冬と呼ぶ場合と、立冬から「小雪(しょうせつ)」までのだいたい15日間ぐらいの期間を指す場合があります。

 


Sponsored Link

立冬の候を使う時期は?挨拶の例文は?

 

立冬の候は、時候の挨拶です。

時候の挨拶というと難しいと感じるかもしれませんが、それほど難しく考えなくても大丈夫!

 

本文に入る前に軽く季節の話題から入る方がスムーズなのでつける言葉ですから、決まり文句みたいなものです。

 

普段の生活でも、人と話すときにも、「おはようございます」とか「こんにちは」の後に「寒くなりましたね~」とか「今日はいい天気ですね」とか、ちょっとクッションを入れてから本題に入る事が多いですよね。

 

時候のあいさつは、それと同じなんです。

 

候は「~の季節になりましたね」という意味ですので、「立冬の候」とかけば、「冬が始まりますね~」というニュアンスです。

 

 

気をつけて欲しいのは、あたりまえですが「立冬の候」は立冬の時期にしか使えないということです。

立冬から「小雪(しょうせつ)」までの期間だけ使いましょう。

 

自信がない時は、きちんと調べてから使うか、プライベートな手紙なら、無理をせず「朝晩はめっきり寒くなって参りました」など、節を感じる別の言葉に置き換えてもいいですね。

 

では、実際に手紙を書くときの例文を紹介します。

拝啓

立冬の候、  皆様におかれましては  益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

「本文」

向寒の折、  皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。

敬具

 

ちょっと堅いですか?

もう少し砕けた例文もご紹介しておきましょう。

拝啓  立冬の候、  木枯らしの吹く季節となってまいりましたが  お変わりございませんか。

「本文」

体調など崩されませんようお健やかにお過ごしください。

かしこ

 


Sponsored Link

立冬におすすめの食べ物は?

 

立冬には冬至の「ナンキン」や「レンコン」のようにまった食材はありません。

 

とはいえ、立冬は冬が始まる季節ですから、長い冬に備えて体の調子を整えたいですよね。

どんなものがいいのでしょうか?

 

中国には「立冬補冬、補嘴空」ということばがあります。

これは「冬が始まったら、冬の食べ物を食べて元気を補いましょう!」という意味です。

 

日本でも、旬のもの地元のものを食べると体の調子が整うとされていますから、同じ考え方ですね。

 

と、いうわけで、立冬の頃にを迎える食べ物を紹介します。

 

○根菜

大根・ごうぼう・サトイモ・サツマイモなど

 

○葉野菜

チンゲン菜・春菊・ほうれんそう・白菜

 

○豆類

小豆・大豆

 

○果物

りんご・柿・みかん

 

○魚介類

ホッケ・鮭・サンマ・イカ・カニ・牡蠣

根菜類は体を温めてくれますし、リンゴや豆類は腸内環境を整えて免疫力を高めてくれますから、体が冷えやすく、風邪をひきやすい冬の時期には積極的に摂りたい食材ですね。

 

 

これらの食材を食べる時にはぜひ温かいお料理で頂きたいものです。

豚汁などの汁物や鍋などがおススメですよ!

 

立冬は冬のはじまり

 

【関連記事】

寒露の意味と時期。おすすめの食べ物は?寒露の候の使い方。

霜が降りる条件。時期や理由は?気温や時間帯。霜柱とは違う?

木枯らし1号とは?条件と基準。時期や春一番との違いは?

立春の候の時期はいつからいつまで?挨拶例文や読み方。

三寒四温の意味と時期。いつの季語?挨拶例文や英語は?

秋の長雨の意味と期間。別名はあるの?英語で表現すると?

 

いかがでしたか?

今回は「立冬」についてまとめてみました。

 

立冬は冬の始まりを表すことがわかりましたね。

同じように、立春、立夏、立秋も、「立」を使った節季ですよね。

 

昔から日本では、この四つの節季を四立(しりゅう)といい、二十四節季の中でも特に大切な節目としてきました。

 

最近では四季折々の趣を楽しむ事が贅沢になってきた感がありますが、せめて四立には季節の訪れに目を向けてみてはいかがでしょうか?


Sponsored Link