季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

くらやみ祭り2016の日程と時間。見どころや交通規制は?

中くらやみ祭り2016の日程と見どころなどについてご紹介します。

 

くらやみ祭りは東京都府中市にある大国魂神社の祭礼で、その名の通り暗闇の中で神輿を担ぐことからくらやみ祭の名前がついたお祭りです。

 

武蔵国内の神々を1ヵ所に集め、その他著名な神社6所をまつった大國魂神社の祭礼なので、神輿の数が多いことでも有名なんですよ!

 

総勢8基の神輿が練り歩く様子は大な眺めです。

ではさっそく府中くらやみ祭りの見どころなどについて、このような順番で紹介していきますね。

 

・くらやみ祭り2016の日程と時間は?
・くらやみ祭りの見どころは?
・くらやみ祭りのアクセス、駐車場情報
・くらやみ祭りの由来
・おすすめ周辺観光スポット

 

Sponsored Link

くらやみ祭り2016の日程と時間は?

 

日程:2016年4月30日(土)~5月6日(金)

 

・イベントスケジュール時間

4月30日(土) 品川海上禊祓式(汐汲み・お浜降り)

9時30分出発~15時30分帰社

5月1日(日) 祈晴祭 9時30分~
5月2日(月) 御鏡磨式 19時30分~20時
5月3日(火) 山車の競演 18時~20時
競馬式(こまくらべ) 20時
5月4日(水) 御綱祭 9時
萬燈大会 12時30分~14時
子供御輿渡御 13時30分
太鼓の響宴 17時~18時
山車の巡行 18時~21時
5月5日(木) 例祭 10時
道清め 13時30分
太鼓送り込み 14時30分
宮乃咩神社奉幣 14時
御饌催促の儀 15時30分
動座祭 15時30分
威儀物授与 15時20分ごろ
御霊遷の儀 17時20分
御輿渡御 18時
坪宮奉幣 20時30分
野口仮屋の儀 22時30分
やぶさめの儀 23時
5月6日(金) 御輿還御 4時~8時ころ
鎮座祭 9時ごろ

 

Sponsored Link

くらやみ祭りの見どころは?

くらやみ祭り

 

くらやみ祭りの見どころは盛りだくさん。行列あり、山車あり、太鼓あり。

 

中でもとりわけ賑わうのが5日に行われる輿渡御でしょう。

 

くらやみ祭りで担がれる神輿は8基にものぼります。

 

 

8基もの神輿が同時に担がれるお祭りは他には無いのではないでしょうか?

 

この神輿が市中を練り歩き、揉み合う様子は一見の価値あり、だと思いますよ。

 

 

また、これに先立つ太鼓6基の送り込みも大変に威勢が良い行事です。

 

山車もけっして大きくはないものの、各町内それぞれに趣向の違うお囃子や踊りで、24台が揃って曳かれる様子はとてもやかです。

 

 

華やかと言えば年万灯大会も負けていません。

 

こちらは華やかな花房をつけた万灯が、今年の出来栄えを力強く振りながら披露してくれますよ。

 

 

力強いと言えば競馬式・こまくらべややぶさめ式など6頭の御神馬による儀式も見ものですし、粛々とした汐盛講の行列も見捨て難い儀式です。

 

なんだかとりとめない見どころ案内になってしまいましたが、それだけどころが沢山あるのだと思って下さい^^

 

 

大変に大雑把にご案内すると、「山車を見たいなら5月4日、神輿を見たいなら5月5日」にお出かけになると良いと思います。

 

5月3日~6日の主な見どころを挙げておきますのでご参考下さいね。

 

 

5月3日

武蔵国府太鼓の演奏 大國魂神社ご拝殿前にて

11時、12時、13時より

武蔵国府太鼓の演奏が行われます

府中囃子の競演 馬場大門けやき並木にて

18時~19時40分、

10台の山車がけやき並木に並びます

競馬式・こまくらべ 旧甲州街道 府中街道交差点東側から大國魂交番前にて

20時より、6頭の御神馬が旧甲州街道を3往復します

 

5月4日

青年万灯大会 大國魂神社神楽殿前にて

12時30分~13時10分

子供神輿渡御 大國魂神社ご拝殿前→ご参道→けやき並木の順路で

13時30分より約20町会の子供神輿がご拝殿を目指します

太鼓の響宴 旧甲州街道・けやき並木にて

17時~18時の間太鼓の饗宴が行われます

山車の巡行 旧甲州街道・けやき並木・府中駅前通りにて

18時~21時の間、24台の山車による巡行が行われます

 

5月5日

各太鼓送り込み 14時ころより6基の各太鼓が

旧甲州街道→大國魂神社を目指します

汐盛講の行列 14時30分より旧甲州街道→大國魂神社ご拝殿を目指し、

品川の汐盛講が動座祭に参列のためご拝殿に向かいます

神輿渡御 神社→御旅所を目指して18時~21の間、

8基の神輿が旧甲州街道・府中街道を練り歩きます

やぶさめ式 御旅所北門前にて

22時30分よりやぶさめ式がとり行われます

 

5月6日

神輿還御 御旅所→各町内→神社を目指して

16時~20時の間、各町内を練り歩きます

 

くらやみ祭の屋台情報

屋台

 

5月3日~5日を中心に、朝の9時くらいから400の屋台が出店します。

 

場所は大國魂神社境内を中心に、一部けやき並木まで

6日は数が減りますが、境内にはいくつか出店があるようですよ。

 

夜は早いお店は21時ごろより閉店し始め、23時ころにはほぼ終了します。

 

Sponsored Link

くらやみ祭りのアクセス、駐車場情報

 

会場:大國魂神社

住所:東京都府中市宮町3-1

電話:042-362-2130(大國魂神社)
地図:

 

電車の場合:京王線府中駅より徒歩5分

車の場合 :中央道国立府中ICから国道20号経由4km15分

 

駐車場情報

大國魂神社の駐車場は祭期間中は使用することができませんので、周辺の有料駐車場をご利用下さい。

 

府中駅南口市営駐車場は、5月4日・5日は周辺道路が通行止めになるため、次の時間、使用できませんのでご注意下さい。
4日:17時~21時

5日:12時30分~17時

 

 

交通規制情報

①祭の期間にかかわらず、日・祝日にはけやき並木通りの国際通り入り口先から大国魂神社前交差点までの間に車両交通規制が敷かれています。

 

車両交通規制区間

 

②くらやみ祭期間中は5月3日~6日の間、夕方から夜間にかけて交通規制が敷かれますのでご注意下さい。

下図の時間以外にも臨時交通規制が敷かれる可能性もあります。

 

くらやみ祭り 3日

 

くらやみ祭り 4日

 

くらやみ祭り 5日

 

くらやみ祭り 6日

 

くらやみ祭りの人出・混雑状況

府中・くらやみ祭りは例年、4日間で約70万人の人出が見込まれています。ゴールデンウィークと重なるため、市中は混雑が予想されます。

 

日中の混雑状況はだいたいこんな感じですが、夕方から夜間になると2倍~3倍の人に膨れ上がると想像して下さい。

 

 

くらやみ祭りの由来は?

くらやみ祭りの起源は国府祭で、奈良時代から平安時代に令制国の国司が置かれた都市(国府)のお祭りに由来するといわれている、伝統と格式のあるお祭りです。

 

尊いものを見ることは許されない

 

という日本古来の儀礼にのっとって、神聖な御霊が神社から神輿に乗り移って御旅所に渡御するのは、人目に触れない暗闇の夜でなければならない、としたのが始まりのようです。

 

 

江戸時代にはほぼ現在のような神幸の形になったようで、時代とともに多少の時間の変更はあるものの、夜の神輿渡御は伝統のまま引き継がれています。

 

目黒流と船橋流からなる府中囃子は府中の郷土芸能となっており、くらやみ祭りは「武蔵府中のくらやみ祭」として東京都の無形民俗文化財(風俗慣習)に指定されています。

 

おすすめ周辺観光スポット

サントリー武蔵野ビール工場

所在地: 東京都府中市矢崎町3-1

電話:042-360-9591

地図:

 

公式HP:サントリー武蔵野ビール工場

時間:10時~16時

料金: 無料

駐車場: あり

 

サントリー、ザ・プレミアム・モルツ発祥の工場。

ビール工場見学ができます。見学のあと、成人に限りビールの試飲も可能

 

こだわりの製法や技術、技師たちの熱い思いを身近に感じることができます。

 

JRA競馬博物館

所在地:東京都府中市日吉町1-1 JRA東京競馬場内

電話:042-314-5800

地図:

 

公式HP:JRA競馬博物館

時間: 10時~17時

料金:無料

駐車場:あり

 

競馬の博物館。競馬の誕生から日本の競馬の普及、発展などの歴史の紹介やライディングビジョン、発馬機、レースシミュレーションなど楽しみながら知ることができます。

 

縄文の湯

所在地:東京都府中市宮西町1-5-1 フラココ第8ビル6F

電話:0120-041-265
地図:

 

公式HP:縄文の湯

時間:10時~翌日9時

料金:平日2,400円、土・日曜、祝日2,900円、90分コース1,500円

駐車場: あり

 

府中駅南口より徒歩1分。12階建てのビルの6階にフロント、10階に女性・11階に男性フロアがあります。小学生以下は入場不可です。

 

泉質は美肌効果のある黒湯で、アメニティグッズも充実、ゆったりと入浴することができます。

府中くらやみ祭り

 

【関連記事】

陶炎祭(ひまつり)の日程とスケジュール。駐車場、渋滞情報。

三社祭の日程と見どころ。ルート、時間は?交通規制情報。

 

中くらやみ祭りの見どころなどについてご紹介いたしました。

 

くらやみ祭りは神輿だけでなく、前日の24基の山車もみごとです。

 

けっして大きな山車ではありませんが、山車の上でお囃子に合わせてそれぞれの町内が趣向を凝らした踊りを披露します。

 

おかめ、ひょっとこ、七福神。

見ていてとてもしいですよ♪

 

季節は初夏。

ゴールデンウィークはぜひ、府中のくらやみ祭りへお出かけ下さいませ!

Sponsored Link