季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

目の下のクマの原因は病気?効果のある解消法や治し方

目の下のクマは、疲れた顔に見せたり、老けて見せるという、女性にとって天敵となるものです。

 

しかし、女性は忙しさにストレスがプラスされるとデリケートな体に傾き、目の下のクマが体のお疲れサインとして出てきます。

 

クマの原因と、気軽に出来る「ながらクマ解消方法」、目の下のクマを改善・緩和だけではなく予防まで出来る栄養などをご紹介します。

 

目の下の小熊・ヒグマ・ツキノワグマとさよならしたい方、必見ですよ~。

 

・目の下のクマの原因は?
・目の下のクマは病気?
・目の下のクマの種類について
・目の下のクマの解消方法
・目の下のクマに効く食べ物や飲み物は?

 

Sponsored Link

目の下のクマの原因は?

目の下 クマ

 

目の下のクマの原因は、血行不良・シミ・たるみがきっかけとなっています。血行不良・シミ・たるみになる原因は人それぞれなので、ケアの方法も変わってきます。

 

血行不良になる原因・シミになる原因・たるみとなる原因を見つけてケアすることが、目の下のクマの改善へと繋がります。

目の周りの皮膚は、とても薄く、皮脂腺が少ないため乾燥しやすいのに、目を潤すために瞬きをして、物を見るピントを合わせてと常に働いています。ここに、目のストレスがかかり負担が増えると、目は疲れてしまいサインを出します。これが「目の下のクマ」です。

目に負担がかかり緊張状態になると、血管が縮こまり血行不良を起こし、目の下にクマがぼわわ~んと出てきやすくなります。緊張状態になるきっかけとして、睡眠不足・疲労だけではなく、ストレスも大きく関わってきます

 

目のストレスは、紫外線・パソコン・スマホ・タブレットなどを頻繁に使用することが増えたというのもありますが、それ以上に自分自身に負荷がかかっていることがあります。心身のストレスも、目に負荷がかかる原因となります。

 

目の下のクマが出来るということは、心身の疲れ・ストレス・目への負担などがあるというサインなので、クマさんを見つけたら早めに、心身・目をケアして癒しましょう。

 

目の下のクマは病気?

目の下 クマ 女性

 

目の下のクマが出来る原因となる、血行不良・シミ・たるみのきっかけが病気から来ていることもあります。

 

生理が来るたびに目の下のクマがひどいという方もいます。

生理の時、疲れて立ちくらみがしやすいなど貧血を伴うときには、鉄分不足によるクマということがあります。

 

あとは、パセドゥ病(汗をよくかく、動悸がする)、肝機能・腎機能の低下(お酒を飲んだ後に出やすい、下まぶたがぷっくりとしている)、うつ病(物や食べ物への興味の変化)、アレルギー性皮膚炎(かさつき、痒み、擦ってしまう)がきっかけとなりクマさんがぼわわ~んと出ることがあります。

 

目の下のクマと一緒に、体調など()カッコ内のような変化があり、いつもと違うときには、健康診断がてら診てもらうのもいいかと思います。

 

病気かどうか自分で判断すると、判断することが原因でストレスとなり、目の下の小熊さんがツキノワグマになってしまうこともあるので、判断は医師にお任せしましょうね。

 


Sponsored Link

目の下のクマの種類について

クマ 熊

 

目の下のクマには、小熊・ヒグマ・ツキノワグマさんがいて・・・ではなく「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」があります。

 

青クマは血行不良、茶クマはシミ、黒クマはたるみやくぼみによる影(エイジングによるもの)に分かれます。

 

自分がどのクマなのかと判断が難しいときには、鏡を準備しましょう。洗顔後に、目の下を少し下に軽く引き「あっかんべー」をします。

この時にクマの色がなくなるようなら、青クマです。血行不良でクマが出来ていることが多いです。茶クマの場合には茶色が残ったままになります。黒クマは、クマが出来る位置よりも下に出来ることが多く、二重でクマがあるように見えたり、クマが広がったように感じます。

 

メイクの時にアイラインをペンシルで描きにくくなってきたときに起こりやすいので、アイラインが下手になったり、なんとなくペンシルが合わないなと思ったらチェックしてみてくださいね。

 

人によってできやすいクマの種類がありますが、クマさんとは出来れば仲よくしたくないものですよね。

 

目の下のクマの解消方法

 

1,2,3とゆっくり押して離すという感じで中指で押していきます。

人差し指でも良いですが、中指で押すことで必要以上に力が入らず、負担がかかりにくいのでおすすめです。

 

青クマの緩和には、目の下にある晴明(せいめい)・瞳子髎(どうしりょう)・太陽(たいよう)の3点を押します。

 

黒クマの緩和には承泣(しょうきゅう)・四白(しはく)・巨髎(こりょう)のツボを押します。

 

茶クマの緩和には、同様に晴明や瞳子髎のツボを押します。

上手にクマ対策のツボをおすことで、目の周りの負担を軽くして、シミができにくいすっきりとした目元にしていきましょう。

 

つぼ押しのポイント

ツボを押すのって難しそうだと感じる方もいるかと思います。ここでのポイントは、ツボを意識しすぎないことです。

 

「大体、ここらへんかな~」「ツボがある辺りだな~」でいいので、軽くプッシュ!

 

クレンジングや洗顔・ローション・ミルク・クリームを使うスキンケアのときでいいので、内側から外側へと流すように両手で顔を包み込みながらスキンケア品を使って「ツボを通りま~す、はい、プッシュ」くらい気軽にしちゃいましょう。

 

つぼ押し以外の改善方法

クマの緩和や改善のスピードを上げたい方には、青クマ、黒クマには、目元が潤う成分入りの目元専用コスメを、茶クマには美白成分入りの目元専用コスメを使ってやさしくお手入れがおすすめです。

 

今まで肌に蓄積させたものを一気に解消できる方法があるほうが怖いので、毎日「ながらプッシュ」と目元専用コスメで気付いたら「クマさん、すっきり!」へと促していきましょう。

 

このほかにも「温める」「目の周りの筋肉ストレッチをする」「表情筋を鍛える」「マッサージをする」などがあります。しかし、忙しい方々には、じっくりとゆっくりする時間を作るのもちょっと難しいかもしれません。

 

そんなときは「ながら押し」ができるツボ刺激なら続けやすいし、忙しい女性の方々も仕事や育児・家事をしながらできるかなと思いますが、みなさんいかがでしょうか。物は試しで、ちょっと「ながら押し」から始めてみるのもいいかと思います。

 

目の下のクマに効く食べ物や飲み物は?

虫眼鏡 白衣 女性

 

目の下のクマに効くというと医学的なものになるので、あくまでも改善・緩和に繋がる食べ物や飲み物と考えて積極的に摂りたいものを調べてみました。

 

ところが、偏頭痛や緊張性・群発性の頭痛がある方には避けてほしいものもありました。そこで、偏頭痛に悩む方にも安心!目の下のクマの改善・緩和に繋がる栄養たちをご紹介します。

 

目の下のクマの緩和・改善に繋がる栄養たち

〇ビタミンA・・・パソコンやスマホ、読書などで疲れた目を癒します。緑黄色野菜に多く含まれています。

〇ビタミンB2・・・目元の疲れを改善し、クマの改善と緩和に働きます。

〇ビタミンc・・・紫外線からの目の疲れの改善と、シミ・くすみの緩和に働きます。

〇タウリン・・・イカやタコに含まれるアミノ酸の一種で、目の筋肉疲労を改善します。

 

さらに、ビタミン類・タウリンは改善や緩和だけではなく、クマの予防にも働きかけるので、毎日摂りたいところです。

先ほど触れた偏頭痛についてですが、女性ホルモンのバランスが崩れやすい、生理前・生理中・生理後に起こることが多いという方はマグネシウム(豆腐・豆製品など)を一緒にプラスすると、目の下のクマがツキノワグマから小熊に変わっていくお手伝いができます。

目の下のクマの緩和・改善に繋がる栄養たちは、食べ物や飲み物で摂るのも一つですが、サプリメントに頼ってもいいかと思います。

 

今は女性の体を考えて作られているサプリメントが揃っているので、その中から、栄養・コスパ・飲みやすさと自分のライフスタイルに合わせて選んでくださいね。

 

女性 スキンケア

 

【関連記事】

目の下のピクピクする原因は?止まらない時の対処法

目の下のたるみの原因と解消方法。たるみ取りマッサージで改善。

顔のしわを取る方法。おでこや目の周り、口元のしわを消すには?

老け顔の女性(10・20代)の原因と改善方法。髪型やメイクで対策。

 

本来、目の下のクマ改善・解消には「よく寝て・よく食べ・よく笑う」が一番です。

 

しかし女性は忙しくストレスが多くなりがちで、体はデリケートになるので、「ながらツボ押し」と「食べ物」「飲み物」だけではなく「サプリメント」をうまく取り入れましょう。

 

そして毎日頑張っているご褒美に「目元専用コスメ」を投入し、イキイキとハリのある目元で、周りを魅了してくださいね。

 

目の下のクマはそのまま「クマった状態」にしないことが一番です。お後がよろしいようで。最後まで読んでいただきありがとうございます。