季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

目の下のクマの原因は病気?効果のある解消法や治し方

目の下のクマに種類があって、それぞれ違う原因、そしてそれに合わせた対処法があるだなんて知りませんでした!

 

私は自覚のないクマ持ちで、これはかなり目から鱗が落ちました。具体的なマッサージの方法も知ることが出来て、今日から実践できそうです。

 

私に目の下のクマは関係ないわ、という方も実はクマをお持ちかもしれません。

 

また、このクマどうしよう…という方にもそうだったのか!と思って頂ければ嬉しいです。下記のテーマに沿ってご紹介していきますね。

 

・目の下のクマの原因と種類は?
・目の下のクマの解消方法は?
・目の下のクマの隠れた原因とは?

 

Sponsored Link

目の下のクマの原因と種類は?

目 クマ

 

たるみが原因の黒いクマ

これは、加齢により目の周りの脂肪が減少してたるみが生じたり、筋肉が緩むこともあり、その影響でへこんでしまい影ができてしまいます。

 

また、加齢に限らず、元々脂肪が少ない場合も同様です。

 

血行不良が原因の青いクマ

目の周りの毛細血管の流れが滞り、皮膚に透けて見えるのが青いクマです。

 

目の疲れとなる、パソコンなどの目を酷使した仕事を長時間行ったり、冷え性、ホルモンバランスの崩れ、寝不足、ストレスなどで起きます。

 

ホットパックやマッサージで血流をよくしましょう。

 

目の下 クマ 女性

 

シミやくすみが原因の茶色いクマ

色素沈着が主な原因で、紫外線の影響が大きいです。

 

そのため、ビタミンC配合などの美白に特化した化粧品やスキンケアを行うと良いでしょう。

 

また、目のこすりすぎなどでも色素沈着を起こします。

 

例えば、乾燥やアトピー性皮膚炎などから痒みが生じたり、化粧品かぶれも注意が必要です。

 

Sponsored Link

目の下のクマの解消方法は?

まず、自分がどの目の下のクマに当てはまるのか理解するところから始まります。

 

黒いクマの解消方法

・つぼ押し

 

・顔の筋肉を鍛える

 

・化粧で隠すことは難しく、かえって厚塗りになり目立ってしまいます。

 

ふっくら見せるようにメイクをしてみましょう。

 

青いクマの解消法

血行を良くすることが一番です。

 

そのために、クリームをつけてマッサージを行います。

 

ホットタオルで温めて、リラックスするのも有効です。

 

 

・食べ物にも気をつけよう!

 

血行不良が原因ですので、身体を冷やす食べ物は控えて、温野菜や暖かい飲み物を摂りましょう。

 

茶色いクマの解消法

・UVケアをする

 

UVケア備えた化粧下地やファンデーションもあります。

 

ご存知だとは思いますが、紫外線が出ているのは夏だけではありません。

 

年中することで予防することが出来ます

 

・美白ケア

 

ビタミンCや美白成分配合の化粧品が有効です。

 

・ピーリングを行う

 

・色素沈着を防ぐ!

 

メイクの洗い残しは大敵です。摩擦しすぎないよう注意をしながら優しく洗いましょう。

 

・食事で美白!

 

化粧品に限らずビタミンCを摂取しましょう。ゴーヤ、トマト、ブロッコリー、パプリカに多く含まれています。

 

サプリメントで補っても有効ですが、摂りすぎても尿から排出されるので注意しましょう。

 

Sponsored Link

目の下のクマの隠れた原因とは?

 

女性 目

 

・アトピー性皮膚炎

・花粉症皮膚炎

・鉄欠乏貧血

・バセドウ病

・肝臓、腎臓疾患

・うつ病

 

アトピー性皮膚炎や花粉症皮膚炎はまだ馴染みがありますが、その他の病気については、驚かれる方も多いのではないでしょうか。

 

簡単に説明すると、

鉄欠乏性貧血貧血による血行不良

 

バセドウ病は、その特徴の一つである眼球突出に伴い目の下も出てしまうようにみえクマができるのです。

 

肝臓・腎臓疾患は、血液をきれいにする機能をもっている肝臓と腎臓が悪くなることで、血流が滞ってクマができてしまいます。

 

うつ病は、自律神経の異常によって目の周りの筋肉の血流が悪くなり、そのために血行不良になりクマができてしまいます。

目 クマ

 

【関連記事】

目の下のピクピクする原因は?止まらない時の対処法

 

目の下のクマと聞くと、どうやって化粧で隠すか…しか対処法で思いつくことはありませんでした。

 

しかし、まずはクマの特徴を適切に捉えることが重要で、それによって対処法も異なってきます。あなたはどれに当てはまりましたか?

 

目の下のクマをただのクマと侮ってはいけませんね。

 

特に、病院にいかなければならないような病気が隠れている場合は注意が必要です。

 

目の下のクマから病気が発見できる可能性は高くはないかもしれませんが、頭の片隅に置いておくと良いですよ。

Sponsored Link