季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

口臭の改善方法まとめ。即効で治すには?食べ物、飲み物で予防

話をしていたら、相手の表情が曇り始めたり、友達から突然の『口臭い!』と言われたり、マスクをしていて、自分の息が臭かったり。

 

そんな時、すぐにでも口臭を消したいと思うことでしょう。

 

こういう時に、すぐに対応できる改善法が知りたいと思いますよね。その方法をご紹介していきます。

 

まずは、外出先ですぐにでも何とかしたい!そんな改善法をまとめてみました。

 

・口臭に即効性のある改善法は?
・口臭改善のための食べ物・飲み物と方法は?
・口臭になりやすい食べ物・飲み物は?
・口臭にならないために普段の生活で気を付けることは?

 

上記のテーマに沿って書いていきたいと思います。

 

Sponsored Link

口臭に即効性のある改善法は?

口臭対策グッズ
マウスウォッシュ 口内を洗浄するための液体商品

(ゆすぐだけで細菌が取り除ける)

マウスウォッシュ
マウススプレー 口内に吹きかけて臭いを抑える

(持ち運び出来て、気になる時にすぐ使える)

タブレット 口内と胃の中で溶けるもの2種類がある

(一時的だが、臭いの強いものに対して使える)

 

その他
口内の菌を洗い流す

(口の乾燥も防ぐ)

お茶 口内の菌の繁殖を防ぐ

(殺菌作用のカテキンが含まれている)

 

 

以上になりますが、お酒の席でのちょっとした口臭対策には、こんなのもいいようですよ。

 

口内温度が下がり、

口臭のもとになるガスの発生が減少する。

氷
銀のスプーン 舐めることで口臭の元の物質、

揮発性硫黄化合物が反応して

違う物質に変化する。

 

次は、口臭がなくなるための改善効果がある食べ物や飲み物も知りたいと思いませんか。

 

あとは、口臭になりやすい食べ物、飲み物。出来れば気にしながら取りたいじゃないですか。

 

なので、まとめましたので参考にしてみてくださいね。

 


Sponsored Link

口臭改善のための食べ物と方法は?

生野菜 
サラダ 食物酵素が入っているため、

消化、分解を助け、腸の調子を整えることが出来ます。 

 

 

⇒サラダで摂取すればいいでしょう

フルーツ 
唾液の分泌を促し口臭予防や、原因である舌苔の除去とタンパク質の分解効果が荒れます。

 

⇒リンゴは『天然の歯ブラシ』といわれ、

舌苔とタンパク質を食後に口の中に入れて30秒転がす。

ヨーグルト
乳酸菌(善玉菌)が口の中の雑菌を増殖させるのを抑えることが出来ます。

 

⇒無糖のプレーンヨーグルトを歯磨き後に、少しだけ食べてすすがず、そのままで。

ガム、おかき、おせんべい、スルメ
口臭予防とは直接関係は無いが、噛むことで唾液の分泌を促し菌の繁殖を抑えることが出来る。

 

⇒唾液の分泌であれば、レモンや梅干しなどに含まれるクエン酸も効果的です。

 


Sponsored Link

口臭改善のための飲み物と方法は?

水 普通の水で。

コップ一杯飲むことで口も体も潤い、乾燥を防ぎ、菌の増殖を防ぐことが出来る。

 

 

⇒余計なものが入っていないという事で、最も簡単に出来る方法

お茶、紅茶、ウーロン茶
含まれているカテキンに殺菌効果があるため、菌の増殖を抑えて、口臭も防ぎます。

⇒ただし、カフェインが含まれているものもあるため利尿作用で逆効果になります。

飲み過ぎ注意!

牛乳
胃を保護する壁を作ってくれるため、ニラ、ニンニクの臭い成分(アリイン)を包み込みます。

 

⇒食前に飲むのが一番いいですが、食後でも口臭には効きます。

 

口臭になりやすい食べ物、飲み物は?

ニラ、ニンニク、ネギ類
ねぎ 抗菌効果や体にいいと言われる成分『アイリン』が臭いの元となり、体に溶け込み汗が臭う。

 

 

⇒対処方法としては、人と会う前の摂取を避ける。これしかないようです。

ブロッコリー
ブロッコリー 意外な感じでブロッコリーです。

含まれる『インドール』という成分が臭いを発生させます。

 

⇒ただ、女性ホルモンの制御、乳がん発生を抑える効果もあるため食べ過ぎなければ大丈夫です。

コーヒー
コーヒー 『カフェイン』は水分を奪い唾液の減少を、

コーヒーの豆の粒子は舌の表面に付着して臭うようです。

 

⇒カフェインの摂取を控えるなどする。

最近はカフェイン中毒などもあるので取り過ぎはダメですよ。

ジュース
含まれる『糖分』は口の中で酸化します。

唾液量が少ないと酸化が強くなり、口臭の原因に!

 

⇒他に、虫歯になったりします。

あと、ミルクティーは『カフェイン』+『糖分』で要注意です!

お酒
アルコールが肝臓で分解。

『アセトアルデビド』という成分が、口臭以外にも体臭にまで影響します。

 

⇒肝臓や胃への負担もですが、吐き気なども引き起こすので飲まない努力を。

 

最後に普段の生活から改善できる方法があれば、取り入れていきたいと思うかもしれませんね。

 

少しでも参考にしていただければ、と下記にまとめてみました。

 

口臭にならないために普段の生活で気を付けることは?

リラックス

 

食生活では?
・朝食を抜くのは、寝ている時に増殖した菌を食事することで唾液の分泌を促し、口臭が弱まります。
・よく噛まない。硬いものをあまり食べないのは、咀嚼数が少ないため唾液がうまく分泌しません。
・あまり水分取らないのは、口の中が乾き、菌の増殖を促してしまうため、適度な水分が必要です。

 

生活習慣では?

・ストレスや睡眠不足は、唾液の分泌量が減り、菌が繁殖しやすくなります。睡眠をとってリラックス。

 

・口呼吸は口内が乾燥しやすくて、唾液の分泌が減り菌が増殖します。呼吸は出来れば『鼻呼吸』を!

 

・お酒には『アセトアルデビド』という臭い成分と、『利尿効果』で水分不足からの唾液の分泌量の減少があるために、菌が増殖し口臭。

 

そう言った事をふまえれば飲まなければいいのですが、飲んだ後は水分補給もお願いします。

 

女性

 

【関連記事】

口臭の原因。胃腸や胃下垂、内臓の病気?子供、女性の場合

加齢臭(女性・男性)の原因。どこから臭う?20代でもなる理由は?

わきがの原因(男性・女性)と対策。ワキガはうつる?後天性は?

にんにく臭の消し方。口臭、体臭から除去!原因や持続時間は?

ごま油でうがいの効果とやり方。白髪や口臭、喉の痛みに効能あり?

 

どうしても口臭をなくしたいなら、口の乾燥を防いで菌の増殖を防ぐために、唾液を出すような工夫が必要だなと、思いました。

 

でも唾液を促す方法としては、飴を舐めてでは糖分を摂取することになり逆効果。

 

一つでも何か思い当たることがあれば、是非とも生活習慣を見直してみてくださいね!


Sponsored Link