季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

正月鏡開きのお餅はいつ食べる?おしるこの意味や由来は?

お正月といえば鏡餅

お正月の飾り物といえば、一番に鏡餅が浮かぶ方もいるのではないでしょうか。

 

なんといってもただ飾るだけでなく、あとに食べることもできますから、鏡開きを楽しみにしている人もいると思います。

 

でもなぜお正月に鏡餅を飾るのでしょうか。そしてなぜその後に食べる、鏡開きという習慣があるのでしょうか。

 

そんな疑問をふと抱いたので、お正月の鏡餅や鏡開きの意味や由来を調べてみました!

 

・鏡餅と鏡開きの意味や由来とは?
・鏡餅の鏡開きはいつするの?
・鏡開きにおしるこを食べる意味や由来は?

 

なぜおしるこにして食べるのかも合わせてご覧ください。上記のテーマに沿ってまとめていきます。

 

Sponsored Link

鏡餅と鏡開きの意味や由来とは?

鏡餅の意味・由来

鏡餅

 

鏡餅は昔の銅でできた鏡の形に似ていたことから呼ばれます。鏡はもともと八咫鏡(やたのかがみ)という三種の神器のひとつを表すとされ、古来より神事に使われてきました。

 

そこでお正月には、穀物の神様である「歳神」様へのお供えとして、鏡餅が広く用いられるようになったのです。松の内は神様や仏様がここにやどる、とされています。

 

鏡開きの意味・由来

 

 

お正月に鏡餅を神様や仏様にお供えするようになると、松の内を終えると、お供えした鏡餅を下げて食べる習慣ができました。

 

お供えした鏡餅には神様や仏様の力がやどると考えられ、一年間の無病息災を祈って、下げた鏡餅をありがたく食べるようになったのが鏡開きの由来だと言われています。

 


Sponsored Link

鏡餅の鏡開きはいつするの?

鏡開き

 

鏡餅の鏡開きっていつするのでしょうか。鏡餅の鏡開きは松の内が終わってからします。

 

ところが実はこの「松の内」が関東と関西では違うんです。つまり、鏡餅の鏡開きの日にちは、関東と関西では違うことになります。

 

もともと「習慣」によるものから、地域性が高く、一概には言えませんが、松の内と鏡開きの日にちは一般的に次のようになります。

関東の場合 

1/1~1/7が松の内、鏡開きは1/11
関西の場合

1/1~1/15が松の内、鏡開きは1/15(一部地域1/20)(京都の一部地域1/4)

元来、鏡開きは1/20に行われてきました。

 

ところが江戸時代、徳川第3代将軍、家光公が慶安4年4月20日に亡くなり「月命日」が20日になったことから、20日を避けるようになり、このような地域性が生まれたと言われています。

 


Sponsored Link

鏡開きにおしるこを食べる意味や由来は?

鏡開き お汁粉

 

鏡開きで鏡餅を食べる意味は、神様に供えたものをお下がりでいただくという儀式です。

 

なぜおしるこかというと、単純におしるこで食べたほうがおいしいからです。

 

アンコとお餅の相性の良さ、鏡開きの際にかち割ったお餅も、汁粉にすれば見栄えも良くなるということで、おしるこで食べるのが通例となったのです。

 

 

おしるこじゃないとダメなの?

おしるこで食べなくてはいけないという風習はありません。それこそ力うどんでも雑煮でも大丈夫です。

 

そもそも鏡開きは主に武家の間で行われていたもので、神様から力を授かるという意味もありました。なので、力うどんで食べるのは実に理にかなっているといえます。

 

鏡餅

 

【関連記事】

正月鏡開きの方法とお餅の食べ方!真空パックやカチカチお餅は?

お正月お屠蘇の作り方と飲み方!意味は?子供も飲める?

正月飾りを手作りで簡単に作る方法。子ども、高齢者におすすめ!

歳神様とは?祀り方や読み方。正月との関係や由来は?

お年玉の意味と語源。子供に渡す由来は?新札やポチ袋は?

 

お正月になんとなく鏡開きをして鏡餅をおしるこで食べていた方もいるでしょう。実は鏡開きと鏡餅にはちゃんとした意味や由来があったのですね。

 

これからは意味や由来を意識して、鏡餅やおしるこをいただいてみてはいかがでしょうか。

 

お正月から神様の力を授かると思えば、ただおしるこを食べたということではなく、なにやら元気が湧いてくるかもしれませんよ。


Sponsored Link