季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

伏見稲荷大社の初詣2017。参拝時間や期間中の混雑。出店は?

見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)は、京都府伏見区にある神社で、全国に約3万社あると言われている稲荷神社の総本山です。

 

伏見稲荷大社は全国初詣ランキング2位、近畿地方1位の初詣参拝客数を誇る、人気の神社。

創建は711年と言われますから、1300年以上の歴史のある神社となります。

 

一説によると全国に数多くある赤い鳥居の1番最初が伏見稲荷大社の鳥居なんだとか。鳥居と言えば、伏見稲荷大社の本鳥居は有名ですね。実は境内全体では10,000本以上もの鳥居があるといわれているんですよ。

 

金運上昇のパワースポットなので、商売繁盛の祈願にも多くの人が訪れます。

そこで伏見稲荷大社の初詣2017の参拝時間やアクセス情報など、伏見稲荷大社の初詣情報をお届けしますね。

 

・伏見稲荷大社の初詣2017の参拝時間や期間は?
・伏見稲荷大社の初詣で大開運のコツ!
・伏見稲荷大社の初詣の混雑状況は?人出はどれくらい?
・伏見稲荷大社の屋台の出店時間や期間は?
・伏見稲荷大社へのアクセス方法と駐車場情報について。

 

Sponsored Link

伏見稲荷大社の初詣2017の参拝時間や期間は?

 

参拝時間:終日参拝可能

 

お守授与:

1月1日00:00~1月3日24:00までは終日開所

1月4日以降 07:00~18:00

 

主ご利益:開運招福、商売繁盛、交通安全、学業成就、家内安全、五穀豊穣、厄除けなど

御祭神 :宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ)、佐田彦大神(さたひこのおおかみ)、大宮能売大神 (おおみやのめのおおかみ)、田中大神(たなかのおおかみ)、四大神(しのおおかみ)

 

※四大神とは

宇気母智神(うけもちのかみ)、和久産霊神(わくむすびのかみ)、豊受大神(とゆけのおおかみ)、托枳尼真天(だきにしんてん)の四柱の女神

 

伏見稲荷大社の初詣で大開運のコツ!

千本鳥居で運気アップ!

伏見稲荷大社 千本鳥居

 

伏見稲荷大社といえば「千本鳥居」。稲荷山山頂へとまるでトンネルのように並ぶ光景はとても壮観ですよね。朱色にも魔除けの力があるので、千本鳥居をくぐりぬけるだけで大きなご利益があるんですよ。

 

しかもその数10,000本以上!くぐり抜けなきゃ損ですね。なぜこれだけ鳥居がたくさんあるかというと、お願い事が通ったお礼や通るようにとの願いで、鳥居を奉納する信仰が江戸時代からあったからなのです。

 

そして実は今でも個人で鳥居を奉納することが可能です。大きさは5~10号あり、5号で175,000円くらいですからお値段は結構しますが^ ^;、興味のある方は伏見稲荷大社の社務所へ問い合わせてみてくださいね。でも、御膳谷奉拝所では、高さ34cmのミニ鳥居も2,500円で奉納できますよ。

 

伏見稲荷大社の鳥居は装飾性が強い明神系といわれるもの。ほかにシンプルな形状の神明系があり、これは伊勢神宮や靖国神社の鳥居がそうなっています。

ぎっしり隙間なく並んでいる千本鳥居ですが、狭いところだとその間10cm以下。まさに朱色のトンネルですね。

 

ちなみに、千本鳥居で記念撮影をするなら、お山巡りルートの四ツ辻より上の場所が比較的人が少なくおすすめです。

 

お山巡りで運気アップ!

伏見稲荷大社 おもかる石

 

伏見稲荷大社に行くなら、稲荷山を参拝するお山巡りもおすすめ。

千本鳥居をくぐった先の奥社奉拝所から往復約2時間ほどです。

 

スタート地点にある奥社奉拝所(奥の院)横にある石灯籠(おもかる石)では、祈願して灯籠の頭を持ち上げ、予想より軽いと願いが叶うといわれています。ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

途中には茶屋やおトイレもあるので安心です。途中の眼力社では商売繁盛のご利益があります。また、薬力社の湧き水を飲むと健康で長寿になるといわれていますよ。

勝負運をあげたいなら熊鷹(くまたか)社がおすすめ。

 

縁結びなら荒木神社

縁結び

 

縁結びを司る口入稲荷大神を祀る荒木神社

社務所にある口入人形は3体で1組のキツネの土人形です。

 

これを口入稲荷大神のお社で縁結びを祈願後、家に持ち帰って自宅に祀ると願い事が叶うといわれているんですよ。ただし口入人形は5,000円と少々お高めなので、そこはお財布とご相談してくださいね。


伏見稲荷大社でも縁結びのお守り、むすび守(1,000円)がありますよ。

 


Sponsored Link

伏見稲荷大社の初詣の混雑状況は?人出はどれくらい?

伏見稲荷大社 初詣

 

伏見稲荷大社の初詣は、例年正月の三が日で280万人以上の人出があります。

 

伏見稲荷大社は境内じたいはとても広いのですが(稲荷山が丸ごと境内です)、参拝者が一度に本殿に集まりますので、大変な混雑になります。

 

三が日は表参道の鳥居をくぐった時点から、ほぼ数珠つなぎ状態。本殿への参拝客の列が楼門まで続いています。

 

混雑のピーク時では、表参道から本殿の参拝を済ませるまで2時間程度を見積もりましょう

 

授与品を購入して、千本鳥居までお参りする場合は更に1時間、稲荷山全体のお参り(約4Km)を巡拝する場合は通常2時間のところ、3時間の見積もりが必要です

 

伏見稲荷大社 初詣 マップ

 

最初のピーク時間帯は、12月31日23:00~1月1日の20:00まで。この日は明け方3:00~08:00くらいまで若干の落ち着きがあるものの、終日混雑しています。

 

狙い目は4:00~06:00くらいと22:00以降いったところでしょうか。しかし空いているとは言い難い状態なので、ある程度の混雑は覚悟をして行きましょう。

 

1月2日以降のピーク時間帯は10:00~15:00と18:00~21:00頃まで。早朝参拝や深夜参拝が狙い目の時間帯です

 

伏見稲荷大社 初詣 混雑

 

人出は3日以降も衰えることがなく、日中は1月5日くらいまでは大変に混雑します。

 

2017年は1月7日~9日が土日祝日となっていますので、この日もやはり混雑します。従って混雑を避けたい場合は1月6日(金)が狙い目です。

 

特に注意したいのは1月5日(木)と9日(月・祝)

 

1月5日は大山祭、1月9日は成年祭の祭礼が行われるため、混雑が予想されます。混雑を避けて参拝されたい方はご注意下さいね。

 

伏見稲荷大社の屋台の出店時間や期間は?

伏見稲荷大社 初詣 屋台

 

伏見稲荷大社の屋台は、参道沿い・境内を中心に多数の出店があります

 

営業時間は12月31日23:00頃より1月1日24:00頃まで

一部の屋台は24:00を過ぎても営業しています。

 

1月2日以降は10:00頃より開店し、22:00~23:00頃に閉店するお店が多いようです。

 

営業期間は非常に長く、伏見稲荷大社では2月2日まで営業する屋台がほとんど。

 

混雑を避けたい方は1月10日以降に参拝しても、十分に屋台を楽しむことができるでしょう。

 

伏見稲荷大社 屋台 雀焼き

 

屋台のおすすめは、うずら・すずめ焼き、いなりずし、ベビーカステラ、鯛焼きパフェ、ベーコンエッグ鯛焼きなど。

 

特にうずら焼き、すずめ焼きは伏見稲荷大社名物なので、おすすめしたいところですが、ちょっぴりグロテスクなので、見た目が苦手!という人が多いかも(^^;)。

 

ベビーカステラは屋台数が多いので迷うところですが、前田か三宝屋のベビーカステラが人気のようですよ。

 

甘いのが苦手な人にはベーコンエッグ鯛焼き

ベーコン・玉子にマヨネーズ味の鯛焼きで、軽食代わりになるので非常におすすめ。見かけたらぜひ食べてみて下さいね。

 

伏見稲荷大社周辺の京町家INARIやまるもち家伏見稲荷本店は、三が日も空いている和のスイーツ店です。それぞれ抹茶わらび、まるもちがおすすめですよ。

 

伏見稲荷大社 鳥居

 

伏見稲荷大社へのアクセス方法と駐車場情報について。

場所:伏見稲荷大社

住所:京都府京都市伏見区深草薮之内町68

電話:075-641-7331

地図:


公式HP:伏見稲荷大社

電車の場合:①JR稲荷駅より徒歩すぐ②京阪伏見稲荷駅より徒歩5分

車の場合:名神高速京都南ICから国道24号(竹田街道)経由3km15分

 

駐車場

無料の駐車場が170台ありますが、1月1日~5日の間は使用することができませんのでご注意下さい

 

周辺は大規模な交通規制が敷かれますので、なるべく近寄らない方がベター。

 

また、交通規制区域外付近の駐車場は非常に少なく、特別料金で法外な駐車料をとられるのでおすすめできません。JR沿線の有料駐車場を利用して、パーク&ライドをおすすめします。

 

伏見稲荷大社の初詣に行ったらコレがおすすめ!

伏見稲荷大社 千本鳥居

 

【関連記事】

京都八坂神社の初詣。混雑や参拝時間は?屋台の期間。

北野天満宮の初詣の混雑時間。屋台出店はいつまで?

平安神宮初詣のアクセスや駐車場状況。屋台の時間は?

住吉大社の初詣の混雑と屋台時間。アクセスや駐車場は?

伊勢神宮の初詣。混雑を避ける参拝時間。駐車場は?

 

見稲荷大社は、豊臣秀吉が寄進したという楼門や、千本鳥居が有名ですね。

 

もちろん、こうした歴史的建築物もおすすめなんですが、伏見稲荷大社の初詣に行ったらおすすめしたいのがおみくじ

 

伏見稲荷大社のおみくじには、実は「大吉」より上があるんですよ。

それは「大大吉」

 

噂によると、初詣期間中は通常よりも多めに大大吉が入っているのだとか。新年の運試しに、ぜひおみくじにチャレンジしてみて下さいね。

 

季節柄、非常に寒いので、防寒対策をしっかりしてお出かけ下さい。

それでは、良いお参りを!