季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

横浜開港祭2019の日程とスケジュール!見どころや混雑は?


Sponsored Link

開港祭の日程と見どころなどをご紹介いたします。

 

今年もやってまいりました。

横浜市民による横浜市民のためのお祭り“横浜開港祭”!

 

横浜に夏を告げる大イベントとしてすっかり定着した横浜開港祭は2019年で第38回を数えます。

もちろん横浜市民でなくても最高に楽しいお祭りです。

 

とにかくイベント豊富で見どころや体験できるものもたくさんあって、盛り上がりが尋常ではありません。

花火もあるのでお祭り期間は人であふれかえります。

 

横浜開港祭は市民祭り。

熱気に満ちたこのお祭りを影で支えるのが多くのボランティアの方々なんですよ。

 

それでは海外からの観光客も多く訪れる横浜開港祭2019のイベントスケジュールや楽しみ方などを、下記の流れに沿ってお届けしていきます!

 

・横浜開港祭2019の日程とイベントスケジュールは?
・横浜開港祭『ステージイベント』の見どころはこちら!
・横浜開港祭『マリンイベント』と『ランドイベント』で楽しむ!
・横浜開港祭の屋台や混雑状況は?親善大使の倍率は?
・横浜開港祭周辺のおすすめ観光スポットは?
・横浜開港祭周辺のおすすめ宿泊所は?
・横浜開港祭のアクセス方法と駐車場情報。

 

Sponsored Link

横浜開港祭2019の日程とイベントスケジュールは?

日程:2019年6月1日(土)~2日(日)

【主なイベントスケジュール2019】
横浜開港祭の2日間はとにかくイベントだらけ。
まずはおもなイベントスケジュールをご紹介しますね。

おおまかな雰囲気を掴みつつ、さまざまなイベントに参加してみてください。

【CHEER TEAM LIVE】
(6/1・16:40~17:45、6/2・13:40~14:40):臨海パーク メインステージ【三宅太鼓 横浜組演舞】(6/1・11:05~11:20):臨港パーク内メインステージ【横浜開港祭ストリート】(6/1、6/2・10:00~18:00):臨港パークメインエントランス【移動タッチプール アクアマリンふくしま】

(6/1・10:00~17:00、6/2・10:00~15:00)

【横浜ディスコナイト】

(6/1・18:30~20:30):臨港パーク内メインステージ

【ドリーム・オブ・ハーモニー】

(6/2・18:35~19:20)臨港パーク内メインステージ

【たかしまⅡ乗船会】

(6/1、6/2・10:30~15:30)臨港パーク ぷかり桟橋

【水陸両用バス”スカイダック横浜”乗車会】

(6/1・10:00~17:00、6/2・11:00~17:00):日本丸メモリアルパーク

【Gateway Yokohama Stage】

(6/1・12:30~18:00、6/2・12:30~17:10):臨港パーク内潮入りの池ステージ

【スポーツ教室】

(6/1・10:00~18:00、6/2・10:00~17:00):潮入りの池エリア芝生スペース

【官公庁艇パレード】

(6/2・12:00~13:20):臨港パーク前海上

【MM(ミニ四駆)グランプリ】

(6/1・10:00~18:00、6/2・10:00~15:00):臨港パーク内

【アクアボード・フライングショー】

(6/1・12:15~12:40):臨港パーク前海上

【みなこいで「良い世が来~い」!】

(6/1・14:50~16:00):臨港パーク内メインステージ

【ロサ・アルバ横浜湾港内クルーズ】

(6/1,6/2・11:00~15:45):臨港パーク ぷかり桟橋

【官公庁音楽隊LIVE】

(6/1・12:40~14:00):臨港パーク内メインステージ

【POWER of SONG Battle HERO 優勝者LIVE】

(6/1・17:40~18:30):臨港パーク内メインステージ

【横浜開港祭検定スタンプラリー】

(6/1・10:00~17:00、6/2・10:00~16:00):臨港パーク及び周辺会場

【POWER of DANCE YOKOHAMA ダンス STARS】

(6/2・10:00~15:50)

【チビッ子ミニ駅伝】

(6/1・7:30~12:00):臨港パーク内 水際線特設コース

【キッズ★プレイランド】

(6/1・10:00~18:00、6/2・10:00~17:00):太鼓橋エリア

【POWER of SONG よこはま歌うま選手権】

(6/2・15:55~16:35):臨港パーク内メインステージ

【スーパーキッズ体験操船会】

(6/1・9:00~16:00、6/2・8:30~11:00):臨港パーク前海上

このほか、アフリカ開発会議、STEP IN THE LIFE、Dreaming dance stage、応援救護、横浜開港喫茶、エコキッズパーク、SEABIN(シービン)、フラッシュモブ、SUP体験、シーカヤック体験、MIRAI Designing、海で働く船(ゆうぎり型護衛艦)見学会、海で働く特殊車両展示などのイベントがあります。

 

横浜開港祭はあちこち気軽にまわりながら楽しめるお祭りなんですよ。

 


横浜開港祭『ステージイベント』の見どころはこちら!

横浜開港祭 ビームスペクタクル in ハーバー

 

横浜開港祭は前夜祭からエンジンがかかります。

 

6月を幸先よくスタートさせるために、ぜひ前夜祭から参加してみてくださいね。

きっとエネルギーとパワーをもらえますよ。

 

前夜祭も本祭もすべてがメインイベントのようなお祭りなので、どれを見ても十分楽しめますよ。

 

ここではおもにステージイベントの見どころについてご紹介していきます。

今年は開港160周年記念スペシャルステージライブもありますよ。

【横浜ディスコナイト】

海外との交流も盛んな横浜は、さまざまな国やジャンルの音楽が流れています。

形にとらわれない自由な音楽スタイルで活気に満ちたステージを演出します。

ディスコを知っている人も知らない人も一緒に盛り上がれますよ。

 

日程:6月1日(土)18:30~20:30

場所:臨港パーク内メインステージ

出演者:DJ 栗原治久、DJ Remo-con、DJ TJO、DJ 帝

 

【ドリーム・オブ・ハーモニー】

横浜開港祭の目玉の1つで約600人による大合唱です。

この日のために練習した横浜市民、小学生からシニアまでが会場を音楽の渦に巻き込みます。

 

夕暮れの海を背景にしての大合唱はとても感動的です。

皆が知っているような選曲ばかりなので、気がついたら一緒に歌っているかもしれませんよ。

 

日程:6月2日(日)18:35~19:20

場所:臨港パーク内メインステージ

 

【ROAD to 横浜開港祭(臨港パーク内メインステージ)】

横浜といえば音楽、歌、ダンス!

将来活躍するかもしれないアーティストの卵たちがメインステージで豊かな才能を披露します。

 

〈POWER of SONG Battle HERO 優勝者LIVE〉

日程:6月1日(土)17:40~18:30

 

〈CHEER TEAM LIVE〉

日程:6月1日(土)16:40~17:45、6月2日(日)13:40~14:40

 

〈POWER of DANCE YOKOHAMAダンスSTARS〉

日程:6月2日(日)10:00~15:50

 

〈POWER of SONG よこはま歌うま選手権〉

日程:6月2日(日)15:55~16:35

 

【開港160周年記念スペシャルステージライブ】

日程:6月2日(日)16:40~18:05

場所:臨港パークメインステージ

ゲスト:SEAMO、TEE、TiA

ほかにも官公庁音楽隊LIVEステージ、STEP IN THE LIFE、横浜よさこい、ハローキティミニステージ じゃんけんパラダイスライブやダンス、お笑いなど多種多様なイベント盛りだくさんです。

 

市民協賛観覧席

横浜開港祭では有料観覧席も設けられています。

場所は臨港パーク特設メイン会場の芝生席。

1名6,000円です。

詳細はこちらをご参照ください。

 

Sponsored Link

横浜開港祭『マリンイベント』と『ランドイベント』で楽しむ!

横浜開港祭では2日間で、本当にたくさんのイベントが実施されます。

ディスニーランドのようにランドイベント・マリンイベントと、陸上および海上で行われるイベントに分かれます。

 

全部を観るのは難しいと思うので、あらかじめポイントを絞って楽しみましょう。

イベントや見どころを楽しみ方別にご紹介したいと思います!

 

マリンイベントを楽しむ

海上で行われるイベントはとても爽快!

見ていても体験しても開放的で楽しいものばかりですよ。

【スーパーキッズ体験操船会】

 

船外機(エンジン)付ゴムボートの操縦体験。

小学生以上のキッズ対象に、日ごろ体験することのできないエンジン付きゴムボートが操縦できます

海の上を滑るように進むゴムボートは見ていても楽しいですよ!

子供のテンションも上がりっぱなしです。

 

6/1(土)9:00~12:00、13:00~16:00、6/2(日)8:30~11:00

場所:臨港パーク前水面 料金:200円

 

【SUP体験】

横浜開港祭 SUP体験

 

SUPとはStand Up Paddleboardのこと。

サーフボードの上に乗ってパドルで漕ぎながら水上を移動します。

水上を漕ぎながらゆっくりと散歩できますよ。

難しい操作は必要ないので誰でも簡単にチャレンジできます。

親子での2人乗りも可能です。

 

6/1(土)9:15~15:45、6/2(日)9:15~15:45

場所:日本丸メモリアルパーク内海面上 料金:500円

 

【水陸両用バス乗船会】

横浜開港祭 水陸両用バス 入水

 

映画などでみかける水陸両用バス(スカイダック)に実際に乗ることができます。

子供だけでなく大人も喜ぶこと請け合い。

水しぶきを上げて陸から海に入る瞬間は感動の声が上がりますよ。

陸と海からみなとみらいの風景を楽しみましょう!

 

6/1(土)10:00~17:00までに14便、6/2(日)11:00~17:00までに11便

場所:日本丸メモリアルパーク 料金:大人2,000円、子供1,000円

 

【海で働く船(ゆうぎり型護衛艦)の見学会】

海上自衛隊の護衛艦に乗って、船内を見ることができます。

近くで見るとその巨大で迫力ある姿に驚きますよ。

入船するときには子供も大人もワクワクすることでしょう。

写真を撮る人も多くSNS映えすること間違いなしです。

 

6/1(土)13:00~16:00、6/2(日)10:00~16:00

場所:大桟橋

 

【シーカヤック体験】

 

陸上にてレクチャーを受けた後、インストラクターといっしょにシーカヤックを併走。

海を近くに感じることができます。

1人で乗れたら最高に楽しいですね。

親子で一緒に乗ることもできますよ。

 

6/1(土)9:30~16:00、6/2(日)9:30~16:00

場所:日本丸メモリアルパーク内海面上 料金:500円

 

官公庁艇パレード】

横浜開港祭 官公庁艇パレード 放水

 

横浜市消防局、千葉港湾事務所、横浜清港会、横浜市港湾局、海上自衛隊、横浜税関、横浜海上保安部、横浜水上警察など、官公庁の艇船舶が海上パレードを実施します。

 

普段あまり目にすることのない官公庁艇船舶が勢ぞろいするので、大変見応えがありますよ。

なかでも消防艇の放水イベントは大迫力!

とても涼しさを感じます。

風向きによってはちょっと水しぶきがくるかもしれませんがそれもご愛嬌。

 

6/2(日)12:00~13:20

会場:臨港パーク前海上

 

【移動タッチプール アクアマリンふくしま】

横浜開港祭 アクアマリンふくしま

 

アクアマリンふくしまのトラック式移動水族館で、ミニ水族館を見ることができます。

海の生き物たちと直接触れ合える水族館。

実際に泳いでいる魚や水の中の生物を見て、触って、感じて学べる人気イベントです。

 

6/1(土)10:00~17:00、2日(日)10:00~15:00

場所:南口広場

 

【ビームスペクタクルinハーバー】

横浜開港祭 ビームスペクタクルinハーバー

 

横浜開港祭といえばビームスペクタクルinハーバー!光と音と花火の大スペクタクル。

横浜開港祭のフィナーレを飾る大イベントです。

 

音楽に合わせてレーザー光線とライト花火が次々と夜空を彩ります。

このイベントだけを目的に来場する観客も大勢いるんですよ。

 

毎年、その演出がメディアで話題になるほどなので、見逃す手はありません。

横浜開港祭の大トリなので混雑もマックス。

行き帰りのルートはあらかじめ確認しておいたほうがいいかもしれません。

 

6/2(日)19:20~20:00

場所:臨港パーク前海上

ほかにもアクアボートフライングショー、たかしまⅡ乗船会や観光船ロサ・アルバでのクルーズ、海で働く特殊車両の展示など多くのイベントが目白押しですよ。

 

ランドイベントを楽しむ

陸上イベントも実に豊富!

あちこち動き回れる楽しいイベントも多く、老若男女問わずに楽しめますよ。

第6回ちびっ子ミニ駅伝2019】

横浜開港祭 ちびっ子ミニ駅伝

 

400名の小学生が走るミニ駅伝。

襷(たすき)を掛けた小学生が必死で走る姿を見ると、思わず声援を送りたくなることでしょう。

小学生といえども皆真剣勝負なので、大人のレースに負けるとも劣らない迫力ですよ。

肩を並べて競い合う手に汗握るレース展開もみものです。

 

6/1(土)7:30~12:00

場所:臨港パーク内 水際線特設コース

 

【ミニ四駆MMグランプリ】

横浜開港祭 ミニ四駆MMグランプリ

 

会場に作られた特別コースでミニ四駆を走らせます。

ミニ四駆を持ち込んでもOKですし、組み立てることもできます。

結構白熱したレースが見れますよ。

 

6/1(土)10:00~18:00、6/2(日)10:00~15:00

会場:臨港パーク内

 

【横浜開港祭キッズプレイランド】

横浜開港祭 キッズプレイランド 逆バンジー

 

逆バンジーとバンパーボートで遊べる場所。

子供も大喜び!

ぜひ満面の笑みで楽しんでいる写真を撮ってあげましょう。

バンパーボートは電動ボートですが、子供向けに作られた安全安心設計なので2歳児から利用できます。

 

6/1(土)10:00~18:00、6/2(日)10:00~17:00

場所:太鼓橋エリア

 

【横浜開港祭検定スタンプラリー】

横浜開港祭 スタンプラリー

 

会場ではスタンプラリーが実施されます。

親子で楽しめるイベントに参加・見学してクイズに答えてスタンプを集め、記念品をもらっちゃいましょう。

特賞は横浜港ランチクールチケットなので、ママが一番やる気になるかもしれませんね。

 

6/1(土)10:00~17:00、6/2(日)10:00~16:00

場所:臨港パーク内及び周辺会場

 

【スポーツ教室】

いろいろなスポーツを基礎から上級テクニックまで学べます。

体を動かすのが好きな子供にはぴったり!

青空のもとでみんなで体を動かすことで、心身ともに健康になれちゃいますよ。

 

6/1(土)10:00~18:00、6/2(日)10:00~17:00

会場:潮入りの池エリア芝生スペース

 

【横浜開港祭ストリート】

さまざまな食べ物や特産品、お土産などのお店が並びます。

 

6/1(土)10:00~18:00

場所:臨港パークメインエントランス

ほかにも応急救護体験、横浜開港喫茶、エコキッズパーク、フラッシュモブ、エコステーションなどさまざまなイベントが行われています。

 

横浜開港祭の屋台や混雑状況は?親善大使の倍率は?

崎陽軒シュウマイ

 

グルメカーニバル会場にて数多くの屋台や移動販売車による出店があります。

 

トルコアイスやシシカバブ、ケジャンやチョッカルなど、国際色豊かな食事やデザートが楽しめますよ。

 

日本からは横浜の特産品が出店。

シュウマイの横浜崎陽軒をはじめ、横浜ゆかりの老舗が勢ぞろい!

横浜開港祭特別バージョン、オリジナル商品なども販売されるので目が離せませんね。

 

老舗だけでなく新進気鋭の横浜パティシエやラーメン店など、これからの横浜トレンドを担うお店も数多く出店するので要チェックです。

 

世界のお酒を味わえる“SAKE of the world”も開催。

飲んで食べてステージやイベントも大いに楽しみましょう。

 

スウィーツパラダイス終了後は参加作品の即売会も行われます。

 

来場者と混雑状況

青空

 

横浜開港祭は横浜に夏を告げる大イベントとして定着しています。

観客動員数は2日間で70万人以上で毎年増加中。

 

特にメインイベントステージ前は常に大勢の人だかりです。

天気の良い日中などは日よけの帽子が必要でしょう。

日傘は他の観客の妨げとなるため適しません。

 

横浜開港祭 花火

 

最大のフィナーレであるビームスペクタクルinハーバー(花火)は特に混雑します

この時間帯は周囲が暗いので、特にお子様の迷子にはじゅうぶんご注意くださいね。

 

大人同士であっても、万一はぐれた場合を想定して、あらかじめ待ち合わせ場所を決めておくと良いですよ。

 

横浜開港祭はペットの入場も可能です。

 

親善大使の倍率は?

 

横浜開港祭のキャンペーンPRや当日の運営活動をする親善大使12名+小学生親善大使4名。応募倍率はだいたい毎年5倍~6倍くらいのようです。

 

交通費1日一律1,000円が支給される他は、完全なボランティアのため無報酬です。

 

経験者からは「横浜開港祭を作る一翼を担えて貴重な体験ができた」「より思い出に強く残る横浜開港祭になった」と経験談が寄せられていますよ。

 

毎年4月に募集開始。

対象は18歳以上(高校生不可・小学生可)の明るくて健康的な女性、外国人留学生も歓迎

われこそは、と思う方はどしどし応募してみてくださいね。

 

横浜開港祭周辺のおすすめ観光スポットは?

横浜港

 

横浜開港祭は観光の活性化を図るための市民祭です。

横浜開港を祝うお祭りでもあります。

 

イベントもたくさん開催され大人から子供まで楽しめます!

 

横浜開港祭の会場周辺には観光スポットも多いのでお祭りと一緒に楽しむのもいいですね。

 

横浜美術館

横浜開港期の19世紀後半から現代にかけてヨーロッパと日本に美術作品が所蔵されています。

日本の画家やダリ、マグリットなどの作品も多数所蔵されています。

 

写真コレクションも充実していて、館内では講座やワークショップも行っています。

ミュージアムやカフェ、レストランも併設されているので1日中楽しめますよ!

住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1

電話:045-221-0300

営業時間:10:00~18:00

料金:【コレクション展】一般500円、高校生・大学生300円、中学生100円、小学生以下 無料【企画展】展覧会ごとに異なります。

定休日:毎週木曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始

 

横浜アンパンマンこどもミュージアム

子供がいる家族ならアンパンマンミュージアムはピッタリです♪

 

アンパンマンの世界が体験できる施設で子供は大喜びですよ。

アンパンマンの仲間たちのパンは大人もテンション上がりますね。

 

1階のショップやレストラン、フードコーナーは入場無料で利用できます。

限定の商品や子供が喜ぶ料理が頂けますよ。

子連れには嬉しい観光スポットですね!

住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい6-2-9

電話:045-227-8855

営業時間:【ミュージアム】10:00~17:00【ショップ&フード&レストラン】10:00~18:00

料金:大人(中学生以上)2,200円、子供(一歳以上)2,200円

定休日:元旦

 

オービィ横浜

約50種の動物を近くで見ることもでき、触れることもできます。

 

デジタルとリアルが調和した店内型テーマパーク♪

キャットパラダイスやシマリスの森など大人から子供まで楽しむことができます。

 

4Dシアターでは絶滅の危機に瀕するマウンテンゴリラについて学ぶことができます。

迫力のあるシアター体験もおすすめですよ。

住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-5-1

電話:045-319-6543

営業時間:【月~木】9:00~21:00【金~日・祝・祝前日】9:00~22:00

料金:【入場料】大人800円、シニア300円、中学生・高校生500円、小学生300円、幼児 無料【パスポート(入館料+フリーパス)】大人2,400円、シニア1,400円、中学生・高校生1,800円、小学生1,600円、幼児1,200円

定休日:マークイズみなとみらいの施設点検に併せて休館日が年1回程度

 

横浜開港祭周辺のおすすめ宿泊所は?

ホテル ベッド

 

横浜開港祭はイベントや体験がたくさんあります。

盛り上がるイベントなのでお祭り期間は混雑します。

 

夜には花火も行われ朝から晩まで楽しめます。

混雑するお祭りでは近くにホテルを予約しておくと移動が楽ですよ♪

 

横浜開港祭周辺のおすすめ宿泊所をご紹介します。

 

ニューオータニイン横浜プレミアム

JR桜木町駅から徒歩約1分の場所にあります。

祭り会場からも近く、徒歩で行くことができますよ。

完全禁煙ホテルなので家族連れの旅行にも安心ですね。

 

夜景がとても綺麗で口コミでも大感動!と好評ですよ。

朝食はバイキング形式で50種類の栄養バランスを考えて作られています。

全室4Kテレビや加湿器空気清浄機完備です。

住所:神奈川県横浜市中区桜木町1-1-7

電話:045-210-0707

 

ホテルビスタプレミオ横浜

横浜みなとみらい21地区にあり、地上20階建てのホテルは綺麗な夜景や多彩な施設が完備されています。

レストランやコンビニ、ジムなど、ちょっとした買い物や食事もOKです。

 

客室は3点独立型水周りやシャワードバスルームです。

お部屋は幅広いタイプなのでゆっくりくつろげます。

住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい6-3-4

電話:045-650-3222

 

リッチモンドホテル横浜駅前

こちらのホテルはJR横浜駅北西口から徒歩約2分の場所にありビジネスにもおすすめですよ♪

駅から近いので観光にも便利でお祭りの会場からも近いです。

 

全室シモンズベッド、加湿器付空気清浄機も完備されています。

Wi-Fiもあり調べものもサクサクできますよ!

朝食バイキングは横浜ならではのメニューもあります。

住所:神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-13-7

電話:045-311-0155

 

横浜開港祭のアクセス方法と駐車場情報。

横浜開港祭り 親善大使 ダンス

会場:臨港パーク

住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1

パシフィコ横浜総合案内(045-221-2155)

地図:

電車でのアクセス】

①みなとみらい線「みなとみらい駅」から徒歩約5分、新高島駅から徒歩約10分

②JR桜木町駅から徒歩約15分

③市営地下鉄 桜木町駅から徒歩約15分

 

【車でのアクセス】

首都高速みなとみらい出入口から約1km約3分

駐車場情報

 

臨港パーク駐車場は収容台数が100台しかありませんが、周辺にはパシフィコ横浜駐車場、みなとみらい公共駐車場、クイーンズパーキングその他、有料駐車場が多数あります。

 

おすすめ穴場駐車場情報

横浜開港祭 海上自衛隊 音楽演奏

 

横浜開港祭を楽しむなら、1日最大料金が決められている駐車場が魅力的ですよね。

 

そこで、臨港パーク周辺で1日最大料金が決められている駐車場で、比較的収容台数が多い場所をご案内いたしますね。

 

【三菱重工横浜ビル駐車場】

住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目3-1

電話:045-225-0900

営業時間:24時間

収容台数:463台

料金:30分250円、平日の一日最大料金は1,500円、土日祝は2,000円

(一日最大料金は午前7時~午後11時まで適用)

 

【ニトリ みなとみらい店】

住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい4丁目5-1

電話:0120-014-210

営業時間:24時間

収容台数:146台

料金:60分500円、平日の一日最大限料金は1,200円、土日祝は2,400円(ニトリ来店客は30分無料、2,000円以上購入で60分無料)

臨港パーク周辺駐車場のもっと詳しい情報をお知りになりたい方はこちらをどうぞ。

 

たくさんの人とイベント!活気あふれるお祭り

横浜開港祭 親善大使

 

【関連記事】

横浜開港祭花火大会の日程と時間。穴場スポットはどこ?

逗子海岸花火大会の日程と場所取り。浴衣でも大丈夫?

小田原城あじさい花菖蒲まつりの開花状況。ライトアップは?

開成町あじさい祭りの見頃と開花状況。アクセスや駐車場は?

久我山ほたる祭りの見頃や放流時間。混雑状況は?

水郷潮来あやめ園あやめ祭り!見頃と開花状況。駐車場は?

 

浜開港祭のイベントスケジュールや見どころなどをご紹介いたしました。

 

横浜開港祭は、港町、文明開化の町、吹奏楽の町、いろいろな横浜の歴史を肌で感じながら、観て、食べて、参加して楽しめるお祭りですよ!

 

初めての人は今年はぜひ、行ったことある人は今年もぜひ、横浜開港祭でたくさんのイベントを楽しんでくださいね。

Sponsored Link