季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

奈良東大寺二月堂の修二会2019!日程やお水取りの時間は?


Sponsored Link

東大寺二月堂(とうだいじにがつどう)は、奈良県奈良市雑司町にある華厳宗(けごんしゅう)の総本山である東大寺にある仏堂です。

 

奈良の早春の風物詩である「お水取り」が行われる建物として有名ですね。

 

お水取りは正式には修二会(しゅにえ)と呼ばれる宗教行事で、奈良時代の8世紀ころより続いていると言われています。

 

東大寺二月堂は、この修二会に特化した空間を持つ、非常に珍しい仏堂で、いわば修二会のための仏堂と言っても過言ではありません。

 

したがって二月堂で行われる修二会は、非常に大規模で荘厳を極めます。

 

現地で見るお松明はテレビで見るよりも桁違いの迫力ですよ!

 

そこで奈良東大寺二月堂の修二会2019の日程や見どころなど、奈良東大寺二月堂の修二会の情報をお届けしたいと思います。

 

・東大寺二月堂修二会2019の日程やお水取りの時間は?
・東大寺二月堂の修二会とはどんな行事?お水取りとは?
・東大寺二月堂お水取りの見どころ!「大松明(おたいまつ)」とは?
・東大寺二月堂周辺のおすすめ宿泊所は?
・東大寺二月堂のアクセス方法と駐車場情報。

 

Sponsored Link

東大寺二月堂修二会2019の日程やお水取りの時間は?

日程:2019年3月1日(金)~3月14日(木)

お水取り:3月13日(水)深夜01:30~

 

【お松明開始時間】

3月1日~11日・13日 19:00~

3月12日(お水取り本番) 19:30~

3月14日 18:30~

【お松明本数】

3月1日~11日・13日 10本 所要時間約20分

3月12日 11本 所要時間約45分

3月14日 10本 所要時間約10分

東大寺 修二会 お松明

 

東大寺の二月堂修二会は約2週間に渡って行われる行事です。

 

特に3月12日は「お水取り」と呼ばれ、最も盛大に催されます。

 

お松明はお水取りの行われる12日以外にも見ることができますが、この日に見に来る人がとても多いので一番混雑します。

 


東大寺二月堂の修二会とはどんな行事?お水取りとは?

東大寺二月堂の修二会とは?

奈良東大寺二月堂

修二会(しゅにえ)とは奈良時代に始まった仏教行事で、お寺によっては修正会(しゅしょうえ)、花会式(はなえしき)、お水取りと呼ばれることもあります。

東大寺二月堂の修二会は「お水取り」と呼ばれることが多く、特に盛大に行われることで有名です。

 

修二会は人々に代わって懺悔の修行をした、「練行衆」と呼ばれる11人の僧侶を主にして行われ、天下泰平、万民豊楽、五穀豊穣などが祈願されます。

 

お水取りとは?

奈良東大寺二月堂 修二会 お水取り

 

厳密に言うところのお水取りとは、

“修二会において3月13日の午前1時に、閼伽井屋(あかいや)にある若狭井と呼ばれる井戸より、「お香水(おこうずい)」という神聖なお水を汲み取る儀式のこと”

をいいます。

 

しかし広義においては東大寺の修二会のことを指すことが多いので、修二会=お水取り と考えても差し支えないでしょう。

 

奈良東大寺二月堂 修二会 お松明

 

修二会のメイン儀式とも言える儀式が「大松明(おたいまつ)」と呼ばれる松明を振りかざす儀式なので、火の儀式なのにお水取り?と不思議に思われる方も多いと思います。

 

しかし修二会は12日が中心日となるので、その日の最も最後に行われる儀式の「お水取り」の名が広まったと考えれば、納得がいきますね。

 


Sponsored Link

東大寺二月堂お水取りの見どころ!「大松明(おたいまつ)」とは?

奈良東大寺二月堂 修二会 お水取り

東大寺二月堂の修二会の見どころは、修二会のシンボルとも言える大松明

 

二月堂の舞台で火のついた大松明を振り回す勇壮・荘厳な儀式です。

元々は練行衆が夜の修行をする際に道灯りとして使われた松明なのです。

 

そして時代とともに巨大化していき、江戸時代になるとほぼ現在のような大きさになったと言われています。

 

その大きさは6~8m、重さ約40Kg。

この大きさのものは3月12日のお水取り本番を除く日に、毎日10本ずつ炊かれます。

 

奈良東大寺二月堂 修二会 お松明

3月12日のお水取り本番の日はさらに大きく、長さ8m、直径約1m、重さ約70Kgの籠松明が11本

したがってこの日が最も見応えがあると、大勢の参拝客で賑わいます。

 

闇の中に降り落ちる火の粉の赤と黒のコントラストは、観る者を圧倒する迫力!

 

幻想的でもあり、荘厳ともいえる大松明は、遠くからでも観ごたえ十分ですよ。

 

奈良東大寺二月堂 修二会 お水取り

“大松明の火の粉”を浴びると無病息災、福を呼び込むといわれています。

 

そして、燃えかす(杉の枝など)”をお守り代わりに持って帰るとご利益があるともいわれています。

①大迫力のお松明をご覧になりたい場合はお水取りの3月12日

 

②ゆっくり、じっくりとご覧になりたい方はそれ以外の日に参拝する

といった予定で良いと思いますよ。

 

土日に比べ平日はかなり空いているので、混雑を避けたい場合や火の粉がかかる位置に居たい場合は、平日が断然おすすめです。

 

松明が赤々と燃えているとはいえ、見ている側はかなり寒い中でじっとしていなくてはならないので防寒対策は必須です。

 

また夜道で石段もあるので歩きやすい靴と、懐中電灯があると安全ですよ。

 

東大寺二月堂周辺のおすすめ宿泊所は?

奈良 万葉若草の宿 三笠

万葉若草の宿 三笠

 

こちらの旅館もお水取りの時期には人気の宿泊所。

 

三笠は近鉄奈良駅から車で8分、JR奈良駅から車で13分。

若草山の中腹にあり、ロビーからは綺麗な夜景を見ることができます。

都会とは違った、自然に囲まれた古都ならで絶景を堪能して癒されましょう。

 

無料送迎バスがあるので電車でも安心ですよ。

 

東大寺二月堂からは1.1kmほどの場所にあります。
露店風呂付の和室、洋室もあり、ゆっくりお風呂を堪能したい方に人気。
館内は清潔感があり、スタッフの対応も良いと口コミでも好評です。

 

三笠では「東大寺修二会お松明見学」の宿泊プランがあります。

 

修二会見学の前にしっかりと夕食をとって出掛けられるプランで、東大寺までは無料送迎バスを出してくれるほか、帰館後にあたたかいぜんざいの振る舞いや、使い捨てカイロをプレゼントしてくれるなどのサービスがあります。

 

住所:奈良県奈良市川上町728-10

電話:0120-77-5471

公式HP:奈良 万葉若草の宿 三笠

 

ホテルサンルート奈良

ホテルサンルート奈良

 

客室を全館リニューアルし、より快適に宿泊ができるようになった大手チェーンホテルです。

 

ホテルサンルート奈良には、修二会をより良く知ってから見学に出られるよう「東大寺二月堂修二会セミナープラン」や、奈良まほろばソムリエによるガイド付きの宿泊プランがあります。

 

もちろん会場まで無料の送迎付き。

使い捨てマスクやカイロのプレゼントもあるので、安心して修二会を存分に堪能することができると思います。

 

住所:奈良県奈良市高畑菩提町1110

電話:0742-22-5151

公式HP:ホテルサンルート奈良

 

奈良ホテル

東大寺二月堂からは1.1kmと距離も近くハイクラスホテルです。

奈良の高い台にある、奈良ホテルは見晴らしも良く、日頃の疲れを忘れゆっくりするにはもってこいの場所です。

 

心地よいクラシックが聞こえる館内は雰囲気がとても良いですよ♪

 

お水取りの期間に宿泊する方も多く、口コミではサービスが充実していて雰囲気が良いホテルと評判です。

ハイクラスなのでお値段は張りますが、特別な日や、日常を忘れたい方にもおすすめです!

 

住所:奈良県奈良市高畑町1096

 

東大寺・奈良公園まで徒歩約5分 ホテル ニュー わかさ

東大寺からは徒歩で約5分の場所にあります。

大仏殿や若草山を一望でき、心安らぐ和室でゆったり過ごすことができます。

 

お部屋には縁側があり、天気が良い日は外を眺めて日向ぼっこしましょう。

 

お風呂からの眺めも良いですよ。

また、限定1室の特別室には専用のお庭があります。

とても景色が良いのでほっこりした気持ちになれますね。

 

住所:奈良県奈良市北半田東町1

 

東大寺二月堂のアクセス方法と駐車場情報。

奈良東大寺二月堂 修二会 お松明

場所:東大寺二月堂

住所:奈良県奈良市雑司町406-1

電話:0742-22-5511(東大寺)

地図:


公式HP:東大寺修二会

電車の場合:近鉄近鉄奈良駅よりバス10分、大仏殿春日大社前下車、徒歩20分

車の場合:京奈和道木津ICから7km15分

奈良東大寺二月堂 修二会 お松明

 

駐車場

東大寺二月堂の修二会のための臨時・特設駐車場はありません。

周辺の有料駐車場をご利用ください。

 

 

遠巻きに見ても十分な迫力!でも火の粉を浴びたいなら?

奈良東大寺二月堂 修二会 お水取り

 

【関連記事】
勝山左義長まつりの日程スケジュール。どんど焼きの時間。
奈良吉野桜の見頃と時期情報。開花状況や開花予想。

 

大寺二月堂の修二会は2週間の期間中、約13万人ほどの人出があります。

 

特に12日のお水取りの日は最も混雑が予想され、入場規制が行われる可能性が高いので、早めに現地入りを心がけましょう。

 

遠くからでも十分に迫力のある大松明ですが、無病息災、開運招福のご利益があると言われている火の粉を浴びたいなら、それなりの場所取りが必要です。

12日以外の平日であれば1時間前くらいから、12日のお水取りの日は3~4時間前には場所取りをする必要があります。

大勢の人に揉まれるので、逃げ場がありませんから、火の粉を浴びても大丈夫なように燃えにくい素材の服で、帽子とマスクは絶対的なマストアイテム

 

毛糸の帽子とかだと気づかないうちに小さな穴が空いていたりします。

 

行く日としては、火の粉を浴びやすく燃えかすを拾いやすい平日を狙うのがおすすめですよ。

 

やけどに気をつけて、今年1年の運気を上げてくださいね。

お水取りが終わればいよいよ“春の訪れ”が近づきます。

 

それでは、良いお参りを!

Sponsored Link