季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

井の頭恩賜公園の桜2019!花見頃や開花状況は?屋台やライトアップは?


Sponsored Link

東京にはのきれいな名所がたくさんあります。

 

井の頭恩賜公園はボートでのお花見が人気の公園。

毎年桜の咲く季節はとても多くのお花見客が訪れます。

もちろんボートでのお花見だけでなく、シートを敷いてお花見をする人、ジョギングをする人、絵を描く人や読書をする人など、思い思いに楽しめる居心地の良い公園なんですよ。

さらに、桜の他にも、動物園や植物園、ジブリの森美術館、遊びの広場など、見どころスポットも多数あるので1日中遊んでいられます。

 

今回は、井の頭恩賜公園の桜2019の見頃や見どころ、ライトアップや混雑などについてご紹介します。

・井の頭恩賜公園の桜2019の花見頃や開花状況は?
・井の頭恩賜公園の桜の見どころやお花見スポットは?ライトアップの時間は?
・井の頭恩賜公園の桜をボートからお花見!時間や料金は?
・井の頭恩賜公園の屋台やお店は?
・井の頭恩賜公園のお花見の混雑状況は?
・井の頭恩賜公園のアクセス方法は?駐車場はある?

 

Sponsored Link

井の頭恩賜公園の桜2019の花見頃と開花状況は?

見頃時期:3月下旬~4月上旬

井の頭恩賜(おんし)公園の桜の見頃時期は、例年3月下旬~4月上旬頃。

ちなみに“恩賜”とは天皇から賜ったという意味です。

 

井の頭恩賜公園には、場所が限定されますが、早咲きのカワヅザクラも植えられているので、早い時期からのお花見も可能です。

園内の主な桜の種類は、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、サトザクラ、ヤエザクラや、シダレザクラ、オオシマザクラ、カワヅザクラ、カンヒザクラなど。

2分咲きなどのかなり早い時期からお花見をする人も多くいます。

 

早咲きの桜は3月上旬から、遅咲きの桜は4月下旬頃まで楽しめます。

 

また、井の頭池周辺に桜がたくさん咲いており、花吹雪や花筏も楽しめるため、お花見期間としてはかなり長い間楽しめるでしょう。

 

あまり満開の時期にこだわらないでも楽しいひと時を過ごせますよ。

【2019年井の頭恩賜公園の桜の開花・お花見予想】

開花予想日:3月24日(日)頃

五分咲き :3月29日(金)頃

満開日予想:3月31日(日)頃

花(桜)吹雪:4月6日(土)頃

※気候などの影響により変動の可能性があります。

桜の詳細な開花状況は、こちらの三鷹市のページで確認できます。

 

井の頭恩賜公園は駅チカで大自然を味わえる癒やしのスポット。

また、季節によって景観が移り変わる変化に富んだ公園です。

ペットを連れて入ることもでき、園内ではお花見、散歩、ボート、ジョギング、写真、絵、読書など、老若男女が思い思いに楽しめます。

快適な空間である、井の頭公園の見どころやお花見スポットなどをまずはご紹介しますね!

 


井の頭恩賜公園の桜の見どころやお花見スポットは?ライトアップの時間は?

 

井の頭恩賜公園 井の頭池 桜 ボート 青空

 

の名所100選にも選ばれている井の頭恩賜公園には、約500本の桜が植えられています。

 

樹齢100年以上の、幹が太く存在感のある木がたくさんあるので、枝ぶりもよくとても見ごたえがありますよ。

 

そして井の頭恩賜公園の桜が人気の理由は、井の頭池を囲んでいる桜

三代将軍徳川家光によって名付けられたと言われる“井の頭池”の周りには、約250本の桜が咲き誇っています。

 

池の周りを散歩するだけでも十分に桜を堪能できます。

また満開の時期には、池を覆う桜と、池に浮かぶ桜の花びらを同時に楽しむこともできますよ。

 

七井橋から桜を鑑賞

井の頭恩賜公園 井の頭池 桜 ボート

 

池の中央にかかる七井橋は、人気のお花見スポット。

七井橋からは井の頭池周辺に咲き誇る桜を一望できます。

満開の桜が池にせり出して咲いている光景は圧巻。

池の水面ギリギリまで桜が枝を伸ばしていてとても美しいですよ。

水面に散りゆく花吹雪、そしてそれらが集まってできた花筏もまた風情たっぷりです。

 

ただし、七井橋はおすすめスポットとして人気なので、混雑時はぎゅうぎゅう詰め状態となりますのでご注意くださいね。

 

七井橋の対面、井の頭駅公園駅方面にある、ひょうたん橋からの眺めもおすすめですよ。

 

ボートから桜を鑑賞

井の頭恩賜公園 桜 井の頭池 ボート

 

井の頭駅公園といえば井の頭池。

井の頭池といえばボートですね。

レトロなボートが良い雰囲気を醸し出しています。

 

ボートから眺める桜もまた格別。

池の周りに咲く満開の桜は圧巻の一言。

 

陽の光やライトアップに照らされて、池の水面にキラキラと映る満開の桜は、息をのむほどに美しいですよ。

また、ボートの上で浴びる花吹雪や、間近に花筏を見ることもできます。

非日常的な体験にうっとりすることでしょう。

桜の季節はボートも大人気で行列ができますので、時間に余裕を持って行きましょう。

 

遊びの広場で桜を鑑賞

河津桜

 

西園にあるジブリ美術館の横の“遊びの広場”“文化交流広場”は、比較的人混みの少ないお花見スポット。

ジブリの森美術館近くには早咲きのカワズザクラも植えられているので、ソメイヨシノよりも早くお花見ができます。

いち早くお花見したい人におすすめですよ。

シートを敷いてのお花見も可能です。

 

場所柄、子供連れのご家族が多いですね。

子供向け遊具や、トイレにはおむつを変える台もありますので小さいお子さん連れにも安心です。

 

井の頭自然文化園で桜を鑑賞

井の頭文化園 桜

 

井の頭恩賜公園に隣接している井の頭自然文化園でもお花見ができちゃいます。

 

こちらは入園料400円と有料になっているので、穴場スポットになっています。

本園の動物園には約50本の桜が植えられていて、シートを敷いてのお花見もできます。

井の頭公園とは違い、かなり落ち着いた雰囲気でお花見できますよ。

また、分園の水生物園は井の頭池にあるため、井の頭池周辺のお花見もできる好スポット。

 

動物や植物の鑑賞もでき、人混みがない中でゆっくりお花見もできるので、入園料を差し引いても十分にお得なスポットだといえるでしょう。

 

桜のライトアップ

井の頭恩賜公園 見どころ

 

井の頭公園では夜間にライトアップも行われています。

 

ライトアップの日程は開花時期により前後します。

時間は18:00~22:00です。

 

池に桜が映ってとても神秘的ですよ。

 

時期が早すぎるとライトアップが始まっていないこともありますので、夜桜目当ての方はタイミングに注意してくださいね。

 

お花見の宴会も22:00までとなっています。

 


Sponsored Link

井の頭恩賜公園の桜をボートからお花見!時間や料金は?

井の頭恩賜公園 ボート

 

井の頭公園ではボートからのお花見も大人気。

 

池と桜と青空のコラボを水上から眺めるのも趣があって素敵ですね。

 

ひらひらと舞う桜の花びらをボートから眺めると、優雅な気分に浸れることでしょう。

 

ボートの利用時間

3月:9:30~17:20
4月:10:00~17:50

お花見シーズンの3月と4月ではボートの利用時間が若干前後します。

 

また、発券は営業終了時間よりも早くに締め切られますので、余裕を持って発券をしましょう。

 

混雑状況により利用時間の変更がある場合もありますので、当日のお知らせを確認してくださいね。

 

ボートの利用料金

【ローボート(大人3人まで)】

1時間700円(以降30分毎300円)

 

【サイクルボート(大人2人、小人1人まで)】

30分600円(以降30分毎600円)

 

【スワンボート(大人2人、小人2人まで)】

30分700円(以降30分毎700円)

 

井の頭恩賜公園の屋台やお店は?

焼き鳥

 

井の頭恩賜公園では、お花見の名所によくあるような屋台やお店がほとんどありません

 

ただ、飲食物を持ち込んでの宴会やお花見を楽しむことはできます。

公園に行くまでに買っていくか、お弁当を持っていくと良いでしょう。

吉祥寺駅周辺にはカフェ、居酒屋、雑貨などお店がたくさんあります。

 

また、お花見に合わせてテイクアウトできるお店も多くありますので、飲食に困ることはないですよ。

人気が高いのは、公園入口の伊勢屋の焼き鳥

 

公園で売っている桜ビールで気分を盛り上げるのもいいですね。

土日はいろいろな大道芸やフリーマーケットもやっているので楽しいですよ。

 

園内にゴミ箱はないため持ち帰りとなります。

そのため、お花見客で賑わっている割にはかなり景観がきれいに保たれているところも、井の頭公園の魅力の1つですね。

 

井の頭恩賜公園のお花見の混雑状況は?

桜 井の頭恩賜公園

 

井の頭恩賜公園では、例年桜の季節には、60万人以上もの来場者がいます。

夜間のお花見もできるので、夜桜の時間帯にも花見客が多い傾向にあります。

 

2分咲きくらいでもすでに花見客で混雑しているくらいなので、満開宣言が出るとたとえ平日でも激混み状態になります。

 

早朝や午前中の早い時間帯がおすすめ

桜 青空

ほかのお花見スポットとは違い、平日でもかなりの混雑で、月曜日でも多いです。

時間帯としては、朝の11時頃からかなり混雑し始めます。

ですので、混雑を避けてゆっくりお花見をしたい場合、もしくは場所取りをしたい場合は、早朝や午前中の早い時間が狙いめですね。

 

早朝でもランニングや散歩など他のお花見の場所よりは多少人がいる方ではありますが、昼間よりははるかに静かな環境の中でゆっくり鑑楼することができますよ。

 

時期をずらす

満開 河津桜

 

井の頭恩賜公園には早咲きの桜、遅咲きの桜両方ともにあります。

 

早咲きの桜ならば3月上旬頃から、遅咲きの桜であれば4月下旬頃まで観ることが可能です。

 

そのため、混雑を避けて桜を楽しみたい場合は、満開の時期をずらして訪れても良いでしょう。

 

たとえ時期をずらしても、見ごたえのある桜は井の頭池を中心に広く植えられていますので、お花見は十分できますよ。

 

お花見の場所取りは早めが吉

青空 桜

 

井の頭恩賜公園では、お花見の制約が特になく比較的自由に場所取りができます。

 

そのため、良い場所でお花見するには早朝から場所取りをした方が確実です。

 

また、ライトアップがされ、お花見の宴会は22:00まで可能なので、夜桜見物のお花見客も大勢います。

 

夕方頃からも場所取りのシートがたくさん並べられますので、夜桜のお花見を楽しみたい場合も早めに場所取りをした方が良いでしょう。

 

ただし、決められた場所以外でシートを敷いてのお花見はできませんのでご注意くださいね。

 

井の頭恩賜公園の桜のアクセス方法は?駐車場はある?

井の頭恩賜公園 ライトアップ

場所:井の頭恩賜公園

住所:東京都武蔵野市御殿山1-18-31

井の頭恩賜公園案内所(0422-47-6900)

【電車でのアクセス】
JR中央線または京王井の頭線「吉祥寺駅」より徒歩約5分京王井の頭線「井の頭公園駅」より徒歩約1分 

【車でのアクセス】中央自動車道高井戸IC→都道311号(環八通り)→都道7号(井の頭通り)→吉祥寺方面へ約5km約20分首都高速4号新宿線高井戸ICより約20分

中央自動車道調布ICより約20分

駐車場

井の頭恩賜公園には駐車場が2ヶ所あります。
どちらも1時間400円、1時間以降は30分200円で利用できます。

【第一駐車場】

台数:60台

時間:24時間

 

【第二駐車場】

台数:100台

時間:〈入庫〉8:00~19:00〈出庫〉21:00まで

 

自然豊かな公園でお花見も散策も思いのまま♪

井の頭恩賜公園 アクセス

 

【関連記事】
目黒川桜まつり!桜の開花状況は?花見クルーズやライトアップは?
上野公園の桜の開花予想と状況!満開の花見時期や見頃は?
千鳥ヶ淵の桜の開花状況!ボートから夜桜をお花見しよう♪
北の丸公園の桜の花見頃と開花状況!混雑や屋台は?ライトアップは?
新宿御苑の桜の開花状況とアクセス。お花見の混雑は?

六義園の桜の開花状況と見頃。ライトアップと花見の混雑。
隅田公園の桜のお花見開花状況とライトアップ!アクセスや屋台は?
飛鳥山公園の桜の見頃と開花状況!お花見のライトアップや混雑は?
靖国神社の桜祭り!花見頃や開花状況。屋台の時間は?
東京ミッドタウン桜花見!開花状況や桜通りライトアップ時間は?

 

井の頭恩賜公園の桜の見どころやお花見スポットなどをご紹介しました。

 

お花見シーズンはどこへ桜を観に行こうか迷ってしまいますね。

 

桜のきれいな名所はたくさんありますが、ボートに乗ってお花見を楽しめる場所はそう多くはありません。

 

井の頭恩賜公園であれば、地上からでも、ボートに乗って池の上からでもゆったりと桜を堪能することができます。

 

また、公園内には多くの桜が植えられているので、どこにいても桜のお花見ができちゃいますよ。

 

動物園や植物園、ジブリの森美術館などもあるので、散策するのも楽しいです。

 

緑も多くピクニックにも最適な井の頭公園で、大いに癒されてくださいね♪

Sponsored Link