季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

厳寒の意味と読み方。対義語は?厳寒の候の時期と例文。

Sponsored Link

厳寒という言葉は、冬に使われる言葉です。

 

普段の会話だけでなく時候の挨拶などにも使われますね。

 

間違った使い方をしないためにも、意味や使い方、使う時期などを知っておきましょう。

 

今回は、「厳寒」「厳寒の候」の意味や使い方についてです。

・厳寒の意味と読み方は?極寒とどちらが寒い?
・厳寒の時期は?対義語は?
・厳寒の候(厳寒のみぎり)を使う時期と例文。

 

Sponsored Link

厳寒の意味と読み方は?極寒とどちらが寒い?

厳寒 極寒

 

厳寒の意味と読み方

「厳寒」は、両方音読みで「げんかん」と読みます。

 

意味は漢字の意味するところと同じで、「厳しい寒さ」です。

非常に寒いということを表す言葉ですね。

 

また、冬の季語としても使われる言葉です。

季語としての厳寒は1月下旬に使われます。

 

「厳寒」と「極寒」どちらが寒い?

「厳寒」とよく似た言葉に、「極寒」があります。

こちらも、漢字の意味通り「極めて寒い」という意味です。

「厳寒」も「極寒」も非常に寒いという意味の同義語なのです。

 

では、どちらのほうがより寒さが厳しい表現になるのでしょうか?

それは、「極寒」です。

 

「極めて」という言葉は、「それ以上ない、最も」という意味合いがあるからです。

 


厳寒の時期は?対義語は?

厳寒 対義語

季節を表す言葉の多くは、二十四節気に因んだ言葉で、はっきりと使う時期が決まっています。

 

ただ、「厳寒」は二十四節気の言葉ではありません。

ですから、暦上の日付によってはっきりと時期を区切ることができません。

 

多くの人が「寒さが厳しいな」と感じる時期、つまり体感で使う時期を決める言葉です。

とはいえ、だいたいの目安はあります。

 

① 12月22日頃の 「冬至」から2月3日頃の「節分」まで

体感で寒さが厳しいと感じたら使ってもいいという考え方

 

② 1月6日頃の「小寒」からは2月3日頃の「節分」まで

「寒の入り」から、「寒の明け」までを区切りとする考え方

 

③ 1月20日頃の「大寒」から「寒の明け」は2月3日頃の「節分」

二十四節気で寒さが最も厳しくなる時期とされる大寒に当たる時期だけに使うという考え方

 

「厳寒」の対義語

「厳寒」の対義語は「厳暑」です。

ほかには、「極暑」「酷暑」なども使われます。

 

因みに同義語は「極寒」の他に「酷寒」があります。

 


Sponsored Link

厳寒の候(厳寒のみぎり)を使う時期と例文。

厳寒の候 時期

 

厳寒の候(厳寒のみぎり)を使う時期

「厳寒」は時候の挨拶として使うことができます。

「厳寒の候」(げんかんのこう)または「厳寒のみぎり」という使い方です。

厳寒の候(または厳寒のみぎり」は、前の項で説明した通り厳密に使う時期が決まっている言葉ではありません。

 

あくまでも感覚的にとても寒いと感じる時期に使う言葉です。

真冬の特に寒い時に使う言葉として覚えておくといいでしょう。

 

逆に、1月や2月であっても、暖冬でちっとも寒くならないような年には使わない言葉ということになります。

 

時候の挨拶例文

時候の挨拶とは、手紙で「拝啓」の後に書く言葉です。

 

頭語とも呼ばれる挨拶文で、季節感を大事にする日本ならではの書式です。

 

「厳寒」も時候の挨拶として使うことができます。

 

例文1

 

拝啓 厳寒のみぎり、お変りなくお過ごしでしょうか。

 

本文

 

季節柄、お風邪など召しませぬようご自愛ください。

 

敬 具

 

例文2

 

拝啓 極寒の候、皆様にはますますご健勝のこととお喜び申しあげます。

 

本文

 

季節柄、くれぐれもご自愛専一にてお過ごしください。

 

敬 具

 

 

厳寒は、寒さ厳しいころに使う言葉

厳寒 言葉

 

【関連記事】
冬至はいつ?かぼちゃを食べる理由やゆず湯の意味は?
寒の入りはいつから?小寒の意味と期間。過ごし方は?
大寒はいつ?意味と期間。過ごし方や縁起の良い食べ物。
大寒の候の時期と読み方。時候の挨拶に使える期間や例文は?
寒の内の意味や読み方。時期や行事は?季語を使った俳句は?

天使のささやきの日はいつ?由来は?ダイヤモンドダストの仕組みは?

凍った道も大丈夫!滑らない歩き方のコツ。雨雪におすすめの靴は?

 

いかがでしたか?

今回は、寒」「厳寒の候」の意味や使い方についてでした。

 

厳寒という言葉は、文字通り寒さが厳しい冬の時期に使われる言葉です。

 

時候の挨拶としては、一年のうちで最も寒さが厳しいとされている1月下旬から2月初めにかけてよく使われます。

 

また、12月や1月上旬であっても大雪が続く日などには使っても構いません。

Sponsored Link