季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

湯西川温泉かまくら祭2018の日程とアクセス。服装やツアーは?

2018年で25回目を迎える、湯西川温泉かまくら祭り
年々内容がパワーアップしていて、見どころのたくさんある冬のお祭りなんですよ。

 

地元の町おこし?と、思う人がいるかもしれませんが、見どころの1つであるミニかまくらのライトアップは、日本夜景遺産に登録されているぐらい、幻想的で美しいんですよ。

 

昼間もかまくらや雪と触れ合えるイベントで、都心からも近いのでおすすめです。
そんな湯西川かまくら祭2018についてご紹介します。

・湯西川温泉かまくら祭2018の日程は?雨天の場合は?
・湯西川温泉かまくら祭の見どころや楽しみ方は?服装は?
・かまくらバーベキューの料金や営業時間、予約方法は?
・湯西川温泉かまくら祭を楽しめるツアーはあるの?
・湯西川温泉かまくら祭へのアクセス方法と駐車場情報。

 

Sponsored Link

湯西川温泉かまくら祭2018の日程は?雨天の場合は?

気になる今年の開催日程や、雨天の場合の開催について調べました。

 

湯西川かまくら祭2018の日程は?

湯西川かまくら祭 日程
西川かまくら祭2018の日程は、1月27日(土)~3月4日(日)です。
長い期間開催しているので、予定を合わせやすいのが良いですね。

 

気をつけたいのが、沢口河川敷ミニかまくら会場は、毎週水曜日・木曜日がお休み、かまくらバーベキュー会場は木曜日がお休みと、複数ある会場でお休みの日がなるというところです。

 

目当ての会場やイベントがある場合は、しっかりお休みの日をチェックしておきましょう。

 

雨天の場合は中止なの?

湯西川かまくら祭 会場
こちらも会場やイベントの内容によって中止かどうかは変わってくるようです。
口コミや行った方のブログを見ると、ミニかまくらのライトアップは小雨程度であれば見られるようですよ。

 

寒い中甘酒の配布があったり、ライトアップやキャンドルの光に照らされる雨粒が更に美しさを演出したりと、雨でも楽しみが増えますね。

 

どの程度の天気で中止という記載はないのですが、温暖な日や天候によって中止になるとホームページに記載されていたので、お天気には注意したいですね。

 

湯西川温泉かまくら祭の見どころや楽しみ方は?服装は?

かまくら ふくろう

 

たくさんの会場で様々な催しをしている湯西川かまくら祭の見どころをご紹介します。
また、より楽しむための服装なども押さえておきたいですね。

 

昼は雪と触れ合えるたくさんのイベント

かまくら 雪
湯西川かまくら祭の力は、普段はなかなかできない形で雪と触れ合えることではないでしょうか。
かつては伝統行事だったかまくらですが、今では雪が降ってもなかなか作りませんよね。

 

そんなかまくらの中でバーベキューや食事ができたり、巨大かまくらの中に入ったり、昔とは形を変えてかまくらに触れ合えちゃいます。
知識として知っていても、体験することは滅多にないチャンスですよね。

 

また家族で楽しむ場合は、ソリや滑り台など、町中ではできない楽しい遊びもできちゃいますよ。

 

夜は幻想的なイルミネーション

ミニかまくら キャンドル
は何と言っても、ミニかまくらのイルミネーションです。
キャンドルの光に照らされて浮かぶかまくらの姿は、とても幻想的です。

 

付近はライトアップされており、散歩するのもとてもロマンチックですよ。
日本夜景遺産にも指定されており、雪景色の中で素敵なひとときを過ごせそうですね。

 

地元の人と触れ合える

かまくら 地元
なんと、かまくらは地元の人の作りなんです。
当たり前かもしれませんが、雪も全て現地調達なので、本当に地元の人のパワーで作られているお祭りなのです。

 

周辺グルメも充実しているので、お店の人と会話を楽しむなど、温かい触れ合いもできちゃいます。

 

商店街には雪だるまが作られたり、平家慈光寺ではライトアップや特別なお蕎麦が振る舞われたりと、地域をあげてのお祭りになっていますよ。

こちらの動画は、湯西川温泉かまくら祭ができるまでの思いや、地元の人のお話が聞けます。

 

 

服装はどうしたら良い?

かまくら祭 雪
かまくら祭というくらいなので、足元は雪になっています。

 

沢山の人が歩くので、踏み固められて固くなっている部分もあるかと思いますので、は必ず長靴やスノーブーツ靴底に鋲がついている靴などを履いてくださいね。

 

防寒も必須なので、ダウンコートマフラー、帽子手袋などできるかぎりの暖かい格好をしてください。

 

また、山の天気は変わりやすいので、雨具などもあると良いかもしれませんね。
滑り台やソリ滑りなど雪遊びをメインで行う場合は、スキーパンツなどにしておいたほうが安心ですね。

 


Sponsored Link

かまくらバーベキューの料金や営業時間、予約方法は?

かまくらバーベキュー イベント
かまくらの中で食事をするなんて、憧れの風景ですよね。
湯西川温泉かまくら祭の人気イベント、かまくらバーベキューについてご紹介します。

 

かまくらバーベキューの料金と営業時間

大人4人ほどが入る大きさのかまくらでのバーベキューは、一人前1,500円(利用は二人前から)です。
気をつけたいのが、食事の料金の他にかまくら使用料金の1,500円が別途かかるというところです。

営業日の11:00~16:00(ラストオーダーは15:00)の間で、50分の利用時間になります。
定休日が木曜日なので、気をつけてくださいね。

かまくらの中はバーベキューの熱で温かいので、しっかり食事が楽しめますよ。

バーベキュー 食事

 

予約はどうやったらとれる?

予約方法 電話
予約方法は電話予約のみとなっています。
予約開始が1月8日からなので、以降の11:00~15:00の間に電話して予約を取ってくださいね。

 

大人気で土日は予約が取りにくいので、早めに予定を決めておいたほうが良さそうですね。

 

電話番号:070-2612-9215

 

湯西川温泉かまくら祭を楽しめるツアーはあるの?

湯西川温泉かまくら祭 ツアー
毎年、各種旅行会社から湯西川かまくら祭へのツアープランが出されています。
日帰りのものから1泊2日まで用意されていますよ。

 

ツアー料金はいくらぐらい?移動手段は?

ツアー 内容 料金

日帰りの場合は料金が10,000円前後で、バスツアーがほとんどです。
一泊二日のツアーは、20,000円前後でバス・JRと両方ありました。

どちらも新宿や上野発なので、出発地は近いところを選べそうですね。

 

ツアー内容は?

いちご狩り ツアー
ツアーで湯西川温泉かまくら祭に行った場合、殆どが栃木観光の一部として組み込まれています。

 

いちご狩り足利フラワーパークなど、おなじみの栃木観光も一緒に行うので、湯西川温泉かまくら祭を見る時間は60分ほどのようです。

 

今年はとりあえず雰囲気を味わいたいという人に、ツアーはおすすめですね。

 

湯西川温泉かまくら祭へのアクセス方法と駐車場情報。

湯西川温泉かまくら祭 アクセス

湯西川温泉祭のアクセス方法は、こちらを参考にどうぞ。

 

車で行く場合の行き方は?駐車場はある?

車 駐車場

東北自動車道の宇都宮ICから日光宇都宮道路に接続し、今市ICで降りてください。
その後は国道121号を1時間ほどで、湯西川温泉へ到着しますよ。

駐車場は各会場の付近にありますが、止められる台数はあまり多くありません。
土日は混雑することが予想されるので、早めに現地へ着いておきたいですね。 

こちらで駐車場の記載のある見取り図が確認できますよ。

 

会場間の移動はシャトルバスがおすすめ!

湯西川温泉 雪
湯西川温泉かまくら祭は会場がたくさんあるので、会場を変わるたびに駐車場を探すのは大変ですよね。

 

そんな時は会場間を循環しているシャトルバスの利用が便利ですよ。
土日限定ですが、無料なのでぜひ利用してみてくださいね。

運行期間:1/27~3/4の間の土・日・祝
時間:10:00~18:00
料金:無料
定員:24名(マイクロバス運行)
バス停車場所:平家の里、湯畑、ポケットパーク、花と華、ホテル湯西川、湯西川水の郷

また、鬼怒川温泉旅館組合に加盟されている旅館・ホテルに宿泊している人は、湯西川温泉かまくら祭会場までの無料シャトルバスが利用できます。

 

会場までの移動が楽になりますね。

運行期間:湯西川温泉かまくら祭開催中の毎週火・金曜日

 

湯西川温泉かまくら祭で、美しい日本を再確認しよう!

湯西川温泉かまくら祭 美しい

 

【関連記事】
栃木県いちご狩りおすすめ人気ランキングと口コミ情報
栃木県いちご狩りおすすめ周辺観光スポット・宿泊情報はここ!
十日町雪まつりの日程と見どころ。ゲスト、花火の時間は?

 

西川温泉かまくら祭は、日本古来のかまくらを現代に合わせて楽しめるようにした、新しい冬のお祭りですね。

 

都内や、南関東からもアクセスしやすく、普段雪に接することない人達も、一日中雪を楽しめるチャンスです。

 

恋人、友達、ファミリーと、様々な人達に楽しんでもらえるイベントになっているので、行って損はないはずですよ!

 

今年は、雪景色・かまくら・温泉と日本ならではの美しい冬をエンジョイして、地元の人達と触れ合い、心温まる冬にしてみてはいかがでしょうか。