季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

紫外線アレルギーの症状と治療法。顔のかゆみや目の腫れ対策

色々な「○○アレルギー」という言葉をよく耳にする毎日。

最近、紫外線アレルギーという言葉もよく聞きます。

 

紫外線アレルギーとはいったいどんなもので何が原因で起こるのでしょうか?

 

かかってしまった時はどんな症状が現われるアレルギーなのでしょう?

紫外線アレルギーの治療法はどうすればよいの?

 

なによりアレルギーに負けないで元気に過ごすためにも、紫外線アレルギーにかからないための予防策も考えておきましょう。

 

・紫外線アレルギーとは?原因は?
・紫外線アレルギーに現れる症状は?
・紫外線アレルギーの治療方法は?
・紫外線アレルギーの予防方法

 

Sponsored Link

紫外線アレルギーとは?原因は?

 

そもそもアレルギーとは、自分の体に外敵が入ってきたことで体がその外敵をやっつけようと過剰に反応することをいいます。

 

そしてその反応が、体の腫れだったり、かゆみや湿疹であったり、頭痛や吐き気などの症状として出てくるのです。

 

紫外線アレルギーは、外界からふりそそぐ紫外線に体が反応して引き起こされたアレルギーです。体を紫外線から守ろうとする反応が過剰すぎて体を傷つけてしまうのが紫外線アレルギーなのです。

 

日焼け止め

原因はその人自身がもつ体質が紫外線にもともと弱いことが原因でくるものとか、日に焼けないために使用しているUVクリームが肌にあわない、お化粧品に紫外線が反応してアレルギーを引き起こしてしまうというケースもあるようです。

 

子供の頃は全くなんでもなく海やプールで遊んでいたのに、大人になって急に紫外線を浴びたことで肌のトラブルがおきてしまったという人も、この紫外線アレルギーには少なくありません。

 

その人の体質が大人になって紫外線アレルギーの原因となってしまったのでしょうね。

 


Sponsored Link

紫外線アレルギーに現れる症状は?

 

では、紫外線アレルギーになってしまったら、一体どんな症状が出てくるのでしょう?

 

それは人それぞれですが、顔にかゆみが出てくる、腕や足に湿疹や腫れがみられる。ひどい方は湿疹が水膨れになってしまう方もいらっしゃるようです。

 

 

症状の現れるところは、衣服に覆われていない顔や腕や足。紫外線の当たった部分です。もちろん水着などを着て肌を露出していた場合には、そこが紫外線アレルギーの症状の的になってしまうこともありうるわけです。

 

そして肌だけではありません。お気づきですか。目です!目も紫外線をいっぱい浴びているんですよ。目に出る症状は、まぶたの腫れや目のかゆみ。異物感を感じたり、充血する人もいます。

 

 

その他の症状には、人によっては頭痛や吐き気、ひどい場合は発熱も伴うそうです。ほかのアレルギーと同様に紫外線アレルギーも、決して軽く見てはいけないアレルギーの一つです。

 


Sponsored Link

紫外線アレルギーの治療方法は?

 

残念なことにとっておきの治療法はありません。まずは、心配な症状が出たときは、自分で判断せず、皮膚科や眼科など症状にあわせた専門医に相談しましょう。

 

そこで紫外線アレルギーと診断された場合、主に非ステロイド剤がだされます。かゆみ等の症状がひどい場合はステロイド剤が処方されます。症状によって錠剤であったり塗り薬の場合であったりです。

 

でもこれらの薬は一時的なもので、紫外線にあたればまた症状がでるというのが、悲しいことに紫外線アレルギーの現状なのです。ですから治療法もさておきながらまずは防止策に努めなければなりません。

 

紫外線アレルギーの予防法

 

紫外線アレルギーの予防には、ともかくは紫外線を浴びないことがもっともよい予防策といえます。

 

このアレルギーは紫外線に肌や目をさらすことによっておこるアレルギーですからね。紫外線を浴びないことが最もよいことなんです。

 

 

紫外線アレルギーをお持ちの方は、日差しの強い日の外出は控えましょう。でも何がなんでもお日様に背をむけて生活するなんて不可能ですよね。だから日頃の紫外線対策をご紹介しておきます。

 

まずはみんながノースリーブや半袖を着ている夏の時期もUVカットの長袖のものを着ること。外出の時は帽子をかぶったり日傘は必ずさしましょう。

 

サングラス

 

目を守るためにサングラスをかけるのもよいです。サングラスをかけなれない方は気恥ずかしいかもしれませんが、これも目を保護するための必需品です。

 

肌を紫外線から守るにはUVクリームを顔や肌につけることもお忘れなく。ただUVクリームは紫外線をはねかえす効果のある「紫外線散乱剤」使用のものをお選びください。

 

お部屋の中にいる場合も油断は禁物。窓から注がれるお日様の中にも紫外線がいっぱいです。窓から侵入する紫外線対策としてUVカットのフィルムを窓ガラスに張りましょう。

 

 

【関連記事】

紫外線の目への影響や病気。日焼けで目が痛い、充血への対策

紫外線から全身を守る対策グッズまとめ。帽子、服、食べ物など

紫外線対策の帽子の選び方。効果のある色や形は?

紫外線吸収剤とは?成分や肌への影響について

顔のシミを自分(男女)で消す方法。レーザーを使わない取り方は?

そばかすを消す方法。増える原因は?自力で簡単に消したい!

 

紫外線は夏が旬!と思っているのは大間違いです。

4月の花咲く時期からどんどん強くなります。

 

しっかり予防し、紫外線アレルギーに負けない毎日をお過ごしくださいね。


Sponsored Link