季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

紫外線アレルギーの症状と治療方法。顔のかゆみや目の腫れ対策。

Sponsored Link

日常の紫外線が、アレルギー症状につながるのが紫外線アレルギーです。

 

この病気は、なかなか完治が難しい病気です。

 

今回は、そんな紫外線アレルギーの症状と治療についてです。

 

・紫外線アレルギーとは?原因は?
・紫外線アレルギーの症状(顔、目、腕など)は?
・紫外線アレルギーの治療方法は?
・紫外線アレルギーの予防対策方法は?

 

Sponsored Link

紫外線アレルギーとは?原因は?

紫外線アレルギー ダメージ

 

紫外線ダメージ

これまで問題なかったのに、急にアレルギー反応が出ることがあります。

 

これは、紫外線によるダメージが蓄積して、限界を超えた場合です。

 

日焼け止めや化粧品

皮膚に付けるものが原因になることがあります。

 

化粧品や日焼け止めなどが肌に触れた時に皮膚がトラブルを起こし、その弱った肌に光を浴びることで、顕著な症状が現れます。

 

飲み薬

紫外線アレルギーというと、体の表面だけの問題と思われがちです。
しかし、服薬なども原因になることがあります。

 

正式には、光線過敏型薬疹(こうせんかびんがたやくしん)と呼ばれる症状です。

 

チアジド系の降圧利尿薬が代表的な薬です。

 

食品

「ソラレン」を含む食品が原因となることもあります。

 

ソラレンを含む食品の代表的なものは、セロリ、きゅうり、かんきつ類などです。

 

摂取後約2時間で光毒性が一番発揮されますので、思い当たる場合は、ソラレンを含む食品は夜にたべるようにします。

 

遺伝

実は、の病気という可能性もあります。

 

遺伝による病気で、紫外線アレルギーと似たような症状を引き起こすことがあるのです。

 

小さい子どもが、紫外線アレルギーのような症状になったときは疑ってみるべきです。

 

紫外線アレルギーの症状は?

皮膚 症状
紫外線アレルギーと一口にいっても、症状は様々です。
主な症状をみてみましょう。

 

顔や腕などの皮膚

真夏の海などで日焼けをした時のように、赤みや痛み、水ぶくれのような症状が現れます。

 

具体的には、皮膚の赤み、かゆみ、湿疹、じんましん、水ぶくれなどです。

 

紫外線アレルギーの人は、それほど強い紫外線にさらされたわけではないのに、このような症状が出ます。

 

ダメージを受けやすい目が赤くなったり、ゴロゴロしたりします。
結膜炎などを起こすこともあります。

 

その他

皮膚など表面的な症状のほかに、吐き気や頭痛、発熱などを起こすこともあります。

 


Sponsored Link

紫外線アレルギーの治療方法は?

治療方法 皮膚科
紫外線カットと同時に、原因となりうる化粧品の使用を控えます。

 

それでも症状が和らがない場合は、皮膚科を受診します。
病院では、まずは検査を行います。

 

紫外線アレルギーの検査をしてもらえる病院は少ないので、あらかじめ確認するといいでしょう。

 

検査の種類

血液検査

アレルゲンの特定を行います。

 

光線過敏症テスト

装置を備えている病院でしか検査を受けられません。
紫外線に対して、どのくらい皮膚が反応すのかを調べます。

 

パッチテスト

薬剤や接触物を皮膚に貼って、反応を見ます。

 

治療方法

1.薬や化粧品、金属などが原因の場合は、使用を中止します。

 

2.抗アレルギー剤の処方
かゆみなどの症状を抑えてくれます。
ステロイド剤の塗り薬を処方されることもあります。

 

3.紫外線アレルギー以外の病気治療
他の病気が原因の場合は、その病気を治療します。

 

紫外線アレルギーの予防方法は?

紫外線カット 日焼け止め

1.紫外線カット
日傘や帽子、サングラス、長袖の服などで紫外線を防ぎます。2.日焼け止め 

3.外出は控える
夏場の外出は出来るだけ控えます。
夏でなくても、紫外線が強い、午前10時~午後2時も気をつけましょう。

 

4.窓からの紫外線カット
家や車の窓に紫外線対策をします。

 

まずは紫外線カット

紫外線 予防
【関連記事】

紫外線の目への影響や病気。日焼けで目が痛い、充血への対策。

紫外線から全身を守る対策グッズまとめ。帽子、服、食べ物など。

【紫外線】髪の毛への影響とダメージケア対策方法!海水浴は?

紫外線の頭皮への影響と対策!かゆみや乾燥のダメージケア方法。

紫外線対策の帽子の選び方。効果のある色や形は?

紫外線吸収剤とは?成分や肌への影響について。

顔のシミを自分(男女)で消す方法。レーザーを使わない取り方は?

そばかすを消す方法。増える原因は?自力で簡単に消したい!

夏日・真夏日・猛暑日の違い。気温や対策。酷暑日や熱帯夜は?

 

いかがでしたでしょうか。
今回は、外線アレルギーの症状と治療についてでした。

 

紫外線アレルギーかな?と思ったら、まずは紫外線を防ぎましょう。
そして、化粧品や薬、食べ物に原因がないかチェックが必要です。

 

日光はどこにでも降り注ぎますから、紫外線アレルギーは、なかなか対処がし辛い病気です。

 

記事を参考に対策をしても効果が出ない時には、皮膚科で相談してくださいね。

Sponsored Link