季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

熱中症の原因と対策。水分・塩分不足、寝不足や疲労は危険!

だんだんと気温が高くなる季節。そして夏場ともなると連日30度を超す猛暑日も珍しくありません。

朝から日差しがさし、ハンカチなしでは過ごせない日が続きますね。

 

毎日日差しが容赦なく降り注ぐ夏の季節。気を付けたいのは熱中症

日本の気温も熱帯地方のように暑くなっているので、特にこの熱中症には十分に注意しなくてはなりません。

 

熱中症の原因を知り、しっかり対策をとることで、体調を崩したり倒れたりすることを防ぐことができます。

 

自分だけでなく、家族や友人の熱中症を防ぐこともでき、いざとなったときに適切な対策をとることもできます。

 

そこでこの記事では熱中症の原因とは何なのか?そしてどんな対策をしたらいいのか、誰でも簡単に取り組めるように分かりやすくご紹介していきたいと思います(^-^)

 

・熱中症の原因は?
・熱中症になりやすい環境とは?
・熱中症になりやすい人と対策方法
・熱中症を予防・対策するための生活習慣は?

 

Sponsored Link

熱中症の原因は?

夏

 

熱中症とは、暑い所に居ることで体温を調節する身体の機能がおかしくなってしまったり、身体の中の水分・塩分のバランスが崩れてしまい、そこから頭痛や目眩、ひどい時は痙攣や意識障害を起こします。

 

このような状態の事を熱中症といいます。

 

熱中症は、その場の環境と身体のコンディションによって発症します。

同じ暑い場所に居ても、熱中症になる人・ならない人が居ますね。

 

では、どんな環境で、どんな人が熱中症になりやすいのかをまとめてみました。

 


Sponsored Link

熱中症になりやすい環境とは?

ひまわり

 

まずは暑い場所は必ず気をつけなければいけませんね!

では暑いってどの位の気温からの事でしょう?

 

24度~28度

雨 長靴 傘

 

この気温って、すごーく暑くもないし大丈夫!って思いますが、実は注意しないといけないレベルの気温です!積極的に水分補給をする気温なんです。

 

とくに梅雨の時期は、湿気が多く蒸し暑くなり体力も奪われるので注意が必要です。

 

28度~31度

ラムネ

 

もう暑さを十分に感じる気温ですね(・・;)

この気温は警戒レベルです!積極的に水分を補給して、休憩もしなければなりません。

 

31度~35度

夏日 木漏れ日

 

この気温になると外出するのが嫌になりますね・・・。

毎年、猛暑日が多くなってきて30度を越えてもビックリしなくなりましたね。

 

ですが、もうこの気温は厳重警戒レベルです!

激しい運動はせず、水分を沢山摂りましょう!そして日陰や屋内で暑さから身を守りましょう。

 

ドリンク

 

気温ごとに目安を書いてみましたが、熱中症になってしまうのは、気温が高いだけではありません。

 

上記の暑さに加えて

・湿度が高い

・風が弱い

・雲が少なく日差しが強い(曇っていても、暑さと湿度は危険ですので気を付けましょう)

このような環境が揃ってしまう事で熱中症になってしまうのですね。

 

それでは、気温に加えて熱中症になりやすい人とは、どんな人でしょうか??

 


Sponsored Link

熱中症になりやすい人と対策方法

子供

 

熱中症は、その人が持つ身体の体温を調節する機能が弱い人ほどかかりやすいです。

では、その熱中症にかかりやすい人と対策は?

 

赤ちゃん、小さい子ども

赤ちゃんや、小さなお子様は体温を調節する機能がまだしっかり整っていません。

 

炎天下の外出は控えてお家で涼しく過ごすのが一番いいのですが、一緒に暑い日に外出しなければいけない日もありますよね。

 

では、赤ちゃんや小さい子どもを連れて暑い日を過ごす時、何をしてあげれるでしょうか?

 

水分補給をこまめにする!

 

赤ちゃんの場合は、母乳やミルクを時間を惜しまずたくさんあげましょう。

 

そして3ヶ月~飲めるポカリスエットなども販売されているので汗をたくさんかいて水分・塩分が奪われてると思った時などに上手に活用するのもいいかもしれません。

 

 

 

小さい子どもも同じく、水分補給をまめにさせてポカリスエットなどを活用してくださいね。

 

帽子をかぶる

 

帽子をかぶっていると蒸し暑くて嫌がる子もいると思いますが、日差しから少しでも身体を守るために帽子をかぶらせてあげましょう。

 

濡れたタオルを持ち歩く

 

少しビチャビチャくらいに絞ったタオルを、ビニールなどに入れて持ち歩くと便利ですよ(^-^)

 

汗をかいたら、顔や身体を拭いてあげましょう。身体を綺麗に保つ事で快適でいられますね。

タオルと一緒に肌着などの着替えも持ち歩くのがベストです。

 

お母さんは荷物が多くて大変ですよね(・・;)ですが熱中症はとても怖いので、頑張りましょう!

 

高齢者

とても暑い夏の日「エアコンが嫌いで扇風機しか付けていないの」と話してくれた近所のおばあちゃんが居ます。

 

ですが、ここ数年の猛暑がきつくてエアコンを付けるように家族に注意されたと言っていました。

やはり、老化とともに身体の機能も弱ってきてしまうものです。

 

昔の日本はこんな猛暑日なんて考えられなくて、扇風機や外の風だけで夏を過ごせた時もあったんでしょうね。

 

ですが、気温の高い日には外出せず、お家で適温に設定したエアコンを付けて水分補給をしっかりする事

これが一番大事だと思います。

 

病気の人

さまざまな病気があり、全ての病気の人が熱中症にかかりやすいわけではありませんが、やはり免疫力の低下や身体の機能の低下などがあるので、もともと何らかの病気をお持ちの方や季節外れの風邪にかかってしまった方も注意が必要です。

 

なるべく涼しい屋内で過ごし、水分補給をしっかりしましょう。

全ての人に共通する事は、暑い日の外出はなるべく避けて水分補給をこまめにする!という事ですね。

 

では、日頃から熱中症を予防する対策とはどんな事があるでしょうか?

 

熱中症を予防・対策するための生活習慣は?

夕日 ランニング 女性

 

基礎体力をつけておく

基礎体力がある人とない人とでは、熱中症にかかりやすいかどうかに大きく関わってきます。

 

日頃からウォーキングやジョギング、ジムに通える人はジムヘ。

主婦の方などは家事で忙しいと思いますが、それも十分な運動です。

 

ゆっくり歩いて散歩するのを日課にするのも運動になりますよ♪

 

睡眠を十分に摂る

日中の暑さで身体から体力はとても奪われています。

たくさんの睡眠を摂る事で、失った体力をしっかり回復しましょう!

 

暑苦しい夜は保冷剤を巻いたタオルで首を冷やしたり、市販されている保冷枕などもオススメですよ(^-^)

 

バランスの取れた食事をする

暑い日が続くと、冷たい飲み物や食べ物ばかり摂ってしまいがちですが、しっかりと暑さに負けない身体作りのためにも、朝食をしっかり食べて冷たい食べ物ばかり摂らないように気をつけましょう。

 

また、お酒も飲まれる方は二日酔いも熱中症になる原因になりやすいので気をつけましょうね!

 

海辺

 

【関連記事】

熱中症対策ドリンクの作り方。おすすめは?注意する飲み物は?

熱中症の症状と応急処置。頭痛、下痢、寒気、しびれの対処法

赤ちゃんの熱中症の症状と対策!!水分補給は母乳でもOK?

夏バテの症状と対策。夏バテのしやすい人や生活とは?

夏バテ予防&防止効果のある食べ物、飲み物。おすすめの栄養素。

 

いかがでしたか?少しでも熱中症の原因や対策を知って、参考にしてもらえたら嬉しいです。

 

暑い夏は、楽しいイベントもたくさんあると思うので、自分の健康を第一に!

熱中症に気をつけながら楽しんでくださいね\(^o^)/


Sponsored Link