季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

赤ちゃん暑さ対策!【室内・ベビーカー・抱っこ紐】おすすめグッズは?


Sponsored Link

大人でも根を上げてしまいたくなる夏の暑さ。

 

初めての夏を迎えるちゃんと過ごす方は特に、夏の暑さ対策は必須事項ですよね。

 

ただでさえ毎日の育児で心配ごとがつきない中ですから、少しでも心配ごとが早く解決できるよう、今回は赤ちゃんの暑さ対策の方法をまとめました!

 

過ごす時間の長い室内での暑さ対策はもちろん、ベビーカーや抱っこ紐での外出時に知っておきたい暑さ対策をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

・赤ちゃんは暑さに強い?弱い?
・赤ちゃんが暑がっているサインは?
・室内【昼間】の赤ちゃんの暑さ対策や注意点は?
・室内【昼間】の赤ちゃんの暑さ対策おすすめグッズはこちら!
・室内【夜寝るとき】の赤ちゃんの暑さ対策や注意点は?
・室内【夜寝るとき】の赤ちゃんの暑さ対策おすすめグッズはこちら!
・外出時【ベビーカー】の赤ちゃんの暑さ対策や注意点は?
・外出時【ベビーカー】の赤ちゃんの暑さ対策おすすめグッズはこちら!
・外出時【抱っこ紐】の赤ちゃんの暑さ対策や注意点は?
・外出時【抱っこ紐】の赤ちゃんの暑さ対策おすすめグッズはこちら!

 

 

Sponsored Link

赤ちゃんは暑さに強い?弱い?

赤ちゃん 暑さ 弱い

 

結論からお伝えすると、赤ちゃんは暑さに「弱い」です。

 

大人は、暑くても体から熱を逃がすことができます。

 

しかし、赤ちゃんは体温調整機能が未熟なため熱を逃がすことができず、体が熱いままになってしまうのです。

 


赤ちゃんが暑がっているサインは?

赤ちゃん 暑がっている サイン

・首や背中、お腹、脇に大量の汗をかいている
・顔が真っ赤になっている
・手足が温かい
・普段より呼吸が荒い

 

Sponsored Link

室内【昼間】の赤ちゃんの暑さ対策や注意点は?

室内 暑さ対策

赤ちゃんの暑さ対策には、大人と同じように水分補給をすることが何よりも大切です。

 

赤ちゃんは体温調節機能が未熟なので、大人よりも水分補給の頻度を増やしてミルクや湯冷ましを飲ませることをおすすめします。

 

室内の気温は、28℃を超えないようにエアコンや扇風機で調整しましょう。

 

28℃を超えると赤ちゃんの体温は上昇してしまうので、熱中症になる危険性があるからです。

 

室内の温度調節にエアコンは便利ですが、エアコンの使い方にもいくつかの注意点があります。

 

エアコンは乾燥の原因になってしまうので、定期的に換気をしたり、赤ちゃんに直接風が当たらないようにしたりしましょう。

 

また、室内の温度調整の他に、赤ちゃんの服装選びも大切です。

 

昼間は一日の中で最も気温が高くなる時間帯のため、ロンパースなど上下が繋がっている服装では熱がこもりやすくなってしまいます。

 

暑い時期の昼間には、上下別の服装がおすすめですよ。

 

赤ちゃんは足からたくさんの汗をかくので、靴下も履かせないようにしましょう。

 

室内【昼間】の赤ちゃんの暑さ対策おすすめグッズはこちら!

暑さ対策 赤ちゃん

 

赤ちゃんは体温調節が苦手です。

 

大人と違って少し温度が上がっただけでも体温が上昇してしまいます。

 

あまり暑いと熱中症になる可能性もあるので、赤ちゃんの暑さ対策はしっかりしましょう!

 

昼間、室内での赤ちゃんの暑さ対策おすすめグッズをご紹介します。

ベビーマット 赤ちゃん

https://www.rakuten.co.jp

 

室内の昼間は暑いけれどずっと寝ている訳にも行きません。

 

水を入れて遊ぶベビーマットはひんやり冷たくて興味をそそる仕掛けもあります。

 

プールに入れるのは、まだ早い赤ちゃんにもおすすめですよ♪

 

保存ジェル ポケット

出典:https://www.rakuten.co.jp

 

保冷ジェルが首元や両脇、3か所にいれるポケットがついているので体を冷やすことができます。

 

8か月以降になると動きが活発になるので暑さ対策におすすめです。

 

そのまま寝ることもできてベストの軽く動きを妨げないです。

 

い草 プレイマット

https://www.rakuten.co.jp

 

い草は汗などの湿気を素早く吸収して涼しく快適にしてくれます。

 

お昼寝にも使えますし、プレイマットとして上で遊ばせても良いですよ。

 

香りにも癒されひんやり感もあるので赤ちゃんの暑さ対策にピッタリです。

 

室内【夜寝るとき】の赤ちゃんの暑さ対策や注意点は?

寝る 注意点

夜寝るときも、エアコンや扇風機を使用して、室温を調整しましょう。

 

ただし、つけっぱなしで寝ると寝冷えをしてしまいますので、タイマー設定をするなど体を冷やしすぎないような工夫が必要です。

 

夜の場合は、暑い日でもお腹を冷やさないように注意をしてください。

 

上下が繋がっているロンパースを着用したり、タオルケットなどをお腹にかけてあげたりするとお腹が冷えるのを防ぐことができますよ。

 

室内【夜寝るとき】の赤ちゃんの暑さ対策おすすめグッズはこちら!

暑さ対策 グッズ

 

暑い夜は大人でも眠れなくてイライラしますね。

 

赤ちゃんも同じで、暑いと眠れなくてパパもママも困ってしまいます。

 

夜寝るときの赤ちゃんの暑さ対策おすすめグッズをご紹介します。

赤ちゃん 便利

www.rakuten.co.jp

 

ひんやり感がある生地なので、眠る時に重宝します。

 

裏面には滑り止めがついていて、丸めるとコンパクトになるので持ち運びも便利です。

 

暑くてお昼寝できない時に重宝しますね。

 

保冷剤 重宝

www.rakuten.co.jp

 

保冷剤は赤ちゃんが眠れない時に重宝します。

 

わきアイスは赤ちゃんのわきにすぐに付けられるので、快適に眠ることができますよ。

 

発熱時にも使うことができます。

 

冷風扇 部屋

www.rakuten.co.jp

 

エアコンで部屋を冷やし過ぎるのは心配です。

 

冷風扇なら気化熱の原理で、自然な涼風で冷やし過ぎずに快適に過ごすことができます。

 

夏だけじゃなく、冬にも使えてエアコンよりも経済的です。

 

エアコンをいつもより温度を上げていても体感は涼しく感じます。

 

外出時【ベビーカー】の赤ちゃんの暑さ対策や注意点は?

外出 ベビーカー 暑さ対策

ベビーカーで外出する時は、室内で過ごす時よりもさらに工夫をした暑さ対策をする必要があります。

 

熱のこもらない服装をすることはもちろん、保冷剤を背中部分に挟めると、暑さを和らげてあげることができます。

 

シェードや通気性の良いタオルケットをベビーカーに取り付けるなど、太陽の光が強く当たりすぎないように準備をしておきましょう。

 

外出時【ベビーカー】の赤ちゃんの暑さ対策おすすめグッズはこちら!

ベビーカー グッズ

 

外出時は室内よりも暑さが増します。
体温調節ができない赤ちゃんは外出時でも暑さ対策が必要です。

 

ベビーカーでは暑さ対策だけじゃなく、汗対策もしてあげたいですね。

 

外出時のベビーカーでの赤ちゃんの暑さ対策おすすめグッズをご紹介します。

パイル オールシーズン

www.rakuten.co.jp

 

取り付けも簡単で夏だけじゃなくオールシーズン使えます。
汗を沢山吸収してくれるパイル素材です。

 

スプレー 冷却

www.rakuten.co.jp

 

ベビーカーやチャイルドシート、帽子などにシュッと吹きかけると簡単に冷却できます。

 

冷え過ぎず、いつでも簡単に使用できるので便利です。

 

散歩の前にスプレーするだけで暑さ対策ができるのは嬉しいですね♪

 

照り返し 防ぐ シート

出典:https://www.rakuten.co.jp

 

赤ちゃんをベビーカーに乗せるとお散歩も楽ですね。
暑い夏は照り返しがあり、大人よりも暑いです。

 

照り返しを防ぐシートを使うと暑くなりすぎることもないですよ!

 

外出時【抱っこ紐】の赤ちゃんの暑さ対策や注意点は?

抱っこ紐 注意点

抱っこ紐はベビーカーの時とは反対に、胸やお腹あたりに熱がこもりがちです。

 

トレンドのスリングなど、通気性の良い抱っこ紐を購入しておくと安心ですよ。

 

既に抱っこ紐をお持ちの場合は、保冷剤を間に挟むなどして使用すると、暑さが緩和されるのでおすすめです。

 

また、抱っこ紐を使用する場合には、赤ちゃんに直射日光があたりがちになってしまいます。

 

冷却素材でUVカット機能のついたケープなど、日よけができるグッズを利用しましょう。

 

外出時【抱っこ紐】の赤ちゃんの暑さ対策おすすめグッズはこちら!

グッズ 抱っこ紐

 

外出時に抱っこ紐でお出かけする赤ちゃんも多いです。
抱っこ紐はママの体温もプラスされ、暑さも増します。

 

暑さ対策をしないと赤ちゃんもママも暑くて熱中症になってしまいます。

 

外出時の抱っこ紐中の赤ちゃんの暑さ対策おすすめグッズをご紹介します。

保冷シート 抱っこ紐

www.rakuten.co.jp

 

抱っこ紐に簡単に装着できる保冷シート。

 

使い心地も良く保冷剤が直接肌に触れないようにウレタンクッションが入っています。

 

内側は撥水生地を使用しているので保冷材の水滴が染みませんよ。

 

抱っこ紐だけではなく、チャイルドシートやベビーカーにも使えますよ。

 

専用の保冷剤を入れるポケットがあるので冷えすぎず心地よく暑さ対策ができますよ。

 

冷媒ジェル クリップ

www.rakuten.co.jp

 

この暑さ対策グッズはママと赤ちゃんの間にクリップで挟んで使います!

 

ひんやり冷たい冷媒ジェルパッド入りで、表側はダブルガーゼで汗の吸収もバッチリですよ。

 

裏側はハニカム素材なので通気性も良いので吸熱、放熱もできてひんやり感が持続します。

 

冷たくなくなったら冷媒ジェルを水道水で濡らせば冷たさが持続します。

 

扇風機 肩ひも

www.rakuten.co.jp

 

抱っこ紐でも扇風機を使うことができますよ。

 

肩ひもに取り付けられて赤ちゃんを涼しく快適にすることができます。

 

扇風機だけではなく、ほかの暑さ対策グッズと組み合わせるとより涼しくなりますよ。

 

暑さ対策で夏を乗り越える!

暑さ対策 赤ちゃん

 

【関連記事】

赤ちゃんの脱水症状の見分け方。母乳以外の飲み物でもいいの?

赤ちゃんの熱中症の症状と対策!!水分補給は母乳でもOK?

赤ちゃんの水分補給。母乳以外のおすすめやタイミングは?

赤ちゃんのあせも対策。予防におすすめの薬。効果的な治し方。

電気代節約!アイスノンの効果的な使い方。持続時間や場所は?

保湿が一番!赤ちゃんスキンケア方法。時期やおすすめは?

蚊の対策。赤ちゃんに無害な予防方法は?刺された時の対処。

赤ちゃんの寒さ対策。部屋、外出先で寒さを防ぐ服やグッズ

 

今回はちゃんの暑さ対策についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

 

赤ちゃんは大人よりもしっかりとした暑さ対策が必要です。

 

暑さが緩むまでは気の抜けない日々が続いてしまいますが、便利グッズなどを上手く利用して、暑い夏を乗り越えましょう!

Sponsored Link