季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

なにわ淀川花火大会どこで見る?主要鑑賞スポットと混雑を攻略!

なにわ淀川花火大会が今年もやってまいりました!

なにわの夜を華やかに彩る炎の祭典。

 

毎年40万人以上の人出がある関西屈指の盛大な花火大会。

度肝を抜かれる圧倒的なボリュームと迫力はなにわ淀川花火大会ならでは。

 

音楽に合わせた打ち上げ花火が夜空いっぱいに広がると、夏の熱気を吹き飛ばすほどのド迫力の花火大会がスタートします。

 

一瞬も目を離せない壮大で美しい花火をたっぷり楽しむには、やはりどこで見るかが重要。

そして行き帰りのルートや混雑具合を把握しておくことも、花火を大いに楽しむためには大切なポイントです。

 

そこで今回は、なにわ淀川花火大会での主要な鑑賞スポット、行き帰りの混雑状況などをまとめてみました。なにわ淀川花火大会へ行く際の参考にしてみて下さいね。

・なにわ淀川花火大会北側の主な鑑賞スポット!
・なにわ淀川花火大会南側の主な鑑賞スポット!
・なにわ淀川花火大会をビルから鑑賞!
・各駅付近での鑑賞スポットと行き帰りの混雑状況

 

Sponsored Link

なにわ淀川花火大会北側の主な鑑賞スポット!

花火

 

西中島南方側河川敷


このあたりには屋台が多く並ぶので、花火と屋台を楽しむことができます。混む時間帯も遅いので、比較的ゆっくり楽しむことができる穴場エリア。お祭り気分で花火を満喫できます。

 

東側には屋根付きベンチも備わっているため、日差しがきつい早い時間での場所取りも可能です。

 

十三駅南側の淀川河川公園

上記地図の左の方へ行った、十三駅南側の淀川河川公園は、十三駅に近いためかなりの混雑になります。激戦区となるため、このエリアで見るのであれば、目標を定めたかなり早い行動が必要になります。

 

打ち上げ花火

 

十三側河川敷


花火打ち上げ会場となる十三側河川敷は大混雑必至です。協賛観覧席は豊富に用意されているので、ゆっくりのんびり見たいのであれば有料席をとるのがおすすめです。協賛観覧席エリアはチケットがないと入れないので注意して下さい。

 

このエリアではとにかく尋常でないほどの人混みなので、花火が始まれば河川敷からでることはかなり難しく、自由に行動することは相当な労力を費やすことになるでしょう。

 

ただ先程も言ったように、協賛観覧席であればゆっくり安心して花火を見ることができ、かつ正面から大きい花火を鑑賞できます。

 

一番の問題は帰りです。花火が終わった後、ものすごい人波が十三駅に向かうため、会場の出口付近は凄まじい大混雑。十三駅にたどり着くのに1時間ほどかかる覚悟が必要です。

 

塚本河川敷

上記の十三側河川敷の少し西にある塚本河川敷は、打ち上げ場所からそれほど離れていないにも関わらず、それほど混んではいません。

 

少し遅めの時間でも場所取りが可能なため、少し離れた場所でも良いというのであれば、ゆっくり見れる塚本河川敷がおすすめです。

 

なにわ淀川花火大会南側の主な鑑賞スポット!

夏 花火

 

梅田側河川敷


梅田会場のある梅田側河川敷は南側エリアの中心地なので、大混雑必至です。なるべく避けたほうが無難ですが、ここで確実に場所を確保するのであれば、17:00までに到着して場所取りしておくことをおすすめします。

 

このエリアは南側の中心であるため、協賛観覧席でも打ち上げ時間が近づくと混んできます。良い場所で見たい場合や、屋台も十分楽しみたいのであれば、16:00頃までに到着して場所取りしておくと良いでしょう。

 

梅田側河川敷の西側

梅田側河川敷の西側(阪神高速11号池田線の西側)は、打ち上げ場所に近いため南側エリアの中でもかなり人気が高い場所です。当然多くの観客が集まるので、早い時間から場所取りをしておく必要があるでしょう。

 

海老江グラウンド付近は野田駅や海老江駅からのアクセスが良く、比較的人も少ない穴場スポットです。

 


Sponsored Link

なにわ淀川花火大会をビルから鑑賞!

夜空 花火

 

梅田スカイビル空中庭園展望台


梅田スカイビルは地上173mから花火を見ることができる絶好のスポットです。そのためカップルにもとても人気のあります。

 

高層ビルの上から大阪市内の夜景を一望でき、なおかつ花火も見れます。花火と夜景のコラボレーションはとても美しく、花火は目線と同じ高さで見れるので迫力抜群。そのため相当に人気の穴場となっております。

 

ここで花火を見るには事前にチケットを購入する必要があります。当日券の販売はなく、梅田スカイビルのHPに掲載されるチケットぴあ特設ページからチケット(1,000円)を購入します。

 

ゆっくりと、そして大迫力の花火とキラキラ輝く夜景を同時に見れる場所としては、1,000円という値段は破格といっても良いでしょう。

 

野田阪神ウイステ


抽選で当たれば、野田阪神ウイステの屋上から花火をじっくり鑑賞できます。応募方法は、抽選応募期間中に館内で購入したレシートを専用の応募用紙に貼り付けて投函します。

 

当選者には観覧チケットがプレゼントされるので、屋上から見ることが可能になります。屋上の花火観覧席は先着順なので、早く到着して方が良い場所で見れます。

 

当日はウイステ内で購入したものであれば飲食物の持ち込みができます。また座るためのシートは必須です。

 

屋上からなので低い花火は見えにくいですが、花火をゆっくり鑑賞することができ、かつ近くに打ち上がるので迫力は十分です。

 

カラフル 花火

 

ハルカス300展望台


300mの高さから大阪の夜景と花火のコラボをたっぷり楽しむことができます。日本一のビルの高さから見る花火ときらめく夜景は美しく迫力満点。まさに最高の絶景スポットといえるでしょう。

 

ハルカス300展望台は特別入場券を購入すると、特別観覧エリアから花火を鑑賞(立ち見)できます。

特別入場券は6月下旬ごろから全国のファミリーマートやクラブツーリズム、読売旅行から購入できます。料金は3,000円で、総数は約950枚。

 

ただ、特別入場券とは別に、当日入場券もあり、こちらは特別鑑賞エリア以外の場所で花火を鑑賞できます。どちらにせよ地上300mからの臨場感のある花火は圧巻で、夏のいい思い出になることでしょう。

 

各駅付近での鑑賞スポットと行き帰りの混雑状況

花火 大輪

 

十三駅エリア(十三側河川敷)


十三河川敷は花火の打ち上げが目の前ということだけあり、人気度も混雑度もNo.1です。協賛観覧席が多く、無料スペースはなかなか見つかりません。ここで見るには協賛観覧席がベストです。

 

16:00くらいであればほぼ人もいないので場所取りは容易ですが、協賛観覧席といえども18:00になるとかなり混雑していて場所取りはほぼ不可能になります。

それ以降は塚本河川敷など他のエリアに移動することも一つの手段です。

 

最寄り駅の十三駅はすごい混み合います。15:00過ぎから混み始め、18:00頃になると混雑は凄まじく、西口前はほぼ身動きが取れません。西側の中央階段は協賛観覧席への専用入り口になります。危険を避けるためにも警察官の誘導に従いましょう。また、直接花火会場に向かうルートはすごく混雑するので、十三筋に迂回するのも一つの手です。

 

帰りは想像を絶する混雑ぶりで、皆が十三駅に殺到するのでまともに前に進みません。どうせ進まないので、会場で1時間くらい雑談したり近くのお店を予約して時間を潰すなどして、時間差で家路につくほうが少しでも楽になるでしょう。

 

水辺 花火

 

南方駅・西中島南方駅エリア(西中島南方側河川敷)


西中島南方河川敷は18:00頃になると人がいっぱいになります。17:30頃までには到着して場所を確保するといいでしょう。有料観覧席がないので無料のスペースが広いです。

 

少し離れた場所ですが、芝生が広がっていて障害物が少ないエリアなので、打ち上げ花火は良く見えます。座るためのシートは忘れずに。

 

西中島南方駅・南方駅ともに18:00を過ぎると混雑します。特に南方駅は駅構内が狭いので、少し早く混雑してくるでしょう。帰りはどちらも混雑します。

 

屋台が充実したエリアなので、グルメをのんびりと楽しみながら混雑をやり過ごすのも手です。西中島南方駅は南側②出口は大混雑するので、北側の①出口へ地下道を通って回り駅構内へ向かうのもおすすめです。

 

花火 お祭り

 

塚本駅エリア(塚本河川敷)


塚本河川敷は比較的空いているエリアです。打ち上げ場所から近い東側から埋まっていくので、西側は結構余裕を持って場所取りができます。東側は協賛観覧席となり、チケットがないと入場できません。十三会場中央階段は協賛観覧席のチケット購入者のみ通行可能です。

 

西側の無料観覧場所は平らなスペースが多いので打ち上げ花火は見やすいですが、高速道路の高架のため仕掛け花火は少し見づらいです。座るためのシートは用意する必要があります。

打ち上げ場所から近いので、十三エリアの次に人気の場所のため、駅周辺は早い時間から混雑が始まります。良い場所を確保するならば、17:00までには到着して場所を確保したほうが良いでしょう。

 

また東口は待ち合わせをする人も多いです。塚本河川敷へは西口が近いので西口を利用しましょう。どこの駅でもそうですが、駅に着いたら帰りの切符を買っておくと帰りが少し楽になります。

 

塚本駅は帰りの渋滞が凄まじく、入場規制がかかることもあります。そのまま待っていてもなかなか電車に乗ることができないので、思い切って姫島駅や御幣島駅まで歩くのも得策といえるでしょう。

 

花火の余韻に浸りながら、夏の夜の涼しい風に当たって歩くのもなかなか風情がありますよ。

 

野田駅エリア(梅田側河川敷)


野田駅から近いのは梅田側河川敷。西側の奥の方は人が少なめで、遅めの時間でもそれほど混雑はないので、現地入りが夕方になる場合はこちらのエリアを利用するのもおすすめです。阪神高速で仕掛け花火は見えにくくなっていますが、鑑賞しやすい後方の防波堤付近が人気です。

 

屋台が設置されていますが、売り切れる場合もあるので早めに買いに行きましょう。

 

野田駅は行き帰りともそれほど混雑しません。普段とあまり変わらない乗客数で、仮に帰りの切符を購入し忘れても、帰りに少し並ぶだけで購入できます。全体的に他の駅と比べてストレス無く利用できるでしょう。周辺にはショッピング施設や飲食店が充実しているので便利です。

 

その他の駅

・淀川駅

穴場的エリアの梅田側河川敷の西側に近いので結構おすすめです。

 

・阪急梅田駅

北側の茶屋町口改札からアプローチすると便利です。帰りの切符も買っておきましょう。梅田周辺の会場までは徒歩25分くらいです。

 

・福島駅、中津駅

ホームが狭く混雑時には人が押し合うためかなり危険です。事故を防ぐためにもできるだけ他の駅を利用することをおすすめします。

 

【関連記事】
なにわ淀川花火大会の日程と穴場。有料席以外の場所は?
なにわ淀川花火大会おすすめ穴場ホテル、レストランはココ!
PL花火大会の日程とアクセス。穴場は?打ち上げ数は?
天神祭花火の日程と打ち上げ場所。穴場スポットはココ!

みなとこうべ海上花火大会の穴場。場所取りは何時から?

芦屋花火大会の穴場スポット。サマーカーニバルの駐車場は?

猪名川花火大会の穴場スポット!屋台を楽しみながら鑑賞。

琵琶湖花火大会の日程。おすすめ有料観覧席、穴場情報。