季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

目の下のたるみの原因と解消方法。たるみ取りマッサージで改善。

鏡で自分の顔を見たときに、目の下のたるみが気になったことはありませんか?

目の下のたるみは老化のせいだけだと思っている方も多いと思います。

 

実は、目の下のたるみは生活習慣が大きく関係していたんです。

 

目は、顔の印象を大きく変えてしまいます。

同じ年でも、老けて見えるのは目の周りのたるみのせいかもしれません。

 

目の下のたるみの原因が分かれば、改善方法もわかってきます。

今回は、目の下のたるみの原因と解消法・改善方法を紹介しますね。

 

たるみを改善して、若々しい目元を目指しましょう!

・目の下のたるみの原因は?
・目の下のたるみはマッサージで解消できる?
・目の下のたるみをマッサージ以外で改善する方法は?
・目の下のたるみを予防するには?

 

Sponsored Link

目の下のたるみの原因は?

OL はてな 疑問

 

目の下のたるみは、皮膚の下にあるヒアルロン酸とコラーゲンの減少によって出てくる老化現象です。でも、たるみの原因はこれだけではないんです。

・老化

・疲れ目

・目の周りの筋肉の低下

・皮膚のふくらみ

・化粧などの刺激

これらのことが重なって、目の下のたるみは起きてしまいます。

もっと詳しくみていきましょう。

 

老化

冒頭にも書きましたが、目の下のたるみは老化現象が主な原因です。

 

ヒアルロン酸やコラーゲンの減少も原因の一つですが、目の周りの皮膚の筋肉が衰えたり、肌のハリ・弾力がなくなることも目の下にたるみができる原因になっているんですね。

 

疲れ目

目が疲れることで、目の周りに老廃物が溜まってしまったり皮膚がたるんだりしてしまいます。

 

スマホやパソコン、テレビの画面を長時間見続けないようにしましょうね。

 

目の疲れ 女性

 

目の周りの筋肉の低下

目の下のたるみは、筋力が低下することによっても起きます。

 

まばたきの回数が少なかったりすると、目の周りの筋肉は低下してたるみが出てきてしまいますよ。

 

そんなときは、眼球を動かしてみるなど目のストレッチをしましょう。

 

皮膚のふくらみ

目の下に老廃物が溜まることで、脂肪が膨らんできます。

これを眼窩脂肪(がんかしぼう)といいます。

 

これがあることで目の下の皮膚がたるみ、陰になってクマができているように見えます。

クマがあると、顔全体が暗い印象になってしまいますね。

 

化粧などの刺激

化粧自体に問題はないのですが、化粧が残っていたり落とすときにこすってしまうと、それが刺激になって目の下にたるみが出てしまいます。

 

たるみのほかにも、色素沈着でクマになってしまうのでやさしく、きっちりと落とすようにしましょう。

 

目の下のたるみはマッサージで解消できる?

フェイスマッサージ 女性

 

目の下のたるみは、マッサージをして血行を良くすることで解消することができます!

 

もちろん、1回だけでは効果が実感できないかもしれません。

毎日続けることが重要です。

 

マッサージをするときに注意点があります。

1.クリームなどを使って滑りをよくしてからすること

2.強く押しすぎないこと

直接マッサージをしてしまうと、皮膚がダメージを負ってしまいます。

目の周りの皮膚はデリケートなので、たるみをより悪化させる原因に。

 

強く押すことも、色素沈着の原因になってしまうので注意しましょう。

 

それでは、目の下のたるみに効果のあるマッサージを紹介しますね。

 

目の周りのマッサージ

1.ギリギリまで目を細める

2.その状態のまま、眉毛を上げ、10秒間キープ

3.ゆっくりと元の状態に戻す

4.両手でピースを作り、目頭に中指、目尻に人差し指をあてる

5.この状態で、黒目をできるだけ上にあげる

6.10秒間キープ

文章だとわかりにくいので、動画を載せておくので参考にしてみてくださいね。

 

 

顔のリンパマッサージ

顔全体のマッサージをすることで、血行を良くしてむくみを軽減することができます。

 

このマッサージは少し時間がかかるので、お風呂上りなどのリラックスタイムにしてみましょう。

1.耳下から鎖骨まで、両手の指の腹を使って上から下へ

2.親指をあご先にあて、耳に向かってフェイスラインに沿ってさすりあげる

3.親指の腹を使って、口角から耳、頬骨の下から耳、小鼻横から耳へ

4.中指で目の下、眉の上、こめかみを押す

5.親指で眉の下をプッシュ

6.耳下から鎖骨まで、両手の指の腹を使って上から下へ

これも動画の方がわかりやすいですね。

 

 

目の周りのマッサージは、毎日続けることが重要です。

時間があるときにするように習慣づけましょうね。

 


Sponsored Link

目の下のたるみをマッサージ以外で改善する方法は?

女性 ショートカット

 

目の下のたるみを改善する方法は、マッサージ以外にも5つあります。

1.ツボ押し

2.目の下のパック

3.十分な睡眠

4.スマホ、テレビの画面を長時間見ない

5.目の周りの筋力アップ

順番にみていきましょう。

 

ツボ押し

目のたるみに効果のあるツボは、救後(きゅうご)承泣(しょうきゅう)です。

 

救後は目じりの斜め下の骨のくぼみです。

目じりの方に向かって押さえていきましょう。

5回が目安です。

 

承泣は目の下の骨のすぐ上にあります。

たるみを取るのに効果的です。

 

こちらも動画を載せておきますね。

このほかにもツボが紹介されているので、見てみてください。

 

 

目の下のパック

目の下のたるみを取るには、保水も大切です。

うるおいを補ってあげると、肌にハリや弾力が出てたるみを改善することができます。

 

十分な睡眠

睡眠をとることで、目の疲れをとることができます。

毎日の目の疲れをとるために、睡眠は十分とるようにしましょう。

 

スマホ、テレビの画面を長時間見ない

スマホやテレビの画面からは、ブルーライトが発せられているのは聞いたことがありますよね。

これは、目の疲れを悪化させてしまいます。

 

長時間見ていると目に大きな負担がかかってしまいます。

適度に休憩を入れるようにしましょうね。

 

目の周りの筋力アップ

目の周りの筋力(眼輪筋)をアップすることで、たるみを改善することができます。

 

1.両手の人差し指で目尻を軽く外側にひっぱり、5秒間目を閉じる
2.ゆっくりと目を開ける3.両手の人差し指で目尻のやや上を押さえ、斜め上方向にひっぱり、5秒間目を閉じる4.両手の人差し指で目尻のやや下を押さえ、斜め下方向にひっぱり、5秒間目を閉じる

 

これを5回繰り返しましょう。

 

こちらも動画でチェックしてみてくださいね!

 

 

目の下のたるみを予防するには?

女性 鏡 フェイスケア

 

目の下のたるみの改善方法はわかったけど、できればたるみを予防したいですよね。

予防するためには、毎日のちょっとした工夫が必要です。

 

毎日の保湿

目の下のたるみは、肌にうるおいを与えてハリや弾力を保つことで予防できます。

自分の肌に合ったものを使うようにしましょう。

 

パックをすると、肌に水分をより与えることができるのでおすすめですよ。

 

目の周りの筋力アップ

目の周りの筋肉、眼輪筋を日々鍛えることでたるみを予防することができます。

毎日続けるようにしましょうね。

 

強くこすらない

洗顔のときやスキンケアの時にはこすらないようにしましょう。

色素沈着をおこしてクマにもなるので、要注意です!

 

目を酷使しない

パソコンやスマホ、テレビの画面は長時間見ないようにしましょう。

もし、仕事などでどうしても見ないといけないときは、PC眼鏡を使うとブルーライトが軽減されて目への負担が軽くなりますよ。

 

でも、適度に休憩をはさむことをおすすめします。

 

目の下のたるみをなくして若々しく!

【関連記事】

目の下のクマの原因は病気?効果のある解消法や治し方

老け顔の女性(10・20代)の原因と改善方法。髪型やメイクで対策。

顔のしわを取る方法。おでこや目の周り、口元のしわを消すには?

顔のむくみの原因は病気やストレス?ツボや食べ物で取る方法

そばかすを消す方法。増える原因は?自力で簡単に消したい!

老け顔の男性(10・20代)の原因と改善法。髪型、ファションで対策。

シアバターの使い方。顔や髪への効果。ハンドクリームにも使える?

目の下がピクピクする原因は病気?止まらない時の対処方法

まぶたのピクピクが止まらない!原因と治し方。片目だけの理由は?

 

目の下にたるみがあると、どうしても老けた印象・疲れた印象を与えてしまいます。

 

目の下のたるみには、老化以外にも原因はあります。

その原因を取り除いて、毎日のマッサージやスキンケア・生活習慣を見直してみましょう。

 

いつまでも、魅力的な目元でいるために、たるみの原因となるものから目を守ってあげたいですね。