季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

顔のむくみの原因は病気やストレス?ツボや食べ物で取る方法

朝起きて鏡の前に立ったら顔がパンパン!目も腫れぼったくて、、、という経験ありませんか?

 

顔がむくんでいると、一日憂鬱な気分に

 

メイクでもなかなかごまかしのきかない顔のむくみ、何とかしたいですよね。

 

今回はそんな顔のむくみの原因やその解消法について書いてみたいと思います。

 

・寝起きの顔のむくみの原因は?
・顔のむくみの主な原因は?
・すぐに寝起き後の顔のむくみを取りたい!効果的な方法
・顔のむくみが病気かどうかを判断するには?病気だったときの対処法は?
・顔がむくまないためには?ちょっとした工夫でできる予防方法

 

上記のテーマに沿って書いていきます。

 

Sponsored Link

寝起きのむくみの原因は?

寝起きで顔のむくみがひどい場合、ほとんどの原因は前日の行動にあるといってもいいくらいだと思います。

 

仕事でのおつきあいや、親しい仲間内での女子会、嫌なことがあって飲んでスッキリしたい!

 

お酒をいただく機会ってたくさんありますよね。そんなつもりはなくても、ついつい飲みすぎてしまったり。

 

ビール

 

アルコールは苦手というかたも、塩分のとりすぎにご注意

 

焼肉に焼き鳥、鉄板焼き、みんなで囲むお鍋に〆のラーメン。。。。おいしい食事には濃いめの味付けがされていることが多いもの。

 

料理

 

ワイワイしていると箸がすすんでしまって食べすぎちゃったりしちゃうものです。

 

また、徹夜で仕上げなければいけない仕事や、家事や育児などで睡眠不足な朝などもむくみを感じやすいとき。

 

OL

 

寝起きのむくみの原因は意外とたくさんありますね。

 


Sponsored Link

顔のむくみの主な原因は?

では、むくみそのものはどのように引き起こされることが多いのでしょう。

 

 

飲みすぎ、食べ過ぎ

 

お酒は、利尿効果があり飲むことでおしっこが出やすくなります。

 

お酒の場でアルコールを飲んでいると何度もお手洗いにいきたくなりますよね。これはその作用によるものです。

 

ここまでだと、お酒を飲んだことでむくみにつながらないのでは?とおもいますよね。

 

しかし、水分が急激に体外に出されることで、身体が脱水症状に近い状態になり、飲んだ量よりも多い水分が欲しくなります

 

水分を摂取すると、そのぶん水分の吸収率が高くなり、むくみにつながる。というしくみのようです。

 

甘いもの 

スイーツ

 

そして塩分とともにもう一つ注意したいのが糖分の取りすぎ。

 

あまり知られていませんが、糖分も塩分と同じくらい体に水分を貯めこむ力が強いそう。

 

女性であるわたしたちは甘い物が大好きですよね。何かと理由をつけては甘いものをついつい口にしてしまいます。

 

その結果、食べ過ぎてしまい、むくみにつながるのだとか。より注意が必要ですね。

 

ストレス

女性 ストレス

 

もう一つ、意外だったのがストレスが原因となって起きる顔のむくみ。

 

ストレスを感じることによって、交感神経が敏感になり、血管の収縮、体温コントロールの異常、睡眠障害などが引き起こされます。

 

これらがリンパの流れを悪くして、身体の水分の循環をさまたげ、むくみが発生してしまうというわけです。

 


Sponsored Link

すぐに寝起き後の顔のむくみを取りたい!効果的な方法

 

朝の顔のむくみは時間がたてば元に戻りますが、できれば朝のメイク前にすっきりさせたいですよね。

 

顔に余分な水分が溜まったままなのは、美容にもよくありません。早めにやっつけて、すっきりした一日を過ごしましょう!

 

気持ちいい!温冷タオルパックが効果的

出典:matome.naver.jp

出典:matome.naver.jp

 

タオルを3枚用意し、1枚は水でぬらしてラップでくるみして冷蔵庫へ。(急ぐときは冷凍庫でもいいですね)

 

残り2枚は水を絞ってからレンジで温め、1枚ずつラップでくるみます。

 

横になり、温めたタオル1枚を首の後ろにあて、もう1枚を目元に当て温めます。

 

30秒たったら目元のタオルを冷やしたタオルに変えて、さらに30秒置きます。

 

温と冷の温度差が刺激となり血行が良くなり、むくみが解消されます。

 

面倒な時や時間がないときは目元だけにしたり、お湯と冷水で交互に顔を洗うだけでも軽いむくみには効果があります。

 

リンパを流してスッキリ

 

顔のリンパマッサージも効果的。ただ、顔表面に強い力を与えると、しわ、たるみの原因になってしまうので要注意!

 

 

通勤や家事の合間に!ツボ押し

 

ツボの刺激は道具も何も必要ないので、どこでもできます

 

しっかりとツボの場所を覚えることができれば、通勤電車や仕事中でも顔のむくみケアができますね。

 

顔 つぼ

 

白湯を飲む

 

むくみを感じた朝は、白湯で内側から体を温め血液やリンパの巡りを良くしましょう。

 

顔のむくみが病気かどうかを判断するには?病気だったときの対処法は?

いっぽう、飲みすぎ、食べすぎ、寝不足などの覚えがないのにむくんでしまう、マッサージなどをしても長い間むくみがよくならない場合、心配なのが病気の可能性。

 

顔のむくみから考えられるのは腎臓病の可能性が多いのだとか。腎臓病といっても様々なものがあるようなので主なものをあげてみます。

 

 

ネフローゼ症候群

手や足、顔がむくみ、血尿やタンパク尿がある。腎臓の主要組織であるネフロンに異常がでる病気。

 

急性糸球体腎炎

風邪の後などに、手脚のむくみに血圧の上昇などが見られる。

 

腎炎

ネフロンが炎症を起こす病気。安静にして塩分を控える食事をすることでよくなる。慢性化すると普段は尿にはでないはずのたんぱくや血液などがもれでてくる可能性がある。

 

どれも安静にして食事制限をすることで治りますが、慢性化したり、糖尿病と併発すると重篤になる可能性があるそう。怖いですね。

 

むくみは健康な状態で起きるものが多いですが、まれに病気が隠れていたりも。

 

いつもと違うむくみを感じたり、急にむくみがひどくなったりした場合は、念のため病院での検査をすることをおすすめします。

 

顔がむくまないためには?ちょっとした工夫でできる予防方法

 

飲みすぎに気をつけ、休肝日を作る

 

週に2回以上は「休肝日」を作り、体の調子を整えましょう。

 

お酒を飲む前に食事を取ることも、飲みすぎを防ぐには効果的です。2杯に1杯は、ソフトドリンクを飲むなど工夫することで、お酒が原因で起こる脱水症状をやわらげる事もできます。

 

飲み過ぎは、顔のむくみの原因につながってしまうので、大切な日の前日は特にお酒はほどほどに。

 

適度な睡眠

 

寝不足はむくみの一因ですが、睡眠の取り過ぎもまた身体が横になる事で、水分が顔の方にも流れ込んできてしまうことになり、長く睡眠をとればとる程、顔のむくみの原因となるとか。

 

むくみを防ぐ理想の睡眠時間は6時間~8時間と言われています。

 

カリウムの成分を取る

 

むくみの解消に効果のある栄養素はいろいろありますが、中でも最も効果のあるのが、カリウム

 

カリウムは、体のなかの増えすぎた塩分の排出を促し、水分量を一定に保つ働きをしてくれます。塩分排出と利尿作用があるというわけです。

 

その、カリウムは果物に多く含まれています。

 

果物

 

果物は手間をかけず気楽に食べられるので、忙しい朝食でもかんたんに摂ることができます。

 

手に入れやすくてカリウムが多く含まれる果物ベスト3

1位 アボカド/720mg(100g中のカリウム含有量)

2位 バナナ/360mg(100g中のカリウム含有量)

3位 キウイ/290mg(100g中のカリウム含有量)

 

他にもミカンや伊予かんなどの柑橘系や桃、マンゴーなどにも多く含まれているそうです。

 

甘いデザートが欲しくなったら、カリウムを多く含むフルーツを選ぶのもいいですね。

 

柑橘類

 

【関連記事】

顔の脂肪を落とす方法。男女におすすめ!運動やマッサージ

顔のテカリの原因と抑える方法。鼻やおでこのお手入れと対策。

 

顔がむくんでしまっても、すぐに解消できる方法を知っておくと心強いですね。

 

今まで時間が経つまで待つしかなかったむくみが、ちょっとしたケアで改善されていくはずです。

 

また、食べ物や生活習慣を少し気を付けるだけで、むくみが起こりにくい体を作っていけるということもわかりましたね。

 

この記事が顔のむくみの改善につながれば嬉しいです。


Sponsored Link