季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

一人暮らし(女性)の費用平均は?学生・フリーター・社会人

大学入学、就職と新生活で今まで暮らしていた実家を離れて、一人暮らしを始めるという方は多くいらっしゃいます。

 

一人暮らしを始めるにあたって、どれぐらい費用が掛かるのか気になるところ。

 

また、女性の場合は、男性に比べると一人暮らしで注意するべき点が多くあります。

 

今回は、女性の一人暮らしでの生活費用や節約術、注意点をご紹介いたします。

 

・東京で一人暮らしの女性の平均生活費用は?
・大阪で一人暮らしの女性の平均生活費用は?
・一人暮らしの費用を軽減!上手な節約術は?
・女性の一人暮らしの注意点は?

 

Sponsored Link

東京で一人暮らしの女性の平均生活費用は?

女性 電話
東京は、地方から東京の大学に入学、夢を追いかけて東京へ進出してアルバイト、東京の企業へ就職というケースで女性でも一人暮らしをしている方がたくさんいるかと思います。

 

東京で一人暮らしをするために必要な生活費を学生、フリーター、社会人に分けて説明します。

 

学生の平均生活費用

東京の大学、専門学校に通うことになって一人暮らしをする場合の平均な生活費用は「8万円です。

 

学生の場合、学校が女性専用の寮、アパートを用意していることがあります。

 

はじめての一人暮らしなら、女性専用の寮が安心でオススメです。

 

フリーターの平均生活費用

フリーターの場合、それぞれ収入が違ってきますが、平均な生活費用は「8万円~10万円です。

 

生活費が、月収の手取り3分の2で抑えられるように節約を心がけましょう。

 

社会人の平均生活費用

女性の場合、会社で働くと、学生の頃より生活費が増えてしまいます。

理由としては、社会人とマナーとして化粧を毎日することになりますし、学生の頃に比べて洋服にも気を使わないといけなくなるからです。

 

そのため、平均的な生活費用は「10万円~18万円になります。

学生の頃に比べて、収入が増えますが、社会人になっても、節約するように心掛けたら、生活費を抑えることができます。

 

大阪で一人暮らしの女性の平均生活費用は?

読書 パック
大阪にも新たに一人暮らしをする学生、フリーター、社会人の方がたくさんいらっしゃいます。

 

東京本社から大阪支社に異動になったという女性の方もいますよね。

 

大阪で一人暮らしをするために必要な生活費を学生、フリーター、社会人に分けて説明します。

 

学生の平均生活費用

大阪の場合は、東京よりすこし安い家賃で家を借りることが出来るため、平均な生活費用は「6万円前後です。

 

大阪も、学生専用の寮や女性専用の寮に住むと、もう少し生活費費用を抑えることが出来ます。

 

フリーターの平均生活費用

大阪は、東京に比べると時給が少し安く設定されていることが多いです。

 

平均的な生活費用は、「6万円~8万円です。

東京より少し安く生活費を抑えることが出来ます。

 

社会人の平均生活費用

女性の社会人は、大阪も東京と同じく、学生のころに比べると化粧や洋服にお金をかける必要がでてきます。

 

そのため、大阪も東京と同じく平均な生活費は「10万円~18万円になります。

 

必要な生活費が東京と変わらないため、東京の一人暮らしより節約に心がけた方がいいのかもしれません。

 


Sponsored Link

一人暮らしの費用を軽減!上手な節約術は?

キッチン 自炊

 

自炊をするようにする!

学生でもフリーターでも社会人でも、日々時間に追われているとは思いますが、なるべくなら外食より自炊をするように心掛けましょう。

 

毎日外食やコンビニ弁当でご飯をしている方と、毎日自炊をしている方との食費を比べると、自炊をしている方が2倍近く食費を抑えることができます。

 

光熱費が掛からないようにする!

夏と冬はエアコンを使うので、光熱費はかかってしまいます。

の場合は、エアコンをつけないと命の危険性があります。

は、女性の場合、カラダが冷えてしまうと生理不順になってしまう可能性があります。

 

夏と冬はエアコン以外の部分で光熱費を抑えるようにしましょう。

例えば、電源をつけていない家電のコンセントを抜く、冷蔵庫は無駄にあけないようにするなど、少しの努力が節約につながります。

 

なるべく家賃を抑えるようにする!

東京、大阪で一人暮らしをしたい場合は、他の地方に比べると家賃はかかってしまいます。

 

東京、大阪で家賃を抑えるコツとしては「人気の駅から離れること」です。

 

人気の駅から少し離れるだけで家賃が2万円~3万円ぐらい抑えることができます。

 

女性の一人暮らしの注意点は?

ドア 防犯対策
女性の一人暮らしは、男性より注意すべき点がたくさんあります。

 

たくさんある注意点の中から、特に注意すべき点をご説明します。

 

防犯対策をしっかりとする

なるべくなら、オートロックがある部屋で管理人さんがいる家を選ぶようにしましょう。

 

また、インターフォンはモニター付きの部屋もオススメです。

 

家に訪れた方が玄関を開ける前に分かるので、怪しい人がきたら、すぐに警察を呼ぶことが出来ます。

 

夜道には気を付ける!

帰りが夜遅くなってしまった時は、暗い道を避けて通るようにしてください。

 

なるべくなら、一人では歩かずに、同じ方向の人と帰るようにしましょう。

 

一人で夜道を歩く場合は、絶対に歩きスマホやイヤフォンで音楽を聴くのをやめて、周囲に怪しい人がいないかを注意しながら歩くようにしてください。

 

節約と防犯対策をしっかりとして、快適な一人暮らしをしましょう!

パソコン 女性
【関連記事】

一人暮らし(新社会人)の費用平均は?社会人一年目の場合。

一人暮らし(学生)の費用平均はどれくらい?光熱費や家具は?

一人暮らしにおすすめの家具は?必要なものの費用は?

一人暮らしにおすすめの家電は?費用や注意点は?

一人暮らしの食費を節約するコツ。外食中心・自炊なしの場合は?

一階注意!女性の一人暮らしに必須の防犯対策!グッズは?

一人暮らしにオススメのペットは?飼いやすくてなつくペットまとめ

マンションの結露対策。冬場の窓や壁の結露を防止する方法は?

 

性の一人暮らしの際に必要な生活費用と注意点についてご説明いたしましたが、参考になりましたでしょうか。

 

女性の一人暮らしは、何かとお金がかかり、注意する点が多いです。

 

しっかりと防犯対策をして、節約をすることで、女性でも快適な一人暮らしをしちゃいましょう!