季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

博多祇園山笠2017の日程スケジュール。見どころと楽しみ方!

博多祇園山笠は福岡県福岡市博多区で7月に行われる、熱気に満ちた勇壮なお祭り。

 

男達は“山のぼせ”の男気を全身から迸(ほとばし)らせ、数トンにもなる山笠を担いで大通りを疾駆します。

 

そのド迫力と圧倒的な熱量に、街中が興奮の坩堝(るつぼ)と化す、西の大都の豪快な夏祭り。

 

博多祇園山笠は正式には櫛田神社祇園例大祭といい、博多どんたくとともに博多を代表する祭りで

、700年以上も歴史のあるお祭りなんですよ。

 

博多祇園山笠をより楽しむために、見どころなどを含め、博多祇園山笠の魅力について下記の順番でお届けしますね。

 

・博多祇園山笠2017の日程とスケジュールは?
・博多祇園山笠の見どころ、楽しみ方は?
・博多祇園山笠のアクセス方法、駐車場は?

 

Sponsored Link

博多祇園山笠2017の日程とスケジュールは?

 

日程:2016年7月1日(金)~15日(金)

 

主なイベントスケジュール

月日 時間 行事
7月1日(金)   注連(しめ)下ろし
    ご神入れ
    当番町お汐井(しおい)とり
7月9日(土)   全流お汐井とり
7月10日(日)   流舁き
7月11日(月)   朝笠山
    他流舁き
7月12日(火) 15時59分~ 追い山笠ならし
7月13日(水) 15時30分~ 集団山見せ
7月14日(木)   流舁き
7月15日(金) 4時59分~ 追い山笠

 


Sponsored Link

博多祇園山笠の見どころ、楽しみ方は?

出典:http://www.hakata-yamakasa.net/

出典:http://www.hakata-yamakasa.net/

 

博多祇園山笠の見どころは、山笠(やま)を担いで市内を回る山笠舁(か)き

『舁(か)く』とは、“担って駆ける”ことを意味します。

 

博多人形師が丹精込めて作った山笠は絢爛豪華で存在感抜群。

その数トンもある途方もない重量物を担いで駆ける男達の様子は、まさに圧巻のひと言。

 

魂が込もった掛け声がさらに聴衆の熱気を高め、華やかさと勇壮さの交じった最高のドラマを展開します。

 

一年分のエネルギーを放出!熱気で蒸しかえる博多の街

博多祇園山笠 台上がり

 

法被に締め込みと呼ばれる褌(ふんどし)姿の男衆が、勇ましく山笠を担いで舁き回す博多祇園山笠。

 

山笠の台に座っている人達は『台上がり』といって、舁き手の指揮を執る祭りの華であり、博多男児の最高の栄誉でもあります。

 

クライマックスの最終日には、決められたコースをいかに早く舁き回すか、タイムトライアルが行われます。

 

そんな博多祇園山笠の、主な見どころをご紹介しますね。

流舁き(ながれがき)

出典:http://www.hakata-yamakasa.net/

出典:http://www.hakata-yamakasa.net/

 

それぞれの町内で山笠を舁き回します。タイムトライアルが無いからといってあなどるなかれ。町内の狭い道を舁き回すだけあって、迫力満点ですよ!

 

30人以上の男たちが代わる代わる舁き続けて疾走する山笠をじっくり見るには、流舁きが最適。

 

と言ってもあっという間に通り過ぎてしまうので、シャッターチャンスは逃さないで下さいね。

 

追い山笠ならし(追い山ならし)

出典:http://www.hakata-yamakasa.net/

出典:http://www.hakata-yamakasa.net/

 

流舁きで肩ならしした山笠が、本番の予行練習をする日です。

 

本番の追い山笠よりコース距離が若干短いものの、タイムトライアルも行われて本番さながらの真剣さで全力疾走します

 

もの凄い迫力なので、ぜひ見たいところですね。

どの山笠も、他より1秒でも早く駆け抜けようと必死になります。

 

 

また、「櫛田入り」する舁き手を選抜する棒競りも見もの。

 

押しくらまんじゅうのように男衆が「我こそは」と殺到してアピールします。この棒競りもなかなか見どころがあるようですよ。

 

櫛田入りは女人禁制で、しかも桟敷券を入手しないといけません。

 

桟敷券は非常に入手困難なので、残念ながら桟敷での鑑賞は現実的ではありませんが、清道(旗)の外側からでも中が覗けるうえ、場内放送で実況中継があるので、外側からでも充分に楽しめるでしょう

 

集団山見せ

 

山笠が博多区を出発し、福岡市の中心部を目指します。福岡市市役所で7つの山笠が一同に会し、お披露目するのが集団山見せなのです。

 

日中、15時半ころより開始されるので、多くの見物客で賑わいます。沿道は1時間くらい前にはほぼ全て観客で埋め尽くされてしまうほど。

 

良い場所で見るにはそれなりの場所取りが必要かも知れません。

 
追い山笠(追い山)

 

博多祇園山笠の本番、クライマックスです。

 

最終日未明、続々と7つの山笠が櫛田神社前に集合し、1番山笠が大太鼓の合図とともに櫛田入りをします。

 

清道(旗)を廻ったところで7つの山笠を代表して「博多祝い唄」を唱和し、夜明けの博多市街へ勢い良く駆け出して行きます。

 

以降5分間隔で残りの6つの山笠が次々とスタート。

5kmのコースをいかに速く舁き廻すか、タイムを競い合います。

 

追い山笠は山のぼせの男気真骨頂!

必死の形相で弾けるように駆け出し、気合の疾走に全てのエネルギーを注ぎ込みます。

ぜひその凛々しい姿を、観客一体となって楽しんで下さいね。

 

屋台情報

博多祇園山笠と一緒に、博多名物の屋台も楽しみたいですよね。博多の屋台は200軒以上ありますが、中州付近のマップをご紹介しておきます。

 

おすすめは一口餃子の武ちゃん、ラーメンの呑龍、山幸、おでんのやまちゃん、家族的な屋台もりなど。博多の夜を存分に満喫して下さいね。

 

 


Sponsored Link

博多祇園山笠のアクセス方法、駐車場は?

出典:blog.goo.ne.jp

出典:blog.goo.ne.jp

 

会場:櫛田神社近辺および市内各所

住所:福岡県福岡市博多区上川端町1-41

電話:092-291-2951(櫛田神社)

地図:

 

電車の場合:福岡市営地下鉄祇園より徒歩10分

車の場合:福岡都市高速千代出入口から国道202号経由1.5km5分

 

公式HPはこちら

 

 

駐車場

博多祇園山笠の臨時・特設駐車場はありません。周辺の有料駐車場をご利用下さい。

 

ただし、7月12日(追い山ならし)、7月13日(集団山見せ)、7月15日(追い山笠)では博多区から中央区の広い範囲で交通規制が敷かれ、周辺は大変に渋滞します。

 

また、交通規制区域に駐車した場合は規制時間帯は出庫ができない状態になってしまいますのでご注意下さいね。駐車場をご利用する際は山笠区域外に駐車し、パーク&ライドすることをおすすめします。

 

 

交通規制

7月1日から7月15日まで、博多祇園山笠の行事にともない大規模な交通規制が敷かれます。日付や時間帯によって、規制状況が変わりますので充分ご注意下さいね。

 

詳細な交通規制情報は、6月1日より随時公開されます。周辺をご利用する際はよく確認するようにしてください。詳細はこちらから。

 

 

混雑状況

出典:retrip.jp

出典:retrip.jp

 

博多祇園山笠の観客動員数は7月1日~15日で300万人を超します。

 

祭り期間が長いとはいえ、これは相当な数ですね。博多どんたくが200万人ほどなので、それ以上と言えます。

 

この中でも特に7月15日の追い山笠は1日だけで100万人の観客が訪れます。コース沿道が限られていますので、これは大変な数なんです。

 

 

早朝にも関わらず沿道は2重3重の人垣は少ないほう。4重5重の人垣があると思って下さい。押せや押せやの人混みで大賑わい!

 

次いで日中に行われる集団山見せも大観客です。

動員数的には追い山に劣りますが、こちらは更にコースが限られているので、やはり2重3重の人垣は少ないほうだと思って下さい。

 

 

見せ場のスタート地点や終点、交差点での曲がり角、坂道で加速する西大橋付近などは4重5重の人垣なので、良い場所で見ようと思ったら、それなりに場所取りは必須ですね。

 

博多全体が山のぼせ!豪華絢爛さとスピードを競う豪快な夏祭り!

 

【関連記事】

博多祇園山笠、追い山の日程と時間。コースや見どころは?

小倉祇園太鼓の日程。暴れ打ちの打ち方とは?動画あり。

戸畑祇園大山笠の日程。競演会観覧のおすすめの場所は?

大牟田大蛇山まつりの日程。かませにおすすめの大蛇山は?

 

博多祇園山笠についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

 

博多祇園山笠は男の祭り。

大人も子供も法被に締め込み(ふんどし)という勇ましい姿です。

 

祭り期間中はこの姿が正装

博多では、結婚式にも出席できる、正式なドレスコードとしても認められているんだそうですよ。

 

舁き手の男衆からゆらゆらと陽炎のように立ち上る、掛け水と汗の水蒸気。

そんな男衆の熱い熱気と勇壮な姿をぜひ間近でご覧ください。

 

それでは博多祇園山笠の熱気に大いに酔いしれて下さいね!


Sponsored Link