季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

熱田神宮の熱田祭り2018の日程と花火穴場。屋台の時間帯は?

名古屋に夏の訪れを知らせる熱田神宮の熱田祭りですが、今年ももうすぐその時期がやってきますね。

 

名古屋の市内からだけでなく毎年多くの方が市外県外からと訪れるこちらの熱田祭りですが、最近では御朱印めぐりブームも相まって注目を集めている神社のひとつです。

 

もともと約1900年の歴史をもち神社の中では古く、日本の神話で有名な三種の神器のひとつ「草薙剣」が祀られていることでも有名になりました。

 

さて、そんな由緒正しき歴史のある熱田神宮での熱田祭りですが、2018年の日程やおすすめするポイントなどをご紹介していきますのでどうぞチェックしてくださいね。

・熱田神宮の熱田祭り2018の日程と見どころ。
・熱田祭りは浴衣で露店巡り!屋台のおすすめや時間帯は?
・夏の訪れを告げる熱田祭りの花火!日時や穴場は?
・熱田祭りの花火が雨天の場合は?延長時にも屋台はあるの?
・熱田神宮の熱田祭りのアクセス方法と駐車場情報。最寄り駅は?

 

Sponsored Link

熱田神宮の熱田祭り2018の日程と見どころ。

 

熱田祭りは「尚武祭」とも呼ばれる熱田神宮の祭事です。

 

ということで、例年曜日に関係なく決まった日にちに執り行われています。

 

それではまず簡単に分かりやすく日程と見どころをどうぞ!

熱田神宮の熱田祭り2018日程

2018年6月5日(火曜)10時からスタート

 

熱田祭りの見どころ

熱田神宮の敷地内では様々な奉納行事演芸行事が行われています。

 

お茶の席が設けてあったり、神楽の奉納など普段なかなか見たり体験することが出来ないイベントがもりだくさん。

 

さらには最後に花火も上がりますので、名古屋では少し早い夏の始まりを告げる大切なお祭りなんですね。

 

熱田祭りは浴衣で露店巡り!屋台のおすすめや時間帯は?

浴衣 露店巡り
熱田神宮でのお祭りは「浴衣通し」「袖通し」とも呼ばれ、「この時期から浴衣の季節ですよ」と教えてくれるものでもあります。

 

そういったところから個人的には訪れる際にはぜひ浴衣で行くのがおススメ。

浴衣でブラブラ屋台めぐりと洒落込みましょう。

 

屋台は前日の6月4日からたくさんの数が出ています。

この日は前夜祭ということで大きな催事は行われませんが、屋台を巡るだけでも楽しいですよ。

 

熱田祭り当日の6月5日であれば10時からスタートしていますので、早い時間帯であればあまり混み合わずにおすすめですね。

 

やはり毎年花火が上がる少し前から混みますので、夕方から行く人は注意が必要ですよ。

 


Sponsored Link

夏の訪れを告げる熱田祭りの花火!日時や穴場は?

熱田神宮の祭事の最後を締めくくるのが、近くの熱田神宮公園から打ちあがる合計1,000発ほどの花火。

 

公園内には入れなくなりますし境内からだとちょっと見づらい、ということで別のスポットに移動することをおススメしています。

熱田まつり(尚武祭)献灯巻わら、花火

 

一応境内からですと、こういう感じでちょっと残念ながら木に隠れちゃうんですよ。

 

ということで穴場をご紹介しますね。

 

熱田祭りの打ち上げ花火の日時

2018年6月5日19:40~

 

穴場スポット

熱田神宮から熱田神宮公園を越えたところの白鳥公園も人気ですが、地元民は神社からほど近く行きやすいということで、近所のスーパーの屋上駐車所(熱田イオン)で見ているようです。

 

ものすごい穴場スポットですね。

 

熱田祭りの花火が雨天の場合は?延長時にも屋台はあるの?

熱田祭り 花火
例年熱田祭りでは梅雨時期というこもあり、雨の心配が尽きません。

ちなみに雨の場合は翌日に延期で、翌日も雨の場合は中止となります。

 

ただし、屋台は出ていますのでお祭り気分を少しでも味わいたい!

という方はアジサイを眺めながら屋台散策をするのもアリですね。

 

熱田神宮の熱田祭りのアクセス方法と駐車場情報。最寄り駅は?

熱田祭り アクセス
熱田神宮は電車でも車でもアクセスがいいので嬉しいですね。

 

一緒に訪れる方の人数などによっても変わってきますがここでは基本的な情報をご紹介しておきますね。

 

電車で行く場合

熱田神宮までは名古屋駅からJRで「熱田駅」を目指すか、名鉄線で「神宮前駅」を目指しましょう。

 

どちらもそこから境内まで徒歩10分前後です。

・JR「熱田駅」※熱田神宮境内まで約11分
・名鉄「神宮前駅」※熱田神宮境内まで約6分

 

車で行く場合

名古屋駅から熱田神宮まではだいたい車で30分から40分、観光で行く際はレンタカーなどを借りていってもそこまでは遠くないですね。

 

ただ、ひとつ注意してもらいたいのが熱田祭りが開催される当日は熱田神宮の駐車場は利用不可となっています。

 

また、すぐ向かいに熱田神宮公園がありますが、こちらは「夜間」駐車不可となっていますので昼間だけちょこっと停めるならいいですが、花火まで鑑賞しようと思うと難しいと思います。

 

 

熱田神宮の熱田祭りは御朱印女子からも人気!最後は花火まで楽しもう。

熱田神宮 伝統的

 

【関連記事】
茶臼山の芝桜の開花状況と見頃。ライトアップや混雑は?

豊田おいでん祭り!花火の時間と穴場。協賛席の取り方は?

尾張津島天王祭!宵祭・朝祭。桟敷席や駐車場は?

 

田祭りについて色々ご紹介してきましたが、最近では来場者数も上昇中。

 

やはり御朱印ブームと三種の神器の「草薙剣」がテレビで取り上げられたからでしょうか。

 

毎年6月5日に行われているということで夏祭りには少し早いですが、名古屋近辺では伝統的な行事なので昔から毎年盛り上がっているようです。

 

平日にお休みが取れたら、名古屋グルメを楽しみながら熱田祭りに訪れる旅行を計画して最後に花火を見るのもいいプランだと思いますよ。