季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

紋別の流氷2020!時期や接岸状況は?ガリンコ号や流氷まつりは?


Sponsored Link

海道の紋別『流氷の町』

 

今年も北海道の寒さを表すかのように流氷が到来する時期になりました。

 

毎年流氷の季節になりますと、自然の凄さを実感するものですね。

 

流氷は北海道のオホーツク海側だけの現象ですので、北海道の人はもちろん本州からも観光のためにたくさんの方が訪れるんですよ。

 

流氷の訪れとともに流氷まつりも行われ、イベントもいろいろと行われています。

 

また、砕氷船ガリンコ号から間近で迫力のある流氷を見たり、流氷科学センターでマイナス20℃の世界を体験したりと楽しみどころも満載♪

 

今回は、紋別の流氷2020年の見頃時期や接岸、鑑賞ポイントやもんべつ流氷まつりなどについてご紹介します。

 

また観光に行くときの服装で気をつけたいことについてもお伝えします。

 

 

Sponsored Link

紋別の流氷2020年の見頃時期や接岸状況は?

見頃時期:1月中旬~3月中旬頃

紋別では、例年流氷が観測される時期は1月中旬から3月中旬頃と言われています。

 

ですが気候の変化などの影響もあって、流氷の接岸の予想はかなり難しくなってきています。

 

近年の傾向を見ても観測時期にかなりばらつきが見えてきているようですね。

 

紋別の過去10年間の流氷初日と終日はこちら。

 

流氷初日 流氷終日
2010(平成22年) 2/8 3/11
2011(平成23年) 1/27 2/19
2012(平成24年) 2/1 3/31
2013(平成25年) 1/17 3/10
2014(平成26年) 1/27 4/7
2015(平成27年) 1/16 3/15
2016(平成28年) 2/9 3/8
2017(平成29年) 1/26 3/2
2018(平成30年) 2/1 2/26
2019(令和元年) 1/28 2/22
【2019年紋別の流氷初日】1月13日(日)

今年は昨年よりも2週間程度早い流氷初日になっています。

流氷接岸まで数日と思われます。

 

流氷の接岸状況はこちらの海氷情報センターのページで随時確認することができます。

 

流氷とは?

海の水が凍って氷になったものを海氷と言います。

 

その海氷が海の上をながれているものが流氷と呼ばれるものです。

 

オホーツク海側に流れてくる流氷は、ロシアのアムール川河口でできたものが、少しずつ大きくなりながら流れてきているものといわれています。

ではなぜオホーツク海側だけにこの現象が起きるかといいますと、オホーツク海の海面から50mまでが塩分のい海水だからということです。

 

分が薄いほど凍りやすいということですね。

 


流氷砕氷船ガリンコ号で大迫力の流氷を鑑賞♪

流氷 ワシ

 

流氷の見どころというと、やはり海を覆い尽くさんとする流氷の圧巻な姿でしょう。

 

海が真っ白となる景色はこのオホーツク沿岸でしか見ることができない姿。

まさに自然のなせる技ですよね。

 

その流氷を遠くからではなく間近で見る方法があります。

それが流氷砕氷船ガリンコ号です。

 

流氷砕氷船ガリンコ号

砕氷船ガリンコ号 紋別流氷

 

砕氷船とは、海が流氷で覆われると船が進むことができなくなるため、氷を砕きながら船を動かします。

 

巨大なドリルで流氷を砕きながら突き進むパワフルな船。

 

今は2代目のガリンコ号Ⅱが運行されています。

 

巨大なドリルで分厚い氷をガリガリ砕いて進む様子を間近で見ることができるので迫力満点ですよ。

 

白く覆われた海をゆっくりと進みながら、流氷や大自然を満喫できるという貴重な体験ができます。

 

またこの時期にはオオワシオジロワシ、アザラシなども見ることができますので楽しみですね。

 

砕氷船ガリンコ号Ⅱの乗船内容については下記のとおりとなります。

住所:北海道紋別市海洋公園1番地
電話:0158-24-8000(オホーツク・ガリンコタワー株式会社)
期間:2020年1月10日(金)~
所要時間:約45分~1時間

予約:完全予約制(3ヶ月前から予約可能)

※全便10名以上で出航(約195名まで)

現在の予約状況はこちら

運賃:
(流氷あり)大人3,000円、小人1,500円
(流氷なし)大人2,500円、小人1,250円

 

船内は温かい飲み物や軽食、お土産売り場などがありますので快適ですよ。

ツアーでの予約もあるので混みやすい時期もあります。
予約はお早めにすることをおすすめします。

 

地図:

ガリンコ号Ⅱに乗っての流氷鑑賞を動画で疑似体験してみてみましょう!

 

 

Sponsored Link

マイナス20℃を体験したり可愛いアザラシも見れる♪

流氷科学センター

クリオネ

 

流氷科学センターでは、オホーツクの流氷や海の生き物についていろいろ学ぶことができます。

 

館内ではマイナス20℃の世界を体感でき、シャボン玉やタオルが一瞬で凍るのを見ることもできます。

 

普段見ることができないクリオネが実際に泳いでいるのを観察できたり、氷漬けになっているたくさんの種類の魚を見ることもできます。

 

流氷をはじめ、自然の仕組みなどが分かるシステムや装置があったり、子供も大人も知識欲や好奇心が満たされる楽しいスポットですよ。

 

入場料は、展示室・映像ホールともに大人450円・高校生大学生150円で、セット料金が大人750円・高校生大学生250円です(中学生以下・65才以上は無料)。

 

軽食コーナーやお土産屋さんもあり、ご当地グルメのホワイトカレーや、シーフードカレーが人気ですよ。

 

近くには大きなカニの爪のオブジェもあるので記念撮影にもおすすめです。

〈北海道立オホーツク流氷科学センター〉

住所:北海道紋別市元紋別11

電話:0158-23-5400

地図:

 

かわいいアザラシ♪

ゴマフアザラシ

 

とっかりセンター(アザラシランド・アザラシシーパラダイス)では、愛くるしいアザラシの姿を見ることができます。

 

とっかりとは、アイヌ語であざらしのこと。

 

海の犬ともいわれているあざらしは愛嬌抜群で見ているだけで癒やされますよ♪

 

飼育員とアザラシの微笑ましい交流や餌やり体験、記念撮影などもできます。

 

子どもも大人も純粋に楽しめるスポットですよ。

動物好きな方にはとくにおすすめですね。

 

アザラシと添い寝もできちゃいますよ♪

 

【アザラシランド】

住所:北海道紋別市海洋公園2

電話:0158-24-7563

時間:10:00~17:00

エサの時間:10:30、11:30、13:30、14:30、15:00

※こちらの施設では直接餌をあげることはできません。

料金:大人200円、小中高100円

地図:

 

【アザラシシーパラダイス】

住所:北海道紋別市海洋公園2

電話:0158-24-8000

時間:10:00~17:00

エサの時間:12:00、14:00、15:30

入館料:大人500円、小中高300円

 

〈エサやり体験〉

受付:各40分前~(予約不可)

定員:各5名まで

※子供から大人まで誰でも参加可能(幼児は要付き添い)。

 

地図:

 

オホーツクタワー

チョウザメ

 

岸から約500mほどのところに位置する氷海展望塔オホーツクタワー

 

オホーツクタワーでは4Dシアターや水族館があります。

 

また、海中を見ることができる窓もあるので、海中から流氷を見ることもできますよ。

 

水族館ではたくさんの種類の生き物がみれます。

チョウザメへのエサやり体験もありますよ。

 

また、少しこわいクリオネの姿も見れちゃいます。

 

展望台からの眺めは壮観!

コーヒーを飲みながら広大な海や流氷、オオワシなどをゆっくり眺められるのも魅力ですね。

 

駐車場から建物までは海を眺めながらの歩きもおすすめですが、電気自動車の送迎もあるので安心です。

住所:北海道紋別市海洋公園

電話:0158-24-8000

時間:10:00~17:00

料金:大人800円、小学生400円

※4Dシアター鑑賞付きです。

※ガリンコ号Ⅱとのセット料金もあり、300円ほどお得ですよ。

地図:

 

おすすめ絶景ポイント!流氷岬

流氷岬 絶景ポイント
紋別では流氷の絶景ポイントとして流氷岬があります。

 

そこでは、浜に降りて流氷に直接ることができます

 

晴れた日は、真っ青な青空と辺り一面の白い流氷の景色が抜群の眺め!

 

また海岸に流氷が流されてきて、陸地で積み重なる流氷山脈というものが運が良いと見ることも可能です。

 

近くには「オムサロ・ネイチャー・ビューハウス」があって、そこの2階に展望台があります。

展望台からもオホーツク海の遠くまで流氷の流れる様子を見ることができますよ。

住所:北海道紋別市渚滑町川向
電話:0158-23-4231

 

もんべつ流氷まつりのイベント内容やゲストは?

紋別流氷まつり イベント
紋別では流氷の時期に合わせて流氷祭りが行われます。

 

もんべつ流氷まつりは1963年から始まったとても歴史のあるお祭り。

 

たくさんのイベントが行われるのでとても活気がありますよ。

日程:2020年2月8日(土)~2月11日(火祝)

時間:(開会式)10:00~(閉会式)16:00~

 

イベント内容は?

開催期間は会場に約5万人以上の観光客が訪れ、寒さを吹き飛ばす楽しい催しが目白押し♪

・首里城などの氷像
・人間ばん馬大会

・流氷もちまき
・氷柱ガマン抱きつき大会
・氷像のライトアップ

・オホーツクまるかじりパーティー

などいろいろあります。

 

このほか、ライブステージ、流氷餅まき、オホーツク味覚の市、雪合戦、紋別流氷太鼓、バター作り体験、沖揚音頭など実に多くのイベントがいっぱい♪

 

さらに、耐寒ラジオ体操、氷早切り大会、ヒーローショー、なまはげ練り歩き、スタンプラリー、輪投げなど楽しい催し物が連日開催されますよ。

 

各イベントの日時はこちらをご参照くださいね。

 

実に多彩でエネルギーに満ちた活気のあるお祭りになっていますので、友達や家族みんなで楽しい時間を過ごせること間違いなしですよ。

 

また同じ会場内で「あいすらんど共和国」が建国され、巨大迷路や宝探しなどの遊びで賑わいます。

 

今年のゲストは?

オホーツクホワイトステージの今年のゲストはこちら。

日時:2/9(日)12:30~13:30

ゲスト:カミナリ、田中アキラ

 

もんべつ流氷まつりのアクセス方法

場所:紋別海洋交流館(ガリンコステーション)横駐車場

住所:北海道紋別市海洋公園1

紋別観光案内所(0158-24-3900)
地図:

【アクセス方法】

[飛行機]
東京~紋別(1日1便運航)→紋別空港より車で約10分
[バス]
各地~新千歳空港→JR札幌より直行便バス約280分→紋別バスターミナルよりシャトルバスで約15分
各地~旭川空港→JR旭川駅より直行便バス約180分→紋別バスターミナルよりシャトルバスで約15分
[車]
JR遠軽駅より約60分

 

流氷を見に行く時の服装や持ち物は?

服装 持ち物
流氷を見に行く際には寒さ対策は必須です。

 

服装について

ヒートテック類を下に着て、上は長めのダウンジャケットなどが良いと思います。

 

下からの冷え込みが厳しいので、ズボンの下にはタイツに靴下を履くと温かいですよ。

 

足元も滑りやすいですので滑り止めの付いた靴を用意してください。

 

手袋帽子は必需品です。

 

帽子は耳まで隠れるものか、もしくは耳あてがあるとよいでしょう。

 

子供はスキーウェアもおすすめですね。

 

持ち物について

温かい飲み物やホッカイロなどを持っていくと良いでしょう。

 

それからティッシュはいつもより多めに持っていくと良いですよ。

 

いろいろな場面で使われる可能性があります。

 

流氷やイベントをたっぷり楽しみましょう♪

流氷

 

【関連記事】
知床流氷の時期や接岸状況は?流氷ウォークを楽しもう!
網走流氷の時期や接岸状況。おーろら号、ノロッコ号見どころは?

さっぽろホワイトイルミネーション!点灯式時間や期間は?
札幌雪まつりの日程と時間。雪像の見どころや服装は?
層雲挟氷瀑まつり!花火の時間やアクセスは?駐車場情報は?

小樽雪あかりの路の日程と見どころ。天狗山花火の時間は?

おびひろ氷まつりの日程とスケジュール!花火時間や駐車場は?

旭川冬まつりの日程と花火の日時!ゲストや駐車場は?

 

紋別の流氷の見どころについてお送りしました。

 

北極などのようなところでしか見られないような流氷が、身近で見られたり触ったりとできるのがすごく楽しいですよね。

 

陸からでも、ガリンコ号で海からでも流氷を楽しめます。

 

とっかりセンターでかわいいアザラシを見たり、流氷科学センターでマイナス20℃の世界を体感したり、流氷まつりでイベントを楽しむなど、さまざまに楽しめますよ。

 

この時期は、自然の凄さや雄大さを肌で感じることのできるとても貴重な体験ができます。

 

ぜひ流氷を見に行かれてみてくださいね!

Sponsored Link