季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

紋別流氷2018の時期や接岸状況。流氷祭り、ガリンコ号について。

Sponsored Link

海道の寒さを表すかのような流氷の到来。

毎年流氷の季節になりますと、自然の凄さを実感するものです。

 

北海道でもオホーツク海側だけの現象ですので、北海道の人はもちろん、本州からも観光にたくさんの方が訪れています。

 

流氷の訪れとともにイベントも色々と行われていますので、今回流氷の接岸の時期を始め、もんべつ流氷まつりの紹介から絶景ポイント、また観光に行くときの服装など気をつけたいことについて調べていきたいと思います。

・紋別流氷2018の見頃時期や接岸状況は?
・紋別流氷見どころは?砕氷船ガリンコ号とは?乗船場所は?
・紋別流氷まつりの日程やイベント内容。アクセス方法は?
・紋別流氷の絶景ポイントの流氷岬とは?
・流氷を見に行く時の服装や持ち物は?

 

Sponsored Link

紋別流氷2018の見頃時期や接岸状況は?

紋別流氷 時期

 

流氷とは?

海の水が凍って氷になったものを海氷と言います。

その海氷が海の上をながれているものが流氷と呼ばれるものです。

オホーツク海側に流れてくる流氷は、ロシアのアムール川河口でできたものが、少しずつ大きくなりながら流れてきているものといわれています。

 

ではなぜオホーツク海側だけにこの現象が起きるかといいますと、オホーツク海の海面から50mまでが塩分のい海水だからということです。

 

分が薄いほど凍りやすいということですね。

紋別 流氷

 

2018の見頃時期や接岸状況は?

例年流氷が観測される時期は1月中旬から3月中旬と言われています。

 

ですが地球温暖化などの影響もあって、流氷の接岸の予想はかなり難しくなってきており、ここ2~3年の傾向を見ても観測時期にばらつきが見えてきているようです。

 

ちなみに2017年の流氷の状況は下記のとおりでした。

流氷初日(流氷を目視確認した日) 2017年1月26日
接岸初日(流氷が接岸した日)       2月2日
流氷終日(流氷の目視が最後の日)     4月11日

 


紋別流氷見どころは?砕氷船ガリンコ号とは?乗船場所は?

砕氷船ガリンコ号 紋別流氷

 

紋別流氷の見どころは?

さて流氷の見どころというと、やはり海を覆い尽くさんとする流氷の圧巻とする姿でしょう。

 

海が真っ白となる景色はこのオホーツク沿岸でしか見ることが出来ない姿です。

まさに自然のなせる技ですね。

 

砕氷船ガリンコ号とは?乗船場所は?

流氷 ワシ
この流氷を間近で見られる方法があります。

砕氷船ガリンコ号です。

今は2代目のガリンコ号Ⅱが運行されています。

 

この砕氷船とは、海が流氷で覆われると船が進むことができなくなるため、氷を砕きながら船を動かします。

 

このガリンコ号Ⅱは氷を砕いて進む様子を間近で見ることができて、白く覆われた海をゆっくりと動くという貴重な体験ができます。

またこの時期にはオオワシやオジロワシ、アザラシなども見ることが出来ますので楽しみですね。

 

ガリンコ号Ⅱの乗船方法については下記のとおりとなります。


・所在地:北海道紋別市海洋公園1番地
・連絡先:0158-24-8000(オホーツク・ガリンコタワー株式会社)
・冬季通常運行期間:2018年1月10日~
・完全予約制となり全便10名以上で出航
ツアーでの予約とかもあって混みやすい時期もあるようです。
予約はお早めにすることをおすすめします。
・運航所要時間:1時間
・運賃
<流氷あり>
大人~3,000円 小人~1,500円

<流氷なし>
大人~2,500円 小人~1,250円

ガリンコ号Ⅱに乗っての流氷を動画でご覧いただきたいと思います。

 

 


Sponsored Link

紋別流氷まつりの日程やイベント内容。アクセス方法は?

紋別流氷まつり イベント
流氷が訪れると紋別では流氷祭りが行われます。そちらについて調べてみましょう。

 

日程は?

開催日  2018年2月9日(金)~2月12日(月)
開催時間 10:00~22:00

イベント内容は?

もんべつ流氷まつりは1963年から始まったとても歴史のあるお祭りなのです。

 

会場には様々な催しがあります。

・天然水で作られた氷像
・氷滑り台
・氷柱我慢抱きつき大会などのイベント
・夜は氷像が七色の光によるライトアップ

またこの他に同じ会場内で「あいすらんど共和国」が建国され、巨大迷路や宝探しなどの遊びが満載で賑わいます。

 

もんべつ流氷まつり プロジェクションマッピング

 

アクセス方法は?


開催場所:北海道紋別市海洋公園
<飛行機で>
東京~紋別(1日1便運航)→紋別空港から車で10分
<バスで>
各地~新千歳空港→JR札幌から直行便バス280分→紋別バスターミナルからシャトルバスで15分
各地~旭川空港→JR旭川駅から直行便バス180分→紋別バスターミナルからシャトルバスで15分

<車で>
JR遠軽駅から車で60分

 

・問合せ先
一般社団法人 紋別観光協会
連絡先:0158-24-3900

 

紋別流氷の絶景ポイントの流氷岬とは?

流氷岬 絶景ポイント
紋別では流氷の絶景ポイントとして流氷岬があります。

そこでは浜に降りて流氷に直接ことができます。

 

また晴れた日は、真っ青な青空と辺り一面の白い流氷の景色は抜群の眺めとなります。

 

また海岸に流氷が流されてきて陸地で積み重なる「流氷山脈」というものが、運がよいと見ることも可能ということです。

 

また近くには「オムサロ・ネイチャー・ビューハウス」があって、そこの2階に展望台がありますのでそこからもオホーツク海の遠くまで流氷の流れる様子を見ることができますよ。


所在地:北海道紋別市渚滑町川向
連絡先:0158-23-4231

 

流氷を見に行く時の服装や持ち物は?

服装 持ち物
流氷を見に行く際には寒さ対策は必須です。

 

服装について

ヒートテック類を下に着て、上は長めのダウンジャケットなどが良いと思います。

 

下からの冷え込みが厳しいので、ズボンの下にはタイツに靴下を履くと温かいと思います。

 

足元も滑りやすいですので滑り止めの付いた靴を用意して下さい。

手袋と帽子は必需品です。

 

持ち物について

温かい飲み物・ホカロンなどを持っていくと良いでしょう。

 

それからティッシュはいつもより多めに持っていくと良いと思います。

いろいろな場面で使われる可能性があります。

 

自然の力「流氷」をぜひご覧ください

流氷

 

【関連記事】
知床流氷の時期や接岸状況は?流氷ウォークを楽しもう!
網走流氷の時期や接岸状況。おーろら号、ノロッコ号見どころ
さっぽろホワイトイルミネーション!点灯式時間や期間。
札幌雪まつりの日程と時間。雪像の見どころや服装は?
層雲挟氷瀑まつり!花火の時間とアクセスや駐車場情報。

小樽雪あかりの路の日程と見どころ。天狗山花火の時間は?

 

いかがでしたでしょうか。

自然の力と言うものはすごいと思います。

 

北極などのようなところでしか見られないような流氷が、身近で見られたり触ったりとできるのがすごく貴重な体験だと思います。

 

ぜひ流氷を見に行かれてはいかがでしょうか。

Sponsored Link